あちこち散歩みち さん プロフィール

  •  
あちこち散歩みちさん: あちこち散歩みち
ハンドル名あちこち散歩みち さん
ブログタイトルあちこち散歩みち
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/river_1948
サイト紹介文あちこち街歩き・たまに寺社めぐり・日々の暮らしなどを記します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供386回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2015/04/15 14:12

あちこち散歩みち さんのブログ記事

  • はらん事情
  • 隣家との境目にブロック塀があります。その塀間際にハランを植えています。時々料理の飾り付けに使うのですが、普段は植えっぱなし状態です。黄色くなった葉や破れた葉だけを切り取るぐらいしかしていません。夫が言うのには・・・「思い切って葉を切り落とすといいらしいで」「新しい小ぶりな葉がはえてくるらしいで」「試しに、今ある半分だけ、切り落としたらええと思うで」そうか!思い切って切り落とした方が、生まれ変 [続きを読む]
  • 夜は虫の音
  • お盆が過ぎても日中は蒸し暑くて、真夏をまだひきずっています。昨晩、二階の窓を開けて静かにしているとかすかな虫の音が聞こえてきます。少しづつ少しづつ、夏の終わりに近づいています。日中は、「暑い」だけで体力がなくなる気がします。額の生え際は特に暑くて、顔に汗が流れますね。さらに、暑い割には足のひざ下は、冷える感じがします。足の下まで血流が正しく流れていない?冷えのぼせ?冷房に頼り過ぎ?加齢と [続きを読む]
  • アニメ映画
  • この盆休みにみんなで見た映画。「メアリと魔女の花」きれいな色彩の映画です。でも不覚にも、わたしはウトウトを寝ているところをしっかり孫に見つかってしまいました。(一瞬ですよ!一瞬ですよ! と言い訳させてもらいます!)動きの速い映像に、目が疲れてしまってね〜みんなで観ることができてよかった。 [続きを読む]
  • お盆休み
  • 恒例の楽しみ、お盆休みを利用して孫たちが遊びに来ました。いつの間にか、知らない間に・・・成長して背丈もグンと伸びています。うれしい成長の発展途上継続中ってとこかな。成長する孫たちをながめているのが、この上ない喜びです。ララポートの大型商業施設で母親から洋服やバッグ・パンツ・水着‥などたくさん買ってもらっていました。普段は目まぐるしいほど忙しくしている娘もこの盆休みがつかの間の休暇です。一方、私 [続きを読む]
  • 孫のバレーボールの試合
  • 四女孫は高校の一年生です。本日は、一年生同士の他校との交流試合が行われます。試合当日、抽選があり相手チームがきまります。3試合は確実に行われるようです。怪我だけはしないように願っています。祖父母は応援に行って来ます。「さぁ、行って来ます。」 [続きを読む]
  • 近くでおきた事実
  • テレビのニュースや新聞・雑誌などで報道されている独居老人。高齢化が進んでいる今の時代。核家族で育った子供たちはそれぞれ独立し、親元を離れます。独居老人が確実に増えていますごくありふれた事実です。そのありふれた事実の結果として事故がおこりました。こんな記事を書くことは、憚られることなのですが事実だけ書きます。80歳代の一人暮らしの女性でした。すでにご主人は他界されて20年弱ぐらい経っていました。足腰 [続きを読む]
  • まだまだ読み終えていないけど
  • 宮本輝氏の「森の中の海」を読み終えていません。なのに避暑をかねて図書館へいきました。西加奈子さんの本をそこで読んだのですが、お持ち帰りはしません。書棚に入りきらない本がワゴンに立てかけてあります。ふと、黒井千次氏の本が目につきました。うれしい!この本だけは借りて帰ろう!今、あきらめたらいつまた出会えるかわからない。(予約は滅多にしないからね。)3歳ぐらいの坊やを抱っこして、そばには4歳くらいの女 [続きを読む]
  • 本を借りる
  • 久しぶりに今回は宮本輝氏の本を読みたくなりました。まずずらり並んだ書架をながめ、インスピレーションというか、気になるタイトルで決めます。単純だな。『森のなかの海』なかなか綺麗な言葉に惹かれました。楽しみが増えました。今朝もセミが元気に一斉に鳴いています。相変わらず暑くなりそうです。  [続きを読む]
  • 戸籍謄本
  • 市町村の広報で「金婚式の催し」のことを知りました。今まで興味もなかったから、広報もスルーしていたのです。去年が金婚式だったことも、初めて知りました。今年だとばかり思っていたのです。式に出席するには「戸籍謄本」が必要なんですね。これも初めて知りました。そりゃそうです。結婚をしたよ!の証明が無ければどうしょうもないです。「戸籍」は、夫の郷里の兵庫県にあります。兵庫県から取り寄せるには、ひと手間・ [続きを読む]
  • 立秋と台風
  • 台風5号の勢力と進行方向が気になります。つかみどころのない台風が気になって、テレビもつけっぱなしです。台風のニュースばかり見ています。被害も最小限にすみますように、一刻も早く消滅してくれることを願います。このところ暑い暑いと連発していますが暦の上とはいえ、「立秋」の「秋」の文字がうれしいです。本日は、台風と立秋とが同時です。 [続きを読む]
  • 熱中症にかかりたくない
  • 毎年、毎年、夏の気温が上昇しています。昨日の予報では大阪は37℃と表示していた。ありえないことだ。しかし、あり得るのです。日中の暑い中の買い物はなるべく控えたい。日が少し落ち着いたころの4時過ぎに買い物に出かけました。歩きはもちろん無理なので、バスで行きましたとも!図書館にも寄りました。このところ、「図書館にも行っていなかった」と思い返す。気持ちがワクワクするので、”こころ”にいい刺激になり [続きを読む]
  • PC教室にて
  • 秋に地区公民館で、「公民館まつり」が毎年開催されます。その展示のため毎年夏の頃から作品作りをしています。今回は「名刺」ほど重い感じではなく、手軽な「カード」を作ります。模様もそれぞれ好きな物を挿入します。オリジナルなカードができるはずです。名前とメールアドレスを記入するだけの軽い感じのカードですが、作成しても、もらってくれる人がいるかどうか?心配はそっちのほう?  どうよ?『ラベル屋さん9 [続きを読む]
  • さぁ、困った
  • きのうカーテンを洗ったのです。が残念なことになりました。以前に洗ったときも縮んだ経験があったので、もうこれ以上縮まないだろうと思っていました。でも結局、10センチは縮みました。残念でした。でも買い替えることなく、きっとこのままいくだろう。 [続きを読む]
  • 早朝の草取り
  • 今朝は5時に目が覚めました。こんな日は、「草取りだ!」と俄然張り切る。ゼリーを食べ、お茶を飲んで、降圧剤をのんで・・・っと!長袖ブラウス・帽子・日本手ぬぐい・軍手 準備は整った。いざ!早朝は涼しくて、作業が進みます。草の丈がまだ伸びていないので、楽だね。草の小さな芽を摘んで(ゴメン)(成長できないよね)早い目、早い目にしないと手に負えなくなるからね。這いつくばるようにして・・・45ℓのゴミ袋 [続きを読む]
  • 盲点があったお風呂のブラシ
  • 毎日浴槽の中を洗剤を軽くスプレーしてブラシで洗っています。その後はシャワーの水で、きれいに洗い流しています。しかしそのブラシをよく見ると、少し黒ずんでいるのです。いやぁ〜びっくりです。バス用洗剤を使って、こすっているので、ブラシのことまで気にしていませんでした。綺麗にしたつもりでも肝心のブラシが黒ずんでいたら、意味なし!きっと、カビだね。さっそく、ホームセンターへ「散歩兼買い物」に行きまし [続きを読む]
  • 草むしり
  • 8月になれば草取りをしたいなと思ってはいたものの、今朝、ほんの少し草むしりをしたが、なんだかね、やってられない気がしました。暑いし、蚊がしつこくまとわりつくし、汗が流れるし、いいこと何も無しだ!もう諦めた!もう少し先延ばしにしようと、気持ちが揺らぎました。「熱中症にだけは気を付けないと!」と言い訳がたちますね。 [続きを読む]
  • うれしい℡
  • なつかしい元職場の友人から電話がありました。10年以上も会っていない友人です。気安く友人と呼んでいるけど、7歳年上の方です。よく京都へ連れて行ってくれた人です。京都に詳しくて「できたら、京都に住みたいです」とよく言っておられましたね〜電話もらったことがうれしくて、うれしくて。さっそく、もう一人の京都仲間友人にもメールを送りました。この秋の紅葉を先行予約しました。三人で会えるのが楽しみです。そ [続きを読む]
  • やっと終わりました
  • 今期の単位認定試験が終わりました。4科目とっていたのでしたが、そのうちの1科目は単位を落していると思います。本1冊ぶん、なかなか読み切れないし覚えられないのが悲しい。そんな中、『貧困と社会』の科目が忘れがたいです。西澤晃彦先生著のテキストですが、テキストでこんなに心にしみたことは、得難い経験です。貧困とは・・・貧困とはたんに生活の物質的な問題ではない存在の剥奪にさらされている状態である貧しさ [続きを読む]
  • 高温多湿な日々
  • 暑い暑いと言いながらももう7月31日 最後の日となりました。モァーとした空気が耐えられないですわ〜息するだけで、身体中に熱を取り込みそうな高温多湿。ふと小庭に目を向けるとたますだれが咲いていて、「うわっ!」と感激しました。目立たない隅っこで咲いていたので、びっくりしたのです。なんかね〜花に元気もらえますね。 [続きを読む]
  • フードコート
  • 手軽に入れるホテルのフードコート。通りすがりにいつも見上げている私。たった一度だけ、友人たちとご飯を食べました。肩ひじ張らず、手軽なのがいい。そんな中、通りすがりに、また見上げてみるといつもと様子が違う。見慣れた文字も消えている。「閉鎖したんやぁ〜」と気づきました。なんだかね、閉鎖となればさびしい。一度だけだけど、入っててよかった。でもさびしい。 [続きを読む]