まめたぬき さん プロフィール

  •  
まめたぬきさん: 生活日誌2号
ハンドル名まめたぬき さん
ブログタイトル生活日誌2号
ブログURLhttp://gocchinmeshi.blogspot.jp/
サイト紹介文日々の記録と雑感の吐露、これはオヤジ世代の日記ブログなり。
自由文休日はご近所をうろうろ、映画、海外(アメリカ)ドラマ、文房具、雑貨店巡り、デパ地下巡りが好き。

Google+ではTwitterみたく呟き程度に、もうちょっと書きたい時はブログでという使い分け、そのブログは現在某所より手動引っ越し中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/04/16 19:30

まめたぬき さんのブログ記事

  • 10%でも降る時は降る
  • 日が暮れる時刻でもないのに妙に薄暗くなってきたなと感じた午後、ベランダから空と通りを見回してみれば上は灰色一色で下には早足で急ぐ人の姿があった、ごく弱い雨が降っていたのだった。午後も雨の予報だっただろうかと1時間おきの天気を確認するとその時間帯は降水確率10%の曇りマークだった、いや、この予想は間違ってはいない、曇り空は当たっていて、降水確率10%も当たっていると思う、この10%はあくまで時間雨量にして1m [続きを読む]
  • 昔ほどは騙されない
  • 「テレビでそう言ってた」、「新聞にそう書いてあった」。昔ならば意図的な情報操作においても絶大な力を持っていたであろうこれらメディアもネットの環境が整い利用者が増えた現代では昔ほどの神通力はさすがに無い、鵜呑みにしていた時代は終わり、メディアの質を疑う人がそれなりに増えたからだ。それどころか偏向内容やミスリードを狙った部分を細かく指摘され報道の嘘と歪んだ姿勢がばれてしまうことも少なくない。私は連日報 [続きを読む]
  • 「歌おう、春だよ」
  • そう、春だ。JR博多駅構内を歩いていて何度も見てはいたJR博多シティの巨大なSP(セールスプロモーション)広告、そこでポーズをとって写っているのは誰なのだろうとは思ってはいた、日本人のようで、そうでないような、ベッキーに似ているなと思っていたら・・・ベッキーそのものであることを今日になって知った。先月末頃からJR博多シティのSP広告に登場しているというではないか、テレビでCMも流れているという、普段そういうCM [続きを読む]
  • 「何でもいいよ」
  • 午後に私用で和白まで行った、地下鉄を貝塚駅で西鉄貝塚線に乗り換えて和白までだ、ここの電車に乗るのはどれくらいぶりだろう、前回乗ったのはまだ「西鉄宮地岳線」という名称だった時のことである。和白での用件は30分くらいで終わるかと思っていたのだが予想を超えて1時間半ほどもかかった、なので昼メシは自宅に戻ってからにしようと思っていたが遅くなったのでそう離れていない場所にあるファミレスで済ませることにした。日 [続きを読む]
  • 商品レビューはしっかりと
  • 私はよく通販を利用する、購入点数に関わりなく送料も相応だと判断すれば迷うこと無く通販で買う、そのほとんどはヨドバシ.comで、次は楽天である、「次の休みの日に○○で買おう」などと待つ必要もない、自分の在宅時間に合わせて配達時間を指定するだけで済むのだからこれほど便利なものはない。そのかわりと言ってはなんだが私は配送料が無料なヨドバシ.comでの買い物はなるべく一度にまとめ買いをするようにしている、以前にも [続きを読む]
  • 自転車ロードサービス
  • そろそろ更新となる傷害保険(2015年4月12日のブログ)、先日某サイクルショップのサイトに貼られていたバナーから知った他所の保険へと乗り換えた、今までの保険の解約と次の新しい保険の新規契約手続きが面倒臭そうだったがやってみるとあっけなく終わった。今までの保険はフリーコールのカスタマーサポートに電話をし口頭で解約の意思を伝えてオペレーターさんとの確認を繰り返しながらほんの数分で解約完了、口座振替だった保 [続きを読む]
  • アンフォローする自由
  • Twitterで名指しの上で毒づく人がいた、フォロワーさんからアンフォロー(フォロー解除)されたのだ、ある日フォローされたが自分からは返すこともなく放置していたら数日経った今日になってアンフォローされているのに気がついたという。「フォローを返さなかったからと言ってリムーブするなど心が狭い」(リムーブ=アンフォロー)というのが言い分である、そうだろうか、私はそうは思わない。一時にせよフォローされた理由は様 [続きを読む]
  • やはり眠そうな女王蜂
  • 昨晩から今朝にかけていつの間にか降っていた雨の跡がそこらじゅうに斑点となって残っていた、ベランダの手摺りに他所の車、私の自転車の一部にまで、屋根付きの自転車置き場なので雨に濡れるにはそれなりの風がなければならない、ということは風が強く吹く時間帯があったのか、全然気が付かなかった。とにかく自転車に残る斑点を拭きとってしまおうと部屋からボロ切れを持って下へ戻ってきた、斑点は軽く湿らせたボロ切れだけで簡 [続きを読む]
  • 女を鍛える女
  • 親しい乾物屋(2015年10月26日のブログ)のパートさんが今月いっぱいで辞めるという、65歳になったのを機に引退し西区に住む息子夫婦と一緒にのんびり暮らすらしい、乾物屋で働き始めたのが30歳というから35年も続いたことになる、結構な力を使う仕事でもあったはず。仕事が終わってからそのパートさんと話でもしておこうと地下鉄でそこへ遊びに行くといつもとかわらず昆布をハサミで切っていた、私の顔を見ると「端っこがあるよ」 [続きを読む]
  • 総天然色
  • 根強いファンがいる円谷プロのウルトラマンシリーズ、私がかろうじて覚えているのは「ウルトラマンタロウ」までだ、それより過去の無印ウルトラマンやセブンはテレビで見ていた、私も好きだったのだ。だが、これらシリーズには先駆けとなる「ウルトラQ」という番組がある、放送開始は私がまだ2歳ほどなのでリアルタイムで見ていたとしても覚えてはいない、私が全話漏らさず観たのは後の再放送でのこと。私はウルトラシリーズの中で [続きを読む]
  • 市政だよりの密かな楽しみ
  • 毎月2回発行される「福岡市政だより」、市民参加型のイベント情報や暮らしい役立つ情報にミニレポートなど堅苦しい内容ではなく意外と楽しめる情報誌となっている。最新号は「『城壁とさくら』のライトアップ 3月25日(土)〜4月3日(月)」というのが1面のトップだった、これは福岡城址のさくらまつりのことで今号の特集記事である。私が市政だよりで密かに楽しみにしているものがある、そう書くと何か凄い情報欄がレギュラー化 [続きを読む]
  • ネジとバネも忘れずに
  • 先日の防錆剤を使った錆対策(2017年3月9日のブログ)についての補足も兼ねての内容となるが、仕事場の近くのビルの警備員さんが自分の通勤用の原付バイクのスタンド部分にシュッと防錆剤をスプレーしているのを見てなんという商品なのかを訊いたのが仕事上がりの今日の午後、そして、夕方に晩メシの買い物に行った近所のディスカウントストアで同じ品を発見、テスト用に買ってみた。私が使っているクレの「6-66」よりも少し安くて [続きを読む]
  • 他の挫折組は2人
  • 私がそうであったようにNHKの朝ドラを楽しみにしていた友人がいる、今期の「べっぴんさん」は以前に書いた通り(2017年1月22日のブログ)私は全く楽しめず挫折したので物語がどうなったのかは途中までしか知らない、そろそろ最終回という今、かなり盛り上がっているのではないかと思いその友人に訊いてみるとまさかの挫折後だった、今月に入って観るのを止めたという。それより少し前に私の姉が観るのを止めた、面白くないのかと訊 [続きを読む]
  • 突き指と廃品回収
  • 夕方、姉のところへ行くと甥っ子が来ていた、晩メシを食いに寄っているだけではなく古雑誌や今は使っていない古い家電品などの整理を手伝っていた、なにゆえの大掃除だろう。姉が段ボール箱のひとつを開けて中を確認、ふたたび閉じて甥っ子に渡したタイミングと受け取ろうとして腕を伸ばした甥っ子のタイミングとが重なって甥っ子は突き指をしてしまった。「あいたたた」と水気を切るように右手を振り、突き指をした中指を引っ張っ [続きを読む]
  • 久々のヒット
  • 予定よりも2週間ほど遅れたが2度目の脚の手術で入院していた友人(2017年1月17日のブログ)が退院した、本人の所望通り退院祝いは焼き肉である、ただし、今回は他メンバーとスケジュールが合わず2人きりだった。どこの店へ行くかは友人が早々に決めていたので数日前に私が予約を済ませていた、病室での退屈な時間をテレビで過ごしていた時に見た地元番組のグルメレポートで知った店だという、グルメレポートか、大袈裟な評価と反応 [続きを読む]
  • 深夜1時頃の出来事
  • なんということなのだ、大濠公園で男性の焼死体が見つかるという驚くべき出来事が起きた、午前1時頃に何かが燃えているという通報を受けて消防隊が駆けつけてみると遊具の中で男性の焼死体を見つけたという。どういった経緯によるものかの詳細はまだはっきりしていない。あの公園は夜から早朝にかけても人がいる、真昼のように人がいるわけでなくまばらではあるが濠に沿った明るい通りをウォーキングやジョギングを楽しむ人がいる [続きを読む]
  • そこはやはりEメール
  • 友人や知人との連絡手段としてEメールを使うというのは一頃よりもずっと少なくなっていると思う、現状ではメッセージアプリのほうが手軽だし同じアプリを使っている仲間が多ければ多いほど便利になってくる、たとえば圧倒的に利用者の多いLINEのように。私も普段はWhatsAppでやりとりをするのがほとんどとなっている。とはいえEメールは外せない、今でもここぞという時に使っている、私の友人たちが皆複数のメッセージアプリをイン [続きを読む]
  • 訴求点は歌詞の中
  • YouTubeでキーワード検索の中から選んだニュース動画を見ていた、昨年末の某民放局のものである、その冒頭にはニュースに入る直前のCMが編集で整理されることなく後半部分がそのまま残っていた。昨年末のCMなのになんだかもう数年は過去のもののような気がした、大手メーカーの知名度の高い人気の製品のCMで覚えてはいるがすっかり忘れていた、その動画を見ていなかったら思い出すこともなかったと思う、今は新しいバージョンのCM [続きを読む]
  • おにぎりの不思議
  • 甥っ子には付き合っている1歳年上の女性がいる、同じ職場の人らしい、いつだったか甥っ子の部屋に行った時に急に食器の数が増えていたのでたぶんその頃から仲が深まったのだと私は思っている。その彼女が年度末のこの時期に仕事でミスをし叱られて落ち込んでしまい、ロクにメシを食わないので少量でも栄養のあるものはなんだろうと電話で訊かれた、黒砂糖の塊でも齧らせろと言うとできるだけまともな食事っぽいものがいいと言う、 [続きを読む]
  • 楽しき時給350円
  • その話題が出たのはいつだったろう、ネットでは指定通りの内容の文章を書いて収入を得ている人たちがいるというのだ、私もそういう仕事があるのは朧に知ってはいたが「仕事なんか辞めてネットで稼ぎたいなぁ」と職場の人間関係に疲弊している友人がスタバ・・・ではなくドトールでそうこぼしたのを聞いてどんなものかと興味が湧いた。そんな話からネットでいろいろと調べたクラウドソーシングと呼ばれるその業務形態、求められるの [続きを読む]
  • 錆で泣く前のコーティング
  • 別の階の住人の自転車のベルトが切れたのは劣化なのか悪戯なのかは修理してくれた購入店でも判別つかなかったらしい(2017年3月7日のブログ)、だが、確かに4年は早すぎるということだった。まあ、ベルトも新品になり今までと同じように乗れるようになったのでよかった。そんな話をした自転車置き場、私は自転車の手入れをしていた、1ヶ月に1度の割り合いで金属部に防錆剤を塗っているのだが今日をその日にした。私の自転車は買っ [続きを読む]
  • 譲らぬ牛と豚
  • 冬に逆戻りしたような寒い午後、私は明日が休みなので仕事帰りの寄り道も時間を気にすることはない、そんな休前日であることを知っている友人が用があって天神に来ているのでお茶でもどうだと誘ってきた、人混みが苦手なはずのその友人はまだ1年は経たないがバナナが原因でケンカとなって私の部屋に泊まりに来たその人である(2016年5月26日のブログ)。天神へは1人ではなく同居中の相手も一緒だと言う、何か買い物だろうか、会っ [続きを読む]
  • 劣化か悪戯か
  • あと少しで我が自宅という場所で別の階の住人が自転車を押しながらこちらへ歩いてくるのが見えた、少し遅れて相手も気付いたようなので手を挙げて挨拶をした。ずっと自転車を押しているのでパンクだなと思ったのだが違った、なんと、ベルトが切れたのだという、その住人の自転車はチェーンではなくベルトドライブなのだ。ベルトは伸びず切れずというのがメリットと思われているが永遠に品質と堅牢さが変わらない物などありえない、 [続きを読む]
  • 戻って来ない親子
  • 前々から各年代向けの衣類を売る某店の服のサイズが妙に小さくなったと嘆く友人がいる、デザインはともかく安くて着やすいものが多く部屋着には最適だったのにと残念がっていた。今日の午後にその友人とスタバでのんびりしているとその話がまた出たので、ではどれくらい小さいのかと以前は普通に着られたというXLサイズを一緒に見てみることにした、たとえ以前のXLサイズを知らずとも一般的なそのサイズくらい把握しているので目の [続きを読む]
  • 予防接種に思う
  • インフルエンザマップを見ると警報の最も高いレベルである真っ赤な地域はほとんど変化ないようではあるが患者報告数そのものは減っていて、ピーク時からの減少傾向は続いている。先日の姉も風邪気味なので休日診療も実施している病院で診てもらったらインフルエンザだった(2017年2月17日のブログ)、姉は昨年の晩秋から初冬にかけて2度の予防接種を受けていたのだが。2度の接種で8,000円弱、姉は高いくせに効かなかったと不満気だ [続きを読む]