みっちぃ さん プロフィール

  •  
みっちぃさん: みっちぃのおうちができてから
ハンドル名みっちぃ さん
ブログタイトルみっちぃのおうちができてから
ブログURLhttps://ameblo.jp/cocoruna2015/
サイト紹介文日本一幸福な県でマイホームを建てました♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/04/17 00:19

みっちぃ さんのブログ記事

  • ブロックについて悩む
  • 我が家は角地なので、道路に面した場所をブロックで囲って、フェンスもつける予定です。 けっこう車や人が通る場所にあるので、素敵にしたいと思っています。 フェンスは、YKKのトラディシオンフェンスに決めました実際に採用している家を見たことがないので、人と被らないことが嬉しい(見たことないのでどんな感じか想像もできないですが) ブロックもよそのおうちと被りたくないです。 縦ラインのものや凹凸のあるものは、よ [続きを読む]
  • 物置について考える
  • お庭に置く物置について考えます。 これから書くことは、あくまで私の個人的な見解です。カタログから得た情報や、外構屋さんから聞いた話などを私の必要な情報だけをまとめたものです。認識不足や誤解があるかもしれません。ご了承ください。 イナバ○原材料から最終検品まですべて国内生産○『やっぱりイナバ』という安心感○吊戸じゃないので上下にレールがあるけど、そのぶん屋根の上に雪が積もっても形が変形しにくいとのこ [続きを読む]
  • アプローチのデザインを考える
  • 外構の打ち合わせを重ねていって、私の好みや要望を伝えていてもなかなか思うようなデザインになりません。特にアプローチ。 私の気に入っている外構の写真を見せても、「ふ〜ん」という感じで、全然真剣に受け止めてくれない 外構屋さんって、よその外構を真似したりしてくれないんやろの。他社の考えたデザインの施工はしませんというルールがあるらしい。 ん〜。。。どうしたらいいんや 私、気に入ったデザインを参考にして、 [続きを読む]
  • 外構プラン2と私の思うこと
  • ファーストプランは3,790,000円だった我が家の外構。私には、その金額は払えません 世の中のみなさまは外構にどれくらいのお金をかけているのでしょうか?相場がさっぱりわかりません私の予算では無理なの?私が無茶を言っているの?だったらひっでもんに恥ずかしいんにゃけど 予算をあまりにも超えていると言ったところ、外構屋R社のプランナーさんは少しでも安くならないか知恵を絞ってくださいました。 プラン2の見積 [続きを読む]
  • 外構について私の考え
  • 顔を合わせてやりとりしたこの外構屋さん(R社さん)、実はプランを書いてもらうの2回目なんです。初めて行ったのは、家の打ち合わせ中に外構を考え始めた時です。お店を訪ねて行って、書いてもらいました。あれから2年近く経つし、当時の担当だった店長さんも変わったので、初めてのようなフリをしてコンタクトを取りました。以前に書いてもらったことは、バレたくないのです。契約もしないのに2回目以降のプランを書いてもら [続きを読む]
  • 実際に顔を合わせてやりとりしている外構屋さん(※一部記事編集)
  • アナログ人間の私は、メールでのやりとりって苦手なんやざの 直接外構屋さんの話を聞きたいと思っていた矢先、県内で有名なとある外構屋さんがイベントに出店していたのでブースを見てみました。「新築なので外構全般を考えている」と伝えたところ、家まで見に来てくれることになりました私は立ち会っていないのですが、家を見に来て、面積を測ったり、写真を撮ったりしていったようです。 私の要望は以下のとおりです。 ・カーポ [続きを読む]
  • ネットで見つけてメールでやりとりした外構屋さん
  • 家の打ち合わせ中は、結局家のことだけで精一杯で、外構のことまで決めることはできませんでした。悩んでいたカーポートと家の位置関係も『なんとかなるやろ』と思っていました。過去形じゃないですね。現在も決まっていないので、なんとかなるやろと思っています。 新しい家に住み始めて、春が来て、雪が消えて、いよいよ外構のことを本格的に考えなくちゃと思うようになりました。ネットで検索して、まじめで丁寧な仕事をしてく [続きを読む]
  • 外構を考え始める
  • 私、ただ今外構で悩んでいます。家の周囲は、まだ一切手を加えておりません。砂利や泥のままです。 私が初めて外構を検討し始めたのは、家の打ち合わせ中の時でした。 家の打ち合わせが進んでプランが固まってくると、営業さんから提携の外構屋さんを紹介されます。 今でも覚えています。打ち合わせの際に、まず提携の外構屋さん2社の見積をもらいました。営業さんは見積書をサッと提示して、金額だけ比べて「あ〜、こちらは高 [続きを読む]
  • 家が住む人を選ぶ話 エピローグ
  • 見えない力を感じた出来事でしたが、今回は現実的なことを書きます。 家が売れたことについては、本当によかったと思っていますし、ありがたいことだと思っています。 でもね。。。人間だから欲が出てきちゃうんですよねもっと高い金額で売れたらよかったのに・・・って。 私としては、家+土地=合計金額=買ってくれた人が家を手に入れるために支払った金額は、相応な額だと思います。 だけど土地の代金が相場よりかなり高いの [続きを読む]
  • 家が住む人を選ぶ話 結の巻
  • 我が家には、姫林檎の木がありました。小さな盆栽だったものを買ってきて、花壇に植えたのです。十数年かけて、屋根に届くくらいまで成長しました 毎年春になると、白くてかわいい花を枝いっぱいに咲かせてくれていましたそれはそれは見事な咲きっぷりで、桜よりも案外長い間楽しめるし、ミツバチが飛び交っていたりして、長くてつらい寒い季節がようやく終わって、暖かな春の訪れを実感できる大好きな風景でした。枝という枝 [続きを読む]
  • 家が住む人を選ぶ話 転の巻
  • Oさんがお客さんを連れてくる→見に来る→断られる ということを何度か繰り返していたある日。今までと同じように、見たいという人がいると言うので、カギを貸しました。 月曜日だったかな。 火曜日には、『すごく気に入ったので買う』と言う連絡がきました しかも、そのままで リフォームもしないし、植木や使えるものは全部置いていってほしいとのことです。 植木・・・・・というか、植木鉢に植えてある柚子の木があったのです [続きを読む]
  • 家が住む人を選ぶ話 承の巻(家の話)
  • Oさんは、土地の分筆と同時進行で、家を買ってくれる人を探してくれていました。家を見たいという方がいると連絡がくるので、鍵を渡して、見てもらいます。私たちは同席しません。もう住んではいなかったけど、荷物はほとんどそのままで、まったく片付いていませんでした自分の生活をさらけ出しているようで、とっても恥ずかしくて、いやでした日記とか給料明細とか探して見られるかもしれないし。。。。。掃除は母がしょっちゅう [続きを読む]
  • 家が住む人を選ぶ話 承の巻(土地の話)
  • その後、Oさんは動きました まずは、家だけじゃ売れないので、地主さんに土地を売ってくれるようにお願いをしに行きました。地主さんは快く承諾したそうです。 地主さんも土地を売りたかったんだー。だったら私が勇気を出して行ってみればよかったなー。自分に行動力がなかったのが悪いんだけどさー。 まぁ、最後に『快く承諾』した訳が分かったんですけどね。誰もが想像するとおりですわ(このシリーズの最後の方で理由が明らかに [続きを読む]
  • 家が住む人を選ぶ話 生きる家
  • つづきです。 Oさんはこう言いました。(と母から聞きました。) 「家には“生きる家”と“死ぬ家”がある。どんなに新しくてきれいでも壊されてしまう家がある。古くても住み継がれていく家もある。それが生きる家だ。この家は生きる家だと感じている。」 私は、まさにそのとおりだと思いました この家が解体されるイメージが、どうしてもわかなかったのです。壊したくないという気持ちが強かったこともあると思いますが、この家 [続きを読む]
  • 家が住む人を選ぶ話 起の巻
  • つづきです。 ある日、一人の女性が訪ねてきました。私は仕事だったので会っていません。母が対応しました。 その女性を見るなり、母は会ったことがある人だとすぐにわかったそうです。一条工務店の分譲住宅が売りに出された際に見に行った時に、案内してくれた方でした。つまり一条工務店の分譲住宅の地元ブローカーの人です。(その方、Oさんと呼ぶことにします。)Oさんは、分譲住宅のセールスに来たわけではありません。分譲住 [続きを読む]
  • 家が住む人を選ぶ話 序章
  • 一番最初は、前の家の場所で建て替えるつもりでした。土地は50坪で、借地でした。間取りを書いてもらううちに、50坪では私が思い描くような家にならないと感じるようになりました。雪が降らない地域ならいいのですが、ここは雪が結構積もります。新しい家は屋根雪を降ろす必要はないからいいけど、両隣と後ろの家は屋根雪を降ろします。その雪はうちの敷地にも入ります。なので、ある程度空けておかなければなりません。雪対策 [続きを読む]
  • 前の家の内覧会
  • 私が35年間住んでいた家。。。。。母が女手ひとつで一生懸命に働いて、がんばって建てた家です。そのおうちのことについて、これから何回かに分けて書こうと思います。 玄関を入るとこんなかんじです。 玄関ホールは、今の家より全然広いです 玄関側はこのようになっています。 突板の床が、いい味を出しています。自分が家を建てるまでは気にしたことが全然ありませんでしたが、良い品のような気がしてきました。いや、実際 [続きを読む]
  • 固定資産税の評価について、我が家の場合
  • 家が完成した直後に、市役所の方が見に来たことはブログに書きました。固定資産税の通知が届いたということは、その際の計算の結果が出たということです。市の広報によると、5月1日までそれらの関係台帳を無料で見ることができるらしい。これはぜひ見ておかないとと思って行ってきました 結果として興味深い3つの情報を得ることができました1.うちの市の評価額の計算の考え方2.一条工務店の家の固定資産税が高くなるワケ3. [続きを読む]
  • 2017/05/04ゴールデンウィークの過ごし方
  • お天気が良くて気持ちがいいです 仕事は相変わらずメチャクチャ忙しくて、休日に仕事に行けば少しはラクになるかもしれない・・・・・だけど休みの日はよほどのことがない限り仕事しないのが私のポリシー。その一線を越えたら自分の精神がどうにかなっちゃいそうな気がします。休むときは休むぞ というわけで、お城に登ってきました まだ八重桜が咲いていました 考えてみたら、お城に登ったの2年ぶりでした。一昨年までは多い時で [続きを読む]
  • 日暈2017/04/04
  • これって『日暈』という現象ですよね 太陽のまわりに大きな輪ができています。 写真では白っぽく映っていますが、実際は虹みたいな色でした 『日暈』 と 『眩暈』 『暈』という漢字が同じです。実は今日、朝から眩暈がひどくてつらかったのです 偶然 いや、私のほうの原因はわかってる。仕事のストレスもう1か月半以上、受験生並みの集中力を要する仕事に取り組んでいます。それが毎日毎日毎日です。勤務時間内に終わらなくて [続きを読む]
  • IHの排気口カバー
  • IHの排気口のところにカバーをしています。同化していて目を凝らさないとわからないでしょ 脚の部分が△になっていて、起こすとこのようになります。 カバーがないと、網の目よりも小さなものは下に落ちてしまいます。はねた油とかも下に落ちます。穴が小さいので、掃除をするのは難しいですなので汚れる前にカバーで防ぎます 山崎実業のtowerという商品です。横の幅はスライド式になっていて、伸縮できるのでピッタリサイズにで [続きを読む]
  • Kirie
  • 我が家の下駄箱の上は、現在このようになっています。 左側のトトロのような置物は、知り合いの方から新築祝にいただきました陶芸をされている方の手作りで、焼物なのです。上手にできていて、とてもかわいらしいです 右側のこちら かわいいです 白い金属の板がオシャレな模様に切り抜かれていて、下にある赤色によって浮かび上がっていて、素敵です 一目で気に入って、買 [続きを読む]
  • 2か月訪問 不具合の対応
  • 前監督さんが言った、始めからあった床の傷もこちらが付けてしまった傷も全部一条工務店で直すというのは、『監督が自らの手で直す』つもりだったらしいです。それだったら業者じゃないからお金かからないし、気軽に言っちゃうよね〜 なのに、まさかの異動 どうするの責任とれないやん でもさすが一条工務店です社員が口にした言葉の後始末は、きっちり会社が行いました 「前監 [続きを読む]
  • 2か月訪問 第3話
  • 数日後、営業さんから電話がありました。 “2か月訪問までの間に見つかった傷は全部一条工務店が直す”と監督さんが言ったことは、事実だったと言われました。ただし、それは監督さんの独断だったそうです。 (自分で付けてしまった傷まで一条工務店に直してもらうことはできないので、私のブログを読んだ方は早とちりしないでくださいませ。) そして、営業さんに伝えた不具合の確認のために、監督さ [続きを読む]