トーサポブログ さん プロフィール

  •  
トーサポブログさん: トーサポブログ〜願えば、夢は必ず叶う〜
ハンドル名トーサポブログ さん
ブログタイトルトーサポブログ〜願えば、夢は必ず叶う〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/to-sapo
サイト紹介文〜人生と経営のヒントがここにある!〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/04/17 08:56

トーサポブログ さんのブログ記事

  • 空・雨・傘理論〜曇った空から解決策を導く!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「『空・雨・傘』理論」について考えてみたいと思います。「『空・雨・傘』理論」とは・・・問題解決の際に使われるフレームワークのひとつで、「空」・・・客観的な事実「雨」・・・事実に基づく解釈「傘」・・・解釈に基づく解決策・行動を意味します。問題を解決する際には、まず、今起きている事実(「曇っている空」)を正しく認識することが必要とされます。その事 [続きを読む]
  • AIDMAの法則〜消費者の意思決定プロセス!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「AIDMAの法則」について考えてみたいと思います。「AIDMAの法則」とは・・・Attention(注意)、Interest(興味)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の頭文字をとったもので、アメリカのローランド・ホールが提唱した消費者が購買に至るまでの意思決定のプロセスを表したものです。具体的には、消費者は購買するまでに、その商品のことを知り [続きを読む]
  • ゆでガエルの法則〜緩やかな変化に気づかないと茹で上がる!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ゆでガエルの法則」について考えてみたいと思います。「ゆでガエルの法則」とは・・・2匹のカエルを使った実験で、一匹は熱湯に入れ、もう一匹は緩やかに温度が上がる冷水に入れると、熱湯に入れられたカエルはすぐに跳び出て、緩やかに温度が上昇した方は温度の変化に気付かずにゆで上がって死んでしまうというものです。この話を基に、大きな問題(危機)には誰もが [続きを読む]
  • ゼロベース思考〜白紙の状態から考えてみる!?〜
  • こんにちは! 夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ゼロベース思考」について考えてみたいと思います。「ゼロベース思考」とは・・・過去の枠組みにとらわれずに、白紙の状態から考えてみるという思考法のことです。問題に直面したとき、その解決に当たっては自分自身の知識や経験などを基に考えていくのが一般的です。しかし、環境が著しく変わった状況や全く未知の状況においては過去の解決法では対処できないことが [続きを読む]
  • アップスケール化〜小売店は次第に高級化へと向かう!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「アップスケール化」について考えてみたいと思います。「アップスケール化」とは・・・流通業界、特に小売業の中で使われる言葉で、高級化(上質化)へと向かうことをいいます。例えば、ディスカウントストアは、コストを抑えるために品揃えは低価格商品を中心に取り扱い、店舗のつくりも簡易な内装や外装にしています。しかし、周りに競合店が出てきて価格競争に巻き込 [続きを読む]
  • モデリング〜成功者の言動を真似ると成功が近づく!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「モデリング」について考えてみたいと思います。「モデリング」とは・・・自分にとって憧れとなる人の行動や言葉などを真似ることです。このモデリングのメリットは、成功者の言動を真似ることによって、成功者の考え方や行動パターンを習得できることです。新たな事にチャレンジしたときや、壁にぶつかったときには自分の経験や知識だけではうまくいかないことが多々あ [続きを読む]
  • MECE(ミッシー)〜モレなく、ダブりなく!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「MECE(ミッシー)」について考えてみたいと思います。「MECE(ミッシー)」とは・・・Mutually(お互いに)、Exclusive(重複せず)、Collectively(全体として)、Exhaustive(漏れがない)の頭文字をとったもので、「お互いに重複せず、全体として漏れがない」ことをいいます。これを簡単に言うと「もれなく、ダブりなく」の状態です。MECEとなる例としては、・性別 [続きを読む]
  • 心理的リアクタンス〜人から言われるとやりたくなくなる!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「心理的リアクタンス」について考えてみたいと思います。「心理的リアクタンス」とは・・・自分の自由を奪われるような外部からの圧力に対して、自由を回復するために反発した行動をとることをいいます。リアクタンスとは、「抵抗」を意味します。子どものころ、宿題をしようと思っていた時に親から「早く宿題を済ませなさい!」などと言われ、一気にやる気がなくなって [続きを読む]
  • ピュアカンパニー化〜多角化から専業企業への回帰!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ピュアカンパニー化」について考えてみたいと思います。「ピュアカンパニー化」とは・・・多角化の弊害が出てきた企業が、特定の分野などに限定して専業企業へ戻そうとする動きのことです。企業は、規模の拡大に伴い、相乗効果が期待できる周辺分野などに事業展開を進めていく戦略(=多角化戦略)をとることがあります。多角化のシナジー効果としては、各分野での調達 [続きを読む]
  • ジャラパゴス〜日本独自の進化は淘汰される!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ジャラパゴス」について考えてみたいと思います。「ジャラパゴス」とは・・・日本の中で日本独自の仕様で進化したサービスや製品のことをいいます。「ジャパン」と「ガラパゴス」を組み合わせた造語です。ガラパゴス諸島には、イグアナやガラパゴス・ゾウガメなど、外界から隔離された環境の中で独自の進化を遂げた生物が生存しています。このように外界から離れ、独自 [続きを読む]
  • フールプルーフ〜間違っても大丈夫な設計!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「フールプルーフ」について考えてみたいと思います。「フールプルーフ」とは・・・機器等の操作において、利用者が誤った操作を行ったとしても危険な状態を招かないような設計、そもそも誤った操作ができないような設計をする仕組みのことをいいます。このフールプルーフの考え方には、「人は間違いを犯すものである」「知識がない人でも簡単に操作できるようにする」と [続きを読む]
  • ダーウィンの海〜商品が生き残るために越えなければならない海!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ダーウィンの海」について考えてみたいと思います。「ダーウィンの海」とは・・・最新の技術や新製品、新事業等が競争の中で生き残るために越えなければならない障壁のことをいいます。新製品の開発を例にとると、新製品を開発し市場に流通させるためのプロセスの中にはいくつかの障壁があると言われています。一つ目の障壁は、研究から開発の間にある「魔の川」です。 [続きを読む]
  • オハイオ研究〜リーダーの行動は2つに分類される!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「オハイオ研究」について考えてみたいと思います。「オハイオ研究」とは・・・リーダーの行動を「配慮」と「構造づくり」という2点で分類した研究のことをいいます。このオハイオ研究は、1950年代にオハイオ州立大学の心理学者であるシャートルらが行ったものです。「配慮」とは、組織のメンバーに注目し、より良い人間関係を維持、構築することを重視する行動です。「 [続きを読む]
  • ホテリング効果〜競合店は最終的に隣同士になる!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「ホテリング効果」について考えてみたいと思います。「ホテリング効果」とは・・・アメリカの経済学者であるハロルド・ホテリングが1929年の論文で発表したもので、同じようなものを同じように売る場合、競合店は商圏の中央に寄っていくという理論です。例えば、ある海岸で味も価格も同じ焼きそばを売っている海の家が2店(A店、B店)あったとき、お客様が店を選ぶ基 [続きを読む]
  • トマスの公理〜信じれば、その状況は真実となる!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「トマスの公理」について考えてみたいと思います。「トマスの公理」とは・・・「もし、人が状況を真実と決めれば、その状況は結果において真実である」という公理のことをいいます。社会学者のW.I.トマスの言葉が基になり、トマスの公理と呼ばれています。例えば、人がある状況を規定すると、たとえその規定が間違っていたとしても、結果的にその状況は真実となってし [続きを読む]
  • スペンドシフト〜消費はより価値があるものへとシフトする!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「スペンドシフト」について考えてみたいと思います。「スペンドシフト」とは・・・スペンド(消費)がシフト(移動)するとの意味で、お金や時間の消費の仕方が変化していくことをいいます。従来の考え方では、消費をする際には「より多くのものをより安く」買うことが重要でしたが、今ではその考えから変化して「価格は高くても価値あるものを手に入れる」ことが重視さ [続きを読む]
  • モラル・ライセシング〜頑張った自分には甘くなる!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「モラル・ライセシング」について考えてみたいと思います。「モラル・ライセシング」とは・・・人は、良いことをしたり、頑張ったりした後には、自分に甘くなることをいいます。例えば、ダイエットをしているときに、昼間に大好きなお菓子を食べずに頑張ったので、そのご褒美に夜お菓子を食べすぎたり、午前中の仕事は頑張ったけど、その分午後はだらけてしまったり・・ [続きを読む]
  • アンバンドリング〜バラ売りが消費者のニーズを満たす!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「アンバンドリング」について考えてみたいと思います。「アンバンドリング」とは・・・一括して提供される商品やサービスを分解して、顧客が自分の好みの組み合わせで購入できる販売手法のことをいいます。アンバンドリングの反対語は、「バンドリング」で、関連した商品やサービスを組み合わせて、セットとして提供する販売手法です。バンドリングの例としては、パソコ [続きを読む]
  • 幸せの4因子〜長続きする幸せを手に入れる鍵!?〜
  • こんにちは!夢を信じるコンサルタントの池田です。今回は、「幸せの4因子」について考えてみたいと思います。「幸せの4因子」とは・・・幸福学を研究する慶應義塾大学の前野教授が発見したもので、人の幸福には、「やってみよう!」因子、「ありがとう!」因子、「なんとかなる!」因子、「あなたらしく!」因子の4つの因子があり、この4つの因子が幸せの鍵であるとする考え方です。前野教授は、インターネットで1500人に対してア [続きを読む]