山の声を 風の詩を  さん プロフィール

  •  
山の声を 風の詩を さん: 山の声を 風の詩を 
ハンドル名山の声を 風の詩を  さん
ブログタイトル山の声を 風の詩を 
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tenkawamsc
サイト紹介文年間 季節のうつろい 言いたいことなど多方面の話を搭載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/04/17 14:49

山の声を 風の詩を  さんのブログ記事

  • トンボの世界15    8/6
  • 足のリハビリでトンボ撮り 高槻編今回は FBで知り合ったフランスの方とのトンボセッションこの京都の奥で初めて見るコオニヤンマヤンマと言いながら 体形はサナエトンボ系そしていつもここの定番のミヤマカワトンボ最近 なんとなく撮ってしまって 意味がないみたいに思われるかもしれない今年初めてのミルンヤンマ少し暗くて ピンズレ本日は、幾分 山歩きも有ったので右足のトレーニング 右足に体重をかなり載せての歩行 [続きを読む]
  • トンボの世界13 7/29
  • 山で負傷の右足のリハビリでトンボ撮りやはりチョウトンボからチョウトンボのメス  かわいいと思うよね?金色に光るのがメス堂々のオス蓮の色に染まってなぜかトンボを撮っている時が心休まる山に行って気づくが 山も良いが すぐそこに登りたい山がないと好きなものを撮っているのが楽しく感じる以前は アマゴ釣りだったが 家族が迷惑に思っているので渓流釣りも自然消滅  今年のアマゴまだ食べてない冷凍庫を見てもなく  [続きを読む]
  • 南アルプスの記録11最終章
  • 第7日目の終わりの聖平小屋の1コマと第8日目の聖平小屋からの下山第9日目椹島ロッジの1コマとその後の久しき方との出会いで山行記録を締めたい第7日目聖岳を下山して 聖平小屋の冬季小屋をチェックしようとしていたときに「おとうさん おとうさん:」と呼びかける婦人が(私より年配なのに失礼な)目を合わすと 赤石岳で抜かれて行かれたご婦人聖平小屋のフルーツポンチを片手に親しく声かけられて(急に変わる私)聖岳から4 [続きを読む]
  • 南アルプスの記録10
  • 第7日目 兎岳避難小屋からまず夜の星を見たくて伊那側の町の明かりが下に見て兎岳避難小屋で光岳まで行く熊本の登山者と同宿に彼は65歳で トライアスロンの選手だったが、50歳頃に脳梗塞を患いリハビリで克服し、今回三伏峠小屋から私と同じルートを辿っておられた。その彼も4:25に出発し 私は、5時スタートで小屋前から 滝雲をフォト撮り聖岳のコルに下がっていく道は以前に比べ 悪くなっていたさらに降下してコルの最低部からの滝雲 [続きを読む]
  • 南アルプスの記録9
  • 第6日目の後半 赤石岳からの行程赤石岳を降下すると下り気味の水平道L字に曲がって百間平らに百?平から赤石岳を見る以前のデータは百?平百?平から見る山大沢岳中盛丸山中盛丸山と兎岳百?平からくねくね道を下ると 百?洞水も豊富で 兎岳へ4lの確保百?洞から中盛丸山へのトラバース道を歩き中盛丸山へ ただ道が急で厳しい以前の道は通行禁止でさらに厳しい道に変わっていた疲れ果てて 中盛丸山に 厳しい様で意外と早 [続きを読む]
  • 南アルプスの記録8
  • 第6日目 荒川小屋での夜の星空星空を撮って眠りこけてしまったここは0時出発で 聖岳まで行くつもりが 次に起きたのが4時既に薄明の状況撤収作業しながら朝焼け撮り赤石岳 肩の山容大聖寺平の上にはまだ雪が残り来た道を振り返ると荒川の山容肩への登りは緩やかで肩から小赤石岳にかけて斜度が増す赤石岳の本峰実は以前の赤石岳のフォトはそして荒川岳の朝焼けはそして やっと頂上に着く避難小屋は以前のフォトは赤石岳から [続きを読む]
  • 南アルプスの記録7
  • 第5日目 小河内岳から荒川小屋までの行程早出をしたのに 道の整備で もう小河内岳は4時半 通過が6時半の通過で 2時間の遅れそれでも 余裕と 小河内岳からの山脈を見る荒川方面大日影山方面大日影山へのルートは、樹林帯の中なので晴れた炎天下でないために涼しくて良いが どこを歩いているのか目標物がないので歩かされていると言う感じ 以前は、ゆっくりなんて歩かずひたすら走っていた 今回 クマゲラ アカゲラを [続きを読む]
  • 南アルプスの記録6
  • いよいよ 第5日目三伏峠小屋から荒川小屋までの行程の前編三伏峠小屋から小河内岳まで前日の塩見の下りは、長い歩きの割にアップダウンの起伏が少なく余裕で山小屋に入ったが 少し塩見の登りでの右足のグリップ外れの影響が少なからずあったが とりあえず 夜景にシーンを撮りたくてなんと 1時スタート  まずは夜空を烏帽子岳に向かって 歩くと烏帽子の右肩にプレアデスを塩見の夜景夜が明けだして塩見も大きく雄大でまだ [続きを読む]
  • 南アルプスの記録5
  • いよいよ4日目の塩見岳から三伏峠小屋への移動相変わらず霧に包まれて 涼しい気温仙塩尾根にも百合の群生地東の広河内岳 大龍岳 笹山に夜明けそして前方に塩見岳霧を纏う 間ノ岳農鳥と広河内岳の光景富士もひょっこり塩見岳が晴れてきて 少し期待仙塩尾根の高山植物ハクサンフウロウイワカガミ塩見方面キツイ斜度を登って 塩見に山頂にも高山植物山頂から 蝙蝠岳荒川岳大沢 兎 聖岳塩見岳西面太谷山、三伏 烏帽子岳 [続きを読む]
  • 南アルプスの記録4
  • 3日目 間ノ岳から熊の平小屋を過ぎてどこまで伸ばせるかそれと如何に水の調達をしていくかが課題でさらに南アルプスのルールも変わって 幕営も苦労が絶えないさて三峯に下ると光景は相変わらずガスガス 視界10m3mなら沈殿だがこれでは進める岩場の花も萎れて見えるのはカメラ管理が悪くレンズに湿気が入ってしまった温めて湿気を出すべきところ 今回難しくそのままでイワカガミ石楠花三峯岳への下りは岩稜帯でかつ逆バン [続きを読む]
  • 南アルプスの記録3
  • 2日目の夕刻の北岳は霧がかかり景観が悪くすでに朝の10時には北岳に着いてはいるが 先に進んだところで霧の中 良いものも撮れないと 午前中に沈殿を決定早々に幕営設置しての余裕のでいた夕刻前 中白根を望んでいよいよ 豪雨の一夜が明けて 3日目の熊ノ平までの出発で ここでは間ノ岳までをやはりまだ霧雨が残りガスガス間ノ岳までカメラを出すこともなく歩き始める昔はこんな雰囲気昔は1時間で走った間ノ岳 いまでは [続きを読む]
  • 南アルプスの記録2
  • 1日目は、二俣からの北岳を撮りたくてビバークしたが 翌日は、草すべりの花を撮りたくて大回り2日目は お池から草すべりで肩の小屋から頂上で 北岳山荘に既に 登りの最中から日の出が尾根筋に上がる前のお花畑シナノキンバイが鮮やかに咲いているここで以前の右俣のルートの光景朝日も増してまるで幻日の様にさらに 白幻日にハクサンイチゲも元気で尾根筋から 南アプルスの女王 仙丈ケ岳肩の小屋は、そこそこ人が居て テ [続きを読む]
  • 南アルプスの記録1
  • 今年が定年退職の記念で 10年ごとに行ってきた南アルプスの縦走幕営縦走としては最後とやってみた多く登った 北岳をスタートに南に下るルートこれは南に入りやすいとの理由で南下をすることが私には一般的なのだが 実は北上するより、歩くには厳しい北側から登ると斜度が厳しい山が多くて あまり縦走に向いてないことで歩かれる方が少ない 逆にそれが一人旅には打って付け以前は甲府から相乗りタクシーで行ったものだがタク [続きを読む]
  • 自宅の庭と裏山
  • 本日 7月14日の自宅の庭キノコが生えて テングツルタケ 当然食べられませんそれとクヌギダケ あまりおいしくありませんなので食べられるキノコがなくて庭の一番上が頂上そして頂上の西側は 家に覆う樹木を伐採して頂きましたそんな所に チョウトンボ20キロも時間をかけて撮りに行っているのに自宅に居てくれたとはさて 明日から南アルプス 4時出発天候は ずっと晴れのち曇り だけど南アルプスは 13時過ぎに通り雨 [続きを読む]
  • トンボの世界12
  • 7月8日京都の西山から 40キロ南の京都府 精華町に移動して抜け道を走って50分そこには ハッチョウトンボが生息していてこの時はオスだけ 待っていてもメスは出てきてくれませんでしたお尻を上げてもっと近づいて次にベニイトトンボ最後のチョウトンボのオス最後に素適な光沢 [続きを読む]
  • 京都の西山に遊んで
  • 7月8日京都の西山の山中に車で行けない池がありそろそろトンボの季節かと行ってみた水量が昨年の1/3で オニヤンマが飛翔しているがとても撮れない状況諦めて 車へ2キロ歩いて その周辺では まだ紫陽花 [続きを読む]
  • 比叡山と雨
  • 南アルプスに行くための練習とトンボの生息地のトケハンを兼ねて東山 修学院離宮裏から比叡山に場所は 梅谷の急坂をこんな坂をどんどん登って登っている最中で 雷鳴が 登りだして1時間これは大変と比叡山に付くのを諦め 下山トンボの調査をしている間に 爺さんと孫のグループが先に降りられる子供さんは鼻歌歌っての下山 すごい余裕爺さんから鼻歌やめなさいと たしなめられてここは急流で斜度があり 花崗岩の岩盤で砂場 [続きを読む]
  • 紫陽花の頃 岩船寺
  • 紫陽花寺としては 関西でもマイナーな岩船寺(ガンセンジ)7月1日奈良からも木津川市からでも同じぐらい時間がかかるほど山奥で加茂に近い所にあり 観光客が少ないのが魅力今回は閉門1時間前に着いて門の前から  塔は三重の塔庭に入ってななめから塔みて山道を登る山道から [続きを読む]
  • 紫陽花の頃
  • 6月の中旬 紫陽花寺として西日本1番と言われている矢田寺に 3年連続で来てみたでも 今年は雨がなく 花は小振りで 少し寂しい蒼の滝かなり蒼が寂しい境内はからからに乾いてこおも好きな所紫陽花の森森の外に  地蔵さん [続きを読む]
  • トンボの世界9
  • 6月18日 大原野森林公園に行ったときのトンボフォト美人さんのミヤマカワトンボのメス同じく オス  かなりボケボケオスがメス尾追いかけて 高木に舞い上がり追いかけられる前のメス追っかけたオスまだアピール足りなくて 岩場に降りて他のオスからの攻撃があって別の場所に移動川から離れた高木の陰で ようやくオスたちの攻撃も避けられ序でに ごめんなすって [続きを読む]
  • トンボの世界9
  • 6月17日交野市の野外研修所と いつものKPUに行ったときのトンボフォト山の上の交野市の野外研修所は すでに水道蛇口も外され既に廃墟の様にそんな中でもトンボは居てくれましたグンバイトンボと期待したけれど モノサイトンボで残念それでも可哀そうでヤブヤンマとかオオルリボシヤンマを期待していたが 待てど出てきてくれずいつものKPUにショウジョウトンボのメス産卵飛行をしておりましたクロスジギンヤンマがエリア争い [続きを読む]