おうちカウンセリング さん プロフィール

  •  
おうちカウンセリングさん: おうちカウンセリング
ハンドル名おうちカウンセリング さん
ブログタイトルおうちカウンセリング
ブログURLhttp://ameblo.jp/ouchi-counseling/
サイト紹介文パニック、うつ、不安、イライラ、不眠、不妊、職場、家族、悩み、不登校、ひきこもり、いじめ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供319回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2015/04/18 09:36

おうちカウンセリング さんのブログ記事

  • 贅沢な時間
  • 贅沢な時間ここはピアノと声しかない空間暑さも寒さも気にならない足を運んでよかった ちょっと一息でも薬が効いてきて…眠い起きていられない穏やかな午後の時間??今週は色々あったなと思いつつウトウト [続きを読む]
  • 今週にいくらつけるか
  • 大変だったと感じる週色々なことがあった あの時の顔が浮かぶあの時の失敗が浮かぶ悔しかった気持ち苦しかった気持ち 耐えたよねうん、耐えた、耐えた やめたかったけれどやめなかった そんな週ほど、高い価格に変わる忍耐料・・・ 手に入るわけではないけれど価格をつけてみると 今週にどれほど頑張ったのか その「程度」を把握するきっかけになりますただ単に「大変だった」から自覚 [続きを読む]
  • 5月は身体の声が届きやすい
  • 5月は身体の声が届きやすい 休みたくなったら休みながら声を聞こう・歌っていたり・踊っていたり・愚痴っていたり・悲鳴だったりどれであっても無視しちゃうのはもったいない 声を聞いてしたいことをする日を決めよう私は6月に持ち越しだけど絶対にするぞ(??????)今からやる気満々です? [続きを読む]
  • 身にしみる言葉の作り方
  • 1週間が長いなぁと感じる今日外に出たらポツポツと雨が出迎えてくれました タイミングの悪いこの雨にも腹が立たないぐらい疲れを感じる今日もやっぱり過ごしてよかったと思えるように精一杯過ごします たまに「カウンセラーさんは疲れないですよね」と聞かれることもあって見えない壁やイメージがあることに気づきます もちろんカウンセラーさんである前に人なので疲れたり、怒ったり、ありますあるからこそ、誰か [続きを読む]
  • 通勤のお供は時代ともに
  • 最近はこの時間帯に移動し始めます 今朝は、携帯電話で新聞を読んでいる殿方をみて新聞を広げている人がめっきり減ったことに気づきました不思議なもので、なくなったものに気づくために“きっかけ”が必要なことが多々 気づかない変化が今日では多い特に「目の前に注目するべきこと」があると・解決したこと・達成したこと・回避できたことなどなど、貴重な「経験」が忘れ去られる 今日では注視することが多いの [続きを読む]
  • 頭の中と実際の距離
  • 頭の中で考えている「それ」と実際に動きだしたときの「それ」は 実は意外に「動き出す」と違うというお話 悩んでいる時辛い時怒っている時 そんな時グルグル同じところを何度もまわりグルグル同じところでつまづきグルグル同じところに行くようなそんな「グルグル」にハマる その「グルグル」は時に、背中を押してくれることもあるし時に、あきらめさせてもくれるし時に、現状を維持することもあって& [続きを読む]
  • 営業をしない理由
  • 今や、巷には様々なジャンルのカウンセラーがわんさかといます それだけ、世の中に需要がありそれだけ、世の中に供給したい思いがある そんな世の中が「今」 私はジャンルを決めていませんのでいつでも、どんな内容でも、雑談から相談から密談まで行っています 何か「枠」を決めてしまうことがあまり好きではありませんなので、基本は「自由」です この「自由さ」は相談する人にもあると思っていて最近 [続きを読む]
  • 比較して気づくこと
  • 隣の芝生は青く見える なんて言ったりもしますが逆も然り 比較してみたら・ココはすごく素敵な場所だった・ココをもっとよくする方法を見つけた 比較することが“いい”“悪い”ではなく「いかに自分の軸からみられるか」がコツ 比較をしたときに自分のために「活用」できたら◯周りに合わせてたら、自分軸を確認するチャンス たまに点検してみると気づくことが増えます? ココもソコもアソ [続きを読む]
  • 後から気になるあれやらこれやら
  • もうやってしまったこと今考えてもどうにもならないこと そんな時にオススメしているのは「話す」ということ すごく単純なんですが話すことのメリットがあります ・頭が整理される・自分の思いがわかる・わかってくれる人がいると安心する・その後の対応の予行練習・誠意に深みがます 話しても意味がないと言う前に考えてたら意味があるのか?と自問自答してみる どんな「意味」があったら良いの [続きを読む]
  • ネコに学ぶ人間との接し方
  • ネコあの「ネコ」です 私は小さい頃から最近まで3匹の家族がいました学ぶところは多々ありどんな時でも「自分のペース」で生きるその姿は今でも記憶に強いところ さて、今回は「人間との接し方」ですネコの場合、身体が小さく武器は爪だけ自分を守るために、何をするのか ネコが初めて赤ちゃんと接する時に「観察」をしている姿がそれになります 「得体の知れない動くもの」というところから・状況を観察しま [続きを読む]
  • 子どもに大人が対等に話してはいけない理由
  • 大人になると自分を守る「理由」を見つけることができるけど子どもにはまだそこまでの経験がない もういい加減にしてよ何度言ったらわかるのあんたなんて嫌い この言葉の裏に“愛情があることになる”“大人の事情があること”“時に素直になれないこと”があるなんて知るのはもう少したってから 顔見知であればあるほどその言葉とその想いを素直に受け取る 時に、忘れてしまうことも時に、しこりになってし [続きを読む]
  • マラソンの思い出
  • 昔々のお話 私自身、小さい頃は体育を休まないとならないそのぐらい色々な制限がありました お医者さんから言われるとその言葉のパワーは計り知れず「大人しくします」と子どもらしくない言葉を発していたあの頃 みんなが寒い中すごく苦しそうに走るマラソンそれを見ていてラッキーと思う反面、どこか寂しくて。 みんなが苦しながらも走りきりゴールした人たち同士で話ができる そのカヤの外にいる感じ [続きを読む]
  • 負けるが勝ちは価値が生まれる
  • 心の奥底にある「勝ちたい」という想い誰しもが持っていますねもちろん私も持っています 勝つことで得られる「価値」があるんですよねいま「勝ちたい」には、どんな「価値」があるか勝てても「価値」が手に入らないならちょっと残念な結果になってしまうかもしれません そして「勝ち方」もこだわりたいですね 最近、心をボロボロにした「勝ち方」が増えてきました勝つための代償としては大きいようにもみえ [続きを読む]
  • カウンセラーのクレーム
  • 色々な団体や個人が各々の倫理と正義に則ってカウンセラーをやっている カウンセラーの方やそのサービスを利用する人にはみんな「別々」にみえるけれど 関わったことがない人からするとそれは「一色単に同じ」カウンセラー たまにクレームがありますカウンセラーって・話だけ聞いていれば良いの?・もっとちゃんと分かって欲しいのに・なんでこんなに高いの・答えだしてくれないなどなど 色々なお話がありま [続きを読む]
  • 個性は好きにも嫌いにもなりやすい
  • 不思議ですよね 個性があることが時に嬉しかったり時に悲しかったり色々な感情をもたらします 個性があると・・・目にとまりやすい記憶に残りやすい 逆にいうと個性がないと・・・目にとまりにくい記憶に残りにくい 誰かの基準に合わせようとするとその個性を「毎回調整しないとならない」(w_−; 誰かのために、個性の微調整をするのは大変 自分が好きになるために時間を使うその個性は、 [続きを読む]
  • 道路渋滞回避の秘策
  • 朝の通勤ラッシュそして朝の渋滞 どちらも見込み以上に時間がずれることがあります先週がまさにそれで大幅な渋滞に巻き込まれました 30分で10メートルしか進まない歩いたほうがはやい今なら車の早さに人間が勝てる(ㆁωㆁ*) ということで、今週は少し多く「歩く」をしています 普段はスマホやタブレットとにらめっこではしている限定された世界が歩くと一気に広がります 高級車に乗っている人ほど車内で [続きを読む]
  • 口に入れても満たされないのは
  • 本当は・喉が渇いていたり・お腹が空いていたり・口さみしかったりするからじゃなく 心が満たされていないその表現をしているだけ そんなこともあったりします 個人的に思うチェックポイントは口にした時の感覚?・味の感想・口に入った感覚・幸せな気分や感謝の想いが湧いてくるかどうか 街の小さなパン屋さんで買ったそのパンはすごく美味しくてお腹いっぱいーーーという量ではなかったけれど「今日も1日お [続きを読む]
  • 早く目覚めた朝は
  • 何をしようか悩んでいるうちにいつもと同じ時間? そんなことありませんか? 今朝は少し早く起きました東京では、昨日本格的に雨がふり今朝は曇り空からのスタートこの時間でも外は曇っています 普段の朝はSkypeをつないでいることが多く朝早くから外にでるのは久々 まだまだひんやりする気候一気に目が覚めました 電車にのり、移動のして、目的地につきほっとすると お腹が減りました [続きを読む]
  • そんな瞬間
  • もう少しもう少しでプチっといくヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3 そんな瞬間と、お友達 好んで選んでいるわけではないけれど気づくといつもそんな瞬間のど真ん中に よく逃げずに今日も仲良し 周りの協力と環境に恵まれていることと自分の身体がついてきてくれていることと他にもたくさんのことに実は恵まれていたりする こんな瞬間を創り続ける「何か」にでもそんな瞬間を支え続ける「何か」にでも意識を向け [続きを読む]
  • 一つの会社が移転すると
  • コンビニの店員さんは朝のラッシュがなくなり楽になる一方でシフトは減らされる ランチや打ち合わせを提供していたファミレスはドリンクバーを導入し長居できるよう改装する一方で回転率が悪くなりシフトが減らされる どこの誰かはわからないけれどいつも笑顔でそこにいてくれた「誰か」はいつの間にか会う機会が減り気づくと心がどこか寂しくなる 移転した会社は今もまだもぬけの殻きっとどこかで栄えているのだ [続きを読む]
  • 気づかないうちに試してしまう
  • そんなことに気づくのはお試し期間が終わった後 相手を試すつもりなんてなかったのに、気づいたら 大事な人を試して大事な人を傷つけて大事な人が離れてしまって そうなってから気づく 最初は相手を責めてみたりもしたけれど こういうことが何度も続き気づいてみたら「自分自身が試していたんだ」 と。その人が悪いわけじゃない。自分の周りがすごく辛い環境で自分の周りの人で人間不信になって大 [続きを読む]
  • 呼び方一つで変わる
  • 親しそうに、あだ名で呼ぶよそよそしく、さん付けで?むしろ名詞なんかなく、おいと呼ばれる 呼び方ひとつで受け取り方は変わる受け取り手の状況によって、感じ方が変わる 普段何気なく聞き流しているのにある時、急に「イラっ」としたり 普段なら聞き流せるのに今日は、「ムカッ」とやりあってみたりして 一番呼ばれたい「呼び名」その呼び名をまずはおねだりしてみよう? [続きを読む]
  • 「しなきゃ」と「したい」の境界線
  • 誰かのために「しなきゃいけない」よりも自分が「したい」を探す 簡単そうで難しいこと・わかっているけれどできないこと・もうすでにわからなくなっていること ●●しなきゃいけない時にパワフルにスピード感も出るけれどずっと短距離走を爆走しているようなそんな焦燥感があるかもしれない ●●しなきゃいけないのは自分にとって「何が」したいからなんだろう もちろん・怒られたくない・責められたくない [続きを読む]
  • 不思議な世界
  • 先日伺ったその集会初めて踏み込んだ世界は今まで知らない世界 身近にあったはずのその世界は隣り合わせだったはずで考えたら「あり得る」世界なのに 誰も教えてくれずひっそりとそのコミュニティの中で双方の世界を育んでいて その世界のその住人には限られた「当たり前」の世界でありながら普通の「当たり前」の世界になって欲しいと願っていました コミュニティ内では当たり前なはずなのにコミュニティ外 [続きを読む]