正輝 知(まさてる とも) さん プロフィール

  •  
正輝 知(まさてる とも)さん: 健康豆知識
ハンドル名正輝 知(まさてる とも) さん
ブログタイトル健康豆知識
ブログURLhttp://medicalinformation41.blog.fc2.com/
サイト紹介文病気や症状、検査、治療法から健康に役立つ情報までを載せているサイトです。
自由文医療と介護の国家資格取得者です。

健康とは、良いものです。

そんな思いを、読んで下さる「あなた」にも感じて欲しくて、専門家として培った健康豆知識を書いています。

リンクフリー、トラックバックフリーです。
皆さん、応援よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/04/18 10:58

正輝 知(まさてる とも) さんのブログ記事

  • アドレナリン作動成分とは・・・
  • ◎アドレナリン作動成分とは・・・アドレナリン作動成分とは、「交感神経興奮成分」とも呼ばれ、交感神経の伝達物質であるアドレナリンと似た働きをする成分のことになります。このアドレナリン作動成分は、主に、末梢血管の収縮と気管支の拡張に働き、これら2つの作用を目的として、医薬品に配合されています。因みに、交感神経の反対の作用(拮抗作用)を持つのは、副交感神経になります。そして、この副交感神経の働きを弱める [続きを読む]
  • 抗コリン成分とは・・・
  • ◎抗コリン成分とは・・・抗コリン成分とは、「副交感神経遮断成分」とも呼ばれ、副交感神経の伝達物質であるアセチルコリンの働きをブロックする成分のことになります。この抗コリン成分は、主に、腺分泌の抑制や平滑筋の弛緩、副交感神経の興奮抑制などの働きを目的として、医薬品に配合されています。因みに、副交感神経の反対の作用(拮抗作用)を持つのは、交感神経になります。そして、この交感神経の働きを強めるのは、「交 [続きを読む]
  • 胃や大腸の内視鏡検査後の食事
  • ◎胃や大腸の内視鏡検査後の食事胃内視鏡検査や大腸内視鏡検査後の食事は、消化がよい食材や食品を良く噛んでゆっくりと食べることが大切です。これは、検査前の絶食や下剤の服用によって、胃腸の機能が衰えているためになります。そのため、検査直後の刺激性の食べ物は、胃腸に過度な負担を掛けてしまい、吐き気や胸やけ、下痢、便秘などの症状を引き起こすことがあります。特に、カレーやスパイスの効いた肉料理のほか、揚げ物や [続きを読む]
  • 皮膚がかぶれる接触皮膚炎
  • ◎接触皮膚炎とは・・・接触皮膚炎(contact dermatitis)とは、単に「かぶれ」とも呼んでいますが、化学物質や金属、光など、外からの刺激に対して引き起こされる皮膚の炎症のことです。この接触皮膚炎は、皮膚疾患のなかでは、比較的発症頻度の高い疾患となっています。接触皮膚炎は、炎症反応が引き起こされる発症機序(病態)によって、刺激性(非アレルギー性)接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎に分けられます。また、光に [続きを読む]
  • 香水やオーデコロンでかぶれる香水皮膚炎
  • ◎香水皮膚炎とは・・・香水皮膚炎とは、香水に含まれる化学物質の影響によって引き起こされる皮膚炎のことです。香水皮膚炎は、接触皮膚炎(contact dermatitis)の1つで、香水に含まれている化学物質による直接刺激や、香水成分へのアレルギー反応により、皮膚に炎症反応が生じて起こる病気です。この皮膚の炎症反応は、一般的には、香水を振り掛けたあとにできる「かぶれ」と認識されています。なお、香水やオーデコロンの添加 [続きを読む]
  • 納豆の糸の正体
  • ◎納豆の糸の正体とは・・・納豆の糸の正体とは、アミノ酸の一種であるグルタミン酸(glutamic acid)がたくさん連なったポリグルタミン酸(PGA:polyglutamic acid)です。そもそも、納豆は、大豆を蒸したり、煮たりして、納豆菌を吹き付けて発酵させたものになります。この納豆菌は、大豆に含まれているタンパク質を分解してグルタミン酸を作ります。納豆菌は、作り出したグルタミン酸を菌体内で1万個程度つなげて鎖状にし、ポ [続きを読む]
  • ロキソニン細粒10%
  • ◎ロキソニン細粒10%ロキソニン細粒10%は、プロピオン酸系の消炎鎮痛薬です。薬効成分であるロキソプロフェンナトリウムは、消化管から吸収後、代謝されて活性型になり、消炎・鎮痛作用を発揮します。この作用機序は、シクロオキシゲナーゼを抑制して、プロスタグランジンの生成を阻害することによります。<ロキソニン細粒10%>・商品名:ロキソニン細粒10%・薬剤名:ロキソプロフェンナトリウム水和物(loxoprofen s [続きを読む]
  • 爪の豆知識
  • ◎爪とは・・・爪(nail)とは、手や足の指先にある半透明の硬い角質板のことです。爪は、物をつまんだり挟んだりするピンチ機能や、指先の細かい動作を助ける働きがあります。この爪は、爪の根元にある表皮の爪母(そうぼ)細胞が爪ケラチンを産生して作り出していて、1日におよそ0.1〜1.1mmずつ伸びています。そのため、爪は、皮膚の一部であり、角質性の皮膚付属器でもあります。なお、爪母細胞は、角化して角化細胞とな [続きを読む]
  • ロキソニン錠60mg
  • ◎ロキソニン錠60mgロキソニン錠60mgは、プロピオン酸系の消炎鎮痛薬です。薬効成分であるロキソプロフェンナトリウムは、消化管から吸収後、代謝されて活性型になり、消炎・鎮痛作用を発揮します。この作用機序は、シクロオキシゲナーゼを抑制して、プロスタグランジンの生成を阻害することによります。<ロキソニン錠60mg>・商品名:ロキソニン錠60mg・薬剤名:ロキソプロフェンナトリウム水和物(loxoprofen sodium hy [続きを読む]
  • 爪の構造
  • ◎爪は、皮膚の一部爪(nail)とは、手や足の指先にある半透明の角質板のことです。この爪は、爪の根元にある表皮の爪母(そうぼ)細胞が爪ケラチンを産生して作り出しています。また、爪母細胞は、角化して角化細胞となり、爪の一部を構成します。そのため、爪は、皮膚の一部であり、角質性の皮膚付属器となっています。◎爪の構造爪は、爪本体とその周りの皮膚から構成されています。この爪本体は、爪甲(そうこう)や爪板(そう [続きを読む]
  • 爪囲炎(そういえん)の症状と治療法
  • ◎爪囲炎とは・・・爪囲炎(そういえん:paronychia)とは、別名、爪周囲炎や爪郭炎と呼ばれる爪周囲の炎症のことです。爪囲炎の発症原因は、ささくれや深爪(ふかづめ)、湿疹など、爪の周りの皮膚にわずかな傷が付いて、その傷から感染が引き起こされたことによります。特に、急性爪囲炎は、化膿性炎症で、主に、黄色ブドウ球菌の感染によって引き起こされます。一方、慢性爪囲炎は、カンジタの感染(カンジタ性爪囲炎)のほか、 [続きを読む]
  • 認知行動療法とは・・・
  • ◎認知とは・・・認知(cognition)とは、心理学で用いられる用語で、一般的には、認識のことを言います。この認知(認識)は、知覚や記憶、学習、思考、言語などの知的な過程のことを指します。◎行動とは・・・行動(behavior)とは、呼吸や体温調節などの生理的反応から、摂食や飲水、性行動などの本能行動、感情や意志などの心理的過程を経た行動まで、さまざまな行動があります。このうち、認知行動療法では、認知を経て行わ [続きを読む]
  • 痛み(疼痛)とペインコントロール
  • ◎痛み(疼痛)とは・・・痛み(疼痛)とは、ズキンズキンやチクチク、ジンジン、ビリビリなど、生体にとって大きなストレスとなる感覚刺激のことです。この痛みについて、国際疼痛学会(IASP)は、「痛みとは、実際に何らかの組織損傷が起こったとき、または組織損傷を起こす可能性があるとき、あるいはそのような損傷の際に表現される不快な感覚や情動体験」と定義しています。通常、痛みは、発生からの経過時間により、急性痛と [続きを読む]
  • 年を取ると多くなる筋肉や関節、骨の病気
  • ◎関節リウマチ関節リウマチ(RA:rheumatoid arthritis)とは、原因不明の自己免疫性疾患です。関節リウマチでは、体のあちこちの関節において、自分の免疫細胞の攻撃により、慢性で対称性、多発性、びらん性の滑膜炎が引き起こされます。この関節リウマチの発症原因は、遺伝的背景に外的要因が加わって発症することが分かっていますが、まだ詳しいことは明らかになっていません。なお、関節リウマチは、中高年の女性に多く発症し [続きを読む]
  • 女性の男性化とは・・・
  • ◎肉食系女子最近、テレビやインターネット、SNSなどでは、「女性が男性化して、肉食系女子が増えている」というニュースや話題が流れています。その多くは、女性が、男性のように振る舞ったり、積極的に行動したりしている様子が映し出されています。一般に、肉食系女子とは、恋愛において、男性のように積極的に行動する女子を指して使われます。これは、肉食動物が他の動物を捕食する性格や行動様式を備えていることから、恋に [続きを読む]
  • 通貨交換(スワップ)協定とは・・・
  • ◎通貨交換(スワップ)協定とは・・・通貨交換(スワップ)協定とは、ある国が、自国通貨が暴落する金融危機に見舞われた際に、あらかじめ協定を結んでおいた相手国からドルなどの国際的に信用力の高い資金を融通してもらうことができる仕組みのことです。実際には、通貨危機に直面した国が、自国通貨を相手国に預ける代わりに、協定を結んでいた相手国からドルなどの貸し出しを受けます。なお、貸し出しを受ける通貨は、あらかじ [続きを読む]
  • 「全然」の「然」って何?
  • ◎「然」とは・・・「然」とは、様子を表す漢字の後ろに用いられ、「それらしい様子」や「そういう状態」、「その通り」ということを意味する漢字です。例えば、「全然」は、「全」がすべてを表すことから、「然」はそういう様子という意味を加えて、「まったく、まるっきり」や「すっかり、ことごとく」などの様子を表しています。この他にも、「整然」は、整っている様子を意味し、「平然」は、平気な様子を表しています。なお、 [続きを読む]
  • 介護食(スマイルケア食)には、軟らかさの目安が表示
  • ◎スマイルケア食は、介護食の軟らかさを示す統一基準2016年、農林水産省は、従来にはなかった介護食の軟らかさを示す公的な統一基準として、「スマイルケア食」の表示制度を導入しました。これにより、介護食が必要な方は、自身の噛む力や飲み込む力など、口の中の状態に合わせて、スマイルケア食の軟らかさの目安となる数字を参考に、介護食を選ぶことができるようになりました。農水省は、このスマイルケア食を普及させるこ [続きを読む]
  • ガスコンロや電子レンジなどの発火事故に注意
  • ◎ガスコンロや電子レンジなどの発火事故が多発製品評価技術基盤機構(NITE:ナイト)は、2010年から2015年までの5年間に、調理器具からの発火事故が全国で325件に上ったとして、注意喚起を行っています。それによると、ガスコンロの発火事故が164件と最も多くなっていて、電気コンロは86件、電子レンジは60件、IHコロンは10件発生しています。2011年5月には、神奈川県で、目詰まりしたガスコンロの点火 [続きを読む]
  • 年配の方に多くみられる皮膚疾患
  • ◎疥癬(かいせん)疥癬(かいせん)とは、ヒゼンダニが皮膚表面の角層に寄生することで、引き起こされる病気です。この疥癬は、非常に激しい痒みを伴う特徴があり、ヒゼンダニに咬まれやすい脇の下(腋窩)や手首、手指、外陰部などに赤い発疹ができやすくなっています。また、疥癬は、寄生するヒゼンダニが多くなると、ダニに咬まれ過ぎて手足がごわごわし、疥癬が重症化したノルウェー疥癬(角化型疥癬)に移行することがありま [続きを読む]
  • 歯の汚れについて
  • ◎歯の汚れは・・・歯の汚れは、食べ物を食べたあと、食べカス(残渣物)が歯間に挟まったり、糖質や脂が歯にくっ付いたりして生じます。しかし、歯の汚れは、食後でなくとも、寝て起きた後やドライマウスでも生じてしまいます。これは、歯の汚れを作り出すのは、そのほとんどが口の中の細菌によるからになります。そのため、長い時間、唾液が出にくい状態が続いていると、口の中の細菌が増えてしまい、歯の汚れが知らず知らずのう [続きを読む]
  • 体温産生(熱産生)の仕組み
  • ◎体温の産生方法体温は、その産生の仕組みから、ふるえ熱産生(shivering thermogenesis)と、非ふるえ熱産生(non-shivering thermogenesis)に大別されます。ふるえ熱産生では、寒冷刺激で誘発される寒冷ふるえ(cold shivering)が代表的となっています。これは、寒さを感じたとき、体がブルブルっと震えて、体を温めようとするときにみられます。一方、非ふるえ熱産生は、筋肉トレーニングをしたり、作業したりした場合や、代 [続きを読む]
  • 痛風の食事療法
  • ◎痛風の原因は・・・痛風の原因は、大きく分けると、内因性と外因性があり、ともに体内で尿酸が増え過ぎることが影響しています。痛風の内因性の原因は、さらに、体の中で尿酸が多量に合成されてしまう場合と、尿酸をうまく体外へ排出できない場合とに分けられます。一方、外因性の原因は、尿酸のものになるプリン体を多く含む食品を食べ過ぎたことによります。このうち、外因性の原因であるプリン体の摂取を抑えることは、食生活 [続きを読む]
  • お風呂場のカビ対策
  • ◎カビが好む発生条件お風呂場で発生するカビは、主に、「クロカビ」と呼ばれているクラドスポリウムです。このカビは、「水分」と「温度」、「栄養分」の3条件がそろうと繁殖しやすくなります。また、クロカビを含む一般的なカビは、通常、胞子の状態で大気中を浮遊しています。しかし、水滴がある場所では、カビの胞子が付着しやすくなっています。特に、お風呂場は、水蒸気が充満して、温かく、体の皮脂汚れ(垢)や石鹸の洗い [続きを読む]