shuji-matsuoka さん プロフィール

  •  
shuji-matsuokaさん: 続・松岡奮戦記(カンボジア初等教育編)
ハンドル名shuji-matsuoka さん
ブログタイトル続・松岡奮戦記(カンボジア初等教育編)
ブログURLhttp://ameblo.jp/shuji-matsuoka/
サイト紹介文教師として赴任したカンボジアで、初等教育水準の向上に向けて情熱を傾けています。
自由文日本での安定した公務員の職を辞し、夢だった教師としての道を選んでカンボジアに単身移り住むことにしました。ありきたりな表現かもしれませんが、まさに波瀾万丈、めまぐるしく変わる環境に対応する事と曲げられない信念。そんな中、初等教育の底上げを新たな挑戦の場として選んだ事。そんな日々を紹介させてもらっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 141日(平均2.6回/週) - 参加 2015/04/18 12:39

shuji-matsuoka さんのブログ記事

  • 頼ってもらえるという幸せと責任
  • 今日は、朝から全力疾走の1日でした。本当に分刻みのスケジュールでしたが、妥協せずに仕事が出来て、ホッとひと息。今、ようやく帰路に。昨日で、日本語のクラスもひと区切りでしたが、希望者には引き続き、補習という形で続行。来月からの次学期に向けて、編入生用のクラスを開始。皆、外部からの受講生で、社会人である為、時間に制約があるのですが、社会人学生の上司である支店長さんが、理解ある上司であったので、多少の時 [続きを読む]
  • 久しぶりに怒った。
  • 今朝の講義で、久しぶりに怒った。怒ると凄くイヤな気持ちになるのが分かっていたけど怒った。これまでクラスを引っ張る事が出来る学生だっただけに、ここ最近の行動はクラスの決まりに沿わず、他の学生たちに悪影響を及ぼすものだったので、注意ではなく、本当に怒った。特に、今は日本での留学に関する面接を控えた学生たちがいるという大事な状態だけに、どこかでクラス内の空気を引き締めておく必要があった。今の大学に来て [続きを読む]
  • 教え子の成長が、1番の起爆剤
  • 今日の夕方、教え子達と飲みに。最初は、たわいもない話で始まりましたが、次第に、それぞれの将来に関する話になりました。筒いっぱい相手の立場を自分の事として考える様にしてきた事もあり、門限ギリギリまで教え子達と話していました。それぞれ違った教授法を持つ教え子達。今までなら、一方的に私の考えを押し付けていたと思いますが、今はそれぞれの教え方を支持できる様になりました。大事なのは、学習者が理解出来るとい [続きを読む]
  • 「3年ぶり」のお休み
  • キーホルダーについている簡易温度計を見ると、40度をこえている...。照り返しの関係でこうなってるけれど、それでも視覚的に飛び込んでくると、「う〜ん」と少し弱気になってしまう。昨日、口の中の乾燥と頭痛が気になり、午後からは大事をとって少し休む事に。冷蔵庫に用意されたコーヒーやコーヒーも出来るだけ控えて、食事も肉から魚に。2014年から土日返上で突っ走って来たので、休める時は休み、オンとオフをもう少し明確に [続きを読む]
  • 妻の故郷が、さらに好きになったカンボジアの正月
  • 昨日から始まったカンボジアでのお正月。毎年、シェムリアップでのお祭りが盛大になっていくので、「静寂」と「癒し」を求めて、我が家は少し早めにシェムリアップを脱出。妻と彼女の実家があるバッタンバッタンへ。朝から曇り空で、出発直後に土砂降り。シェムリアップ州を抜け、隣のバンテアイミンチェイ州に入った辺りで、今度は砂嵐が起こり、途中、並木が倒れたりと、なかなかスリリングなドライブに...。妻に言わせれば「過 [続きを読む]
  • 妻の心を知った満月の夜
  • 明日から少し遠出するので、車の点検を依頼。20時過ぎにガレージから連絡があったので受け取りに行った所、手前の屋台から何やら美味しそうなニオイが??妻が米で作った麺を食べたいとの事で、車を受け取ったあとで一緒に食べる事に。すぐに出てくるこの手の料理は久しぶりだったので、たちまちテンションMAXに??さあ食べるよ〜‼?と思った時、1人の女の子が近づいて来ました。お金を言っているのかなと思ったのですが、飲み [続きを読む]
  • 家庭内平和Kindleバンザイ‼?
  • 先日、帰宅途中の車中でFUNKY MONKEY BABYSの「ヒーロー」を聴いていました。結婚後も、仕事を最優先してきた自分への戒めと家族への想いを忘れない為に、定期的に聴いているのですが、歌の中にある「遊びに行きたい気持ち堪えて」という歌詞を聞いて、「みんな遊びに行くって、どんな事をしているんだろう?」と疑問が出てきました。以前、日本語教師になる為に通っていた学校の恩師から「あなたの趣味は何ですか」と質問を受け [続きを読む]
  • 病院ってなんでしょ?
  • 所用の為、街中の病院へ。色んな国が「ハコモノ」的支援をしている場所で、意味の分からない建物があちらこちらに。お昼過ぎであり、どうせ働いている職員なんかいないと思ったので、用事のある場所を確認しておこうと、そこら辺にいた職員らしき者に場所を聞いて、下見に向かいました。入り口の所で、お腹の大きなお姉さんと旦那さんと思われる人を発見。お姉さんは恐ろしく苦しんでいたし、男の方はオロオロしているだけ。何か [続きを読む]
  • 祝・卒業‼?
  • 今日の夕方、教え子で2013年4月から立命館アジア太平洋大学で学んできた学生から、無事卒業したとのメッセージと卒業証書の写真が届きました。会議があった関係で、すぐには返事が出来ませんでしたが、少し落ち着いた後にFB上で話をしました。久しぶりの会話。「おめでとう!よく頑張った!...」ここまで言うと、もう涙が出て来て、暫くの間、喋る事が出来ませんでした。その教え子は、以前私が教えていた大学で英語を専攻してい [続きを読む]
  • 学生のみんな、有難う‼?
  • 不覚にも体調を崩してしまい、先週末から本調子ではありませんでした。そして、昨日は頭痛、悪寒、発熱、嘔吐に加えて、夕方から耳が痛くなり、聞こえにくくなる始末...。そんな訳で、今日は大事をとって休ませてもらう事にしました。不思議なもので、1日教えないだけで、どこか心にポッカリと穴があいた気持ちになります。体調を崩した事で、講義が出来なくなってしまったのですが、学生からは「早く元気になって下さい」とのメ [続きを読む]
  • 「キレイ事」ってナニ?
  • 2017年から大学での仕事(教材開発)に専念する為に、計画的に行動し、しなくて良い事は段階を追いながら削る様にしてきました。「全力で走ってるのに前に進めない夢」を見た事が何度かありますが、「解決しなければならない事に直面している」という暗示らしいです。「そう言えば...」と思い当たる節があったので、遠回しにせずに率直な言葉で、問題提起。基礎知識や道徳の下地がない相手ではあったものの、「大学の為に学生は存在 [続きを読む]
  • 自主性の大切さ
  • 今日から約1週間、協定を結んでいる日本の大学との調査活動開始。これまで、色々な事情があり、本来の目的とは大きくかけ離れた活動を強いられてきた学生のメンバー達でしたが、昨年から活動自体を見つめなおし、日本とカンボジアの学生達が、本来の学生として相応しい活動が出来る様にと、学生達と共に改革を図るべく努めて来ました。今回、直前のハプニングこそ有りましたが、皆で一緒に考え、解決策を見出し、調査活動にまで持 [続きを読む]
  • 家族と向き合う「勇気」
  • ようやく仕事ひと段落...。20時過ぎくらい、「桜が熱を出している」と妻から連絡があり、仕事の途中でしたが、一旦切り上げて、薬を買って帰宅。少し落ち着いたのを見て、仕事再開。数年前なら考えられない行動。「仕事優先、妻に任せて帰宅せず」が常でした。最近、家族と過ごす時間を意識して増やす様にした結果(?)、桜が私を呼ぶ時、「先生」ではなく、「Daddy」になってきている事に気がつきました。2007年に住み始め、「教 [続きを読む]
  • ちょっとヒト息入れよう
  • 先週は、大学の講義に加えて、事務的な面でも色々と調整が必要となり、様々なケースを想定しながら解決策を考えていました。帰宅後には目まいも起こる始末...。「疲れてるなぁ〜」と感じたので暫しの間、いつもの所へ避難。いつ来ても気分良く過ごせるので助かります。最近、奥の部屋が改装された様で、会議等にも使えるとの事でした。注文がしやすいという事もあり、いつもその部屋の手間の椅子に座っていましたが、今は本を読む [続きを読む]
  • ラジオ出演・第2弾
  • 今年1月の初め、私の出身地で始まったラジオ番組「ザ・丹波」に出演させていただきました。なかなか良い反響だったとの事で、第2弾の出演が決まり、先日放送していただきました。今回、1月の放送で紹介し切れなかった「教育」を中心に話をさせていただきました。*結構、「攻めた」内容になっていたハズです??普段のこちらのでの生活について話をさせていただいている感じですが、興味を持って聞いてくださっている方がいる事が [続きを読む]
  • 教師=泉
  • 以前、FBの投稿でもの凄い勢いで日本語能力を上げている学生の事を紹介したのですが、彼に匹敵する学生が現れました。しかも複数人‼?2017年のスケジュールを鑑みた際、日本語のクラスは減らす事も検討していましたが、実際には月曜日から金曜日の週5日間で、1日3コマのスケジュールとなりました皆、きちんとした目的を持って来てくれている学生達なので教え甲斐がありますね‼?こちらで教え始めた2007年の頃と比較して、私自身 [続きを読む]
  • 化石発掘
  • 先日、「化石博物館」という名のプレゼントをいただきました。凄〜く気になっていただけに、包みを開けた時の喜びったらありゃしませんでした!今朝の講義を終えた静寂の中、厳かな気持ちで開封。中からは、化石が眠っている土の塊と発掘棒とブラシが。「おぉ〜、何だか本格的じゃないか〜」と早くもテンションは急上昇??しかし、何事も焦りは禁物‼?焦る気持ちを抑えつつ、数分後に出会うであろう「化石」の種類と発掘方法を [続きを読む]
  • 教えていて良かった〜と感じる瞬間
  • 昨年12月の日本語能力試験の結果がインターネットを通じて確認出来る様になり、現役学生や教え子たちから速報的に結果が届きました。各レベル、皆良く頑張ってくれたと思います。今回、上級の試験での合格者も出てホッと一息といった感じです。総じて言える事は、皆、近年稀にみる速度で上達し、結果に結びつけているという事です。試験を受けるのも、それに向けて勉強をするのも学生や教え子たち。それぞれを取り巻く環境は異な [続きを読む]
  • 理解者がいる心強さ。
  • 今日の夕方、教育大臣へのプレゼンの報告を、大学の総長に行いました。報告後、「よくやった」と労いの言葉をいただきました。今いる大学で私の教材の良き理解者でもある総長からの言葉だっだけに嬉しかったです。*今の大学に移る際、この教材開発をしていた実績が評価され、決定理由になった様です。ポルポト政権が始まる半年前、アメリカ留学希望者約1,000人の中から2人という狭き門を突破し、学士、修士、博士を取られ、カンボ [続きを読む]
  • 日本語コース・新学期開始
  • 2017年から日本語クラスを減らす方向で考えていたのですが、やはり勉強したい‼?という学生からの声は無視出来ませんね。学生あっての講義で教師。教える過程で、教材の色々なアイディアが出やすくなったりしますし、学生からもカンボジア人目線でのアイディアやアドバイスが出たりします。また、疲れていても教える過程で、かなりの確率で回復したりしますので、ある意味「栄養ドリンク」となっています。今の予定1. 07:00-08:0 [続きを読む]
  • 認知完了‼?
  • 先日、プノンペンの教育省で教育大臣と各関係部署長へのプレゼンの報告を、大学で毎週行われている会議でしました。これまで一部のマネジメントスタッフによる「工作」によって情報がうまく伝わっていなかった様でしたが、学長自らがスタッフ全員に向けて私のプロジェクトについて説明させて欲しいと提案がありました。*色々と思うところはありましたが、他人の好意を反故にする事もないと思い、説明してもらいました。(数日前に [続きを読む]
  • 教育大臣へのプレゼン‼?
  • 先週はじめに教育省から連絡があり、日曜日の補習授業校が終わって、すぐにプノンペンへ向けて出発。そして、今週の月曜日に教育省にて、ナロン教育大臣と各関係部署長に、これまで行って来た教材開発の調査結果の報告と今後の展望についてプレゼンをさせていただきました。プレゼン後、大臣からアドバイスをいただき、各関係部署長に今後の動きについてと、当プロジェクトへのサポートをする旨の指示をして下さりました。最後は [続きを読む]
  • 想いは必ず伝わるもの‼?
  • 今日は午前中の補講は無かったので、来週の月曜日に行うプレゼン準備に時間を使いました。*今まで温めてきた内容ですから、思いをきちんと伝える事が出来るように頑張るのみ!また、自分の仕事ではないのですが、大学全体のマネジメントに関係してくる事務作業も行いました。簡単にいうと、奨学金を出してくれている各スポンサーの方々に、報告書を作成して送らせてもらうという内容です。2014年に現在の大学に移って来てから、国 [続きを読む]
  • 本当に気難しいのは誰??
  • 先日、こちらでお世話になっている方と「優先順位」をお題に、勉強会をしていました。その際、私の中で食事の優先順位はかなり低いという事が分かりました。「普段、何を食べているの?」という質問が出たのですが、「はて?」と答えに詰まってしまう始末。改めて何を食べているのかを考えた際、「食事の優先順位低い」とか「日本料理とかカンボジア料理とか関係なく、最低限お腹が満たされれば良い」とか言っていましたが、それ [続きを読む]
  • 立ち止まってみる勇気
  • 最近、時間の都合をつけて読んでいるオーウェル氏の本。最初は、『1984年』。こちらは気が滅入りかけましたが、色々と思うところがあり読みました。今は、『ビルマの日々』。こちらは幾分か読みやすいですが、それでも気が抜けません。作品の中で度々出てくるお酒 この本は、オーウェル氏の自叙伝的であるが故に、その描写はこちらにも伝わってくる感じです。なので、最近では朝の講義が終わった後、お気に入りのラウンジで [続きを読む]