ぶう さん プロフィール

  •  
ぶうさん: ぶう@シーゲル派 資産形成日記
ハンドル名ぶう さん
ブログタイトルぶう@シーゲル派 資産形成日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/buutaro1211/
サイト紹介文老後資金確保を目指し、たばこ株を中心に生活必需品セクターと小型株に投資しています。
自由文年金、税金、老後生活設計などの話題も織り交ぜて、役に立つ情報をお届けすることを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供494回 / 365日(平均9.5回/週) - 参加 2015/04/18 22:12

ぶう さんのブログ記事

  • 老後の「下流」転落防ぐ 夫婦で無理なくできる対策は
  • 老後の「下流」転落防ぐ 夫婦で無理なくできる対策は要点をまとめます。・ 「下流老人」「老後貧乏」「老後破産」。そんな言葉をタイトルにした書籍や雑誌を書店などでよく見かける。現役時代に安定した収入を得ていた人でも、一歩間違えば下流に転落する可能性を示唆している。・ 下流転落を防ぐ最初の手立ては、ありきたりだが「夫婦仲良く」だ。「離婚すると多くのケースで男女ともそれ以前より生活水準が下がる」と指摘する [続きを読む]
  • 「ロボットが資産運用」、貯金感覚で広がるか
  • 最近、THEO(テオ)が話題になっていますね。東洋経済オンラインにTHEOの概要を紹介する記事がありましたので、ご紹介します。「ロボットが資産運用」、貯金感覚で広がるか要点をまとめます。・ プログラムが自動で資産運用をしてくれる「ロボアドバイザー」のビジネスが盛り上がっている。矢継ぎ早に新戦略を打ち出しているのが、「お金のデザイン」だ。6月8日にSBI証券、住信SBI銀行と業務提携。7月26日からは、これら2社経由で自 [続きを読む]
  • 精神疾患もカバーする保険 ただし保障内容は限定的
  • 精神疾患は医療保険ではカバーされにくいものですが、カバーする商品も出ているようです。日経マネー研究所の記事をご紹介します。精神疾患もカバーする保険 ただし保障内容は限定的要点をまとめます。・ 精神的な疾患が原因で仕事を休む人が珍しくなくなってきた。保険の商品でも、精神疾患を保障対象に含む就業不能保険がいくつか販売されている・ チューリッヒ生命の「くらすプラス」は60日を超える入院を保障する終身医療保 [続きを読む]
  • "過労うつ"も対象内「障害年金」の使い方
  • 障害年金は病気やケガで働けなくなったときに、年金から支給される制度です。支給要件や手続きをまとめた記事がありましたので、ご紹介します。"過労うつ"も対象内「障害年金」の使い方要点をまとめます。・ 病気やケガで働けなくなったときに、頼りになる制度のひとつが「障害年金」。最近では、過労によるうつ病で、障害年金が受給できるケースも増えている。社会保険労務士が、もしもの時の手だてを解説する。・ 障害年金をも [続きを読む]
  • 「よい無料」と「悪い無料」を見極める6つの視点
  • 「無料」は全ていいものだと思ってましたが、「よい無料」と「悪い無料」があるようです。東洋経済オンラインの記事をご紹介します。「よい無料」「悪い無料」を見極める6つの視点要点をまとめます。・ 行動経済学者ダン・アリエリーによると、「たいていの商取引にはよい面と悪い面があるが、何かが無料になると私たちは悪い面を忘れ去り、提供されているものを実際よりずっと価値があるものと思ってしまう」(著書『予想どおりに不 [続きを読む]
  • 働くシニアの「年金の心得」 収入が多いと減額も!?
  • 年金を受け取りながら働くと、受給額が減ってしまうことがあるようです。日経マネー研究所の記事をご紹介します。働くシニアの「年金の心得」 収入が多いと減額も!?要点をまとめます。・ 定年と同時に仕事を辞める人は今や少数派。60歳以降も働き続けるシニアは今後も増えそうだ。豊かな老後を送るには長く働いて収入を得るのが効果的だが、働き方などによって年金の額が変わる仕組みがある・ 在職老齢年金とは、頑張って働くと [続きを読む]
  • 「勝てないアマ投資家」には何が足りないのか
  • 投資は「平均」までは簡単ですが、その先が急に難しくなります。では、アマチュア投資家はどうすべきなのか、東洋経済オンラインの記事をご紹介します。「勝てないアマ投資家」には何が足りないのか要点をまとめます。・ 投資の世界は、偶然に左右される世界。投資対象に対する分析も重要であり、全てが偶然に支配されるというわけではないが、株式市場は多くの参加者の心理によって動くものであり、偶然に左右されることを避けるこ [続きを読む]
  • 仮想通貨とはどのようなものなのか
  • ビットコインについてはマウントゴックスの経営破綻や規格の分裂など、きな臭い雰囲気を感じています。そこで、日経マネー研究所の仮想通貨に関連する記事を調べてみました。仮想通貨、世界に800種類 個人間送金が安く手軽に要点をまとめます。・ 目に見える紙幣や硬貨と異なり、インターネット上で売買するお金のこと。中央銀行などが発行する法定通貨と違い、管理者がいないのが特徴。現在、世界には800種類の仮想通貨があると [続きを読む]
  • ソーシャルレンディング、注意点は?
  • ソーシャルレンディングの「みんなのクレジット」に業務停止命令が出されて、経営不安が発生しているようです。相次ぐ業務停止命令で揺れる(株)みんなのクレジット (東京商工リサーチ)そこでソーシャルレンディングの注意点について、少し古いですが日経マネー研究所の記事をご紹介します。ソーシャルレンディング、注意点は?要点をまとめます。・ ソーシャルレンディングは個人投資家のお金を運営会社がネット経由で仲介し [続きを読む]
  • 水害に備え火災保険の確認を 98年以前の補償は時価
  • 日本のあちこちで水害が起きてますね。私の家も近くの小河川があり、その周辺でも比較的低い土地に建っているので、心配です。日経マネー研究所で火災保険での水害補償についての記事を見つけましたの、ご紹介します。水害に備え火災保険の確認を 98年以前の補償は時価要点をまとめます。・ 水災に備えるには火災保険や火災共済があるが、契約時期などによっては受け取れる保険金に差が出る。家財に保険をかけていない例も多い。 [続きを読む]
  • 専業主婦に「確定拠出年金」のメリットは?
  • 今年から専業主婦の個人型確定拠出年金に加入できるようになりました。個人型確定拠出年金は所得税を中心にメリットがあると評判ですが、専業主婦の方にはどうなのでしょうか。朝日新聞デジタルに記載された荻原博子さんの記事をご紹介します。ほとんどの専業主婦は「確定拠出年金」でメリットなし要点をまとめます。・ 2017年1月から、専業主婦や公務員も、「個人型確定拠出年金」に加入できるようになった。専業主婦が加入する [続きを読む]
  • 株式投資はギャンブルか?
  • 私としては、株式投資は長期であればギャンブルではないと考えて、ほぼ全財産を株式市場に投入しています。その株式投資のギャンブル性について、朝日新聞デジタルの記事をご紹介します。株式投資はギャンブルか?要点をまとめます。・ 株式投資は「ギャンブルと同じ」「リスクが大きい」「損をする」……。こうした投資にまつわる負のイメージを持つ方もいる・ 競馬・宝くじ・パチンコなどの「ギャンブル」は、主催者が運営料を [続きを読む]
  • 頭が痛い戸建ての修繕費 新たな積立制度が相次ぎ登場
  • 老後に向けて数百万は必要と言われる戸建て住宅の積み立て費。積み立て制度ができているという日経マネー研究所の記事をご紹介します。頭が痛い戸建ての修繕費 新たな積立制度が相次ぎ登場要点をまとめます。・ 戸建てだとマンションの修繕積立のような仕組みがないため、自主的に資金を準備することになる。30年間で数百万円程度の修繕費が必要になるともいわれており、計画的な備えが欠かせない。昨年来、戸建てを対象にした修 [続きを読む]
  • 失業時の健康保険、3つの選択肢
  • 求人倍率がバブル期並みに高いこのご時世にあまり気にする必要もないのかも知れませんが、失業したときの健康保険の選び方をまとめた記事がありましたので、ご紹介します。All Aboutの記事です。失業時の健康保険、3つの選択肢要点をまとめます。・ 失業した時、雇用保険の失業給付の申請のほかに、国民年金と健康保険への加入手続きが必要になる。健康保険では原則3割の自己負担で治療を受けることができるだけでなく、出産の際 [続きを読む]
  • 私立一貫2500万円 教育費、聖域にせずどう管理?
  • うちは子供がいないので、住宅ローン繰り上げ返済と老後資金作りに邁進していますが、お子さんのいるご家庭は教育資金など大変などでしょうね。教育費と老後資金の両立について、日経マネー研究所の記事をご紹介します。私立一貫2500万円 教育費、聖域にせずどう管理?要点をまとめます。・ 子どもの教育資金。最近は英語教育や私立校受験などが熱を帯び、幼少期の教育費も膨らみがち。出産年齢によっては自分たちの老後資金が十 [続きを読む]
  • 水遊びのお供に…Amazon防水デジカメ売れ筋ランキング
  • 水遊びが楽しい季節ですね。水中をカメラで撮れると、きれいな海の世界の思い出も記録に残せます。↓はモルディブの海で撮ったウミガメくんです。最近は防水デジカメも安く、品ぞろえ豊富になってきました。今回は、そんな防水デジカメをご紹介します。1位 Nikon デジタルカメラ COOLPIX W100 防水 W100BL クールピクス ブルー2位 Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300 OR クールピクス オレンジ 防水3位 OLYMPUS デジタルカメラ [続きを読む]
  • 先進医療の負担軽減策は?
  • 先進医療について概要を解説する記事がありましたのでご紹介します。日経マネー研究所の記事です。先進医療の負担軽減策は? 民間保険の特約など活用・ 放射線でがんをピンポイントで狙い撃ちするなど、新しい医療技術で手術や検査をする「先進医療」が広がっている。全額自己負担だが、これを保障する民間医療保険も多い・ 保険会社が医療保険パンフレットなどでよく紹介している先進医療は「陽子線」「重粒子線」といった放射 [続きを読む]
  • 働けなくなったときに、頼れる保険は?
  • 病気やケガで長期間休むときに備えた保険のご紹介です。プレジデント・オンラインの記事です。働けなくなったときに、頼れる保険は?要点をまとめます。・ 注目すべき保険の1つに「所得補償保険」がある。病気やケガで長期間働けなくなったとき、その期間の生活費を補填する形で保険金が出る・ 現時点で医療保険に加入しているため、所得補償保険(就業不能保険)は不要では? と思う人も多いだろう。医療保険は基本的に「入院 [続きを読む]
  • 「確定拠出年金」のメリットは?
  • 朝日新聞デジタルに個人型確定拠出年金の概要を解説した記事がありましたので、ご紹介します。記事を書いていらっしゃるのは荻原博子さんです。自営業者の「確定拠出年金」のメリットは税額控除要点をまとめます。・ 「確定拠出年金」には企業型と個人型があり、個人型の掛け金は全額自己負担。個人型の拠出限度額は、自営業者なら月額6万8000円、会社員で加入条件に合う人は1万2000円から2万3000円、公務員は月額1万2000円、専業 [続きを読む]
  • 指数横ばいでも損? レバレッジ型投信の値動きに迫る
  • 私は売買したことがありませんが、レバレッジ型のETFが人気なようです。そこで、日経マネー研究所でレバレッジ型投信を取り上げた記事をご紹介します。指数横ばいでも損? レバレッジ型投信の値動きに迫る要点をまとめます。・ 株式市場で、値動きが通常の株価指数より大きいレバレッジ型のETFが人気となっている。こうしたブル型・ベア型の投信の値動きは予想以上に大きく、指数の動きが横ばいでも損するケースもあり、注意が必 [続きを読む]
  • 知っておきたい高額療養費制度の限界
  • 庶民にとっての心強い味方、高額療養費制度の注意点をまとめた記事を見つけました。All Aboutの記事をご紹介します。過信は禁物! 知っておきたい高額療養費制度の限界要点をまとめます。・ 医療費がある一定の上限額を超えた場合、その超えた金額が支給される「高額療養費制度」。その申請方法に「①事後申請」と「②事前申請」がある①事後申請病院の会計窓口で一旦医療費を支払った後、高額療養費の超過分還付を受けるための [続きを読む]
  • 申告しないと適用されない「相続税の特例」 2つ
  • 早いもので、今年も8月になりましたね。残りも5か月です。ところで、申告しないと適用されない相続税の特例を紹介する記事がありましたので、ご紹介します。ZUU Onlineの記事です。「相続税ゼロ ≠ 申告しなくて良い」 相続税の怖い点要点をまとめます。・ 2015年の相続税改正により基礎控除額が「5000万円+1000万円×法定相続人の数」から「3000万円+600万円×法定相続人の数」に変更され、課税対象者が約2倍に増加した。一方 [続きを読む]
  • 期限までに済ませたい「贈与税の特例」 3つ
  • 時限的な贈与税の特例があるようなので、ご紹介します。プレジデント・オンラインの記事です。期限までに済ませたい「贈与税の特例」3要点をまとめます。・ 贈与税の制度変更から3年。「教育」や「結婚・子育て」を名目にした贈与特例は2019年までに済ませる必要がある。 具体的にどうすればいいのか、3つの「一括贈与の特例」について解説する住宅取得等資金贈与の特例:  ①期限    2021年まで  ②対象者  年齢20歳以 [続きを読む]
  • 節約の鉄板ルールは固定費3つの見直しから
  • 以前、変動費の節約を徹底的にやりましたが、ダイエットと一緒でちょっとしたきっかけで続かなくなってしまいました。一方で、固定費の節約はストレスや努力なく続けられるので、おススメです。そんな固定費の節約について、All Aboutの記事をご紹介します。節約の鉄板ルールは固定費3つの見直しから要点をまとめます。・ 家計の支出には固定費と変動費がある。例えば家賃や住宅ローン、水道光 熱費や通信費の基本料金部分といっ [続きを読む]