じん みのる さん プロフィール

  •  
じん みのるさん: 耳が聞こえる人が基準の社会の中で
ハンドル名じん みのる さん
ブログタイトル耳が聞こえる人が基準の社会の中で
ブログURLhttp://ameblo.jp/2003bear/
サイト紹介文耳が聞こえない人の視点で不便に思うことなど、漫画とエッセイで書いています。
自由文耳が聞こえる人を基準に作られている現社会に対して、ここが「不便」だよ ここはこうあったら使いやすいのに と思うことなど、ショート漫画にしたり、エッセイで書いています。
良かったら 読んでみて考え方を変えてくれたら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/04/20 14:24

じん みのる さんのブログ記事

  • 生まれつき、または幼少期から耳が聞こえない人達へ
  • 生まれつき、または幼少期から耳が聞こえない人達へ沢山の本を読みましょう!マンガだっていいです!「こういう時はこうしたらいい」「こういう時は相手はどんな気持ちだろう」色々人付き合いを学べるんですから!そうして「言葉」「人とのかかわり方」など生きていくうえで必要なことを吸収して欲しいです。本を読む、という行為は実は「社会経験値」を身に付ける方法じゃないかとさえ、最近思うのです。 [続きを読む]
  • あるある73
  • 聞こえる人が基準の社会 あるある73実は耳が聞こえない私達って「推測」「予測」で生きているんじゃないかという位に【これまでの経験】を脳内でデータ化して 何を聞かれるかを予測してそれがドンピシャだと苦なく口の動きがよめちゃうのです。逆に、【これまでに経験がない】内容で聞かれるとプチパニックを起こします。そういう時は筆談だったり、注文票を見せてくれるなどして見てわかる工夫で説明してくれると有難いです。 [続きを読む]
  • 3.11 忘れない
  • あの震災から6年経ちました。あの年に生まれたベビー達は今、きっと6歳くらいになってるのでしょう。それくらい、6年の歳月は長いと思います。被災されたお子さん達を取り巻く環境がどうか良くなっていますように。あれこれ思いながら書き上げた一枚のイラストをここにあげます。 2017/3/11 じん・みのる [続きを読む]
  • 「星々さがしとハーブティー」
  • 報告が遅れました2月11日(土)京都府八幡市の「ふりーすぺーす・あとりえ8」のイベントに参加してきました。そこで初めてソルトさんと対面できて感動!(ハグればよかった)入り口には私とソルトさんの合作が!11日は壁に飾った原画の大部分を下して、手にもって見れるようにしました。ソルトさんが色をつけた額たちが飾られていて、不思議な温もりを感じます。なんだろう、圓藤さんの「かっこいい」と「かわいい」が融合し [続きを読む]
  • いよいよ2月4日から、人生初の原画展示が始まります。
  • いよいよ!2月4日から・・・!京都にある、「ふりーすぺーす・あとりえ8」という所で、人生初の【原画展示】が始まります。★その宣伝に、と私が描いた「星」「探す」のイラストを耳の聞こえないイラストレーター・ソルトさんが素敵に仕上げてくれました★http://ameblo.jp/siromegane00/entry-12233159415.htmlポスターなど宣伝で主に使っている「耳が聞こえる人が基準の社会の中で」あるあるシリーズ1の表紙電子書籍限 [続きを読む]
  • 夏コミについてお知らせ
  • ?【お知らせ】?家族協議の結果、今年の夏コミは申し込まないことにしました。?息子の小学校修学旅行、娘の中学校修学旅行、とにかく今年は2人の子供にかかる経費が多いということからです。?冬コミも、娘の進路とか状況で参加するか決めたいと思うのでごめんなさい。京都での展示と委託販売(2/4-2/12)が終わったら夏コミに出ない代わりに?、他に方法がないか検討しますのでお待ちいただければと思います。どうか、ご理解とご [続きを読む]
  • 【あるある③についてと 情報いろいろ】
  • 【同人誌 あるあるシリーズ③について】 「耳が聞こえる人が基準の中で」あるあるシリーズ③はいつものと違って、2本仕立てです。 ??1つは ろう界では有名な「トキちゃんラーメン店」に家族で食べにいった時の体験ルポ。 私が食べに行った当時よりも、メニューが増えたそう。また行きたいですよー!コミケに来てくださった仲間たちともあいたいですしね! ??もう1つは、京都にある噂の劇場「gear?」に [続きを読む]
  • 【お知らせ 原画展示することになりました】
  • twitterでお世話になってる、私が「FTX]なんだと 心のつっかえを外してくれた恩人でもある 絵描きであり、イラストレーターでもあるソルトさんから「私のアトリエで同人誌の販売をしませんか?」との連絡が! 迷いましたが、関西方面にも出したいと日頃から思っていた事なので委託販売を決めました。 現在、「耳が聞こえる人が基準の中で」字幕編・①・②を委託しています。※2月頃には2016年の [続きを読む]
  • 【電子書籍販売のお知らせ】
  • 【電子書籍販売のお知らせ】 コミケ会場まで買いに行けなかった人のためにBOOTHから電子書籍販売を始めました。 BOOTH「じんみのるわーるど」アクセス? https://jinminoru.booth.pm/ 既刊もスマホで快適に読めるようにpdfで再登録したので、前購入したという方、再ダウンロードしてみてください。 今回は冬コミで出した新刊単品だけでなく、 ・2015年冬コミの3冊セット(総集編) [続きを読む]
  • 【冬のコミックマーケット 出展のお知らせ】
  • 【冬のコミックマーケット 出展のお知らせ】東京ビッグサイトで12月29・30・31日の三日間、冬のコミックマーケットが開催されます。私はそのうち3日目に「カエル力(ちから)」というサークルで出展致します。twitterやpixivなどで掲載してきた「耳が聞こえる人が基準の中で」あるあるシリーズをいくつかセレクトしてまとめた本を昨年度の3冊に加え、新たに3冊出します。昨年同様、無くなり次第終了か、帰りの電車を考えて1 [続きを読む]
  • 【お知らせ】
  • 「あるあるシリーズ」同人誌をベースに、千葉聴覚障害者センターが他のろう者の声を取り入れたり、色々工夫を凝らして読み応えUP↑に仕上げてくれました。千葉聴覚障害者センターのホームページで購入手続きができます。ほかに、電話やファックスでの注文も受け付けてるので良かったら買って読んで貰えると嬉しいです。既に同人誌をお持ちの方も、どこでセリフが変わってる!とか見比べるのもいいかも知れません。(私の希望で同人 [続きを読む]
  • あるある72
  • 耳が聞こえる皆さんには想像がつかないと思います。「黙とう」を、年に何度かする会社や学校、あると思います。この時耳が聞こえない私たちは 実はお祈りすることよりも「いつ終わるかな?」と周囲の手だったり 様子を観察している場合が多いのです。よく知ってくれてる人は「お祈り終ったら叩いて教えてあげるよ」と言ってくれるというケースも。こういうのは助かりますね。七五三とか、風習のあるところでは特殊な流れがあっ [続きを読む]
  • 関西方面の方々にお知らせ
  • 【関西方面の方々にお知らせ】10月中に、友人であるソルトさんの「ふりーすぺーす・あとりえ8」にて昨年の冬コミで販売した同人誌「耳が聞こえる人が基準の社会の中で3冊を各30部ずつ、委託販売予定です。昨年の冬コミでのサークルスペースの様子こんな感じです。★3冊セットで予約・直接取りに来られた方には特典ペーパーをお付けする予定でいます★値段ですが、1冊500円になります。よろしくお願いします。※今年の冬 [続きを読む]
  • あるある特別編 「聞こえる娘の反乱」
  • 家族構成は 耳が聞こえない父と母。耳が聞こえる娘。普段、父と母が娘を呼ぶ時は「りかー」と名前を呼ぶだけ。そうすれば娘が振り向いたり、そばまで来てくれます。逆に、娘が父か母を呼ぶときは そばまで来て呼びます。その違いに不満を感じたときの娘のプチ反抗を漫画にしました。--------------------------------------------そんな娘も、今は呼び方を工夫して・床を叩く・テーブルを叩く・痛くないものをぶつ [続きを読む]
  • pixivで連載中の「meet」更新しました。
  • 今回は鈴木朱里さんがメインの話です。このおばあさんとの出会いが朱里さんの人生を大きく変えるかも知れません。※途中で、聞こえないおばあさんが朱里さんの口の動きを読み取るシーンがあります。聞こえない人はみんな「読唇術」が得意そうに見られるけど、万能ではありません。ところどころ読めない時もあります。その時は筆談をお願いします。良かったら読んでもらえると嬉しいです。meet 15 | Deaf 仁 実 [pixiv] http: [続きを読む]
  • あるある特別編 「人工内耳について思うこと」
  • あくまで私個人の思う事を描いてみました。聞いたところによると、人工内耳の手術を受けても100%健常者になれるわけじゃないという。「子供が耳が聞こえない」とわかって悩んでいる両親に、担当医師が「人工内耳」の手術のメリットやデメリットだけでなく、「聴覚障害者」として生きる道もあることを含めて説明されているかどうかが一番気になっています。 [続きを読む]
  • あるある特別編 「近所で火事!」
  • 自身の体験から描いたものです。私と、耳が聞こえる息子と二人で留守番していた時の事です。娘が部活から帰ってくるまで、まさか家の周りで大騒ぎになっていたとは知りませんでした。と、同時にゾッとしました。起きていても気づけないなら 寝ていたらもっと気づくのが遅れるよね…。つくづく不安を感じた出来事でした。※今回の火事による被害は小さく、また死傷者は出なかったとのことです。 [続きを読む]