ラボリーノ さん プロフィール

  •  
ラボリーノさん: 木工ブログ
ハンドル名ラボリーノ さん
ブログタイトル木工ブログ
ブログURLhttp://woodworking.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文丹波篠山で、休みの日に小さい木工作品を作っています。 主に木製テープカッター作っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/04/20 21:25

ラボリーノ さんのブログ記事

  • キャビネット拡張続き
  • 箱上部のボックスの仕切りを入れるための溝をトリマービットで掘ります。キャビネ本体にはトラスねじが留めてあって3mmほど出っ張っているので、引っ付ける側の引き出し出口が干渉しないよう少し切りました。仕切りはこんな感じです。会社に行ってキャビネットを持ち帰りました。キャビネ本体とはネジ止めです。寸法を合わせるために、ねじ先端を切ります。不細工だけど、本体と引っ付けて完成。拡張部も結構重いので、キャス [続きを読む]
  • コンパネでキャビネットの収納部追加
  • 昔作ったキャビネットに収納部分を外から取り付ける部分を作っています。上部はしきり付きのポケットに。下部は引き出しを付ける構造。キャスター付きでデスクの下に入れておくものなので、奥行きの余裕がないので、幅は160mmしかありません。まずはコンパネの切り出し引き出しにはレールを使います。ホームセンターで売っている商品。塗料は水性ウレタンニス。これが結構値段高いですけど、扱いやすく塗装が丈夫でDIYにはとても便 [続きを読む]
  • 足置き製作
  • 廃材を使って足置き作りです。 材は60mm厚で樹種不明です。 分厚いので留めは端っこだけで、途中段差を設けて 製作可能形状にしています。 持ってる丸ノコでは60mm厚の材を斜め45度に切断するのは刃の出量が足りないのです。こんな形状丸ノコは不安定な形をしているので、 クランプで軽く止めて、ベースを45度に設定します。けど、精度はいまいち。プレナーのナイフマークがかなり目立っているので、刃を替えなきゃいけないのです [続きを読む]
  • 丹波年輪の里の「木木市」へ行って来ました。(2016年5月)
  • 木木市に行って来ました。良い天気です。 いつもの会場プレナーがけがされている木材が多くプレナーや手押しを持っていない人でも購入しやすくなっています。 プレナーがけしてあると木目・割れ・白太がわかりやすいですしね。 安い!と思ってひっくり返すと割れまくっていたり白太ばかりだったりばかでかい節があったり、、、お買い得品を探すのはとても難しいです。 屋外にプレナーや丸ノコが置いてあるので大ざっぱなサイ [続きを読む]
  • 単純!メモリスティック入れ
  • USBメモリスティックが増えて来たので作りました。小さい木片に四角い穴を掘るだけの単純小物です。メモリスティックが2本入るものを作ります。まず太めの角材を用意。これは42×45mmくらいの角材です。これを丸ノコで切断します。長さは65mmくらいで。 画像は左がケヤキ、右がサクラ。作業を始めていろいろ失敗。・・・やり直し。・・・気を取り直して、再度、似たようなサイズでケヤキだけで3個用意。角ノミで掘ります。深 [続きを読む]
  • ちょっと椅子の座面塗装メンテナンス
  • 昔作ったスツールの座面を少し塗り直しました。塗料はホームセンターで売っているセラックニスです。作った時、座面に油性マジックで「踏み台」と書いてしまって、アルコールで拭き取ったので、セッラクニスはアルコール溶解ですので塗装がはげてしまって軽く塗り直したのです。塗って刷毛目のままの状態です。かなり光沢があります。塗料の色はこのような橙〜黄色かかった色です。 #1000と#1500で表面を磨きます。 クルマ用のコン [続きを読む]
  • オイル塗布
  • 先週作った足置き台にオイルを塗布します。今回は桐油です。桐油も粘度が高いのでテレピン油で少し希釈します。木はタモです。塗布前 塗布後左の足置きは木表を表に作っています。右の足置きは木裏を表に作っています。硬木は木裏を表にするのが基本です。 冬なので重合固化には結構時間かかると思います。 [続きを読む]
  • 足置き台3
  • 今日はまた別の足置き台を作りました。留めの角度は変な角度にすると足下のスペースが狭くなるので、シンプルに直角にしました。貫は無しでネジ止めのみ。丸ノコで幅調整。 プレナーは長い材なら高さ160mmくらいまでは通ります。 留めの固定は結構むずかしいですね。 [続きを読む]
  • 足置き台2
  • 前回サイズの試作で足置き台を作りましたが、今日は本番を作ります。本番でも構造は同じで、留めでネジ止めです。移動して使うこともあるので、比較的軽いタモを使います。奥行き幅150mm、横長さ400mm、高さ100mmの角が留めの台です。まずは荒木を用意。丸ノコで幅を調整します。 手押しで片方を平面に。150mmがぎりぎり通る幅です。 プレナーでもう片方を平面に。 丸ノコの刃を45度にセット。調節ネジを締める時に角度が変わるの [続きを読む]
  • ストーブ前の足置き台
  • 石油ファンヒーターで足を温めるには少し足を高くしないといけないのですが、なにか台に足を乗せて温風が出る付近に足があるようにしたいとの事で、高さがいまいち分からないので、端切れのSPF材でまずはテスト品です。高さは100mm。留めは45度にして使わない時は立てて場所をとらないようにしました。丸ノコで45度に切断。 適当にクランプして、斜めにタッピングネジで留めます。 床に座った状態で足を置くらしく、かかとが乗ると [続きを読む]
  • オイル塗布
  • 今日はオイル塗布をしました。以前作って白木のままだったテープカッターもついでに塗布しました。塗布前と塗布後がわかりやすいように、まずはそれぞれ片方だけ塗布しています。塗りっぱなしの状態なのでテカっていますが、あとで拭き取ります。大きいのはタモ。小さいのはホワイトオーク 画像左側のホワイトオークは放射状物質がはっきり出ていてそこが光っているように見えて目立ちます。 木製テープカッターは保管している棚が [続きを読む]
  • テープカッター製作続き。
  • 接着をします。 接着したら硬化しない内にギザギザ刃が入る溝にプラ板を差し込んで溝に入り込んだ接着剤を追い出します。地味な作業。 ならい加工に入ります。いつもの作業。 磨きに入ります。水拭きしながらです。 水拭きするのは毛羽立ちを取り除くのと、接着剤が付着しているとその部分だけオイルが染み込まないので事前に知るため。奥まっていて目立たないですが隅に接着剤が残っていることが多いです。ホワイトオークはペーパ [続きを読む]
  • ホワイトオークのテープカッター続き
  • 先週加工した材は狂いも無く、今日はプレナーで最終の厚みまで削りました。加工に入ります。6mmバンドソーで寸法に余裕を持ってくり抜いて行きます。バンドソーを使うのは下手なので苦手な作業です。カーブがきつい所は予め錐で穴を開けています。 位置決めのダボ穴を開けて、テープホルダーが入る溝を掘ります。 ダミーのテープホルダーを入れてみてズレがないか一応確認します。 中心の材は加工を終えて、次回は接着作業です。 [続きを読む]
  • テープカッター9ロット目。製材
  • まだタモがたくさんあるのですが、以前アウトレット品で購入したホワイトオークを一度も使っていないので、今回はホワイトオークで製作です。初めて使う材です。モデルは基本デザインで丸いのを作ります。ウエイトは無しです。荒木材です。アウトレット品なので大きなキズとか割れがあります。節はあまりありません。 木口から見ると放射状物質がよく目立ちます。木目と同じくらい強く現れているので木目と交錯して見えます。 だめ [続きを読む]
  • オイル塗布
  • 最後の磨きをしてさっそくオイル塗布です。塗る前と塗った後の画像です。磨きで白っぽくなっているウォルナットはかなり色が濃くなります。ウォルナット側 ハードメープル側 上から 木口 ハードメープルの色違いはそのまま現れました。残念。 [続きを読む]