syz55 さん プロフィール

  •  
syz55さん: ECOの似顔絵クッキー☆
ハンドル名syz55 さん
ブログタイトルECOの似顔絵クッキー☆
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/syz55/
サイト紹介文趣味の手作りスイーツ「似顔絵クッキー」や手作り大好き家族のハンドメイドをOL日記とともにお届けします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/04/21 02:22

syz55 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 幼き日々
  • ワタクシには、としごの弟がいて、あいつがとんでもなくかわいかった。ぷにぷに色白で、たれ目のお目々、少し上目使いの泣きそうなお顔、色素の薄い髪は外国の子供みたいな栗色のストレート&マッシュルームカット、風で電線がなびいて音を立てれば 「うぇぇ… ママぁ〜  」と、怖くて母の足にしがみついちゃうような子。かたや、ちびっこの頃のワタクシは、男のようだった。松崎しげる氏のような色黒なお肌、 きれっきれの切 [続きを読む]
  • ちゃとらんの話
  • どうやら世の中最近、「ねこちゃんブーム」らしい。ワタクシを含む周りの熱狂的なねこ派 ・ 自分達がねこまっしぐら派にとって、「え。何をいまさら。」「え〜、今頃きづいたのぉ〜」「我々は昔からねこちゃんの魅力を十分理解し、力説してきた(ノ`Д´)ノ」などなど、訳のわからない上から目線の今日この頃。ワタクシの猫好きは子供の頃からで、高校の時の仲良しグループは全員 「猫命」だった。ある日、仲間の一人が、とんで [続きを読む]
  • 潜伏期間 活動報告
  • 大変ごぶさたしてたみたい、ワタクシ…体調を崩してみたり、お見合いしてみたり、10年ぶりに東京に行ってみたり、仕事に追いたてまくられたり、人生考えてみたり…とそんな中、年末にとんでもないものにハマってしまい身動きが取れなくなりましたその存在はもちろん知っていましたが、今さらそれに時間を費やすなんて、ありえな〜いと。しかし、とうとう出会ってしまったの… う…たまたま見てしまったの… うぅ…それは、海外 [続きを読む]
  • 帰国子女・きりちゃん
  • なんだか、すっかり秋めいてきましたね。秋と言えば、NY。昔、中学1年の秋に、きりちゃんと言う女の子が、NYから転向してきました。当時13歳のワタクシとしては、NY帰りの 「帰国子女」に、興味がないわけないじゃないですかきりちゃんは、もちろん英語はぺらぺーらで、ワタクシとしては当時はやっていた、竹村健一氏の 「デリシャス」 をどんな場面でも、きりちゃんに向けて連発していた記憶があります。←きりちゃん [続きを読む]
  • 愛すべき…
  • お盆ですね。我が家も、ご先祖様が家を間違えずに帰ってこられるよう、ちょうちんを出しました。10年前に亡くなった、とんでもなく破天荒&おしゃれだったワタクシの祖父・ムネオ。今でも、親戚が集まれば必ず、「自分とムネオのエピソード」がエンドレスに語られます。それでは、名刺代わりに一つ…ある夜、祖父は胸の苦しさを訴え、祖母は救急車を呼んだ。いつもなら、救心でおさまるのに、その夜は効かなかった。ワタクシも起 [続きを読む]
  • 6畳にアーバンを求めて
  • 先日、百貨店で涼しげなゴザを見ていて、思い出した事があった。時は短大時代〜親の言うとおりに学生会館に入ってたのも束の間、より自由を求め、念願だった東京での一人暮らしを始めた若かりし頃のワタクシ6畳くらいしかない狭い部屋を、雑誌に出てくような 「都会的なおしゃれな部屋」 にするべく、鼻息荒く松戸のイトーヨーカドーへ、いざ行かんその日は迷った挙句、アイボリー色のカーペットに決めた。でも、店員さんから思い [続きを読む]
  • カミングアウト〜看護婦さんの手〜
  • あぁ…今年もやってきました、1年に一回の健康診断…とんでもなく苦手である特に胃カメラ…。かれこれ数十年してきてるにもかかわらず…。慣れない。いつまでたっても。胃カメラ室の待合室に通され、ソファにかけた。初めて胃カメラをする方もいて、みな緊張の面持ち同じ会社の人達と一緒なら「怖いよね〜」とか「やだね〜」など話もできるのだが、いろんな会社から来ている初めてのお顔ばかりなのでそれもなかなかできない。看護 [続きを読む]
  • 不思議な体験
  • 先日ワタクシ、大阪へ出張へ行ってまいりました。 ううむ…。 人ごみが苦手なワタクシ(;´Д`) (;´Д`)出来ることなら、行きたくない…。と、前日ぎりぎりまで、新幹線の切符を取らず、 一人、無駄な抵抗をするワタクシ。仕事なんだから…と、わかってはいるものの…。 久々の、御堂筋線のピンク色の「女性専用車両」に揺られながら、東京の短大に行ってる頃のことを思い出してしまった。あれは、不思議な体験だったなぁ [続きを読む]
  • 過去の記事 …