キースオジンQ日記 さん プロフィール

  •  
キースオジンQ日記さん: キースオジンQ日記
ハンドル名キースオジンQ日記 さん
ブログタイトルキースオジンQ日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/keithhorii
サイト紹介文好奇心の向くまま色々な事に関心を持ち、毎日書いてます。海釣、各種音楽・美術鑑賞、城跡巡り、鉄道。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/04/21 17:23

キースオジンQ日記 さんのブログ記事

  • 飯田市 松尾城
  • 飯田市にある松尾城跡に行ってきました。ここは、信濃国守護の一族である松尾小笠原氏が居城したところで現在、長野県の県指定史跡になっています。主郭・ニノ丸跡や土塁・堀が綺麗に残っています。川を隔て同じ小笠原氏一族の鈴岡城が見えます。 武田信玄が当地を攻めた際、松尾小笠原氏は、武田方につき、隣の鈴岡城を攻めています。今は橋一つで繋がっており、どのように対峙していたのか想像できます。 [続きを読む]
  • ルーヴル美術館特別展
  • 名古屋市中区の松坂屋美術館にて開催されていた「ルーヴル美術館特別展」に行ってきました。これは、ルーヴル美術館が「バンド・デジラ(漫画)BD」プロジェクトと名付けた漫画を9番目の文化として世界中の漫画家にルーヴルをテーマにした作品を描いてもらったそのプロジェクトの全容を約300点の原画や映像を紹介するものです。日本から荒木飛呂彦、谷口ジロー、ヤマザキマリさんらが参加しており、その作品の一部と製作風景が展示 [続きを読む]
  • 新舞子沖の五目釣り
  • 真昼の暑さを避け、知多市の新舞子ボートパークから大野沖にボートを出しました。夕方の明るいうちは、タコとキス狙いで流し釣りをしました。タコエギにタコが、青虫のエサ釣りにキスが釣れ、飽きない程度の釣果がありました。日が暮れてからは、新舞子沖に移動しカサゴを狙い、青虫のエサ釣りでやってみました。満潮と重なり1時間に10匹ほど釣れました。結果は、アジ・サバ・キス・小ダイ・カサゴの五目とタコが釣れました。 [続きを読む]
  • 映画「海辺の生と死」
  • 名古屋市東区にある名演小劇場に映画「海辺の生と死」を見に行ってきました。この映画は、永山絢斗と満島ひかりが出演している奄美諸島を舞台にした終戦前後を描いたものです。原作は、島尾敏雄・ミホ夫妻で夫妻の伝説的出会いを描いたもので、昭和19年末、奄美諸島に海軍特攻艇部隊が駐屯するところから始まり島の国民学校の教師と出会い終戦を迎えるまでを描いています。凄惨な沖縄戦は、よく取り上げられますが、沖縄に近い戦場 [続きを読む]
  • 前期 広重展 「広重の旅」
  • 安城市の安城市歴史博物館にて開催されていた「広重展 前期 広重の旅」に行ってきました。中日新聞でも連載で取り上げられたこともあり、大勢の人で賑わっていました。サブタイトルに「広重の旅」とあるように保永堂版の東海道五拾三次55枚を主に、行書版・隷書版・狂歌入の東海道五拾三次など展示されていました。無料で借りれる音声ガイドを聞きながら見て回りました。今まで広重の絵を何となく見ていたものが、今回、非常に良 [続きを読む]
  • アンデルセン展
  • 安城市にある安城市民ギャラリーで開催されていた「アンデルセン展」に行ってきました。これは、安城市が日本のデンマークと言われるようにデンマークと縁があり、日本・デンマーク外交関係樹立150周年と安城市 市制65周年記念事業として企画されました。アンデルセンの貧しい青春時代から作家として活躍するまでの生涯が良く分かる展示になっていました。 [続きを読む]
  • 木星音楽団 地球音楽会
  • 名古屋市中区の宗次ホールで開催されたスイーツタイムコンサートに行ってきました。今回は、木星音楽団による地球音楽会です。木星音楽団は、ケーナ(ナイ)・アルパ・箏(十八絃・十七絃)・尺八のカルテットです。地球音楽会とタイトルにあるように各国の名曲が演奏されました。ケーナとアルパは南米楽器であり、箏と尺八は和楽器であり、これらが絶妙なハーモニーとなり、素晴らしい演奏でした。ゲストの大前恵子さんのソプラノも素 [続きを読む]
  • 原鉄道模型博物館「鉄たび展」
  • 名古屋市中村区にあるJR高島屋の特設会場で開催されていた原鉄道模型博物館が特別協力している「鉄たび展」に行ってきました。これは世界的に著名な鉄道模型製作・収集家である原信太郎氏の鉄道模型コレクションが展示されていました。今回は、「模型の神様 原信太郎と九州の風が紡ぐ鉄道ロマン」とサブタイトルが示すとおりJR九州の各線で活躍する水戸岡鋭治氏デザインの特急の模型が展示されてました。ジオラマでは「或る列車」 [続きを読む]
  • 「斎藤吾郎の描けば描くほど」展
  • 刈谷市の刈谷市美術館にて開かれていた「斎藤吾郎の描けば描くほど」展に行ってきました。斎藤吾郎さんは、地元 西尾市生まれで三河地方の祭り・風景・人物などを題材に取り上げ描いている画家です。斎藤さんの絵は、赤を大胆に使った鮮やかな色彩やダイナミックな構図が特徴です。会場に入ってすぐ展示されてある作品は、すべて赤が基調となり描かれており、いきなり圧倒されました。日本人初、ルーブル美術館にてモナリザを模写 [続きを読む]
  • 岡崎市図書館 りぶらレコードコンサート 11
  • 岡崎市図書館りぶらで水曜日を除く、毎日、11時と19時の二回、開かれるレコードコンサートを聴いてきました。内田修ジャズコレクションの中からその月にちなんだテーマに沿って選曲され、今回は、井上智さんの「SONGS」でした。1999年に販売され廃盤になったもので収録10曲のうち8番目に「さくら」があり、それで選ばれました。井上智さんは、1990年から米国で活躍し、2010年に帰国し、国内で活躍しているジャズギタリストです [続きを読む]
  • 沼津市 長浜城
  • 沼津市にある長浜城跡に行ってきました。この城は、北条氏が15世紀後半に築城し、16世紀後半、武田氏が駿河を手中にした際、北条氏が武田氏に対抗するため水軍の拠点として改築されました。その遺構がのこる珍しい城跡として国指定史跡に指定されます。海に突き出した半島を曲輪と櫓をうまく組み合わせて築城され、その遺構がわかるよう説明板があり、一部復元されています。国指定史跡だけあり良く整備されています。 [続きを読む]
  • コロネット「音の展覧会」
  • 岡崎市シビックセンター コロネットで開かれたクラッシックの演奏家グループ「花音 かのん」のコンサートに行ってきました。花音は、ソプラノ 二人、ピアノ 二人、ヴァイオリンの五人構成のグループです。今回は、「音の展覧会」と題し、タイプの違ういろいろなクラッシックの名曲が演奏されました。コンサートの中頃、観客も参加する企画もあり、クラッシックを身近に感じ楽しめました。暑い夏のひと時、一服の清涼感を感じました [続きを読む]
  • 戦国あいちヒストリア
  • 大府市歴史民俗資料館で開催されている「戦国あいちヒストリア」展に行ってきました。この企画展は、「衣ケ浦の歴史II〜戦国編〜」と題し、尾張地方 特に、刈谷・大府・知多市にある城跡・武具等についていろいろな資料が展示されてました。戦国時代の城の模型も展示されており、当時の状況を分かりやすく説明されてました。 [続きを読む]
  • 亀崎港のハゼ釣り
  • 半田市の亀崎港へハゼ釣りに行ってきました。中日新聞に紹介されており多くの人で賑わっていました。メバル竿を使いゴカイのエサで脈釣りではじめたところ、すぐアタリがあり、最初のハゼが釣れました。次に、玉ウキを使ってやったところ頻繁にアタリがあるものの、なかなか釣れなかったのですが、たまに釣れるのはチビセイゴでした。ハゼを狙うには、遠くへ投げるのでなく岸近くに落とすだけで十分、釣果があがります。中には3桁 [続きを読む]
  • 韮山反射炉と江川邸
  • 伊豆の国市にある韮山反射炉に行ってきました。ここは、一昨年、「明治日本の産業革命遺産」の一つとして世界文化遺産に登録されました。まず、韮山反射炉ガイダンスセンターに入り、反射炉について理解を深めました。特に、映像ホールでのビデオによる「反射炉の全貌」は非常に分かりやすく現物を見る前には必見だと思います。反射炉ではボランティアのガイドさんがいて詳しく説明してくれました。この後、反射炉を作った江川英龍 [続きを読む]
  • 伊豆の国市 韮山城
  • 伊豆の国市にある韮山城跡に行ってきました。この城は、後北条氏の祖である北条早雲が1493年に築城し、小田原城に移るまで本城としてました。その後、今川氏・武田氏と攻防戦が繰り広げられ、豊臣秀吉の北条攻めの際、落城してます。その後は、幕府直轄になり韮山代官が治めるところとなりました。遺構としては、本丸・ニノ丸・三の丸・権現曲輪などに堀とか土塁などが残っています。1時間ほどで城跡をゆっくり見て回ることができ [続きを読む]
  • 「やすらぎの郷」と川奈ホテル
  • 平日の昼時の楽しみは、連続テレビドラマ「やすらぎの郷」を見ることです。このドラマは、石坂浩二・加賀まりこ・浅丘ルリ子さんらが出演しているシニア向けのドラマです。その舞台になっている伊東市にある川奈ホテルに行ってきました。早めにチェックインしてホテルの周辺を散策しました。ゴルフコースが有名なホテルだけあり芝生が良く手入れされています。気持ちよく歩けました。食事前に、ホテルの中をいろいろ見て回りました [続きを読む]
  • 下方氏の上野城と張振甫関連史跡
  • 岡崎市の中日文化センターで月二回、受講している「東海の古城と史跡を訪ね」に出席しました。今回は、中日古城研究会の山田柾之さんが講師となり「下方氏の上野城と張振甫関連史跡」と題し話をされました。下方氏は、小笠原家の流れをくむ名家で尾張の上野城を居城としてました。織田信長に仕え、本能寺の変で討ち死にしている一族もいるが、最後に尾張徳川家に仕えています。次に、話されたのは、張振甫についてです。江戸初期、 [続きを読む]
  • 焼津市 田中城
  • 焼津市にある田中城に行ってきました。この城は、全国でも珍しい円形輪郭式縄張の城として、また、徳川家康がこの城で鯛の天麩羅を食べた後、亡くなったことでも知られてます。下屋敷の駐車場に車を止め、下屋敷にある本丸二階櫓を見てから城下に点在する遺構を見て回りました。三日月堀の跡とか土塁など一部が残っているものの円形の三重堀ほかほとんどの遺構はなく、宅地化されてました。地図の上では円形輪郭がわかりますが、歩 [続きを読む]
  • 知多堤のカサゴ釣り
  • 暑い夏のボート釣りは、夜釣りが一番です。知多市の新舞子ボートパークからボートを出し、知多堤に向かいました。青虫の餌釣りとジグヘッドにワームをつけた仕掛けの二本竿を準備して釣りはじめました。日が暮れる頃、ちょうど満潮に向かう上げ潮時で潮が良く動いていたので、エサ釣りの竿に早速、アタリがあり一匹釣れました。エサ釣りはおき竿にしてルアー釣りで探ってみましたがアタリはあるものの釣れず、エサ釣りだけに集中し [続きを読む]
  • 豊田市美術館「奈良美智展」
  • 豊田市美術館にて開催されていた「奈良美智展」に行ってきました。今回は、奈良さんの1987年から本年までの30年間に描かれた100点ほどが展示されてました。一目見て奈良作品と分かる特徴のある少女などじっくり観た後、ギャラリーツアーがあるということでそのツアーに参加しました。学芸員から作品の説明を聞いていると先ほど一人で観た際には気づかなかった点など新しい発見ができ楽しめました。本日、中日新聞にも当展覧会のこ [続きを読む]
  • サマーセミナー「ショパン講座」
  • 額田郡幸田町の幸田町民会館で開かれたワンコインコンサートに行ってきました。通常、春と秋に行われるワンコインコンサートですが、番外編として一昨年から加藤昌則さん(作曲家・ピアニスト)が講師となり著名な作曲家について解説をするという企画が行われてます。今回は、ショパンについて解説されました。まず、ショパンの生涯について話された後、「ピアノの詩人」と言われるショパンの曲の特徴など詳しく解説され、最後に「英 [続きを読む]
  • 安城市市民ギャラリー「風景写真展」
  • 安城市民ギャラリーで開かれていた「第4回 風景写真展」を観てきました。主催は、富士山写真愛好会で、普段、富士山の写真を撮っているメンバーが風景写真に挑戦し、その作品を展示するものです。会場に入ってすぐ、棚田、川辺の写真からはじまり、日本全国の四季折々の風景の写真が展示されてました。いずれも素晴らしい作品ばかりでした。 [続きを読む]
  • 碧南海釣り公園 ギマとサッパ
  • 碧南市の碧南海釣り公園に行ってきました。着いてから何が釣れているかを見回ってから釣りはじめますが今回は、ギマとサッパが回遊しているとのこと。ギマを石ゴカイの餌で投げ釣りとし、サッパはサビキ釣りと二本の竿を準備してはじめました。満潮から下げ潮になるタイミングでサッパがすぐ釣れました。コマセを使わずサビキ針だけで釣れてきます。ギマは、ルアー竿を使い、小さめの通し重りにハゼ針でやったところ、これもすぐ釣 [続きを読む]
  • 広重展記念講演会「広重の逆襲」
  • 安城市歴史博物館で開かれた「広重展記念講演会」に行ってきました。名古屋市博物館副館長の神谷浩さんが講師となり「広重か北斎かー広重さん逆襲ー」と題し、講演をされました。データから見た北斎と広重の比較から話され、北斎と広重の作品の違い(風景画・人物画・花鳥画・構図)について作品を写しながら説明されました。最後に、広重の作品を見ながら構図・視点・天候・時刻・シルエット・トリミングなどの特徴を説明され、広重 [続きを読む]