Lotus Works さん プロフィール

  •  
Lotus Worksさん: NPO法人 Lotus Worksのブログ
ハンドル名Lotus Works さん
ブログタイトルNPO法人 Lotus Worksのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/lotusworks/
サイト紹介文日本で生活しているベトナム技能実習生の日本での生活をサポートするために発足したNPO法人です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/04/22 07:43

Lotus Works さんのブログ記事

  • Nhinhさん ガンバレ‼
  • 私が担当しているNhinhさんは岐阜県の縫製工場で働いている。いよいよ来週日本語検定試験。先日授業最後に試験会場の場所を確認した。会場は岐阜大学と聞いて遠いので、心配すると、Nhinhさんが住んでいる場所からまた明智鉄道という観光列車に乗るそうだ。この前の日曜は長野で大きな地震がおこり、どうか来週は何もおこらないで欲しいと思う。電車やバスを乗り継いでぜひ自分の実力を、発揮して欲しい。たまたま行った伏見稲荷の [続きを読む]
  • Nhinhさんからの手紙
  • こんにちは。 私はNhinhです。今日本にすんでいます。もうすぐ 3年がたちます。早いです。あと3ヶ月ぐらい(で) ベトナムに帰国します。長い時間 日本に住んでたくさん(いろいろな)ことがありました。楽しいことがあります(した)けど、さびしいこともあります(ました)。2年前に日本へ来るはじめて(来たとき)、私って 日本語で(が)ぜんぜんしゃべれませんでした。それに友達にいないんです(いませんでした)。そのとき [続きを読む]
  • ハノイ一人旅No3
  • 技能実習生と日本語の勉強をするようになってから、ベトナムという国に関心を持つようになりました。テレビ等で見ていた バイクの多さに目を見張り、今このハノイの風景の中にいる自分を不思議に思いました。ベトナムドン(お金)には戸惑いながらもなんとか計算も出来るようになり、ランチ100円や、フォー150円など 安さに驚きました。 2/27にはハノイ在住のNPO法人Lotus Worksの講師の方々が歓迎会を開いてくださり、Sさんとフ [続きを読む]
  • ハノイ一人旅No2
  • 2月25日 羽田からハノイへ。 一人旅、ドキドキしながらもスムーズに出国、機内でも快適に過ごしノイバイ空港に着陸しました。 昨年8月富山きときと空港で見送ったミンさんが迎えに来てくれました。半年ぶりの再会。 なんだか頼もしくなっていました。 早速、ミンさんの案内で、ベトナム初の大学があったという文廟を見学、漢字の読みを話したり守り神という亀を見て回りました。その後、 Sさんと合流しナイトマーケットへ。 賑 [続きを読む]
  • ハノイ一人旅No1
  • 私がベトナムとの繋がりができたのは同級生のSさんが日本に来ている技能実習生を訪ねる旅をして、富山に来たことから始まりました。その時、まだ日本語もよく分からず過酷な環境で働くミンさんという青年に出会いました。3年前の事です。とても暗い顔をしていたのを覚えています。 Sさんの勧めで資格もない私でしたがpcを買いミンさんと日本語の勉強を始めました。 図書館で勉強したり、花見に行ったりお鮨やトンカツを食べながら [続きを読む]
  • 北日本新聞より
  • 私がベトナムとの繋がりができたのは同級生のSさんが日本に来ている技能実習生を訪ねる旅をして、富山に来たことから始まりました。その時、まだ日本語もよく分からず過酷な環境で働くミンさんという青年に出会いました。3年前の事です。とても暗い顔をしていたのを覚えています。 Sさんの勧めで資格もない私でしたがpcを買いミンさんと日本語の勉強を始めました。 図書館で勉強したり、花見に行ったりお鮨やトンカツを食べながら [続きを読む]
  • おじいさんと、おばあさんを昼ごはんに招待しました
  • 私の会社で(の)おばあさんにパンとやさいとくだものをいただいていました。おみやげをいただいたとき、私たちはたのしかった(うれしかった)です。にちようびに会社は休みですから、家の私たちが(私たちは家に)おばあさんとおじいさんは(を)おひるごはんを(に)しょうたいしましたその日どき、私たちははやくおきていろいろじゅんびしました。みんなしゃべりながらひるごはんをじゅんびしました。だれもいそがしいですが楽 [続きを読む]
  • 日本語を勉強し続けます。
  • 会社の社長と直接に面接して受かったので、始めにハノイへ日本語の勉強に行きました。3日ぐらい日本語のいろはを覚えましたよ。日本語のいろはが二つありますね。本当に難しいと思います。他に漢字もあります。でもベトナムでは勉強途中に漢字の勉強は全然教えられなかったです。だからベトナムで勉強(した事)が6ヶ月終わっても漢字が全然分かりませんでした。みんなの日本語の第40課まで勉強したら日本へ来ました。6か月勉強し [続きを読む]
  • Nhungさんの結婚式No.2
  • ハノイの送り出し機関の日本語授業で初めて会ってから、もう4年がすぎました。あなたが、九州の養鶏所で働きだした頃「先生、漢字を勉強したいです」とメールをくれましたね。まだボランティア授業をしていない時だったので、「本屋に行って、漢字の本を買ってください」と返信すると、「先生、ここは、何もありません。本屋はありません。おじいさんとおばあさんしかいません」という返事でした。「バスに乗って、街まで行かない [続きを読む]
  • Nhungさんの結婚式No.1
  • ”Lotus worksのskype授業”生徒さん第1号のNhungさんの結婚式へ行ってきました。後ろに写っている家は、彼女と彼女の妹が日本で稼いだお金で御両親のために建てた家です。彼女の村(ハノイから自動車で90分位の郊外)には、このような立派な邸宅が何件も建っていて、そのほとんどが日本へ出稼ぎに行った子供の仕送りで建てられたそうです。日本へ行って3年働けば立派な家が建てられるとわかれば、村の皆さんは行きたくなりますよね [続きを読む]
  • Nguyetさんの 日曜日
  • Nguyetさんは、大阪の印刷の会社で、朝早くから夜20:00すぎまで働いています。それから夕ご飯を食べて毎日日本語を勉強します。それだけでもかなりの頑張りやさんなのに、日曜日は自転車で片道45分かけて、八尾市国際交流センターに行き、日本語ボランティアの方々と会話の勉強をしています。先生たちはみんな楽しくておもしろいそうです。年末にはそこで忘年会があったりと、季節ごとの行事を楽しんでいるそうです。日本にいる時 [続きを読む]
  • ボランティア講師からの手紙(27)
  •  私のSkype授業担当は、大阪で金属加工の会社に勤めているDさん。子供をハノイに残して奥さんも松山で働いているとのこと。連休にはよく松山に遊びに行くことがあり、授業当日の授業の開始時刻直前になって「先生、今松山にいます。今日の授業は休みでもいいですか?」との連絡が何回かあり、そんな時は「え!もっと早く連絡をしてください」と言う言葉を飲み込んで、「そうなんだ、楽しんで来てください。」の言葉を返すのがやっ [続きを読む]
  • スカイプ講師を始めて
  • 清水先生に誘われて講師を始めたのが2015年8月なので、なんとか1年半たったところです。仕事が教員だったことから教えるのはそこそこできると思いつつ、他の先生方との交流が全くない中、手探りの状態でスカイプ授業をやってきました。スカイプの使い方に失敗しながらも、皆さんには基本だと思いますが、今ではこんな風に授業を進めています。1 次回の学習日時や宿題は「ビデオ通話」で確認した上で、必ず「メッセージ」で [続きを読む]
  • 私の家族
  • 私はNguyetです。日本語で「月」という意味です。ハイズオンから来ました。今は大阪で印刷の仕事をしています。 私の家族を紹介します。お父さんとお母さんと妹です(Nguyetさんは中央上)。そして 猫です。お父さんとお母さんは 寅年なので、猫が大好きです。最近 あかちゃんが5匹うまれました。 犬もいます。名前は「キキ」です。5年前から飼っています。私は猫より犬のほうが大好きです。 ベトナムでは犬や猫 [続きを読む]
  • フオンさんからの手紙
  • みなさん、こんばんは。初めましてわたくしは フオンと申しますわたくしは ベトナムから参りました日本に来て1年半になりました。1年半は長時間じゃない1年半にも 短時間じゃないでも 色々 学びました。わたくしは 20歳の時 日本に来ました。日本に初めて来たのは大阪です。そこは 綺麗なところでした。一か月勉強したり、遊んだりしました・・・・・。楽しかった。一か月後、大分へ引っ越しました。ここは 大分の小 [続きを読む]
  • 帰国後の就職
  • 3年間の新潟県の実習生活を終え、昨年11月に故郷ハイズオンに戻って休養をしていたソンさんですが、IPM国際発展貿易株式会社というベトナムの大手企業に就職が決定。ハノイで再出発しました。日本滞在中に日本語能力検定N2に合格したことが大きく役立っています。現在、その会社で、通訳、翻訳を専門に働いています。給料もなかなか良いようです。 故郷ハイズオン近郊。ハノイは都会で物価も高いから、経験を積んだら故郷に戻 [続きを読む]
  • ふるさと紹介(Ben Tre)
  • 愛知県で働いている Tamさんの故郷を紹介します。Tamさんのふるさとは Ben Tre省の Mo Cay群です。ホーチミンから86kmのところにあり、ココナッツの森林、果樹園、水田が広がっていて農業が盛んなところです。Tamさんは右上。 左上から弟、姉、従妹。下は、両親と二人の甥っ子です。両親はココナッツの関係のお仕事をしています。家族が大好きだそうで、写真を見るだけで いつもじーんとしてくるそうです。 出身の高校 [続きを読む]
  • 健康診断
  • 兵庫県で働いている 実習生のChuong君は、1年に1回会社で健康診断を受けるそうです。日本とベトナムではだいぶ気候も違うので、体調をこわしてしまう人も少なくありません。こうしてしっかり健康診断をうけられる環境が整っていると安心ですね。健康診断の結果はA。これからも体調に気をつけてがんばってください。 [続きを読む]
  • 番外編:技術者ホンさん
  • ハノイの送り出し機関には、9割以上の実習生の他に、技術者と留学生が少しずついました。ホンさんは技術者です。2014年春に技術者として来日。現在は九州で働いています。ホンさんは、2016年1月の一時帰国時にかねてからの交際相手の女性と結婚。奥様はベトナムに残り、ホンさんはほどなく日本の職場に戻りました。それから一年後の今年の正月に、再び一時帰国。今度のお出迎えは奥さんと昨年10月に生まれた元気な男の子の赤ちゃん [続きを読む]
  • 送り出し機関の元先生より
  • ハノイの送り出し機関で日本語を教えていたLinhさん(写真中央)からです。実習生たちは、来日前数か月間、朝から晩まで、送り出し機関に泊りがけで、日本語を勉強します。ですが、 来日までに会話ができるようになる人はごくわずか。 教科書の日本語と実際の会話の日本語は全然違うからです。 実習生たちが旅立つときは心配ばかりで、来日前に活きた日本語、日本の文化をもっともっと学ぶ機会が増えることを願っています。 [続きを読む]
  • 帰国したSonさんより
  • Sonさんは、昨年11月に帰国しました。3年間の実習生活は新潟県の三条市で、 冬はかなりの積雪にみまわれる地域でした。 Sonさんは働きながら、日本語を本当によく頑張り、 帰国前にN2に合格しました。ベトナムのテト(旧正月) までは故郷でゆっくりした生活を楽しむそうです。 sonさんは右側。従妹の結婚式にて。 「超たのしかった」と一言。写真からも伝わってきます。 みんなでカラオケパーティー。カラオ [続きを読む]
  • 私のふるさと(Hung Yen)
  • 実習生のThaoさんが 故郷を紹介してくれました。彼女の故郷のHungYenは ハノイから東南に64キロに位置にあります。HungYen省は広域で、日本の工業団地があるほか、バチャン焼きで有名なバチャン村があります。多くの実習生がHungYen省からやってきます。Thaoさんは二人姉妹です。Thaoさんは一昨年の12月に、妹はこの3月に同じく実習生として来日し、家族のために頑張ります! 私は Hung Yen(フンイェン)から 来ました。こ [続きを読む]