Good Ball,"Strike!" さん プロフィール

  •  
Good Ball,
ハンドル名Good Ball,"Strike!" さん
ブログタイトルGood Ball,"Strike!"
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/takashi6132
サイト紹介文ボーイズリーグ、駆け出し「お父さん審判」の奮闘記です・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/04/23 16:02

Good Ball,"Strike!" さんのブログ記事

  • やっぱり、難しい? 反則投球/ボークの判定・・・
  • ご無沙汰しています。半月以上、日本を離れていたので、久しぶりの投稿です。その間に甲子園の高校野球もU18世界野球も終ってしまいましたね。(T_T)選手にとっても、審判にとっても、ストライク/ボール、アウト/セーフについては理解しやすいのですが、難しいのが投手の投球姿勢に関る判定、所謂、反則投球/ボークの判定ですね。プロ野球での菊地投手の投球時の自由な足の動き、U18世界野球での徳山投手のボークなど、意見の分かれ [続きを読む]
  • 打者が空振りして捕手の送球動作を妨害
  • この間のプロ野球の試合でいい題材がありました。8月1日の広島VS阪神の試合、最終回、一死一塁(西岡選手)で打者は上本選手。上本選手は空振り三振、その間に西岡選手が二盗に成功。何もなければ、二死二塁で試合続行のところですが、上本選手の捕手に対する守備妨害により、西岡選手がアウトとなり、3アウトで試合終了となりました。 写真から「妨害」は明らかと思います。このケースでは、妨害した上本選手は妨害時には既に空振り [続きを読む]
  • テレビ番組で中学生に【隠し球】指導!?
  • 久しぶりの投稿です。あまり、いい話題ではありませんが・・・「ピラミッド・ダービー」という番組で、あのまさかり投法の「村田兆治」さん(67歳)が星陵中学野球部(たぶん軟式)の9人と勝負するという企画を視ました。プロ球界屈指の大投手であった村田さんと勝負できるなんて、星陵中ナインにとっても大変素晴らしい経験になったと思うのですが、その中で村田投手が二塁走者を【隠し球】でアウトにするシーンがあり、実況アナウンサ [続きを読む]
  • 幻のランニングホームラン?
  • 先日の大会審判(球審)でのことでした。5回裏、6点差で攻撃側チームがリード。1点入ればサヨナラ・コールドゲームのシチユエーションでした。走者二塁で、打者が低いライナー性の打球で、バックホームのためにやや外野前進守備の左中間を抜けるクリーンヒット。当然、二塁走者は三塁を回り一気にホームイン。この瞬間にゲームセットということになります。ふつうは、両チームの選手がプレイをやめて本塁前に整列するために集まって [続きを読む]
  • 小学生に対する【ボーク】の指導
  • 先週の日曜日は、久し振りに、微力ながらお手伝いしている校区の小学校の学童軟式野球チームの練習試合の球審をさせて頂きました。小学校6年生の試合でしたので、次のステージでの野球も見据え、出場する各投手の投球姿勢・投球動作とボークに注目してみました。小学生の場合、ボークを犯したとき、99.9%投手は走者を騙す意図はなかったと思っています。ボークを犯してしまう原因は、①正しい投球姿勢・投球動作はどういうものであ [続きを読む]
  • 小学生に対する【ボーク】の指導
  • 先週の日曜日は、久し振りに、微力ながらお手伝いしている校区の小学校の学童軟式野球チームの練習試合の球審をsさせて頂きました。小学校6年生の試合でしたので、次のステージでの野球も見据え、出場する各投手の投球姿勢・投球動作とボークに注目してみました。小学生の場合、ボークを犯したとき、99.9%投手は走者を騙す意図はなかったと思っています。ボークを犯してしまう原因は、①正しい投球姿勢・投球動作はどういうもので [続きを読む]
  • 審判メカニクスハンドブックの読み方
  • 今年の2月に最新版(第5版)が発行されました。私は第3版から愛用させて頂いていますが、版を重ねるたびに内容が充実してきていますね。さて、表題の件ですが・・・先日、大変経験豊富な先輩審判員の方々と、或る女子高校硬式野球の練習試合を三人制で審判いたしました。試合中にもタイムリーにアドバイス頂き、大変、勉強になりました。ただ、いくつかアドバイス頂いたことが瞬時には理解できず、試合後の反省会で解説頂き、その原 [続きを読む]
  • 満塁で三本間の塁線上のゴロが三塁走者の足に当たる。
  • 先日の高校野球練習試合の球審時に、まずかった点がありまして、自戒の意味と備忘録として投稿しておきます。一死走者満塁で、打球は三本塁線上の鋭いゴロで、本塁に突入してくる三塁走者の足に当たり、打球はファールゾーンに転がりました。私には、「塁線上にある走者のスパイクシューズに当たった。」と見えました。私は、思わず【アウト】のジェスチャー&コールした後【タイム】をかけました。(この時点で既にまずい所作ですね [続きを読む]
  • 高校野球の練習試合審判にて
  • 春の選抜高校野球大会の期間中、全国から多くの高校が大阪へ遠征に来られます。先週末の土日と年休一日の3日間、大阪のある高校野球チームの練習試合に審判参加させて頂きました。3日間で7試合、千葉、富山、埼玉、福井、鳥取から来られました。投球、送球、打撃、走塁、守備、攻守交代など、すべてにおいてスピーディーな高校野球は、審判技術向上のために大変勉強になりますし、試合時間制限のあるボーイズリーグにとってはよい [続きを読む]
  • 小学部:変化球を振り逃げした時の判定と処置
  • 小学部の場合、ボーイズも学童軟式も、変化球を投球することは禁止されています。反則投球の特別なケースと考えればよいと理解しております。表題のケースが、先日の小学部の試合で発生しました。今後のために少し深掘りしたいと思います。野球規則には下記のように記載されています。6.02(b)反則投球塁に走者がいないときに、投手が反則投球をした場合には、その投球には、ボールが宣告される。ただし、打者が安打、失策、四球 [続きを読む]
  • 本格始動!
  • 毎年、公式戦審判活動は、春季全国大会の支部予選から始まります。シーズン最初の公式戦審判が全国に繋がる支部予選ですので、否が応にも緊張感が走ります。今年は直前まで海外出張しておりましたので、疲れや時差ぼけが心配されましたが、この心地よい緊張感のおかげで、普段通りの審判を務めることができたのではないかと思います。支部予選も大詰め。今週末には小・中学部ともに代表チームが決まります。小学部の決勝戦の審判配 [続きを読む]
  • 球審が【白い手袋】着用?!
  • 先日、お手伝いしている、息子の校区の学童軟式チームが出場した近隣地区の友好大会の6年生の試合に審判参加しました。ボーイズリーグの公式審判員であることは伏せて、お父さん審判として一塁審に入りました。2016/6/24四人制審判メカニクス(或る審判講習会にて)http://blog.goo.ne.jp/takashi6132/d/20160624の投稿で取り上げた、学童軟式少年野球連盟の審判部の方が球審と二塁審を担当されました。驚いたのは、球審の方が両手に [続きを読む]
  • 2016年の審判記録
  • 恒例の審判記録の集計ができました。2016年は、審判試合数がかなり減りました。昨年から勤務先での仕事の内容が変わり、年に数回、長期の出張が入り、大会審判の機会が減りました。また、大会自体もBL3級審判員に「一三塁審」参加頂く大会が増えました。ますます、ご父兄による大会審判参加の機会が増えてまいりますので、ご父兄の皆様と共に審判技術の向上に研鑽したいと思います。小学部のチーム数が減少傾向にあり、小学部の大 [続きを読む]
  • 今年の初審判(裁き初め)は・・・
  • 今年の初詣は、渋く、京都大原の寂光院でした。参拝客も少なく、静かで落ち着いた雰囲気の中で、今年一年の健康と活躍を祈願できました。一方、今年の初審判(裁き初め)はと言いますと・・・下の子が通っている小学校区の学童軟式野球チームのお手伝いをしていることは、以前に触れましたが、そのチームの卒団間近の6年生が、先週日曜日に近くの校区のチームと練習試合を行ないました。その試合の球審を拝命いたしまして、これが [続きを読む]
  • 謹賀新年(今年の抱負)
  • 新年、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。6年目のシーズンに突入です。今年は酉年ですので、大きく羽ばたきたいものです。今年の目標は、年末の審判部実技講習会でご指導頂いた【審判は、いかなる状況にあっても、絶対にジャッジしなければならない!】に拘って、取り組んでいきたいと思います。【審判は、いかなる状況にあっても、自信をもってジャッジできること!】になれるよう、日々鍛錬して [続きを読む]
  • 実技審判講習会で今シーズン終了!
  • 今シーズンの締めくくりは所属支部審判部の実技講習会でした。ほぼ快晴無風の天候に恵まれ、会場も、高校野球の府予選が行なわれる立派な球場でしたので、日中はかなり暖かくなり、実技にはちょうどいいコンディションになりました。また、今回は日本球界を代表する野球団体から特別指導員(2名)をお迎えし、最新の審判技術についてご指導頂きました。現在は、審判メカニクス第4版が最新ですが、改訂年は2012年で4年経過しており、 [続きを読む]
  • 投稿活動、再開しなくては・・・
  • ここ2ヶ月、少し仕事が立て込んで、投稿がおろそかになっていましたら、広告表示されていました。(>_さすがに恥ずかしいので、短い投稿をいたします。今シーズンの公式審判は11月13日で終了いたしました。12月の終わりの支部審判部実技講習会で、全日程が終了いたします。昨シーズンに比べると審判機会が少し減ったような気がします。恒例の年間審判記録を集計して分析してみようと思います。明日からは、仕事で少し日本を離れます [続きを読む]
  • 審判活動、再開!
  • 9月13日に欧州出張から帰国して、19日に大会審判の予定がありましたが、台風&秋雨前線の影響で流れてしまいまして、審判活動の再開は24日(土)からになりました。24日は連盟主催大会の支部予選(2回戦)、25日は支部傘下最大のローカル大会の3年生の部(準決勝&決勝)でした。この2日間で4試合、25日はローカル大会ですが、決勝戦の球審を拝命いたしました。8月末で形の上では現役引退した3年生の大会ですが、投球・打球・送球・走塁・・ [続きを読む]
  • 猛暑で汗だくの審判用具をお洗濯・・・
  • 今年の夏休みは8/11~21までの11連休でしたが、ほんとうに暑い夏休みでした。恒例の故郷の島への帰省のキャンプ(親父の墓参り&墓掃除+レク)では、いつも同伴してくれる下の子(小4)に加え、今春受験が終わって晴れて高校生になった上の子も一緒に来てくれました。(^_^)v今年はお盆に帰省できたので、親父もたいそう喜んでくれているでしょうし、15日の○○島まつりにも参加できて、子供たちは迫力ある花火を楽しんでくれたことでし [続きを読む]
  • 祝勝会でのサプライズ
  • 今日は、所属チームが優勝した【○○大会】の祝勝会でした。審判の私も招待頂きありがとうございました。それどころか、○○大会の優勝メダルを授与して頂きました。このサプライズは、ほんとうにサプライズでした。ありがとう。(^_^)v選手のみなさん、ご父兄のみなさん、ほんとうにありがとうございました。宝物です!大事にしますね。♪ [続きを読む]
  • 母校野球部が挑んだ最後の甲子園
  • 現校名で母校が挑んだ最後の【夏の甲子園】でしたが、願いは叶いませんでした。「甲子園に出場してみんなで校歌を歌う」野球を楽しむため、全員の価値観の共有とモチベーションの維持・向上には格好の目標であり意義であったと思います。達成感が半端なく大きい分、達成できなかった時の喪失感は計り知れないくらい大きかったのかもしれません。それでも、2年生・1年生のみなさんは、再び同じ目標を設定することでしょう。3年生のみ [続きを読む]
  • 四人制審判メカニクス(或る審判講習会にて)
  • 先日、地元の或る学童軟式少年野球連盟主催によるお父さんコーチ向けの審判講習会(座学&実技)に参加する機会がありました。下の子(小4)が通学している小学校の野球チームが所属している団体が主催しているものでした。(下の子がそのチームに所属しているわけではないのですが、縁あって参加してみました。)座学では、配布されたメカニクス図にしたがって、各シチユエーションにおける各審判の動きを解説頂いたのですが、いくつかの [続きを読む]
  • 審判用具の運搬用 キャリングバッグ
  • 2月初旬の所属チームの合宿帯同から始まった今シーズンの審判活動も半年が過ぎました。以前にプロテクターとレガースを新調したことは、このブログでも書きましたが、今回は審判用具の運搬に使うキャリングバッグについてです。初代のプロテクターとレガースを購入した時に、一緒にキャリングバッグも購入しました。Diamond社製の長方形のショルダーバッグタイプでキャスターは付いていません。サイズ的には靴は入らないので、審判 [続きを読む]
  • 審判用具の運搬用 キャリングバッグ
  • 2月初旬の所属チームの合宿帯同から始まった今シーズンの審判活動も半年が過ぎました。以前にプロテクターとレガースを新調したことは、このブログでも書きましたが、今回は審判用具の運搬に使うキャリングバッグについてです。初代のプロテクターとレガースを購入した時に、一緒にキャリングバッグも購入しました。Diamond社製の長方形のショルダーバッグタイプでキャスターは付いていません。サイズ的には靴は入らないので、審判 [続きを読む]
  • 天国へ逝かれた先輩審判へ
  • 私に野球審判の楽しさと厳しさを教えてくれた先輩審判が逝ってしまいました。癌で「余命3ヶ月」と宣告されながらも1年以上も闘病され、またいつか同じくクルーでフィールドに立てることを念じておりましたが、叶いませんでした。心よりご冥福をお祈りいたします。あれこれと手取り足取り教えて下さるわけではなく、「俺の背中(審判ぶリ)を見ておけよ。」な感じでしたが、親分肌ではなく、寡黙で笑顔の素敵な方でした。小学部審判の [続きを読む]