バフェット兄さん さん プロフィール

  •  
バフェット兄さんさん: バフェット兄さん
ハンドル名バフェット兄さん さん
ブログタイトルバフェット兄さん
ブログURLhttp://risk1control.blog.fc2.com/
サイト紹介文サラリーマンによる株式投資サイト。割安株投資中心で売買いが少ないため、更新は月一回ペースです。
自由文20代会社員です!投資スタイルはバフェットさんよりもピーターリンチさんに近いかもしれせん、、投資初心者の為のサイトも併設してすので参考にしてください〜 投資リターンは大雑把で細かく計算してません(笑 ) よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 217日(平均1.3回/週) - 参加 2015/04/24 19:20

バフェット兄さん さんのブログ記事

  • 月間運用報告(2017/7/1)
  • 今月は主力銘柄が好調で含み益が順調に増えて嬉しかったです。おかげで野村WEBプラスローンの借入額が増えて、すべてソーシャルレンディングにつぎ込みました。戦略としては・市場が好調で含み益が増える場合→借入額を増やして、ソーシャルレンディングに注ぎ込む・市場が不調で含み益が溶ける場合→ソーシャルレンディングのお金を戻して株式の買い増しを進めるそうすることで担保評価額を常に安定にしながら資金効率を最大に活 [続きを読む]
  • 税金まとめ
  • 特定口座の源泉徴収の有無しについて投資をする際に証券口座を開くと思いますが、これは必ず特定口座にしましょう。そうすることで 証券会社が年間の損益を自動で計算して、年間取引報告書を送付してくれます(確定申告で必要)確定申告や税金の計算をしたくなければ、源泉徴収有にすれば自動的に20%の税金が引かれます。 ただし、投資による利益が20万以下であれば本来納税する必要がない税金を支払うことになります(還付不可) [続きを読む]
  • 月間運用報告(2017/6/2)
  • 最近は株価の回復が激しく、自然と含み益が回復する状況でした。今年の資産目標2000万円を見据えて良いペースです。2016年にソーシャルレンディングも始めており、株式投資との相性は抜群です。相場が過熱するようでしたら新規資金はそちらに振り向けるかもしれません。来年は自分の低い年収より多く稼げたら良いな〜( そしたら会社辞めるかも、、)にほんブログ村 [続きを読む]
  • REITの基礎知識
  • NAV倍率REITが保有する物件等の資産から負債を差し引いたものがNAV(net asset value;純資産価額)であり、REITの投資口価格を1口当たりのNAVで割ったものを「NAV倍率」という。REITの資産価値に対する投資口価格の割安度を計る目安として利用する。株式における「PBR」とほぼ同様である。 FFO倍率FFOは「Funds From Operation」の略でFFO倍率は投資口価格が不動産賃貸から得られるキャッシュフローの何倍であるかを意味す [続きを読む]
  • 確定拠出年金のとは?
  • 最近私の会社もこの確定拠出年金が導入されました。もはや会社も老後の面倒は見てくれず、個人で対応しなければ ならない時代と移りつつあります。ただし確定拠出年金をうまく活用できればかなりの節税が可能であり、今の退職 世代よりも大きなリターンを狙うことが可能です。(現在私の運用成績は社内でもトップクラスです) 1.60才未満で毎月拠出(私の場合は25,500円まで)可能、60歳から5年以上に分けて受取る必要がある 基本的に [続きを読む]
  • NISA(小額投資非課税制度)の特徴
  • 1.株や投資信託の売却益や配当金に税金が発生しない(ただし損益通算不可) 2014年からペーパーアセットに関する税金が20%に増えましたが、唯一の救いはNISAがはじまったことでしょうか。 この制度を活用すれば倍増株やIPO株の税金を0にすることが可能です。注意点として、このNISA枠に高配当株やREITを組入れる人たちがいるのですが(優待株は論外です)、効果が少なすぎて お勧めできません。例えば−>配当4%×課税率20%=0.8 [続きを読む]
  • 債券に関わる税金とは?
  • 利子付債にかかる税金税率20%(所得税15%、住民税5%)の源泉徴収で確定申告は不要です。 外国で税金を徴収されている場合は、外国で徴収された分と日本で徴収される分の合計が、利子の20%になるように調整されます。 ただし、円建て外債のうち、世銀などの国際機関の発行する円建て外債の利子は、 源泉徴収されず、利子所得として総合課税となり確定申告が必要です。 譲渡益にかかる税金利子付債は原則として非課税。割引債は [続きを読む]
  • 月間運用報告(2015/6/1)
  • 日経平均等の指標が12日連荘の中、私の保有株の上昇は微妙なところです。大きな変化といえば ウェッズを利確したため、含み益が大きく減っています。(今のところ月間で7連続プラス〜) ウエッズの利確で約27万プラスですが、それにしても税金の約5万が痛いですね、、、利確した理由はウエッズの 今後の成長性に期待できなかったのが主な要因です。(あと株主優待の内容変更に同意しかねるものです) 密かにNISA枠で買い集めようと [続きを読む]
  • 債券のリスク
  • 価格変動リスク購入債券の価格が変動するリスクを価格変動リスクといいます。金利の変動や発行体の経営・財務状況等で債券の時価は動いているため、 償還前に売却する場合には投資元本を割り込むことがあります。 信用リスク発行体の経営悪化などにより元本や利息の支払いが滞ったり、倒産などにより支払い不能になるリスクを信用リスクといいます。 債券はあらかじめ期間や受け取る利息が決まっているとはいえ、発行体が破たんし [続きを読む]
  • 債券とは?(基礎編)
  • 債券のリターンは安定的債券とは企業や国が発行する借用書です。債券投資のメリットは、あらかじめ利金・償還の支払いスケジュールが決まっているので、計画的に資金を運用することが可能です。 ただ実際にはインフレ率と外国債券であれば為替の影響を受けますので、実質的なリターンは変動します。 また企業や国の財務が悪化して額面金額の返済が困難になれば、多大な損失となりかねません。そこで計画的にリターンを得たい人は [続きを読む]
  • 月間運用報告(2015/5/1)
  • 成績は先月も好調でした〜まずグランディハウスがストップ高の気配を付けたので1300株を売却して約6万の利確! (ただ株価をチェックしたのが昼休みだったので、だいぶ下落してからの売却となりました、、、) グランディハウスの利確にも関わらず、含み益は先月より増える結果となりました〜 これで月間成績は去年の10月以降、6連続プラスとなります(このまま行けば目標の20%を超えそう!) 含み益が増えた要因は主力の丸紅の上 [続きを読む]
  • おすすめの書籍(投資の道案内)
  • バビロンの大富豪(ジョージ・S・クレイソン著)この本は古代都市のバビロンを舞台に昔から現代まで通用する富の作り方を学ぶことができます。 不思議と昔も今も成功する人と失敗する人のパターンは一緒ですね。 ストーリーを楽しみながら資産運用を学ぶ入門書としてはうってつけです。 となりの億万長者(トマス・J・スタンリー他著)この本の趣旨は億万長者である人ほどお金の浪費がないといった内容です。結局 資産を築くためにはど [続きを読む]
  • 節税の重要性
  • 100万の稼ぎと100万の節税は同じ一般的に日本人は税金に関して無関心な人が多いです。 この原因として、ほとんどのサラリーマンが確定申告が年末調整で完了する点と 世界的に見て日本の税制が複雑なことが原因のようです。 ですが、100万節税を行うことは100万稼ぐことに等しいのです。 税務署は黙っていてはすべてを税金として徴収していきます。 あなたが税金の知識を盾として活用しない限りは、、、 富裕層の節税は [続きを読む]
  • 月間運用報告(2015/4/9)
  • 先月末に配当落ちがあったにも関わらず、早くもそれ以上に含み益が増えました〜また立会外分売の テンアライドと篠崎屋を売却してランチ代になりました。 先月の反省点は投機的に江守Gを先月購入したことです。結果的に一万円の売却益となりましたが、その後 の下落を見ますと、とても割に合うとは思えません、、、少しヒヤリとしました。 また日本創発Gを売却しましたが、、貴重なNISA枠の一部でディナー代程度しか稼げませ [続きを読む]
  • アセットアロケーションとポートフォリオ
  • アセットアロケーションとポートフォリオの違いアセットアロケーションとは株式、不動産、債券などのクラスでの資産配分のことを指します。 それに対してポートフォリオとは株式を例にとると、銘柄の配分を指します。(トヨタ、東芝、住友商事など)つまりアセットアロケーションの方がより大きな分類になり、分散投資の効果が期待できるのもこのクラスまでです。 また運用成績の約7割が決まると言われるくらいなので、いかに重要で [続きを読む]
  • 自己資本比率は高いほど良いのか?
  • 資本金は最大のコストである自己資本比率が高い方が良いという意見がありますが、一概にそうは言えません。 確かに大不況で企業が赤字を出すような状況では負債が大きな負担となりますが、通常の利益を出す状況であれば 株式会社の資本金は最大のコストとなるからです。 株式会社の目的は資本効率の最大化株式を発行して資金を調達すれば企業は約2%の配当金を支払います。 しかし社債の利息約1%よりもコストが余計にかかっている [続きを読む]
  • 月間運用報告(2015/3/1)
  • 先月は日経平均の伸びが激しかったのですが、私の保有株はまずまずのようです。趣味で保有しているラサ商事 が上方修正により、ようやく火が付きました(100株だけですが、、) そして趣味の買付で優待が始まる河西工業を100株購入。 また先月はウエストHDが一時期900円近くまで下落したのですが、決断できず買増しすることができませんでした。 しかし月末に上昇したため、現物の500株を売却して4万の利確!(何かと相性が良いで [続きを読む]
  • 投資家にとって致命的な三大病とは?
  • 無知であること何も知らないというのは投資の世界では間違いなくカモになってしまいます。なぜならリスクを把握して自分 でコントロールすることができない危険な状態だからです。知らないこと自体が罪なんです!そもそも正しい知識が無ければ、いくら情報を集めたところで無駄です。最低限、本屋や図書館にある本は 一通り読みましょう。知識で武装しなければプロが蠢く世界では生き残れません。 行動力がないどんなに勉強しても [続きを読む]
  • 月間運用報告(2015/2/1)
  • 先月はウエストHDと丸紅の下方修正があり、ダブルパンチをくらう苦しい展開でした。ですが、両方とも 株価は堅調でこのような時バリュー投資のありがたみが分かりますね!もうちょっと下落すれば買増しも検討するの ですが、、、 また先月はCIJ、TYO、江守グループHDを売却しました。ウエストHDと丸紅の下方修正に対してキャッシュを確保する意味合い もあるのですが、今後の見通しに自信が持てなくなったため手放しました。 そし [続きを読む]
  • 投資は怖い?
  • 投資は怖い?損失は限定的で利益は無限皆さんは投資についてどのようなイメージをもっていますか?中には株式投資と聞くだけで拒絶症を起す方もいます(特に私の母親ですね、、)確かに信用取引等を全力で行い、破産もしくは借金 をする人もいます。しかし普通のレバレッジ無しの取引を行っていれば最悪でも会社が倒産して紙屑になるだけです。つまり会社が何百億と借金を抱えてもあなたの損失(責任)は投資額に限定されるのです。 会 [続きを読む]
  • 投資の原則
  • 投資の原則リスクとリターンは比例するこれは本当に大原則ですね(笑)ただ投資でいうリスクとはリターンの変動を意味します。 例えば0〜10%と-10〜20%の投資先があれば期待値が同じでも一般的に前者を選ぶ人が多いはずです。ですから普通は後者にリスクプレミアムが発生し、求められる期待値が3%上昇してリターンが-7〜23%になったりします。 このようにリスクをうまく取り入れていくことが投資で成功するための鍵となります。 [続きを読む]
  • 月間運用報告(2015/1/9
  • 皆さま 新年あけましておめでとうございます!ことよろ〜 去年のリターンは僅かに20%に届かない成績でしたが個人的には満足しています! 今年は何かと株価が上がる要素に乏しく厳しい一年になることを覚悟してます、、、? 今週はあかつきFGとウエストHDが急上昇する場面があったため一度売却し、約4万円の利確!今日下落 していたので結果的に良いタイミングで売れました。そして懲りずにまたウエストHDを400株ほど購 [続きを読む]
  • 損切は必要か?
  • 損切は必要か?結論から言うと損切という考え方がそもそも間違っています。特に興味深いのが5%や10%下落すると機械的に損切する 人々です。株式が一年で±20%の振れ幅があることを考慮すれば、この方たちは自動的にお金を捨てています。 そもそも現物取引で企業の価値を把握していれば損切など必要ありません。 信用取引を行っている人のみが行う苦渋の選択であり、信用取引を行う人が支払う一種の手数料と考えることができます [続きを読む]