はな さん プロフィール

  •  
はなさん: 24-7 映画レビュー
ハンドル名はな さん
ブログタイトル24-7 映画レビュー
ブログURLhttp://24-7cinema.club/main
サイト紹介文映画を年間120本映画館で観ている管理人の感想を記録するブログです。
自由文主に洋画メインで観ていますが、邦画も嫌いじゃありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/04/25 00:12

はな さんのブログ記事

  • クリミナル 2人の記憶を持つ男
  • 『クリミナル 2人の記憶を持つ男』あらすじCIAロンドン支局のエージェント、ビル・ポープ(ライアン・レイノルズ)が、極秘任務中に命を落としてしまう。彼は、米軍の核ミサイルさえも遠隔操作できるプログラムを開発した謎のハッカー、ダッチマンの居場所を知る唯一の人物だった。世界的なテロの脅威を取り除くためには、何としてでもダッチマンを捜し出さなければならない。そのためにCIAがとった最後の手段は、研究中の移植手 [続きを読む]
  • 素晴らしきかな、人生
  • 『素晴らしきかな、人生』あらすじニューヨークで広告代理店を経営するハワード(ウィル・スミス)。彼の手腕で会社は業績を伸ばし、公私ともに順風満帆な人生を送っていた。ところが突然、6歳の愛娘が不治の病でこの世を去る。ハワードは深い悲しみで自暴自棄となり、仕事を放り出して自宅に閉じこもる日々。ハワードに頼り切りだった会社は急速に傾き始める。残された同僚役員ホイット(エドワード・ノートン)、サイモン(マイ [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランド
  • 『ラ・ラ・ランド』あらすじ何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。アカデミー賞作品賞を一瞬だけ受賞した作品です(笑 [続きを読む]
  • 未来を花束にして
  • 『未来を花束にして』あらすじ1912年、ロンドン。夫と幼子との3人で生活しているモード・ワッツ(キャリー・マリガン)は、サフラジェット(女性参政権運動の活動家)の友人の代わりに公聴会に参加し、これまでの生き方に初めて疑問を持つ。その後WSPU(女性社会政治同盟)のリーダー、エメリン・パンクハースト(メリル・ストリープ)の演説を聞き、デモにも参加するなど運動にのめり込んでいく。しかし、活動を快く思わない夫に [続きを読む]
  • マリアンヌ
  • 『マリアンヌ』あらすじ1942年、極秘諜報員のマックス(ブラッド・ピット)とフランス軍レジスタンスのマリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、ドイツ大使暗殺という重大な任務のためカサブランカで出会う。二人は、敵の裏をかくため夫婦を装い任務の機会をうかがっていた。その後、ロンドンで再会し次第に惹かれ合った二人は結婚し、可愛い娘にも恵まれ、幸せな結婚生活を送るのだったが、マリアンヌは愛するマックスにも打ち明 [続きを読む]
  • お嬢さん
  • 『お嬢さん』あらすじ日本の統治下にあった1930年代の韓国。詐欺師たちの集団の手で育てられた少女スッキ(キム・テリ)は、伯爵の呼び名を持つ詐欺師(ハ・ジョンウ)から美しい富豪令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドという仕事をあてがわれる。スラム街から彼女とそのおじが暮らす豪邸に移ったスッキだが、伯爵は彼女の助けを得て秀子との財産目当ての結婚をしようと企んでいた。結婚した後に秀子を精神病院に送り込んで財産を奪 [続きを読む]
  • 【3D】ドクター・ストレンジ
  • 『ドクター・ストレンジ』あらすじドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが…。マーベルファンでもなく、特にカンバーバッチが好きだというわけでもないのに、予告編の [続きを読む]
  • マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ
  • 『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』あらすじニューヨークの大学で働くアラサー女性、マギー(グレタ・ガーウィグ)。子どもは欲しいけど恋愛下手な彼女は結婚に見切りをつけ、人工授精でシングルマザーになることを決意する。そんな矢先、文化人類学者のジョン(イーサン・ホーク)と出会い、彼が執筆中の小説に心を奪われる。妻子持ちのジョンだったが、大学教授としての仕事を優先し家庭を顧みない悪妻ジョーゼット(ジュリ [続きを読む]
  • ザ・コンサルタント
  • 『ザ・コンサルタント』あらすじ田舎町で小さな会計事務所を構える物静かな男、クリスチャン・ウルフ(ベン・アフレック)。他人とのコミュニケーションに問題を抱える一方、数字に対して超人的な能力を発揮する彼は、裏社会と繋がりを持ち、彼らの仕事を請け負っていた。アメリカ政府当局もその存在には気づいていたが、なかなか正体を掴めずにいた。そんな中、ウルフのもとに大手メーカー、リビング・ロボ社の財務調査という依頼 [続きを読む]
  • ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男
  • 『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』あらすじ南北戦争まっただ中の1862年。南軍の衛生兵として地獄の戦場を駆け回っていたニュートン・ナイト(マシュー・マコノヒー)は、金持ちが兵役を免除されたことに憤慨し、まだ若い甥が銃弾に倒れるのを目の当たりにして愕然とする。もはやこの戦いに正義を見出せず、甥の遺体を家族のもとへ送り届けるべく軍を脱走する。故郷のミシシッピ州に戻った彼は、やがて脱走兵狩りから逃 [続きを読む]
  • ダーティ・グランパ
  • 『ダーティ・グランパ』あらすじ1週間後に挙式予定のカタブツ弁護士ジェイソン(ザック・エフロン)は、祖母の逝去の知らせを受けて葬儀に参列する。彼は一人残された祖父ディック(ロバート・デ・ニーロ)に半ば引きずられるように、祖父母の思い出の場所フロリダへと旅に出る。ところが、ディックは40年ぶりの独身生活をエンジョイし、朝から酒浸りで葉巻を吹かし、ナンパに明け暮れ……。8割下ネタのバリバリR指定映画です。妻 [続きを読む]
  • アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場
  • 『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』あらすじイギリス軍諜報機関のキャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、ケニア・ナイロビ上空の偵察用ドローンからの情報を基に、戦地からほど遠いロンドンでアメリカとの合同軍事作戦を指揮している。大規模な自爆テロ計画の情報をキャッチした彼女は、アメリカの軍事基地にいるドローンパイロットのスティーブ(アーロン・ポール)に攻撃を命じるも、殺傷圏内に少女がいるこ [続きを読む]
  • 【IMAX3D】ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじ帝国軍の誇る究極兵器デス・スターによって、銀河は混乱と恐怖にさらされていた。窃盗、暴行、書類偽造などの悪事を重ねてきたジン(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍に加わり、あるミッションを下される。それはデス・スターの設計図を奪うという、困難かつ無謀なものであった。彼女を筆頭に、キャシアン(ディエゴ・ルナ)、チアルート(ドニー・イェン)、ベイズ(チ [続きを読む]
  • ガール・オン・ザ・トレイン
  • 『ガール・オン・ザ・トレイン』あらすじ愛する夫トム(ジャスティン・セロー)と離婚し、友人の家に居候しているレイチェル(エミリー・ブラント)。未だに心の傷は癒えず、アルコールが手放せない彼女は、通勤電車から見える一軒の家に住む“理想の夫婦”の姿に慰めを見出していた。その家の近くには、かつて彼女がトムと暮らしていた家もあった。今はそこに、トムは新たな妻アナ(レベッカ・ファーガソン)と生まれたばかりの娘 [続きを読む]
  • おとなの事情
  • 『おとなの事情』あらすじ新婚のコシモとビアンカ、反抗期の娘に手を焼くロッコとエヴァ、マンネリ状態のレレとカーロッタといった面々が、ディナーで集まった。その席でエヴァが、各自のスマートフォンに電話がかかってきたらスピーカーにして全員の前で話し、メールが届いたら公開するというゲームを提案。早速ゲームを始めるが…。月食の夜、3組の夫婦+独身男で楽しく食事中、うっかり始めてしまった携帯見せ合いゲームのせい [続きを読む]
  • 【極上音響上映】この世界の片隅に(3回目)
  • 『この世界の片隅に』3回目の鑑賞は極上音響上映にて@シネマシティ。 1回目のレビューはこちら→この世界の片隅に2回目のレビューはこちら→この世界の片隅に 極上音響上映を仕掛けた人が原作者のこうの史代ファンだっていうのは知っていたので、公開が決まった時に何かしらやってくれるとは確信してました。むしろ冒頭の人さらいの話は夢か現実かっていう議論をした(わたしは現実派)くらいなので、シネマシティで観ないと罰が当 [続きを読む]
  • 幸せなひとりぼっち
  • 『幸せなひとりぼっち』あらすじ最愛の妻ソーニャ(イーダ・エングヴォル)を病で亡くし、長年勤めてきた仕事も突然のクビを宣告されてしまった59歳の孤独な男オーヴェ(ロルフ・ラッスゴード)。すっかり絶望し、首を吊って自殺を図ろうとした矢先、向いに大騒ぎをしながらパルヴァネ(バハール・パルス)一家が引っ越してきた。自殺を邪魔されておかんむりのオーヴェだったが、陽気な主婦パルヴァネは、そんなことお構いなしにオ [続きを読む]
  • この世界の片隅に(2回目)
  • 『この世界の片隅に』 ムビチケをいただいていたので2回目の鑑賞へ。ユナイテッドシネマのサービスデーだったせいか満席だった記憶があります。1回目のレビューはこちら→この世界の片隅にアニメ映画を観に行くと、予告編もずーっとアニメ映画のものが流れるんですよ。艦これとかいうやつとか、「わたしたち、歌って世界を救います!」みたいなやつが延々と流れてだいぶげんなりしていたところ、隣のサラリーマン3人組がそれ [続きを読む]
  • 【極上音響上映】オペラ座の怪人(2004年)
  • 『オペラ座の怪人』あらすじ19世紀のパリ、オペラ座に住む伝説の男ファントム(ジェラルド・パトラー)の仕業とされる怪事件が多発。一連の事件は、彼が見初めた歌姫クリスティーヌ(エミー・ロッサム)をプリマドンナにするために起こされたものだった。以前観た時に音響トラブルで上映がいったん途切れ、なんとも後味の悪い鑑賞だったので、極音で観直してみました。話の筋はわかりすぎるほどわかっているので、期待していたのは [続きを読む]
  • 【極上音響上映】オペラ座の怪人(2004年)
  • 『オペラ座の怪人』あらすじ19世紀のパリ、オペラ座に住む伝説の男ファントム(ジェラルド・パトラー)の仕業とされる怪事件が多発。一連の事件は、彼が見初めた歌姫クリスティーヌ(エミー・ロッサム)をプリマドンナにするために起こされたものだった。以前観た時に音響トラブルで上映がいったん途切れ、なんとも後味の悪い鑑賞だったので、極音で観直してみました。話の筋はわかりすぎるほどわかっているので、期待していたのは [続きを読む]
  • pk
  • 『pk』あらすじ留学先のベルギーで恋に破れ、祖国インドのテレビ局に勤務するジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日黄色いヘルメットをかぶって大きなラジカセを持ち、さまざまな宗教の飾りを身に着け、チラシを配布する男(アーミル・カーン)と出会う。PKというその男は神様を探しているらしく、興味を持ったジャグーは彼を取材する。しかし、PKが語る話は途方もない内容で…。本国インドで大ヒットした映画。同じくインド [続きを読む]