廃人 さん プロフィール

  •  
廃人さん: 超入門:真空管ラジオこれ
ハンドル名廃人 さん
ブログタイトル超入門:真空管ラジオこれ
ブログURLhttp://radio.erx.jp
サイト紹介文ヤフオクでレトロなGT管ラジオを落札したのがキッカケで、真空管ラジオにハマった廃人の日記です。
自由文真空管ラジオに全く無縁だった廃人じじいが、ヤフオクでレトロなGT管ラジオを落札したのがキッカケで、次第に真空管ラジオにハマって行く様を記録した日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/04/26 06:39

廃人 さんのブログ記事

  • ドイツ製レトロ真空管ラジオ「SABA Freudenstadt 8」が到着しました
  • これだっ!本日「オーディオリサイクル・ユニティ」から「SABA Freudenstadt-8」が無事到着した。やっぱデカイ、巨大過ぎるけどこの存在感がたまらんです。まずは軽くワックスで掃除したので、取り急ぎ画像で紹介してみます。外観はとても綺麗塗装は完全にオリジナルの状態で、60年も昔のレトロラジオとしてはとても綺麗な外観だ。まず、電源を入れてみる。このラジオは、長波、中波、短波、FMの 4バンドが受信出来て、PHONO入力や [続きを読む]
  • ドイツ製レトロ真空管ラジオ「SABA Freudenstadt 8」を落札したっ!
  • これだっ!(ヤフオクでの写真です)この「SABA Freudenstadt 8」だけは絶対にヤフオクに出品されないラジオだし、よって私なんぞに手に入れる事なんか有り得ない夢のラジオだったのだが、何と!ついにヤフオクに出品されたのだ。ちなみに「Freudenstadt」のカタカナ読みは「フロイデンシュタット」だ。なんと私が落札してしまった!入札は高額になる事が予想され、私が落札出来る事など夢のまた夢だったのだが… 諦めず最後まで [続きを読む]
  • 最近は「Voice of America Learning English」を聴いている
  • 英語のヒアリング練習の方は、ここ数ヶ月「Voice of America Learning English」という Podcastを聴いている。年のせいか身に付くのが遅い気がする。Voice of America Learning English以前はネットラジオの英語ニュース番組を聴いてヒアリングの訓練をしていたが、半年聴き続けて番組の内容は判らないものの何とか 1割位の単語が聞き取れる様になった位で進歩が止まった様な気がしたので、より入門者向けの「Voice of America Lea [続きを読む]
  • 「西日本電気 FR-1068」中波、短波受信機の素性が少しづつ判って来た
  • キッカケはこの写真にある「SOURCE」シーメンスキーだ。電源制御スイッチ「SOURCE」シーメンスキーは、「文字のレタリング」や目視で回路を追っかけて、電源制御スイッチである事は判っていた。文字レタリングからそのまま想像すると…AB = A電源とB電源オンA = A電源のみオンOFF = 電源オフとなり、受信機の電源を入れる時はシーメンスキーを「OFF」 ->「A」->「AB」の順に持ち上げるのだろうと考えられる。「A」はヒーター電源だ [続きを読む]
  • 今日は「コリンズ 75S-1」のシャーシ上にワックスを掛けてお掃除だ
  • ワックス掛けたら、ご覧の通りピッカピカだ!今日は「75S-1」のシャーシ上を少し掃除する事にした。私はワックスで掃除コリンズのツワモノ達はシャーシの掃除に「アンモニア水」や「水」で洗う等々何やら凄い事を行うらしいが、私はそこまでやる勇気も気力もないので何時も通りのワックス掛けで勘弁してもらう。先日コイツを入手した時点でトランス等の大きな部品に軽くワックスは掛けたのだけど、シャーシは未だだったので今回は [続きを読む]
  • 「コリンズ 75S-1」メインダイヤル軸のアライメント調整を行った
  • 「コリンズ 75S-1」の「メインダイヤルの回転の重さ」が若干気になったので、素人調整してみた。少し気になっていた点は…他の「75S-1」は判らないが、私のマシンは少し回転が重いのでは?とも感じていたダイヤル回転のある角度で、ほんの少し回転が重くなる所があるくらいで、しかし重症ではないと感じていた為さほど気にもしていなかったのだが、昨夜何気に気が向いたので調整に着手してみた。まずは調整方法をネットで調べると [続きを読む]
  • 「コリンズ 75S-1」のシャーシを初めてキャビネットから出してみた
  • これだっ!ようやくコリンズ御用達の「ブリストルレンチ」が届いた。シャーシをキャビネットから取り出すさて、初めて「コリンズ 75S-1」のシャーシをキャビネットから出す作業に取り掛かり、「ブリストルレンチ」でキャビネット底面の「ゴム足を留めているネジ」にアクセスすると、んっ、なんか違う?あれ〜!キャビネット底面ネジは、私が「ブリストルネジ」と思い込んでいただけで、結局このマシンのゴム足は「六角穴ネジ」が使 [続きを読む]
  • 「コリンズ 75S-1」メインダイヤル周波数数字の位置合わせ
  • 今までメインダイヤルの「周波数数字」が少しずれていて「白いマスク」に一部隠れてしまっていたのだが、調整の結果ご覧の通りビッタシど真ん中に表示する事が出来た。精密ナットドライバーが届いたのでこれで作業するコリンズは「ナット」を緩めて作業する事が多いので、この様な精密ナットドライバーが必要となる。それもインチサイズで。周波数パネル機構の理解作業の前の前提としてまず下記の事を理解しておく必要がある。周波 [続きを読む]
  • 「コリンズ 75S-1」感度不足の懸念は完全に払拭されました
  • ぐおっ!!今日は今朝から、メチャメチャ「75S-1」の感度がいい〜!一体どうしたのいうのか?特に何にも変わった事してないのに、今朝「75S-1」の電源を入れたら今までと全然違うじゃん!まっ強いて言えば、今日は「303WA-2」アンテナをベランダの手すりに出した事と、天気がメチャメチャ良い快晴という位だ。天気が良くて電波の伝搬コンディションが超良くなっているか?今日は外来ノイズが少なくなっている様な気がする?どんな [続きを読む]
  • 「コリンズ 75S-1」メインダイヤルのパイロットランプを交換した
  • つい先程、注文していた「コリンズ 75S-1」のメインダイヤル用パイロットランプが届いたので、早速、切れていたパイロットランプと交換した。かっちょええぇ〜!#47 6.3v 0.15ampという規格のパイロットランプが「コリンズ 75S-1」には合う様で、特にコリンズ専用という訳ではなく、結構何処でも入手できる汎用のパイロットランプの様だ。「コリンズのメンテナンス」サイトによると、最近ではコリンズマシン用「LEDランプ」も海外 [続きを読む]
  • 「コリンズ 75S-1」赤いマーカーラインをセンターに合わせてみた
  • これですっ! 赤いマーカーラインがセンターにドンピシャ!ど素人の私にも、出来ましたぁ〜!!PTO上のコアトリマーで調整するこれが、ダイヤル裏にある「PTO」機構で、キャビネットの上蓋を開くとすぐ見える位置にある。以下の手順で調整する。前面パネル左上のスイッチを「CAL」位置にするメインダイヤルを100KHz位置付近まで回すビートが受信出来るはずなので、メインダイヤルをゼロビート位置に合わせるその時点でのメインダ [続きを読む]
  • 早速「コリンズ 75S-1」に「ApexRadio 303WA-2」を接続してみた
  • 先ほど、注文していた「ApexRadio 303WA-2」アンテナが届いたので、早速マンション6Fのベランダに仮設置してみた。ベランダの手すりは塗装してあり 303WA-2の取り付け金具と手すりは導通していないので、10メーター位の電線で「カウンターポイズ」してみたが殆ど効果がなかったのでそれは無しにした。果たして結果は…うん、ロングワイヤーアンテナに比べて確かに感度が上がり、3.925の「ラジオNikkei」も少しましに聞こえる様にな [続きを読む]
  • 「コリンズ 75S-1」なんとか AM放送を受信出来る事を確認した
  • 午後になって 4MHz帯の電波伝搬状態が少し良くなったのか、ノイズの中でフェージングを伴いながら辛うじて「ラジオNikkei」AM放送を受信する事が出来た。AM音声が聞き取れた一応、音声が聞き取れる場面もあったので、この「75S-1」の AM受信機能に問題はなさそうだ。現時点での結論つまり、この「75S-1」の「受信感度のみが著しく低いだけ」が問題という結論に至った。ある特定のバンドだけ感度が低いとかいう問題ではなく、全ての [続きを読む]
  • 「コリンズ 75S-1」取り敢えずの受信が確認出来た
  • 昨日初めて電源を入れた「コリンズ 75S-1」で全く放送が受信出来なくてとても気になっていたので、本日朝早くから起きて朝のコンディションで再度確認してみた。地元のアマチュア無線が傍受出来たっ!全バンドをプリセレクターで同調を取りながら丹念にワッチしていたら、ノイズばかりで相変わらず如何なる放送も受信できない中、突然7MHzバンドで強力な地元アマチュア局の SSBが入感した。おっ、やった! こいつ、ちゃんと受信で [続きを読む]
  • 「コリンズ 75S-1」初めての電源投入!
  • 先日、ヤフオクで落札したばかりのコリンズの外部スピーカー「321B-3」が届いた。コリンズ検査表が付いているレアなもので、未使用新品の様なスピーカーだ。初めての電源投入!早速このスピーカーを接続し、8メートル位のロングワイヤーアンテナもアンテナ端子に接続して、初めて「75S-1」に電源を投入してみた。結果は… うぐぐっ!メインダイヤルのパイロットランプが点灯しない各バンドでノイズは聞こえるものの、一切の放送を [続きを読む]