廃人 さん プロフィール

  •  
廃人さん: 超入門:真空管ラジオこれ
ハンドル名廃人 さん
ブログタイトル超入門:真空管ラジオこれ
ブログURLhttp://radio.erx.jp
サイト紹介文ヤフオクでレトロなGT管ラジオを落札したのがキッカケで、真空管ラジオにハマった廃人の日記です。
自由文真空管ラジオに全く無縁だった廃人じじいが、ヤフオクでレトロなGT管ラジオを落札したのがキッカケで、次第に真空管ラジオにハマって行く様を記録した日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/04/26 06:39

廃人 さんのブログ記事

  • 本業に集中する為にラジオも測定器も全部片付けました
  • さて、今日から本業に集中する為、上記写真以外のラジオや測定器は全部押入れに片付けました。先日入手したばかりの 2台のオシロスコープもです。もう机の上には、な〜んにもありません。写真の「SSG」と「S-41」は、本業のプログラミング作業をしながら、ネットラジオで英語のヒアリング勉強をする為に必要な機材なのでこれだけは残しました。今回ばかりは本気ですっ!本業が順調に進めば、時々このブログにも顔出します。では、 [続きを読む]
  • 「RADIO KITS 0-V-2」のトランスを交換してみた
  • 前回「RADIO KITS 0-V-2」の件が中途半端な状態でペンディングになっていたけど、本日、ラジオ少年に注文しておいた「電源トランス」と「段間トランス」が届いたので早速交換してみた。電源トランス交換前回は「電源トランス」の「B電圧」と「ヒーター電圧」ラインがトランス内部で接触している様で、仕方なく「半波整流」として回路を構成したが、今回新品の「電源トランス」に交換した事により「全波整流」にする事が出来た。以 [続きを読む]
  • テクトロニクス 2445B 200MHz オシロスコープを落札しました
  • 昨日に引き続き、落札した 2台目のオシロスコープがこれだっ!なんと「テクトロニクス 2445B 200MHz」と来たもんだ。完全に、キチガイですな…テクトロニクス 2445B機能は「岩通 SS-6122A」とほぼ同じ、ただこいつには「周波数カウンタ」が付いてない。メーカー公表の大きさではテクトロの方が一回り大きい寸法なのだけど、実際目の前に置いてみるとテクトロの方が一回り小さく見えるのは何故?岩通の方が後ろの足が長い分手前に長 [続きを読む]
  • 岩通 SS-6122A 100MHz オシロスコープを落札しました
  • 今日から実家で 1週間、本業もやりつつ、趣味のラジオ弄りもちょこっと再開です。さて、今回は何を血迷ったか「ジャン測オタク」じゃないけど、私には身の丈違いのオシロスコープをヤフオクで 2台も落札してしまいました… 正に豚に真珠です。1台目は今回紹介する「岩通 SS-6122A 100MHz」オシロスコープで、2台目は明日の記事に掲載する予定です。岩通 SS-6122A今までは「岩通 SS-3100 7MHz」オシロを使ってましたが、最近どうし [続きを読む]
  • 「TRIO R-599S」通信型受信機が届きました
  • これだっ!おおっ、思ったよりも綺麗ではないか。まずは初感など…ラジオを弄る環境が全く無い自宅に送って貰ったので、いつもの儀式であるワックス掛けが出来ない。しかし全体的にホコリっぽかったので、取り敢えず CRC-556で軽く拭いた。フロントパネルには大きなキズは無いメインダイヤルやツマミ系に多少キズがある程度、固着は無いロータリースイッチ系のツマミは経年の油切れ?で硬くてギスギスした回転イルミネーション周り [続きを読む]
  • ヤフオクで「TRIO R-599S」通信型受信機を落札しました
  • (マニュアル掲載画像)狙っていたこの「TRIO R-599S」通信型受信機をヤフオクで落札しました。なぜ「TRIO R-599S」だったのか?主に以下の理由です。昔に憧れていた受信機だったから今ではかなり安値で入手出来る1台位オールトランジスタの受信機が欲しいアナログダイヤル時代最終期の受信機最近の私にはさほど欲しいと思う真空管ラジオも通信型受信機も無い中で、唯一気がかりだったのはこの「TRIO R-599」だったのですが、それ [続きを読む]
  • レトロ真空管ラジオを集める今の私の感覚は…
  • (Sonora RQU-222)ふぅ〜、なんとなく本業のゲームプログラマーの方にも集中出来る様になって来て、多少仕事も進んだ気もするので、ちょっと休憩してこの記事を書いてみます。レトロ真空管ラジオ入門は…初めて真空管ラジオというものをヤフオクで入手して、このブログを書き始めてから約 2年弱が経過しました。最初は「ナショナルの GT管 5級スーパー」から始まり、それから間もなく「アメリカ産の GT管 5級スーパー」に移行して [続きを読む]
  • たった今、本業に復活出来たかも〜
  • 今狙っている受信機のヤフオク終了日がまだ先なので…つい先ほど 1ヶ月ぶりに「Xcode」を起動してみた。開発中のゲームアプリを動かしたら自然に、頭と体が反応。もしかしたら、このまま本業のゲームプログラマーに復活出来るかも〜。何となくそんな予感が…もし、無事復活出来たなら、そっちに集中するので…ヤフオク終了日まではこのブログへの書き込みはお休み?さぁ、どうなりますか?一先ず、ゲームアプリの開発頑張りま〜す [続きを読む]
  • 今日も未だ本業に戻れずリハビリ中
  • トホホのホ…今日も未だ本業のゲームプログラマーに戻れません。相変わらずラジオ弄りの妄想が頭の中でぐるぐると…こりゃ、完全に「病気」ですね!新たな病気が発症か!本業に戻るリハビリのつもりで何気にヤフオクを眺めていたら… 昔私が憧れていた国産の受信機が突然目に飛び込んで来た。あろう事か、その受信機は「トランジスタ式」なのだ。以前の記事にも書いた様に私はトランジスタ式が嫌いなので、本来ならその受信機も軽 [続きを読む]
  • あれ?今日から本業の筈じゃ…
  • ほわ〜、今日から本業と思ってたけど… 実家でやり残した作業が気になって仕方ないので、結果の考察と今後の予定を軽〜く記事にしてみました。原因の考察「0-V-2」は段間トランス使用におけるハム音の件、「マーカー基板」も変調トランス使用時の水晶発振回路が作動しない件、共に「RADIO KITS」側では正しく動作していて、全く同じ部品配置にも関わらず私が配線したモノはダメっぽいの違いを分析してみる。基本的な配線が間違っ [続きを読む]
  • 今日から本業に復帰します
  • 今日、ラジオを弄れる環境がある実家から、その環境が全く無い自宅に戻りました。ラジオ三昧で超!貧乏に…毎日ラジオ三昧ばっかしやり過ぎで流石に食えなくなって来たので、今日から本業のゲームプログラマーの仕事に復帰します。ラジオを弄っている時はこのブログばっかし更新して、本業のブログの更新は完全にストップ状態だったりなんかして、マジでトホホです。しばし、本業に戻らねば…ちなみに私の本業ブログは「クソゲーGO [続きを読む]
  • 「RADIO KITS 0-V-2」の性能に今更ながら驚いた
  • 今回は初めて作ったこの「RADIO KITS 0-V-2」の性能について記事にしてみます。たかが 0-V-2、されど 0-V-2私的に 0-V-2って「ゲルマラジオに毛が生えた様なモノにアンプが付いた程度のラジオ」って認識があって、性能的には最低限使える程度っていう感じがありました。事実、半年位前、ゲルマラジオや トランジスター3石程度のストレートラジオキットを組み立てた時、音は良いんですが選択度がダメダメ過ぎて一気にシラけてしまっ [続きを読む]
  • 「RADIO KITS 0-V-2」段間トランスの問題
  • という事でやっと「段間トランス」の問題に辿り着いた。部品の配置は問題無い筈今回「RADIO KITS」から提供を受けたこの部品実装済みのセットは、「RADIO KITS」で正常に動いている実績のある部品配置であり、当然部品配置で問題になる「段間トランス」の配置に関しても問題が無い事は明らかである事を前提として記事を書きます。どういう問題があったのか?まず「RADIO KITS」から提供のあった実績のある回路図通りに検波管と低周 [続きを読む]
  • 組み上がった「RADIO KITS 0-V-2」電源平滑回路の動作確認
  • さて今日は、組み上がった「RADIO KITS 0-V-2」電源平滑回路の動作確認記事を書いてみます。まずは電源平滑回路状況電源平滑回路の出口波形がこれだ。「RADIO KITS」推薦の低抵抗多段平滑回路で「抵抗 3つ」「電解コンデンサー 4つ」で構成した。写真の波形は「.1mV」レンジなので、ここでのリップルは P-Pで約 100mV位だ。現状の「半波整流」でこのレベルなら全然 OKと思うし、事実、全ての真空管を挿さずこのリップルが出力トラ [続きを読む]
  • 組み上がった「RADIO KITS 0-V-2」電源平滑回路の動作確認
  • さて今日は、組み上がった「RADIO KITS 0-V-2」電源平滑回路の動作確認記事を書いてみます。まずは電源平滑回路状況電源平滑回路の出口波形がこれだ。「RADIO KITS」推薦の低抵抗多段平滑回路で、今回は「抵抗 3つ」「電解コンデンサー 4つ」で構成した。写真の波形は「.1mV」レンジなので、ここでのリップルは P-Pで約 100mV位だ。現状の「半波整流」でこのレベルなら全然 OKと思うし、事実、全ての真空管を刺さずこのリップルが [続きを読む]
  • 完成した「RADIO KITS 0-V-2」の初火入れ
  • 実は未だ問題残ってるんだけど、一先ず完成した「RADIO KITS 0-V-2」の姿を掲載します。全体的にこんな感じ配線の様子、自分的には上手く行ったと思う。配線は主に太い布被覆ビンテージ線材を使いつつ、抵抗は 1段階ワット数の大きなモノを使用。おおっ、ST真空管が見えます。このラジオの為にヤフオクで落札しました。ここまで太い電線要らないのでは?って突っ込まれそうですが…でも、レトロラジオおたくの私としては、やっぱコ [続きを読む]
  • 「RADIO KITS 0-V-2」の配線作業がほぼ完了した
  • ふぅ〜、たった今「RADIO KITS 0-V-2」の配線がほぼ完了した。カットアンドトライが必要な部分とアンテナコイル周りのみは未だ未配線とし、定数確定後仕上げ配線する事にする。う〜ん、初めて真空管ラジオの配線をやった割には我ながら結構イメージ通りの配線が出来たと思う。少し休憩してその後、通電確認して行きたいと思います。それでは、また〜? [続きを読む]
  • いよいよ「RADIO KITS 0-V-2」の制作に着手した
  • ラジオを弄れる環境にある実家に居れるのが今週一杯になってしまったので少し焦っていたのだけど、やっと「RADIO KITS 0-V-2」用の部品が届き始めたので早速制作に着手した。配線の心構え今回「RADIO KITS」様のご好意により、この部品実装済みの「0-V-2」を提供して頂き、私は配線をするのみの作業となったのだが、如何せん私はラジオの配線をゼロから配線するのは全く初めての経験なので、まずは配線の心構えを整理してみようと [続きを読む]
  • 「RADIO KITS 100Kcマーカー基板」懲りずに今日も挑戦だっ!
  • うぐぐっ!昨日より一段と空中配線が増えまくってます。さぁ、今日も懲りずに「RADIO KITS 100Kcマーカー基板」に挑戦してみます。まずはネットで発振回路と言うモノを勉強したCRを微調整するにしても発振回路の基本を知らないとどうにもならないので、ネットで調べてみた。どうやらこの基板の水晶発振部は「ピアースBC回路」というモノらしい。なるほど… 一通り勉強して何となく判った様な、判らない様な…5VレギュレータICをス [続きを読む]
  • 「RADIO KITS 100Kcマーカー基板」を動かしてみた
  • 今日、やっと「ST-17トランス」が届いたので、早速「RADIO KITS 100Kcマーカー基板」に実装して動かしてみた。出だしからつまずくLEDランプは点いたものの、ラジオからマーカー音が聞こえず、どうやら出だしからつまづいた様だ。まずはテスターで各部の電圧をチェック。3端子レギュレータは正しく 5Vを出力しているし、各トランジスタにもそれらしい電圧が掛かっている事を確認。テスターではここまでなので、いよいよオシロを持ち [続きを読む]
  • 「RADIO KITS 0-V-2」のツマミに拘ってみた
  • 現在、「RADIO KITS 0-V-2」用の部品待ちなので、その間「みてくれ」で少し遊んでみた。それは… 掲載写真の様に「ツマミ」を変えてみた。手持ちの中で最高のツマミを装備したこの 0-V-2 には、手持ちの中でも最高に気に入っているツマミを装備してみた。バリコンと再生ボリュームには、以前にヤフオクで入手したレトロな「ラジオ用ツマミ」を採用。音量ボリュームとプリセレクター用ポリバリコンには、何と!私が大事にしまって [続きを読む]
  • 「RADIO KITS 超再生方式 FMチューナー基板」を動かしてみた
  • 私用で 2日ばかり東京に行っていたので「RADIO KITS 超再生方式 FMチューナー基板」の動作確認が遅くなってしまった。基板に外付け部品を取り付けるまず、先日半完成済みの上記の基板に…ポリバリコン再生レベル用ボリューム自作 L3コイル(5mm径空芯7回巻き)を取り付けて、早速電源を入れてみた。L3コイルの巻き数は当てずっぽうだ。バリコンと再生ボリュームを回す。ラッキーな事にクエンチング発振状態となり「サー」とノイズ [続きを読む]
  • 「RADIO KITS 周波数表示LED基板」を動かしてみた
  • 今日はまず 100%部品実装が完了している「RADIO KITS 周波数表示LED基板」を動かしてみた。まずは電源ON!9Vの電池を接続すると、動揺する私の気持ちとは裏腹に、LED表示器に整然と「FULL」の文字が表示された。おっ、これは「PIC CPU」が正常に動作している事になるので、部品実装はほぼ間違いは無かったものと思われる。1455KHzを SSGから入力この基板の OFFSET設定を -455KHzに設定すると…おおっ!一発で 1000KHzが表示された。 [続きを読む]