廃人 さん プロフィール

  •  
廃人さん: 超入門:真空管ラジオこれ
ハンドル名廃人 さん
ブログタイトル超入門:真空管ラジオこれ
ブログURLhttp://radio.erx.jp
サイト紹介文ヤフオクでレトロなGT管ラジオを落札したのがキッカケで、真空管ラジオにハマった廃人の日記です。
自由文真空管ラジオに全く無縁だった廃人じじいが、ヤフオクでレトロなGT管ラジオを落札したのがキッカケで、次第に真空管ラジオにハマって行く様を記録した日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/04/26 06:39

廃人 さんのブログ記事

  • 私のレトロ真空管ラジオ修理で行う「ハンダ付け方法」はこれだっ!
  • 私のハンダ付けテクニックもまだまだ未熟ではありますが、それなりに拘っていますので今日はその方法をご紹介してみたいと思います。ネットでこんな写真を見つけたどうやら、レトロラジオ等をレストアする時に使う配線を接続する為の「便利グッズ」みたいで、アメリカのサイトを見ていた時何気に見つけたモノです。これって、私が行っているハンダ付けに似てるなぁ〜って思ったので、本日の記事にしてみた次第です。まず、これって [続きを読む]
  • 「ハリクラフターズ S-41G」のリストア計画
  • 現在私用にて、ラジオが置いてある実家を不在にしてるので、次回実家に戻った時に行うべき「ハリクラフターズ S-41G」のリストア計画を考えてみる。殆ど病的に細かい事ですが…カップリングコンデンサーのリキャップ現状でのシャーシ裏はほぼオリジナル状態を保っていて、ペーパーコンデンサーもそのまま残っている。現状で特に問題は感じないので、基本オリジナルに拘りそのまま温存する方向だが…流石にカップリングコンデンサー [続きを読む]
  • 「ハリクラフターズ S-41G」上蓋補修にマジックリンを使ってみた
  • 最終的に写真の様に完全オリジナル状態に戻るのだが、それまでには幾多の悩みが…根本的な判断ミスまず、入手後直ぐにワックスを掛けた結果、上の写真の様に白っぽくムラのある状態になってしまったのが事の始まりで、果たして私がワックスを掛けたのが悪かったのか?表層汚れの下は元々こうだったのか?判断が難しい状況になってしまった。白っぽいムラをちょっと見で観察すると、ワックスを強く掛け過ぎた事による縮緬塗装の色落 [続きを読む]
  • アメリカから「ハリクラフターズ Skyrider-jr. S-41G」が届いた
  • eBayにて落札した「ハリクラフターズ Skyrider-jr. S-41G」がアメリカから今日届いた。まずは箱出し届いたのは思ったより小さなダンボール箱。海外からの輸送でケース等がぶち壊れている可能性もあるので、覚悟しつつ箱を開ける。アメリカの新聞紙とプチプチに包まれた「S-41G」を取り出す。まず、金属製の筐体が凹んでない事を確認。大丈夫の様だ。金属製の筐体は傷も無く結構綺麗な状態に見えるし、周波数パネルも思ったよりも綺 [続きを読む]
  • レトロ真空管AMラジオで SSB や CW を 聴いてみる
  • 真空管AMラジオで、3.5MHzアマチュアバンドの「SSB」や「CW」通信をワッチ中。AMラジオで「SSB」や「CW」を受信してみる一般的に、AMラジオでは「AM」電波型式の放送は聴く事が出来るが「SSB」や「CW」という電波型式の放送は聴く事が出来ない。しかし今日は、手に入れた「標準信号発生器」を使って AMラジオでの「SSB」や「CW」受信に挑戦してみた。やり方は…「標準信号発生器」でラジオの中間周波数である 455kHz付近かラジオの [続きを読む]
  • やっぱ「標準信号発生器」の上に「ラジオ等」の機材を乗せるのは止めた
  • 前回までの記事では「VP-8191A」の上にラジオを乗せていた写真を掲載していて、その状態が一番機材の収まりが良く、机も広々と使えるのですが…私は機材の積み重ねが嫌いなのだっ!これ、キチガイを超越して、もう病気の世界です。今までレトロラジオなんか弄っていると、本体の重さによる経年変化で「ゴム足」は痛むわ、そのゴム足の跡が下の機材のケース上面に残るわ、重い機材を乗せようもんなら下の機材のケース上面が凹むわ、 [続きを読む]
  • 標準信号発生器「PANASONIC VP-8191A」を動かしてみた
  • 電源ケーブル買って来たので早速「PANASONIC VP-8191A」を動かしてみた。簡単操作マニュアルなんか無くても直感で即操作できちゃう簡単オペレーション、素晴らしい。内部変調では一通り正常に動作している事が確認出来たので、早速ネットラジオの音源を「EXT MOD INPUT」に接続し、「OUTPUT」に短い単線を接続し、AMトランスミッターとして動作させてみた。LOEWE OPTA の周波数確認中波帯 1000kHz、ラジオの目盛りはほぼ合っている [続きを読む]
  • 標準信号発生器「PANASONIC VP-8191A」を入手した
  • これだっ!やっぱ、デカイ、重い。先日手持ちの「シグナルジェネレータ LSG-17」と「周波数カウンタ TR-5142」をヤフオクで手放した訳は… 実はコイツが欲しかったからなのだ。LSG-17は簡易型なのか?LEADER電子の「シグナルジェネレータ LSG-17」は新品の様に綺麗で気に入っていたのだけど、あくまで簡易型のシグナルジェネレータなので発振周波数によって出力レベルが大幅に変化してしまう事がどうしても気になっていた。まっ、 [続きを読む]
  • ヤフオクの落札システム利用料8.64%がチリも積もれば…
  • 最近、調子に乗ってヤフオクで売り買いしていたら、忘れた頃に「落札システム利用料8.64%」が請求され、毎月結構な金額を支払う羽目に。トホホ…ヤフオクの落札システム利用料8.64%が高過ぎ!これ、やっぱ高いっス。1ヶ月内に数台のレトロラジオを売ったりしてると、ヤフオクの落札システム利用料として直ぐに 1万円位になっちゃう。そしてそれが忘れた頃に請求されるので余計に残念な気持ちになるし。そうだ、ヤフオクの出品癖を [続きを読む]
  • eBayで「ハリクラフターズ Skyrider-jr. S-41G」を落札した
  • (eBay掲載写真)長い間私が欲しかったマシンがこれで、この絶妙なボロさ加減が素晴らしい。落札経緯最近ヤフオクで私が興味が有りそうなレトロラジオが全然出品されないなぁ〜って退屈してた時、eBayを眺めていたら偶々コイツが出品されてるのを発見。しかし私は度々 eBayやセカイモン等の海外モノを買って残念な思いばかりだったのでコイツの入札には少し躊躇したのだが、パッと見、結構程度が良さそうな「S-41G」だったので思わ [続きを読む]
  • ドイツ製レトロ真空管ラジオ「SABA Freudenstadt 8」が到着しました
  • これだっ!本日「オーディオリサイクル・ユニティ」から「SABA Freudenstadt-8」が無事到着した。やっぱデカイ、巨大過ぎるけどこの存在感がたまらんです。まずは軽くワックスで掃除したので、取り急ぎ画像で紹介してみます。外観はとても綺麗塗装は完全にオリジナルの状態で、60年も昔のレトロラジオとしてはとても綺麗な外観だ。まず、電源を入れてみる。このラジオは、長波、中波、短波、FMの 4バンドが受信出来て、PHONO入力や [続きを読む]
  • ドイツ製レトロ真空管ラジオ「SABA Freudenstadt 8」を落札したっ!
  • これだっ!(ヤフオクでの写真です)この「SABA Freudenstadt 8」だけは絶対にヤフオクに出品されないラジオだし、よって私なんぞに手に入れる事なんか有り得ない夢のラジオだったのだが、何と!ついにヤフオクに出品されたのだ。ちなみに「Freudenstadt」のカタカナ読みは「フロイデンシュタット」だ。なんと私が落札してしまった!入札は高額になる事が予想され、私が落札出来る事など夢のまた夢だったのだが… 諦めず最後まで [続きを読む]
  • 最近は「Voice of America Learning English」を聴いている
  • 英語のヒアリング練習の方は、ここ数ヶ月「Voice of America Learning English」という Podcastを聴いている。年のせいか身に付くのが遅い気がする。Voice of America Learning English以前はネットラジオの英語ニュース番組を聴いてヒアリングの訓練をしていたが、半年聴き続けて番組の内容は判らないものの何とか 1割位の単語が聞き取れる様になった位で進歩が止まった様な気がしたので、より入門者向けの「Voice of America Lea [続きを読む]
  • 「西日本電気 FR-1068」中波、短波受信機の素性が少しづつ判って来た
  • キッカケはこの写真にある「SOURCE」シーメンスキーだ。電源制御スイッチ「SOURCE」シーメンスキーは、「文字のレタリング」や目視で回路を追っかけて、電源制御スイッチである事は判っていた。文字レタリングからそのまま想像すると…AB = A電源とB電源オンA = A電源のみオンOFF = 電源オフとなり、受信機の電源を入れる時はシーメンスキーを「OFF」 ->「A」->「AB」の順に持ち上げるのだろうと考えられる。「A」はヒーター電源だ [続きを読む]