西きほ子 さん プロフィール

  •  
西きほ子さん: 霊的実践生活のススメ
ハンドル名西きほ子 さん
ブログタイトル霊的実践生活のススメ
ブログURLhttp://ameblo.jp/uranai-nagoya/
サイト紹介文特定宗教や手法に拠らないで「精神探求・霊的気付き」を得れるような投稿を中心としたプログです。
自由文「スピリチュアルの探求」は、日常の生活に応用できなければ社会生活に支障をきたしたり、元々社会適応できない人の逃避場ともなりかねません。 ですから私は「日々活用できる霊的アドバイスを提供することで読者の人生に好影響を与えられれば…」との想いでこのブログを発信して行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/04/25 15:26

西きほ子 さんのブログ記事

  • 打たれ強さ
  • 私は就職活動で140社から落とされた経験があります。自分の存在をそれだけ否定され続けても、私は落ち込むどころか面白ささえ感じてきたのです。どういうことかというと20年そこそこの短さとはいえ、それまでの人生の集大成のようなつもりで挑んだ活動がことごとく拒まれたとしても、殺されるわけでも幽閉されるわけでもない…つまりゲームオーバーとなるわけではないのです。まさにゲーム感覚で楽しみ始めたというわけです(笑 [続きを読む]
  • 第6回「波動体験会」ご報告
  • 先週の土曜に開催された「高次元波動体験会」今回も、私の体験談をここでシェアしますね。まずは1セット目。クリスタルボウルの演奏に身を委ねて瞳を閉じていると、色彩が見え始め景色へと変わっていきます… 山の中腹にある集落のようです。風でざわめく背の高い草むらの中で追いかけっこをして遊ぶ子供。足元には土の感触。ふと下を見ると素足、それは私の足。目の前の草には虫食い跡があって色んな種類の昆虫が見えます。ま [続きを読む]
  • 部分と全体
  • お客様は、ほとんどが口コミで私のことを知って来て下さるのですが、最近は「ひょんなことからネットで導かれるようにここへ辿り着きました」などとおっしゃる方も多くなってきています。「自分が見て感じていることを、より多くの人に届けるよう発信してみよう」と心に決めて東京に移転し、そろそろ3年が経ちます。おかげさまで今では予想を上回る拡がりをみせ、お一人お一人構築されて行くご縁の深さには自分でも驚きです。セ [続きを読む]
  • ものがたり
  • 私は人生の裏に隠れた「ものがたり」が大好き。数秘術占い・西きほ子のウェブサイトをご覧になれば一目瞭然ですが、私の数秘を使った占いは「数のものがたり」というタイトルなのです。一見どんなに地味そうな人でも、予想外で絶妙な物語が潜んでいたりするのが人生というもの!こんな私が数秘術占いを続けていられる理由にその方が独自に持つ物語を共有することで感動したり驚いたり、一緒に過去を抱きしめて未来を見通す作業が [続きを読む]
  • 不運を競う?
  • 4歳と2歳のお子さんを持つ友人と、久しぶりに会食をしました。かつて巫女として一緒に神社に務めていた仲です。そろそろ社会復帰したいので夫婦で協力し合って保育園を探しているのですが簡単に受け入れてくれる保育所は見つかりません。 私もご多分に漏れず、今年4月の入園落選の通知が区役所から届いたばかり(笑)。世田谷区だけで6680名の待機児童がいるらしく、切羽詰まった状況の方が高い点数を与えられ、高得点の方 [続きを読む]
  • ほう・れん・そう
  • ブログへようこそ〜♪のポーズです。今回も私が失敗から得た気づきのお披露目です。私は失敗から本当にたくさんの学びを得ました。いっぱい失敗してきたから、そこから自分なりにお伝えできることが沢山あります。案外それらが鑑定占いのアドバイスにも役立っているようです。 私は結婚に一度失敗していて、今の結婚は二回目。同じ過ちを繰り返さぬよう特に気をつけている事。それは「報告・連絡・相談」。組織に属したこと [続きを読む]
  • 感情に流されない
  • 昨夏以前からブログをお読みくださっている方から「あんなアクシデントがあってもどうして冷静にしていられるのですか?私なんかは絶対あんな風に淡々としていられないと思います!」というような言葉をいただくことがあります。 思い当たるのは、私は20歳の時に阪神大震災に遭い、それを乗り越えたことで鍛えられたのではないでしょうか。あの時の心の傷のようなものが癒えたと感じたのはつい数年前。それまでは随分と長い [続きを読む]
  • 不登校
  • 子供の不登校について私の考えを書いてみます。 「何が原因で不登校なのかが不明なんです…」とよく耳にします。「この世に学びにきた魂たち」という視点ですと「学校では学びが少ないから」が答えです!?シンプルすぎて気付けない(笑)家族と向き合うという学びを得るため家に居る、そう捉えることができます。そうだとわかれば子供が劣等感で苦しんでいると勝手に憶測して「どうして学校に行かないの?何がいやなの?」 [続きを読む]
  • 希望か不安か
  • 半年以上も前の話です。私は妊婦健診で病院の待合室にいました。大病院は予約をしても常に数時間待ちます。ツワリがひどく青ざめた妊婦さんもいれば、産気付いて陣痛の始まっている方も混じっています。病院側は看護士、助産師医師らが連携をとりながら順番待ちの妊婦さんに順次対処しています。決してトロトロしているわけではありません。皆が我慢しています。その場に、イライラを露にした旦那さんらしき若い男性と共にいる妊 [続きを読む]
  • 目的の明確さ
  • 「お得」という言葉に弱い人、結構いますよね。日常よく見られるのがスーパー等での安売り。私もご多分に漏れず「お買い得」とか「○割引」シールを見てワクワクしていたタイプでした。 ところが、それは売り手側が仕掛けていること。そのときには少し得をしたように感じられても長い目で見ればあまり得にはならないようです。安売りばかりしているお店には「少しでも安く」「周りより早く」というお客さんが集まります。す [続きを読む]
  • 子供の才能
  • 生後5ヶ月弱の息子が大のお気に入りの景色。特に構ってあげなくても、視界にその様子が映っているだけで必ずご機嫌になってしまう…それが、私と夫が二人で向き合っているところ。ですから食事の時、少し離れた所にいるだけでじっと見て笑っては穏やかに声を出しています。「これはきっとオーラを見ているのだろうな」と思っています。私に見える形状から憶測すると私と夫が向かい合って座っている場合、二人のオーラの一部が [続きを読む]
  • 霊魂と脳
  • 今年は多くの時間を病院で過ごした年でした。これまで病気とは無縁でしたし、霊的影響を受けやすい私は病院という所を意識的に避けるように生きてきましたが、今年は突然夫が重体に陥ったため選択の余地もなく、医療従事者や患者さん達の日々を垣間見ることとなりました。 私が頻繁に通っていた夫の病室と同じ階に入院しているご年配の婦人に、息子と娘らしき中年の男女がよく面会に来ては話をしていました。認知症の [続きを読む]
  • 日陰と日向
  • 赤ちゃんを見ていていつも思うことがあります。この子は成長してどんな生き方を望むのだろう? 世間を見渡せば、見るからに役に立ちそうもないと思えるような人、明らかに能力や資質が著しく欠落しているように見える人もいることでしょう。でもそれは、自分のいる時代や地域の主流価値観に染まってしまったが故に生まれる考えの場合がほとんどなのであって、立場や価値観が変われば同じ相手でも全く別の見え方がするものな [続きを読む]
  • 「れば」「のに」からの脱却
  • 「素敵な人との出会いがあれば幸せになれるのに」「いいお客さんが見つかればお金に困らないのに」「人脈があればもっとビジネスで成功できるのに」「まともな上司にさえ恵まれれば出世できたのに」「あの有名外科医にかかればこの病気は治るのに」「愛情を注いでいればもっとちゃんと育ったのに」「景気が良くなれば…」「あの学校を出ていれば…」 この「…れば」「…のに」というフレーズ、自分が困っている、悩んでいる [続きを読む]
  • 偶然や奇跡
  • 今年の夏、息子が誕生した日に夫が脳幹出血で倒れ、別病棟で生まれたての赤ちゃんを抱えた私は「死亡の確率も高いのだが、持ちこたえても植物状態や脳死となった場合の事を考えておくように」と夫の担当脳外科医に告げられました。 「きほちゃんは一体どうなっちゃうんだろう」と周りの人にご心配をおかけしたと思うのですが当の本人である私自身は「まぁ、よくも人生にはいろいろと起こるものだなぁ…」まるで他人事のよう [続きを読む]
  • 物も人と似ている
  • これといった趣味のない私は「趣味は何?」などと訊かれると毎回答えに窮していました。 二十歳の頃から好きでずっと続けていることにヤフオクがあるのですが、どうやら利用目的が世間一般とは異なっているようなので、説明をするのが面倒でずっと秘密にしていたのです。でも実は大切な事のようにも感じていますのでそのささやかな趣味をここで公開します(笑) 競り合うオークション機能に興味はありません。現在使わ [続きを読む]
  • 電気と霊
  • 私は霊媒体質のため、昔からよくPCや家電が壊れてしまいます。日本製品で保証書付の場合何度も交換になった挙句、最期にはメーカーの人が訪れたりします。通常の使用方法でそんな故障するなんておかしい!というわけです(笑) 電子レンジも怖くて使いませんので常温のご飯やおかずでも平気で食べています。炎の熱なら温めもしますが、電気の不自然な原理で食材を加熱したものを摂取するのには抵抗があります。 & [続きを読む]
  • 何が無駄?
  • たとえ僅かな時間であっても無駄にしたくない!若い頃の私は常にそんな思いで過ごし、実際忙しそうにしていたのですが、今になって考えればそれほど価値や意義のある予定ばかりを組んでいたわけでもありませんでした。それどころか今なら決して優先しない事を重要視していたり逆に今ならとても大切に思える事柄を軽視して逃がす…そんな具合だったように思えます(笑) 本来、人は何歳になっても成長を続けるもの。何 [続きを読む]
  • 虚栄心をなくすには
  • 私には「素敵だな」と尊敬できる方々がいます。付き合いが長くなるほど「素晴らしい人だなぁ私もこのようにありたいものだ」と尊敬の念は更に深まります。そんな人達は他の人とどこが違っているのかと改めて観察しますと虚栄心が全くないというのが共通点であると判明します。 虚栄心を消し去ることはとても難しいことです。他ならぬ以前の私が虚栄心の塊でしたから(笑) 当時は自分の話している内容が虚栄心からきて [続きを読む]
  • 気持ちの表現
  • ポジティブに考えた方が良いと判っているけどおおよそ物事をネガティブにしか捉えられない。ネアカな人だと思われている人にだってそんな心が硬直してしまっている時期があったりするものなのです。私も、心に興味を持って勉強を始めるまでは非常にネガティブで、心の弱さを覆い隠すのに必死でした。今でこそ楽天的に捉え対処することができますが、以前は何かと否定的でネクラ。身近な人には攻撃的でさえありました。 前の [続きを読む]
  • 女性は皆
  • 妊娠出産を経験して過ごしたこの一年、私が改めて確信したこと。それは妊娠出産が立派な霊的体験であるということです。半年以上の間自分以外の魂をお腹に宿すわけですから女性は皆が霊媒体質である!と言っていいと思います。 女性自身が意識するしないに関わらず、あの世から自分の身体に魂を受け入れ、魂の乗り物としての肉体が形成されるまでずっと体内で育み大変な想いでそれを物質界に産み出すわけです。妊娠期間だけ [続きを読む]
  • ねじれ
  • はたして人の性格は変えられるのでしょうか。多くの人が言うように変えることはできない?私は自発的に変わりたいと願えば変わるものが人の性格というものではないかと考えています。 他人を変えることは難しいですし、介入してもお節介にしかならない。つまり誰かを変えようと努力するのは不毛な事かとは思うのですが…自分で自分を変えることは努力によって叶う!私自身が努力して変わったという事実を根拠に私は今ではそ [続きを読む]
  • 病は気から
  • 私には整体に通っていた時期があり、身体の発するサインからも多くの気づきを得ました。西洋医学で簡単には解消できない身体の不調に真剣に向き合い始めたことが、スピリチュアル(精神世界)への扉となったように思います。その頃の私は常に偏頭痛と肩こりに悩まされいろいろ試すものの容体は悪くなるばかり。それが今ではすっかり症状が消えています。「何が一番効果があったの?」と訊かれることがありますが、取り組んだのは [続きを読む]
  • 赤ちゃんのお喋り
  • ここ数日で赤ちゃんは喋るようになっています。私と夫との楽しい話題の中心になっているのがわかるのか嬉しそうに一生懸命に声を出します。何を言っているのかはっきりは分かりませんし赤ちゃん自身も伝えたい何かがあるわけではなさそうですが、楽しそうに発語を続けます。4日ほど前から、私は赤ちゃんに向かって「べーっ」と舌を出して「できるかな〜?」と促していたのですが、赤ちゃんはじっと見て私の真似をして「べー」っと [続きを読む]
  • 夫による初めての育児
  • 赤ちゃんと対峙するという経験が人生初という、一人暮らしの長かった47歳の夫は、家に赤ちゃんが居るという環境激変に戸惑いながらも自分のペースで現実に向き合っています。私が少し外している間に赤ちゃんが泣いてしまっても、どうあやしていいか分からず、語りかけたり、なだめたりすかしたり。大人への対応はプロの夫でも、相手が赤ちゃんとなると途端に困ってしまうようです(笑)仕方なく口笛を吹いてみたところ、これが赤 [続きを読む]