一人旅の旅行記 さん プロフィール

  •  
一人旅の旅行記さん: 一人旅の旅行記
ハンドル名一人旅の旅行記 さん
ブログタイトル一人旅の旅行記
ブログURLhttp://www.hitoritabi-ryokouki.com/
サイト紹介文一人旅の旅行記を掲載。初心者向けに日本国内を場所別、テーマ別で掲載しています。写真も多め。
自由文一人旅の旅行記を掲載。初心者向けに日本国内を場所別、テーマ別で掲載しています。写真も多め。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/04/27 07:10

一人旅の旅行記 さんのブログ記事

  • 秋保温泉 一人旅の費用
  • すでに1日目の前半の観光部分は別途費用を載せているため、ここでは秋保温泉で利用した分のみ。行きの交通費は宿の送迎を使えば無くすことができそうです。宿代は、比較的高い食事プランを付けたことと、お酒の注文もしたため、高くなっています。秋保温泉ではもっと安い宿もありますので、そうした宿を利用すれば、もうちょっとお手軽に秋保温泉を楽しめると思います。日帰り温泉などもお薦めです。■交通費:800円仙台駅前から秋 [続きを読む]
  • 秋保温泉から仙台駅へ
  • 「秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘」での宿泊が終わり、支払いを済ませて帰ります。帰りは宿の送迎を利用することにしました。時間があったので、周囲を散策。川があった橋のほうへ移動。川は名取川。 振り返って今回宿泊した佐勘。冬で木の葉が無い中、雪がいい感じに彩りを与えています。水も透き通っていて、底まで見下ろせます。秋保温泉の周辺案内板。近くには共同浴場もあります。さすがに今回は使用しませんでしたが、利 [続きを読む]
  • 秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘の朝食
  • 「秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘の朝食」の朝食はダイニング会場で用意されていました。テーブル。ホテルの会場といったところでしょうか。結婚式もできそうです。いろいろと用意されています。パッと見たところ、これといったこの土地らしいものは見当たりませんでした。ごはんが「秋田米」といったところでしょうか。適当に盛り付け、食します。食事をしていて気が付いたのですが、浴衣できていた人は誰もおらず、私だけでした。も [続きを読む]
  • 秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘の夕食
  • 秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘の夕食は部屋食でした。早くもスタッフがずらりと料理を並べてくれます。前菜。少し豪華なプランを選んだため、アワビの踊り焼きもついています。何も触っていないのに、豪快にアワビが動き出します。三陸アワビとのこと。バターがあったので、バターを乗せて食べます。ですが、バター無しでも塩気があるので、単体でもおいしくいただけます。松前蒸し。タラ、タラ白子、シイタケ、ネギなどが入っていま [続きを読む]
  • 秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘の施設
  • 「秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘」では、施設内で見られる場所もいくつかありましたので、そうしたものを見るため、ぶらりとしてみました。風呂上がり後の休憩所。休憩所の飲料水。野菜とレモンの2種類が用意されています。中庭に向けて並べられた椅子。この中にはでは、夜に光のショーが短時間、行われます。こけし。伊達政宗をモチーフにした飾り。ねぶた祭りなどの上の部分と言えばいいのでしょうか。秋保温泉の歴史やこの宿の佐 [続きを読む]
  • 秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘の温泉
  • 秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘の温泉に入るために、さっそく温泉場所に向かいます。2ヶ所ありますので、まずは1つ目に。露店風呂の様子。まだ誰も来ていませんでしたので独占できました。 外の景色も見られます。比較的大きな道路に面しており、盗撮とかされそうな感じです。変なところに車がずっと止まっていたのが気になりました。 大きな浴槽の他、一人用の小さな浴槽も用意されていますので、こちらを独占するのも [続きを読む]
  • 秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘の部屋
  • 今回宿泊するのは「秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘」です。この秋保温泉では歴史が古い宿で、この地で温泉を切り開いた宿とのことです。さっそく中に入り、フロントに向かいます。ロビーで待つように言われたので、ロビーでくつろぎます。紅茶のサービス。見た感じ、結構な広さですので、受け入れ人数は多いと思われます。そして、準備ができたとのことなので、部屋に案内されました。部屋の入り口から見た様子。中に入ります。和室で [続きを読む]
  • 仙台駅からバスで秋保温泉への行き方
  • 秋保温泉へは、仙台駅からバスで行くことが可能です。別途、JRの別の駅からもバスが出ているようですが、仙台駅からの方がわかりやすいでしょう。バスターミナルに移動して、秋保温泉行きのバス乗り場に並びます。 同じ乗り場には別の場所に行く列もあり、その行き先によって並ぶ場所が変わっていますので、間違えないようにしましょう。一応上部に看板があります。 そしてバスが到着。早速乗り込みます。平日はほと [続きを読む]
  • 秋保温泉 一人旅
  • 2017年1月中旬の平日に、宮城県の秋保温泉へ一人旅に出かけました。1泊2日の旅行で、1日目の前半には仙台城周辺を周っています。宿泊先は、仙台から比較的短い時間で訪れることができる秋保温泉を目指します。路面バスであれば1時間ほど、送迎バス等、小回りが利くのであれば、45分ほどで到着可能です。 2016年の楽天トラベルでの女性が利用した一人旅宿のエリアとして秋保温泉は10位に選ばれていたことから、訪れてみるこ [続きを読む]
  • 仙台城 一人旅の費用
  • 仙台城周辺への観光の費用です。新幹線は行きのみ。グリーン車を利用。 観光代はループバス「るーぷる仙台」を使えば、割引などがあるため、もっと安くなります。仙台から国際センターへの電車も不要です。 牛たんも、もっと安いメニューもありますし、向かう先の名物の駅弁を先に食べるというようなことが無ければ、こちらももっと安くできます。少々無駄遣いが多いので、もうちょっと切り詰めようとすれば安く済ま [続きを読む]
  • 牛たん東山 本店限定「お昼の極選牛たん定食」を食す
  • バスで仙台駅に降り立ち、次の目的地の秋保温泉に向かう予定でしたが、バスが1時間以上後に来るとのこと。この時間帯は2時間に1本のペースでした。 そのため、時間が空いたため、牛たんを食べるために移動をしました。訪れたのは牛たん東山。駅からちょっと離れていて、7分ほど歩きました。すぐ近くにも同じ名称のお店があったのですが、こちらの方が本店らしいので、この方に入りました。さっそくメニューを眺めま [続きを読む]
  • 大崎八幡宮
  • ループバスの「るーぷる仙台」に乗って、瑞鳳殿から移動です。途中、仙台城の前も通りましたが、事前に訪れたため、スルー。長い間進み、大崎八幡宮までやってきました。ここも伊達政宗絡みの場所とのこと。30分くらいバスに揺られてようやく到着。次のバスが来るまで20分しかありませんので急いで見学を済ませます。まずは入り口の大鳥居。先に進むと階段が見えます。長いですが、階段を上っていきます。大石段というようです。16 [続きを読む]
  • 瑞鳳殿、伊達政宗などの廟
  • 瑞鳳殿近くまでやってきました。 まずは登り坂を歩いていきます。タクシーであれば、もう少し上まで連れて行ってくれるようですが、バスですと、この手前側で降ろされます。 坂を上るのは大変ですが、伊達政宗も登ったと考えると少しは気がまぎれるでしょうか。1分ほど経過。両脇が木々に覆われています。トイレがある場所に行きました。この辺りに瑞鳳寺があります。ですが、瑞鳳殿とはまた別の建物ですので注意し [続きを読む]
  • 仙台市博物館を経て瑞鳳殿へ
  • 仙台城を後にし、仙台市博物館へ向かいます。歩いて行ける距離ですし、バスなどで向かうのはルートの都合上、困難です。来た道を引き返します。石垣などを眺めつつ。道中、仙台市博物館へ向かう分かれ道がありますので、そちらに向かいます。ほとんど人が通っていないため、雪化粧のままです。下り坂を転ばないように慎重に。雪は足で踏み固められていないため、登りの時の氷の道と比べて楽に進むことができます。仙台藩御用酒発祥 [続きを読む]
  • 仙台城見聞館
  • 青葉城資料館を見終えて、今度は本丸にあった仙台城見聞館を訪れました。そこで見かけた仙台博物館の案内。訪れた日は、どうも長期休館期間中で、博物館は見られないとのこと。時間が余ることから、この仙台城見聞録でゆっくりすることにしました。中は狭いながらも、パネル展示や動画視聴などができるようになっています。伊達家より、わざわざ家紋の使用の許可を取らないといけないようです。いろいろと面倒なんですね。 [続きを読む]
  • 青葉城資料展示館
  • 仙台城本丸部分には青葉城資料展示館もあります。こちらは、売店や食事処などもあるため、仙台城に来た際に利用するのもお薦めです。伊達政宗像から2分もあれば到着します。この一角にあるのが青葉城資料展示館。 入館料は700円。もし、ループバスの「るーぷる仙台」のチケットを持っていれば、500円になったそうです。 石の割り方の説明が外にありました。こうして巨石を割っていたようです。中に入って受付を済ませ [続きを読む]
  • 仙台城の伊達政宗像
  • 仙台城の本丸部分に突入です。おみくじなども売っています。お手洗い。お手洗いの隣は仙台城見聞館という小さな展示エリアもあります。これも後で訪れます。そして、この広場が本丸のあった場所。仙台城は天守という、多くの人が想像する城自体、建ったことはなく、屋敷が並ぶだけの城でした。ですが、石垣などの防衛設備はしっかりとしており、立地も天然の要害となっています。それにしてもいい天気です。だんだんと近づいていく [続きを読む]
  • 仙台城を上る
  • 国際センター駅から仙台城に向かいます。この場所からは結構歩くと事前に聞いていましたので、覚悟して移動。8時30分出発。まずは、大通りを仙台城側に向かって進みます。石垣と櫓が見えてきました。大手門脇櫓です。仙台城の建造物の多くは再建されたもので、当時のままの建物はありません。脇櫓に接近。雪が降った後の日だったようで、まだ雪化粧の状態。振り返って国際センター駅方面。大手門北側の土塀です。支倉常長像。伊達 [続きを読む]
  • 仙台駅から国際センターへ仙台城の最寄り駅
  • 仙台駅に到着。 改札から出ると、牛たん通りを発見。帰りはここで牛たんを食べてから帰るのもよさそうです。数件の牛たん屋があるほか、寿司屋などもありました。 まずは、最初の目的地の仙台城を目指します。バス乗り場に来ましたが、16番乗り場からバスが出るとのこと。ですが、乗り場に行ったら、始発は9時から。まだ8時ちょっとすぎのため、まだまだ待つ必要があります。 どうせ [続きを読む]
  • 牛たん味くらべ、駅弁を食べつつ仙台へ
  • 東京駅にやってきました。東京駅から出発する時は、たいてい駅弁を購入していきます。いつも利用する「駅弁屋 祭」に移動。位置が何か変だと思ったら、場所を移動していたようでした。反対側に移動しただけですので、すぐに場所を発見。また、地図を見る限りだと、「駅弁屋 踊」というのもあるようです。機会があれば、チェックしたいものです。今回購入したのは「牛たん味くらべ」。1050円。牛タンの本場でもある仙台に行くのに、 [続きを読む]
  • 仙台城 一人旅
  • 2017年1月中旬の平日に、宮城県の仙台へ一人旅に出かけました。今回の仙台への目的は、仙台城と伊達政宗関連の場所を訪れることです。1泊2日で、1日目に仙台城周辺と、近場の秋保温泉へ、2日目は仙台から東にある松島に出かけています。ここでは、仙台周辺の旅行記を取り上げます。仙台城 一人旅の総論冬の寒い時期に出かけたこともあり、辺りは雪景色。普段とは異なる仙台城を堪能できます。仙台城と言っても天守があるわけではな [続きを読む]
  • 景信山 一人旅の費用
  • 景信山から高尾山への登山の旅費です。おにぎり代は金額を忘れたため、記入しておりません。飲み物も事前に購入しておいたペットボトルの水500mlを2本のみです。登山は交通費のみで楽しめますので、安上がりの旅行かと思います。 東京の周辺には気軽に行ける山は限られますが、そうした中でも高尾山周辺は便利な登山スポットだと思います。いろいろなルートがありますので、それらを網羅するのもお薦めです。それにしても、 [続きを読む]
  • 京王高尾山温泉 極楽湯で温泉につかる、紅葉シーズンの込み具合チェック
  • 高尾山を下山して一度ロープウェー乗り場の方を見てみると、ものすごい人の数。この場所でも紅葉が綺麗ですので、登らなくても満足できそうです。そのまま帰ろうかと思いましたが、駅近くに温泉「京王高尾山温泉 極楽湯で温泉」ができているので、そちらに行ってきました。 去年も行ったので、今回はいいかと思いましたが、こうした紅葉シーズンで人が多い時にはどれくらいの人が利用しているのかを知りたくて、あえて訪れ [続きを読む]
  • 高尾山山頂、高尾ビジターセンター
  • 高尾山山頂に到着しました。富士山方面を眺め、見えるかどうか試しましたが、なかなか見えず。高尾山山頂の様子。さすが紅葉シーズンだけあって、人が多く。 今回は高尾ビジターセンターに入ってみることにしました。2015年4月にリニューアルオープンし、去年は陣馬山経由で高尾山に来た時にも外装だけは見たものの、まだ入ったことがなかったので、せっかくなので入ってみることに。 中はさまざまな展示が [続きを読む]