K's Sanctuary さん プロフィール

  •  
K's Sanctuaryさん: Ray-Ban Maniax
ハンドル名K's Sanctuary さん
ブログタイトルRay-Ban Maniax
ブログURLhttp://ameblo.jp/kssanctuary/
サイト紹介文Ray-Banコレクター入門した俺の戯言。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/04/28 08:12

K's Sanctuary さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • サングラスのレンズカラーの選び方。
  • 俺は某「知恵袋」で質問に答える事が多いんだが、やたらと「紫外線カット」を気にするお馬鹿ちゃんやお馬鹿君が結構な割合で居るんだなこれが。大体に置いて、「紫外線は楽にカット出来る物」です。言ってしまえばレイバンが80年以上前にUVのAとB共に99%以上の除去に成功している点で解ると思うんだけど、紫外線カットなんて戦前の技術で十分出来ることだって言うのが現実、元々ガラスや透明なプラ樹脂である時点で紫外線は半分以 [続きを読む]
  • Ray-Ban Olympianの話 そのろく「年代による、II DXの違い 改訂版」
  • オリンピアンのワンデラツーデラは「1967年」の発売開始から現代のクソレイバンの復刻までおおよそ50年近い歴史、まぁあと二年で50周年だが、正直クソレイバンの「50周年記念モデル」が出たとしても正直「タダでも要らん」のでどうでも良いが、年代に寄る違いで大きく5種類に分けられる。だけどね?調べてみたら色々と間違っていたことが解った。つかこれ「そのご」はワンデラ用だな。と言う事で正しい「ツーデラの年代特定」を書 [続きを読む]
  • B&L時代でも「メイド・イン・USA」のみとは限らない。
  • 基本的には「B&L RAY-BAN U.S.A」と刻印されてない物は他の国で作った物で有る可能性が高い訳だな。特にフレームに関して言えば「MADE IN USA」の物は何処か粗雑とも言えなくも無い、FRAME FRANCE等の第三国生産物の方が作りが良い場合も多々有る。鯖江の職人をしている人間が当時にレイバンを見て「こんな安い作りであんなお金取ってるの?」って発言は普通にしてたみたいだしね、ぶっちゃけて言えば作りに関して言えば今のクソレ [続きを読む]
  • Rituals(リチュアル)
  • B&L時代末期からクソ初期に掛けて存在してたのだが、明確な「女性向け」シリーズとしてB&L時代に出たのはこの「リチュアル」ぐらいしか無いんじゃ無いかな、とも思う。物によっては「えらく男前だな」と思うフレームもあるが、まあ確かに女性向けだとは思うので、取り敢えず二本ほど有るのだが、ま姪御にでもやるか、って感じで持っている。で上が「Rituals1 STYLE1」下が「Rituals1 STYLE4」だ、これを抱え込んで「売却」等を考え [続きを読む]
  • ORLS(オルズ)と言う個性。
  • O=outrageous(暴力的)R=radical(急進的)L=liberal(自由主義)S=seductive(魅力的)と言う名前がまず格好いい「ORLS」が最近お気に入り状態、と言うかヤフオクで狙い目な価格なら落とす!と言う感じだ。まぁ今時から言うと主流から外れる小さめのオーバルレンズが大体入手出来る主流なんだけど、細かい部分のギミックが中々楽しい。テンプル〜モダン周りのデザインやらノーズパッドやら一々ギミッキーで楽しい。因みに上から [続きを読む]
  • Ray-Ban Olympianの話 そのご「年代による、II DXの違い」
  • オリンピアンのワンデラツーデラは「1967年」の発売開始から現代のクソレイバンの復刻までおおよそ50年近い歴史、まぁあと二年で50周年だが、正直クソレイバンの「50周年記念モデル」が出たとしても正直「タダでも要らん」のでどうでも良いが、年代に寄る違いで大きく5種類に分けられる。今回、80年代物と90年代物を入手したので、比較した違いというのを記してみようと思う。※7月11日追記、基本的には「ワンデラ」も同様の特徴を [続きを読む]
  • レイバンのヴィンテージ市場でヤバイ物。
  • ヤバイ物っつか「フェイク」の話だな、今のクソレイバンの方がネットで怪しい物が大量に出回ってるって言う部分で切実かも知れんが、ビンテージにも明確に「有る」ので、一応注意と言う事で書いておく。先ずは基礎。■BL砂打ちを確認する事。先ずはコレで大部変な物を引かずに済む、「古い物だと無い物もある」って言うのを言い訳に使う奴も結構居るが、ハッキリ言って無い物は40年近く前の品物だ。BL砂打ちは70年代の偽ブランド品 [続きを読む]
  • 過去の記事 …