keiji さん プロフィール

  •  
keijiさん: 北海道!十勝本別町の野鳥と自然
ハンドル名keiji さん
ブログタイトル北海道!十勝本別町の野鳥と自然
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/phyhn547
サイト紹介文主に町内の野鳥と山野草、風景などの写真を投稿しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/04/29 20:23

keiji さんのブログ記事

  • カワアイサ(川秋沙)
  •  よく行く隣町のダム湖でカワアイサを撮って来ました。本別町内を流れる川も凍りが解け、流れが戻って来ましたが今年はカモ類が少なくついつい15分程で行く足寄町のダム湖へ出かけます。今ダム湖で見れる野鳥は、マガモ、ホオジロガモ、コガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ、オオハクチョウ、アオサギなどが見られます。撮影日:3月20日 撮影地:北海道足寄町カワアイサ(川秋沙)カモ目カモ科 大きさ(L)65cm 北海道全域の [続きを読む]
  • ミコアイサ
  •  また近くのダム湖に、ミコアイサ(巫女秋沙)を撮りに行って来ました。前回のブログのミコアイサは、警戒心が強く遠くからの撮影になりました。今回は車の中で待ち受け、前回より近い位置から撮れました。私は、昨年までは出会いの無かったミコアイサの雄ですが今年は結構見れます。ミコアイサ(巫女秋沙)カモ目カモ科 大きさ(L)42cm 北海道では秋から冬に(10月11月)春先(3月4月)に見られる旅鳥だそうです。撮影日:3月19日  [続きを読む]
  • ヒシクイ
  •  ヒシクイは極北で繁殖する鳥で、冬は越冬のため日本に渡って来ます。そのヒシクイが北帰行の途中、この地て羽を休めていました。この日が二回ほど隊列を組んだ姿を見ましたが、此処のダム湖にはどれほどの数が降り立ったのは分かりませんが、二羽が姿を見せてくれました。 ヒシクイは此方では、オオハクチョウに比べでずっと少ない飛来の渡り鳥です。撮影日:3月15日 撮影地:北海道足寄町ヒシクイ(菱喰)カモ目カモ科 大 [続きを読む]
  • フップシ岳登山
  •  阿寒にあるフップシ岳(1226m)に登って来ました。 以前からから気になっていた山ですが、近くの雌阿寒岳は夏冬とも登られる方は多いですが、このフップシ岳は夏の登山の情報はなく積雪期に登られているようです。  国道241号の十勝と釧路の境にある足寄峠(650m)から登ります。足寄峠にある駐車場に車を停め、直ぐアカエゾマツの生える樹林の中を進みます。登山時間:登り2時間50分(休憩を含む)下り1時間15分(休憩なし) [続きを読む]
  • タンチョウの求愛ダンス
  •  足寄町のダム湖でタンチョウの番を見つけました。写真を撮りながら暫く見ていると、番は求愛行動と言われるダンスを始めました。10分ほども結構激しい動きをしていました。このダム湖は、毎年タンチョウの繁殖が見れ、これから繁殖の季節に入り6月ぐらいには雛を連れた姿を見ます。撮影地:北海道足寄町 撮影日:3月12日番のタンチョウは、水の中で水浴びやら羽繕いなどをしていましたが一羽が先に中州に上がりその後もう [続きを読む]
  • 初見のミコアイサ
  •  隣町の足寄町にあるダム湖に行って来ました。ダム湖で、中々出会いがなかったパンダガモと言われるミコアイサの雄を見つけました。憧れの雄は初見初撮りですが、撮影は少し遠くからなのでトリミングしています。なので解像度は良くないです。撮影地:北海道足寄町 撮影日:3月9日ミコアイサ(巫女秋沙)カモ目カモ科 大きさ(L)42cm生態:冬鳥または旅鳥、北海道全域の湖沼や川に渡来して魚などを捕食する。この辺では、観察 [続きを読む]
  • ハクチョウ危うし!
  •  町内を流れる利別川にカワアイサが居たので撮りに行きました。一旦飛び去ったカワアイサが来るのを待っていたところ、下流より一羽のハクチョウが泳いで来て岸に向かい餌を探していました。その後、ハクチョウに災難が降りかかりました。撮影日:3月4日 撮影地:北海道本別町遠いですが、平和な川にハクチョウが一羽が下流から泳いできました。川岸の方で餌を探していたようで、この後姿が見え隠れしていました。暫くすると、 [続きを読む]
  • 利別川のマガモとセグロセキレイ
  •  3月に入り、最近は日中は気温もプラスなるようになり暖かくなりました。町内を流れる利別川にも、真冬には居なかったカモ達の姿を見るようになり行ってみました。カワアイサとホオジロガモは逃げられて、マガモと近くに居たセグロセキレイしか撮れませんでした。これから4月の上旬ぐらいまで数種類のカモが姿を見せます。撮影地:北海道本別町 撮影日:3月1日マガモの雄です。この辺では一番多くカモで周年見ることができま [続きを読む]
  • 石狩連峰の「三国山」へ
  •  石狩連峰の三国山に登って来ました。今朝の気温は−20度と、今の時期にしては厳しい寒さとなりましたが、晴天に恵まれ快適な登山となりました。十勝と上川を結ぶ三国峠のトンネルを過ぎた際からの登山になります。標高は1541mで、標高差500mほどで冬山では楽に登れる山です。全行程スノーシュー使用、アイゼンは持って行ったが使わなかったです。雪庇に近づかなければ特に危険な場所はありません。登山日:2月28日 [続きを読む]
  • ツグミとハギマシコ
  •  冬鳥の少ないこの冬ですが、ツグミは良く見る野鳥です。また、ハギマシコも同じ場所ですが、数十羽の群れが見れます。撮影地:北海道本別町 撮影日:2月23日ツグミ(鶫)です。冬鳥としては、毎年初冬から春まで観れる野鳥です。ツルウメモドキの実を食べた後でしょうか、嘴から種を飛ばしていました。2個写っていますがもっと多く出しましたよ。ハギマシコ(萩猿子)の雄です。前回と同じ場所で撮りました。例年だと3月下旬頃 [続きを読む]
  • ヒガラとキクイタダキ
  •  よく行く、標高200mほどの諏訪山の上り口の林で、ヒガラとキクイタダキを撮りました。ハシブトガラやゴジュウカラはよく居ますが、ヒガラは少ないようです。キクイタダキも今年は、初めて見ました。撮影日:2月22日 撮影地:北海道本別町ヒガラ(日雀)です。カラ類では11cmと一番小さいく、北海道では留鳥です。平地から山林の針葉や広葉の混合林などで見れ、この辺では冬の方が良く見ます。ヒガラの冠羽が可愛いですね [続きを読む]
  • 冬の摩周岳へ
  •  今年の初登山で摩周岳(857m)行って来ました。自宅から2時間少しで、摩周湖の第一展望台に着きそこから摩周湖を左手に見ながら7.2キロを摩周岳に向かいます。途中から風が強くなり、体力の消耗を強いられ帰りは雪も降り始め吹雪模様の中戻りました。(単独登山)登山日:2月19日(日)場所:北海道弟子屈町摩周岳の第一展望台からの日の出です。10名ほどのカメラマンが居ました。写真の左端が向かう摩周岳で7.2キロの [続きを読む]
  • 音別川のタンチョウ
  •  先日、「NHKのさわやか自然百景」で放送された音別川にタンチョウを探しに行って来ました。 自宅から釧路市の音別川は、1時間ほどで音別の市街に着きます。そこから音別川沿いの道路をタンチョウ探しながら上流へ行きました。数か所、音別川を見て歩き中流域でタンチョウの群れに出会いました。撮影地:北海道釧路市音別町 撮影日:2月7日音別川の中流部で最初に見たタンチョウです。他にも2羽いましたが沢山のタンチョ [続きを読む]
  • ハギマシコ
  •  今年も、ハギマシコが2月に入り昨年と同じ場所に姿を見せてくれました。その場所は、本別町を流れる利別川の崖の上の木に数十羽の群れで現れます。現れる時間は、几帳面で必ず16時ごろの日暮れ前です。尚、町内では他の場所で見た事が有りません。陽が落ちると、その崖が塒になっているようで数羽ずつ降りて行きます。撮影地:北海道本別町 撮影日:2月4.5日ハギマシコ(萩猿子)スズメ目アトリ科生態:冬鳥で北海道全域 [続きを読む]
  • 雪の日のクマゲラ
  •  この日は朝から雪模様でしたが、何時も行く神居山から諏訪山へと行って来また。神居山からの下山途中、ミズナラに木にクマゲラが飛んで来ました。望遠は持って行かず、写真は標準レンズで撮りました。撮影地:北海道本別町 撮影日:1月30日市街地の裏にある山で、神居山までは30分程で登れる山でその帰りの登山道です。歩いていると、中央のミズナラの木にクマゲラが飛来をして来ました。クマゲラに、そっと近づいて5mぐ [続きを読む]
  • ヤマガラ
  •  何時も行く、町内の神居山への途中でヤマガラを撮りました。ヤマガラは、此方では他のカラ類に比べて数は少ないです。久し振りに撮って見ました。撮影日:1月31日 撮影地:北海道本別町ヤマガラ(山雀)スズメ目シジュウカラ科 大きさ(L)14cm生態:留鳥ですが、道東では少ないようです。ハシブトガラやシジュウカラなどと一緒に見る事が多い。ヤマガラです。他のカラ類よりは、少し警戒心が強いようです。 [続きを読む]
  • 手強い相手!「カワガラス」と他
  •  近くの美里別川へカワガラスを撮りに行きました。殆ど凍り付いた川ですが、ここは少し上流で温泉の排水が入り200mほど流れがあります。相手は、警戒心が強く近づくと上流や下流にと飛び去り、遠い写真しか撮れなかったです。その他に、セグロセキレイやハクセキレイも、近くの立ち木にはトビも居たので撮りました。撮影場所:北海道本別町 撮影日:1月26日カワガラスです。そっと近付きますが私の気配で直ぐ遠くへ逃げま [続きを読む]
  • 厳冬の朝の風景
  •  数日前まで、十勝地方も冷え込み町内の朝の気温がマイナス26.7度下がる日もありました。そんな朝の風景を撮って見ました。撮影地:本別町 撮影日:1月中旬市街地から少し高い場所に行き、日の出を写しました。(撮影地:負箙)日出前、近くの美里別川の橋から市街地方面です。朝霧が漂っています。本別町から浦幌町へ行く坂の途中から朝霧に包まれた本別市街です。遠くには旭に染まったウペペサンケ山やニペソツ山見えてい [続きを読む]
  • 冬のセグロセキレイ
  •  凍り付いた近くの利別川をスキーを履いて歩いてきました。利別川と美里別の合流地点で、川面が出ているその淵をセグロセキレイが餌の探して歩き廻っていました。図鑑には夏鳥または留鳥とありますが、私は冬しか見た事が有りません。セグロセキレイ(背黒鶺鴒)スズメ目セキレイ科 大きさ(L)21cm生態:北海道全域の河川や湖沼など生息するがするが、道東や道北では少ない。撮影場所:北海道本別町 撮影日:1月19日曇り空 [続きを読む]
  • 宿り木に「ヒレンジャク」
  •  町内の諏訪山周辺で、ヒレンジャクを撮ってきました。 ヒレンジャクは、この冬初見、初撮りでした。大きなミズナラの木の宿り木が実を着けていて、その宿り木に10羽ほどの群れが好みの宿り木に留まり実を啄んでいました。作シーズンは見なかったヒレンジャクで、その年により飛来数は変わりますね。撮影場所:北海道本別町 撮影日:1月17日ヒレンジャク(緋連雀)スズメ目レンジャク科 大きさ(L)18cm生態:冬鳥または [続きを読む]
  • 啄木鳥
  •  北海道の十勝は寒い日が続いています。当地、本別町でもここ数日の朝の気温がマイナス20度以下になりました。この日は、この冬の最低気温なり26.7度となりました。そんな寒い中、近くの諏訪山周辺を歩いているとクマゲラの鳴き声が聞こえ、近くへ行くがクマゲラの姿は見えず近くに居たヤマゲラや他の啄木鳥を撮りました。撮影地:北海道本別町 撮影日:1月14日ヤマゲラの雌です。暫く振りの出会いです。雄の頭部は赤い [続きを読む]
  • 初日の出
  •  あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。初日の出を見に、本別町内の奥諏訪山方面へ行って来ました。元旦の朝、マイナス22度の厳しい寒さの中、初日の出を拝んできました。ご来光を拝み、その後諏訪山(諏訪神社)から神居山と2時間ほどの山歩きをして来ました。撮影地:北海道本別町 撮影日:平成29年1月1日6時30分まだ薄暗い中、諏訪山登山口から目的の場所の奥諏訪山方面に行きました。7時 [続きを読む]
  • ナナカマドにツグミ
  •  街路樹のナナカマドに、ツグミ数羽が赤い実を食べに来ていました。ツグミは冬鳥で、少し以前より姿を見せていました。今回は街外れの街路樹にいて、近い距離で車の中から撮りました。ツグミ(鶫)スズメ目ヒタキ科 大きさ(L)24cm生態:北海道全域で冬鳥または旅鳥で観察頻度は多いです。撮影地:北海道本別町 撮影日:12月29日ツグミです。ナナカマドの赤い実を啄んで、美味しいそうですね。食べた事は有りませんが、美 [続きを読む]
  • 鮭の骸を食する「オオワシとオジロワシ」
  •  今年も残すところ半月となりましたね。十勝地方も厳しい寒さの季節を迎え、野鳥撮影にも出で行くのが億劫になりますね・・・。近くの山は何時も見る留鳥ばかりなので、また十勝川のオオワシ、オジロワシを撮ってきました。寒さも厳しくなり、鮭の死骸も少なくなったのか11月の下旬頃より少なくなっていました。撮影日:12月13日 撮影地:北海道幕別町オジロワシです。鮭の骸を見つけて、今朝も食事に有りつけました。朝食 [続きを読む]
  • 神居山でウソその他
  •  本別町にある神居山から諏訪山へと歩いて来ました。その登山道でウソが数羽居ました。町内では数は少ないですが、冬に見る野鳥です。その他の野鳥も撮ってきました。ヤマゲラ以外はこの季節よく見れる馴染の野鳥です。撮影地:北海道中川郡本別町 撮影日:12月1日ウソ(鷽)スズメ目アトリ科 大きさ(L)16cm生態:北海道全域に周年生息する。繫殖期から夏は山地の針葉樹林帯に棲む。ウソの雄です。登山道の脇に生えているナ [続きを読む]