keiji さん プロフィール

  •  
keijiさん: 北海道!十勝本別町の野鳥と自然
ハンドル名keiji さん
ブログタイトル北海道!十勝本別町の野鳥と自然
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/phyhn547
サイト紹介文主に町内の野鳥と山野草、風景などの写真を投稿しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/04/29 20:23

keiji さんのブログ記事

  • 本別町「神居山から諏訪山の山道の花」
  •  本別町の市街地の近くから登る、神居山から北に延びる尾根にある諏訪山への山道を歩き花を写してきました。撮影地:北海道本別町 撮影日:5月22日※ 最後の写真に地図を載せてあります 参考にして下さい。クシロワチガイソウ(釧路輪違草)ナデシコ科 草丈10cm〜30cm小さな花で神居山登山口から少し行くと10輪ほど咲いていました。マイズルソウ(舞鶴草)ユリ科 草丈10cm〜25cm神居山へ少し登ると咲いていましたが [続きを読む]
  • アカハラ
  •  本別町内を流れる本別川の中流部に行って来ました。本別川沿いの道を数キロ行くと、そこからは奥は人の住まない森林になります。今日はその本別川の流れる本別沢を鳥撮りと、その沢沿いに咲くオオサクラソウを見に行きました。鳥撮りはアカハラを今年の初撮りが出来ました。撮影地:北海道本別町 撮影日:5月17日アカハラ(赤腹)全長23.5 - 24cm。夏季に日本で繁殖し、日本では繁殖のため本州中部以北に飛来(夏鳥)し、冬季 [続きを読む]
  • 本別公園でキビタキ
  •  町内にある本別公園周辺を歩いて来ました。公園内のエゾヤマザクラは葉桜になり、エゾムラサキツツジの花も終わりを迎えています。そんな公園内や周辺を歩いて、キビタキを今年初撮りして来ました。その他に、センダイムシクイムシクイやコサメビタキ、オオルリ、キセキレイなどにも出会いました。撮影日:5月15日 撮影地:北海道本別町キビタキ(黄鶲)全長13~14cm。サハリンから日本列島全土とその近隣で繁殖し、冬期は東南 [続きを読む]
  • センダイムシクイとコサメビタキ
  •  遅い春の十勝の野山も新緑の季節を迎えました。そんな季節の河川敷の林で、センダイムシクイとコサメビタキを撮りました。撮影日5月13日 撮影地:北海道本別町センダイムシクイムシクイ(千代虫食・仙台虫食)全長12.5cm 夏鳥で日本、ロシア南東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下し越冬する。日本には繁殖のため九州以北に飛来する。町内でもこの時期河川敷の林などを歩くとアオジと共に多くの囀りが聞 [続きを読む]
  • コムクドリとアオジ
  • 近くの美里別川の河川敷で、コムクドリとアオジを撮って来ました。この時期、河川敷の林には多くの野鳥が遣って来ますが、河川敷の木々の葉が繁り始め小鳥は見つけづらくなりましたね。撮影日:5月10日 撮影地:北海道本別町コムクドリ(小椋鳥)長約19cmでスズメより大きい。夏鳥として北海道、本州北部で繁殖するが、渡りの時期は本州中部以南の地域でも見られる。平地から山地の明るく開けた林に生息し人里近くでも生息繁殖 [続きを読む]
  • オオルリとヤブサメ
  •  4月下旬より体調を崩し、暫くブログの更新が出来ませんでした。体調が少し良くなり、近くの林に行きオオルリとヤブサメを撮りました。撮影日:5月8日 撮影地:北海道本別町オオルリ(大瑠璃)夏鳥で4月から10月ぐらいまで居ます。全長が約16 cm翼開長が約27 cm雄の背中は尾も含め光沢のある青で美しい。コルリ、ルリビタキなど共に、「青い鳥」の一つである。美しい囀りから日本三鳴鳥のひとつになっています。(他はウグ [続きを読む]
  • モズとヒレンジャク
  •  近くの河川敷でモズ、その林ではヒレンジャクを撮りました。モズは北海道では夏鳥で今期は初見でした。またヒレンジャクは冬鳥または旅鳥で、私が見たのは1月と2月でその後は見ていませんでした。撮影地:北海道本別町 撮影日4月16日 4月17日モズ(百舌・鵙)です。スズメ目モズ科 数は少ないですが良く見る野鳥です。小さいですが(20cm)小さな猛禽類と言われ、かぎ型に曲がった上嘴をもち獰猛な性質です。河川敷にあ [続きを読む]
  • 今期初カワセミとカルガモ、カワアイサ
  •  近くの川で数日前よりカワセミの姿が見れるように探しに行きました。そのカワセミを見つけて写していたら、カルガモやカワアイサも姿を見せてくれました。撮影日:4月18日 撮影場所:北海道本別町利別川でカワセミの番を見つけました。川の対岸からで距離があり小さいですが。距離が有るの別な場所に移動しましたが、此方も遠いです。嘴の下側が赤っぽいので雌と思われる。枝に留っている番です。留ってる場所の上部の崖に巣 [続きを読む]
  • 春の川にオシドリ
  •  昨日は雪の降る寒い日でしたが、今日は一変して暖かい日となりました。暖かいので近くの利別川に行ってみるとオシドリが10羽ほど居ました。今年初めての出会いでした。繁殖時期なので、繁殖を営む姿も見れました。撮影日:4月14日 撮影地:北海道本別町オシドリ(鴛鴦)カモ目カモ科 大きさ(L)45cmこの辺では夏鳥で4月から11月ぐらいまで見ますが、観察頻度は多い方ではありません。オシドリの雄です。真ん中に居るのが [続きを読む]
  • アオサギ(蒼鷺)
  •  今日の十勝地方は気温が上がり20度近くまでなりました。気温が上がり鳥の撮影には良い日となり、久し振りに足寄町にあるダム湖え行きアオサギを撮って来ました。撮影日:3月5日 撮影地:北海道足寄町アオサギ(蒼鷺)ペリカン目サギ科 大きさ(L)93cm(日本のサギ類では一番大きいい)北海道では夏鳥ですが、3月の中旬から11月近くまでは当地で観ます。夏鳥では一番早く遣って来ます。アオサギは警戒心の強い鳥です。姿 [続きを読む]
  • 雲雀
  •  夏鳥のヒバリが一週間ほど前より声が聞こえています。堤防地内の草原から多くの囀りが聞こえますが、遠目で見ても枯草に似た地味なヒバリは探し出せません。時折高く舞い上がり(揚げ雲雀と言う)縄張り宣言をするので見つけ降り立った場所に近づきます。ヒバリ(雲雀)スズメ目ヒバリ 大きさ(L)17cm 全国で見れる野鳥が北海道では夏鳥で秋遅くまで見る事が出来ます。撮影日:4月4日 撮影地:北海道本別町(利別川河川敷地内 [続きを読む]
  • 日高山脈「トヨニ岳」
  •  日高山脈の「トヨニ岳」1493mに登って来ました。北海道の十勝から日高に抜ける国道236号にある、野塚トンネルの十勝側からの登山になります。トヨニ岳へは夏の登山道は有りませんが、積雪期は近くの野塚岳と共に登られています。登山時間:登山口-1120mの稜線(2時間10分)-1251mピーク(1時間10分)-トヨニ岳(1時か20分)休憩を含む登山時間5時間15分 下山時間3時間40分 装備:アイゼン・ピッケル・スノーシュー・ストック [続きを読む]
  • ハクチョウ飛来の春の利別川
  •   本別町内の、市街地を流れる利別川にオオハクチョウが飛来をしています。今は渡りの時期、畑で羽を休めているハクチョウや大空を飛ぶハクチョウの群れが多く見れ、珍しくはありません。また、カモ類など多くはマガモですがホオジロガモやカワアイサ、コガモなども見れます。 撮影日:3月28日29日 撮影地:北海道本別町28日の朝、利別川に多くの白鳥が降り立っている情報を聞き行ってみました。少し時間が遅くななった [続きを読む]
  • ヤマゲラ、オオアカゲラ、ウソ
  •  本別町も雪解けが進み、近くの林でも福寿草が咲く季節となりました。クマゲラやヤマゲラを探しに、近くにある諏訪山から奥諏訪山へ行って来ました。ヤマゲラには出会いましたが、残念ながらクマゲラには出会いませんでした。(滅多に出合わないですが)撮影日:3月26日 撮影地:北海道本別町ヤマゲラ(山啄木鳥)雄です。登山口から50分ほど歩いた奥諏訪山で出会いました。留鳥ですが観察頻度は少ない野鳥です。ミズナラの木 [続きを読む]
  • ヤマゲラ、オオアカゲラ、ウソ
  •  本別町も雪解けが進み、近くの林でも福寿草が咲く季節となりました。クマゲラやヤマゲラを探しに、近くにある諏訪山から奥諏訪山へ行って来ました。ヤマゲラには出会いましたが、残念ながらクマゲラには出会いませんでした。(滅多に出合わないですが)撮影日:3月26日 撮影地:北海道本別町ヤマゲラ(山啄木鳥)雄です。登山口から50分ほど歩いた奥諏訪山で出会いました。留鳥ですが観察頻度は少ない野鳥です。ミズナラの木 [続きを読む]
  • カワアイサ(川秋沙)
  •  よく行く隣町のダム湖でカワアイサを撮って来ました。本別町内を流れる川も凍りが解け、流れが戻って来ましたが今年はカモ類が少なくついつい15分程で行く足寄町のダム湖へ出かけます。今ダム湖で見れる野鳥は、マガモ、ホオジロガモ、コガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ、オオハクチョウ、アオサギなどが見られます。撮影日:3月20日 撮影地:北海道足寄町カワアイサ(川秋沙)カモ目カモ科 大きさ(L)65cm 北海道全域の [続きを読む]
  • カワアイサ(川秋沙)
  •  よく行く隣町のダム湖でカワアイサを撮って来ました。本別町内を流れる川も凍りが解け、流れが戻って来ましたが今年はカモ類が少なくついつい15分程で行く足寄町のダム湖へ出かけます。今ダム湖で見れる野鳥は、マガモ、ホオジロガモ、コガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ、オオハクチョウ、アオサギなどが見られます。撮影日:3月20日 撮影地:北海道足寄町カワアイサ(川秋沙)カモ目カモ科 大きさ(L)65cm 北海道全域の [続きを読む]
  • ミコアイサ
  •  また近くのダム湖に、ミコアイサ(巫女秋沙)を撮りに行って来ました。前回のブログのミコアイサは、警戒心が強く遠くからの撮影になりました。今回は車の中で待ち受け、前回より近い位置から撮れました。私は、昨年までは出会いの無かったミコアイサの雄ですが今年は結構見れます。ミコアイサ(巫女秋沙)カモ目カモ科 大きさ(L)42cm 北海道では秋から冬に(10月11月)春先(3月4月)に見られる旅鳥だそうです。撮影日:3月19日  [続きを読む]
  • ミコアイサ
  •  また近くのダム湖に、ミコアイサ(巫女秋沙)を撮りに行って来ました。前回のブログのミコアイサは、警戒心が強く遠くからの撮影になりました。今回は車の中で待ち受け、前回より近い位置から撮れました。私は、昨年までは出会いの無かったミコアイサの雄ですが今年は結構見れます。ミコアイサ(巫女秋沙)カモ目カモ科 大きさ(L)42cm 北海道では秋から冬に(10月11月)春先(3月4月)に見られる旅鳥だそうです。撮影日:3月19日  [続きを読む]
  • ヒシクイ
  •  ヒシクイは極北で繁殖する鳥で、冬は越冬のため日本に渡って来ます。そのヒシクイが北帰行の途中、この地て羽を休めていました。この日が二回ほど隊列を組んだ姿を見ましたが、此処のダム湖にはどれほどの数が降り立ったのは分かりませんが、二羽が姿を見せてくれました。 ヒシクイは此方では、オオハクチョウに比べでずっと少ない飛来の渡り鳥です。撮影日:3月15日 撮影地:北海道足寄町ヒシクイ(菱喰)カモ目カモ科 大 [続きを読む]
  • ヒシクイ
  •  ヒシクイは極北で繁殖する鳥で、冬は越冬のため日本に渡って来ます。そのヒシクイが北帰行の途中、この地て羽を休めていました。この日が二回ほど隊列を組んだ姿を見ましたが、此処のダム湖にはどれほどの数が降り立ったのは分かりませんが、二羽が姿を見せてくれました。 ヒシクイは此方では、オオハクチョウに比べでずっと少ない飛来の渡り鳥です。撮影日:3月15日 撮影地:北海道足寄町ヒシクイ(菱喰)カモ目カモ科 大 [続きを読む]
  • フップシ岳登山
  •  阿寒にあるフップシ岳(1226m)に登って来ました。 以前からから気になっていた山ですが、近くの雌阿寒岳は夏冬とも登られる方は多いですが、このフップシ岳は夏の登山の情報はなく積雪期に登られているようです。  国道241号の十勝と釧路の境にある足寄峠(650m)から登ります。足寄峠にある駐車場に車を停め、直ぐアカエゾマツの生える樹林の中を進みます。登山時間:登り2時間50分(休憩を含む)下り1時間15分(休憩なし) [続きを読む]
  • フップシ岳登山
  •  阿寒にあるフップシ岳(1226m)に登って来ました。 以前からから気になっていた山ですが、近くの雌阿寒岳は夏冬とも登られる方は多いですが、このフップシ岳は夏の登山の情報はなく積雪期に登られているようです。  国道241号の十勝と釧路の境にある足寄峠(650m)から登ります。足寄峠にある駐車場に車を停め、直ぐアカエゾマツの生える樹林の中を進みます。登山時間:登り2時間50分(休憩を含む)下り1時間15分(休憩なし) [続きを読む]
  • タンチョウの求愛ダンス
  •  足寄町のダム湖でタンチョウの番を見つけました。写真を撮りながら暫く見ていると、番は求愛行動と言われるダンスを始めました。10分ほども結構激しい動きをしていました。このダム湖は、毎年タンチョウの繁殖が見れ、これから繁殖の季節に入り6月ぐらいには雛を連れた姿を見ます。撮影地:北海道足寄町 撮影日:3月12日番のタンチョウは、水の中で水浴びやら羽繕いなどをしていましたが一羽が先に中州に上がりその後もう [続きを読む]
  • タンチョウの求愛ダンス
  •  足寄町のダム湖でタンチョウの番を見つけました。写真を撮りながら暫く見ていると、番は求愛行動と言われるダンスを始めました。10分ほども結構激しい動きをしていました。このダム湖は、毎年タンチョウの繁殖が見れ、これから繁殖の季節に入り6月ぐらいには雛を連れた姿を見ます。撮影地:北海道足寄町 撮影日:3月12日番のタンチョウは、水の中で水浴びやら羽繕いなどをしていましたが一羽が先に中州に上がりその後もう [続きを読む]