生きぬく方法 さん プロフィール

  •  
生きぬく方法さん: 生きぬく方法
ハンドル名生きぬく方法 さん
ブログタイトル生きぬく方法
ブログURLhttp://mylifesafe.yamatoblog.net
サイト紹介文生きぬく方法。節約、生き方、仕事、教育など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/04/30 00:46

生きぬく方法 さんのブログ記事

  • 進学と風俗嬢
  •  以下に述べることは必要があれば法律や条例等を改正し、中学・高校で教えるべきであろう。以下に述べることというのをこれから述べていく。 嫌がらせやセクハラとかそういうつもりはない。読みたくなければここから先を読まないでください。女性の体を金にする内容(風俗嬢など)がでてきます。 金がない人が進学した時、風俗嬢とかエッチな動画などにでて金を稼ぐ人もいるであろう。 進学前はそういうつもりがあったなかった [続きを読む]
  • これを中学や高校で教える社会にすべきー進学に注意ー
  • 以下の内容を必要なら法律や条例等を改正し、中学や高校で教えるようにすべきであろう。以下の内容というのをこれから述べていく。 進学(大学や大学院や専門学校など)への進学は進学しないことも含めてよく考えたほうが良いだろう。 まず、自分の家に金があるかだ。この部分は平等ではない。現実をきちんと見るべきだ。 それから、その進学先が自分のやりたいことを本当に実現できる、買う価値のある商品であるかどうか、たと [続きを読む]
  • 99パーセントの人の生き方
  • 99パーセントの人がどうやって生きるか。一つの案を考えよう。 考えを示すというのは一つの案であろう。選挙とか、最高裁判官の国民審査とか、株主総会とか、アンケートとか、考えを示せる場合は示すというのは一つの案であろう。デモをするというのも一つの案であろう。 しかし、個人の力が弱い社会だと、考えを示したって弱いという場合があるのではなかろうか。個人の力を強くする方法として、買い物をするならなるべく小さな [続きを読む]
  • 自分がどう思うかで価値が決まる
  • 世の中の物事、自分がどう思うかに価値がかかっている。評価なんて、自分がすばらしいと思えばすばらしくなるし、自分がすばらしくないと思えばすばらしくなくなる。世間の一般的な評価なんて、ある意見が多数決をとったら多かったとか、マスコミのように力があるところがそう言っているというだけのことであろう。自分がどう評価するかは自分の問題だ。 だから、自分を高評価すれば自分を大きく見せることができるし、低評価して [続きを読む]
  • 嫌がらせをする人に会ってしまったら
  • 世の中嫌がらせとかそういうたぐいのことをしてくる人に会ってしまうことってあるであろう。 不満もなく満足している子供を考えてみよう、楽しそうにしているであろう。今の日本は生きていくのに必要なものってたくさんある。出世とかなんとか賞とか、他人に作られたものに権威を感じ、そんなもののために競争して疲れたりして病気になっているのかもしれない。嫌がらせとかをする人って心がもしかすると病んでいるのかもしれない [続きを読む]
  • 就職活動の面接
  • 就職活動の面接で、面接官が採用基準に合う内容を言わない応募者に上から目線で自分が君よりも優れた人だという態度でものをいう場合があるかもしれない。はっきり言って応募者にとってその面接官は上司ではないし、そもそもまだそこで働いているわけではないし、そこで強制労働させられる義務もないであろう。その面接官、応募者にとって大した人でないわけであろう。就職した時同じ事業所の人というだけで、そうするかどうか選ぶ [続きを読む]
  • 福島の原発爆発と健康
  • 福島で原発が爆発したが、健康はどうなるのであろう。爆発直後大量に放射能を浴びた人、半減期が早いものが半減期を何回か経過していない初期段階で近くとどまっていた人、、半減期が早いものが半減期を何回か経過して以降近くにいた人、いろいろであろう。離れていても程度は仮にましでもいくらかは放射能が飛んできているであろう。 広島やチェルノブイリと比べてどちらが放射能がひどいか、それは自分で調べ考えるとよいかもし [続きを読む]
  • 家賃を安くするには
  • 家賃を安くするにはどうすればよいか、答えは安いところに住むことである。家賃って従業員をやっている人からすると、収入の中から結構な額になるのではなかろうか。家賃がなければ結構お金が節約できるのではなかろうか。 まず、大学生だが、よほど何か理由がない場合、親の住んでいるところから行ける大学にすべきだ。親でなくても、おじいちゃんおばあちゃんの家からでも良い。とても仲の良い親戚で、結構な期間本当に住んでい [続きを読む]
  • 国家は個人を守ってくれるか
  • 国家は個人を守ってくれるかという問題がある。守ってくれないと考えた方がよいであろう。 日本史を見てみよう。誰かが支配者になっていて、誰かが被支配者になっているという歴史があるのではなかろうか。自分を守ってくれているか、守っていない、というか自分が使われているのではなかろうか。もちろん、一部の者は誰かをこき使ったり、相手が死んでも自分は繁栄しようとしているのではなかろうか。 今の政治を見てみよう。国 [続きを読む]
  • 若者・学生はこれを知るべき(その他の人もだけど)
  • 世の中は自分のところにいかに多く分け前をもってくるかの取り合いである。税金をどれだけ集めるか誰から集めるか、集めた税金をどう使うか誰のために使うか、という話だ。 また、客と店屋との関係でも、良い商品やサービスを得たい、不良品ひどいサービスや問題行為でも交換や返金や被害補償をしたくないという話はありうるであろう。(ただし、著者は法律や条令などを守るべきと考えております。) 人と人の関係でも、問題行為 [続きを読む]
  • 中国とフィリピンー南シナ海
  • 中国とフィリピンの南シナ海の問題だが、どこにどういう権利が有るなしが正しいという議論はおいておいて、実際問題一般の人にとって、ある地域がどこの国にどういう権利が有るなしの問題がどういう意味を持つか考えてみよう。 ある地域が自国に権利がくると争っていた相手国に勝ったという気分になるかもしれない。相手国に権利がいくと負けたという気分になるかもしれない。 では、大多数の人にとって、その地域を戦争までして [続きを読む]
  • 人生どうなるー予想、対策
  • 日本に住んでいる人の人生がどうなるか、悪いことの可能性、対策について考えていく。もちろん、一人一人当てはまる、当てはまらないはあるであろう。 小学校、中学校、なぜか客なのに従業員から嫌がらせを受けることがあるかもしれない。(対策ー被害を記録し、親を入れてとか被害者の集団で抗議、しかし、余計に報復されるかもしれない。) 学習塾、大学受験予備校、金を使うことになる。(対策ー行かない、なるべく買わない、 [続きを読む]
  • 社会で勝ち残るには
  • 社会でルールを守る、それは大切であろう。しかし、そもそもルールがどうやってできているのかという問題がある。ルールを作っている者がいるはずである。ルールを作るものは自分にとって有利にルールを作るはずである。 人と人の間には利害対立がある。店は高く売りたい、客は安く買いたい。店は悪い商品であっても文句を言って来ずそのまま終わって欲しい、客は金を返すなりきちんとした商品を渡して欲しい。経営者は給与を払い [続きを読む]
  • 化粧品、シャンプー、合成洗剤
  • 化粧品、美しく見せるためとか思っているかもしれないが、あれって健康によいのだろうか。健康被害がでている場合もあるであろう。 シャンプー、そんなの鎌倉時代とか昔の人って使っていたのだろうか。少なくとも飲み水にシャンプーを混ぜたら飲む気がしないような、そういうものなのだろう。 合成洗剤、水を汚すのではなかろうか。買ってまでは使わない、景品で配っていても使わないからいらないと断ると、環境対策になるのでは [続きを読む]
  • 99%の人に力をつけるには
  • 99%の人に力をつけるには、行動が必要であろう。 何をどこで買うか、これは、お金がどこへ流れるのかということだけでなく、何を社会が必要としているのかという点でも重要であろう。 労働者をむちゃくちゃに使う社会が嫌ならそういう事業所からはなるべく買わず労働者の生活を重視する事業所からなるべく買うようにする。 一部の人にお金が集まるのが嫌なら、何が安いかや良い製品かなどで必ずしもそうはできないかもしれない [続きを読む]
  • 金ってどれだけ必要か
  • 金が幸せに生きるのにどれくらい必要かという問題がある。 行政サービスで無料で受けれるものもあるであろう。 食事、これは必要であろう。しかし、食べ過ぎる必要はないであろう。安全な食べ物を食べたいものだ。遺伝子組み換え食品や、放射能、食品添加物、農薬、これらは安全性に個人的には疑問がある。 農業をやっている場合、農薬なんて買わなくたって、無農薬のものを作って自分で食べれば良いのではなかろうか。そうすれ [続きを読む]
  • 高校生や大学生が知っておくべきこと
  • 高校生や大学生が知っておくべきことがある。高校や大学の普通の教員、事務職員、それに校長とかそういうたぐいもそういう場合もあるかもしれないが、出てくる人って使用人にあたる人であることが多いであろう。 自分と事業所である学校ないし学校も含んだ組織と自分が契約をしているということになっていないか。親が契約していることになっているかもしれない。どうなっているのであろう。 上に述べたようなことについて各自の [続きを読む]
  • 健康に暮らす
  • 医療による問題も起こっている。健康をどうすればよいか。自分で守ることだ。自分で対策をとることだ。 そうはいってもどうすれば良いか。 匿名ブログを一つ作ってはどうであろうか。無料でブログを使えるサービスもあるであろう。 そのぶろぐに、目標を書くことだ。これによって、自分の目標を匿名であっても世間に公表することになる。公表した目標に向かって進むことだ。 例えば、「病院は嫌いだ、病院に行くために生きてい [続きを読む]
  • 人生を充実させるために
  • 他人の作った世界に生きることは奴隷化することである。 芸術、どれがすばらしいか、どの作品、どの演奏がすばらしいか。それはその人の感性の問題であろう。 決して歴史の教科書に出てくるとか、評論家や審査員がすばらしいと言ったからとか、美術館に飾ってあるからとか、そんなことで決まるべきものではないであろう。 どの絵や演奏がすばらしいかで、自分のすばらしいと思ってものが審査員も良いと評価すれば自分は優れてい [続きを読む]
  • 嫌な医療を受けないために
  •  著者は各自の健康に関して責任を負いません。当ブログを各自の健康に反映させるさせないなどの問題に各自がどのようにされても、著者は責任を負いません。 さて、医者の行う医療で健康被害を受けたらたまったものではないと思う人もいるであろう。ある医療を受けたくなければどうすれば良いか。病院へ行かなければすむわけである。もちろん、病院へ行く行かないの結果に著者は責任を負わないし、受けたくない医療があり、それを [続きを読む]
  • 借金でピンチに陥ったら、金がなくて困ったら
  • 借金苦で自殺なんてくだらないことをする必要はない。自己破産すればよいのだ。自己破産は立派な制度である。制度に基づき手続きをするまでのことだ。制度を利用して悪いことはない。 もし、自己破産が悪なら、その他の制度、子供支援制度や障害者支援制度など、様々な制度があり、恩恵を受けている人がいると思うが、それだって悪ということになるかもしれない。自己破産はただの制度である。自己破産自体、社会システムのなかで [続きを読む]
  • 自然災害対策(地震、津波、洪水、火山)、火災対策
  • 九州で大きな地震が起きているが、自然災害や火災で家を失うことはあるであろう。保険をかけているかもしれない。家を借りている場合には、自分のものではないとして、持ち家の場合家を失ったらどうするかという問題がある。家は安いものではない。 一つの対策として、持ち家にする場合必要以上に大きな家にせず、余ったお金を万一の場合にもっていることだ。もし、自然災害や火災で家を失うことがあったとしても、そのお金で家の [続きを読む]
  • 入試の不当行為には抗議すべき
  • 入試で実施者(学校側)が受験生に対して問題を起こす場合があるかもしれない。この場合、受験生はきちんと対処すべきである。黙っていては負けだ。これは、その学校であれ別の学校であれ、入学後学校職員が様々な不当行為をするのを防止するのを防ぐのに役立つかもしれないという点からも、入試における実施者の不正に関しては抗議すべきだ。黙っていては、こいつらめちゃくちゃにしても構わないとなめてかかられるかもしれない。 [続きを読む]