ダッシュ さん プロフィール

  •  
ダッシュさん: 日本世界研究ブログ (今世紀をダッシュ)
ハンドル名ダッシュ さん
ブログタイトル日本世界研究ブログ (今世紀をダッシュ)
ブログURLhttp://dash.yamatoblog.net
サイト紹介文様々な内容。医療、ニュースに関連して、歴史、芸術、自然災害、経済など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/04/30 01:07

ダッシュ さんのブログ記事

  • 規制か既得権益か
  • ある制限、それは規制か既得権益かという問題があるであろう。 例えば、大学学部卒業(学士)かどうか、そういう経験を示すものということで、能力を示すものとして規制したい事業所がそれが必要として規制するのは一つの選択という考え方があるだろう。一方、能力があればできるわけで、学士かどうかなんか関係なく、既得権益というのも一つの考え方だろう。 さっきの例は学校だが、では資格はどうか。弁護士なんか、特に民事な [続きを読む]
  • レールを進むか道を作るか
  • レールにのって進む人生それは一つの人生だろう。学校に行き、学校が定めたことをやって進んでいき、そして、どこかへ就職し、そこで定められたことをやっていく人生。誰かが作った枠に従って進む人生、それはそれで一つの人生だと思う。 一方、自分で道を作る人生、それも一つの人生だろう。起業して、誰かが作った枠内でそれに従って進むのではなく、自分で作っていく人生。 どっちが自分にふさわしいか、それは人それぞれだろ [続きを読む]
  • 人は猿から進化したのか?
  • ヒトは猿から進化したと日本では習うが、本当だろうか?本当か間違いか、どっちが正しいかを決めるというわけではない。ただ、猿から進化したというのは、そのように教えられてそう思っているだけであり、何が本当なのかなんか実は分からないのではなかろうか。 猿から進化したかもしれないし、違うのかもしれない。実な昔ヒトは空を飛ぶことができたが飛べなくなったのかもしれない。地球よりも文明が進んだ星の特殊装置によりヒ [続きを読む]
  • 健康保険は医療を使わない人に有利な制度にするべき
  • 健康保険、今の健康保険はひどい制度だ。 例えば、生まれつき問題があって医療を受ける受けないで受けることを選んだ場合とか、誰でもいくら気をつけても起きてしまい得るもので起きたら大変な大事故とか大けがとか病気で医療を受けることを選んだ場合とか、障害をもってしまって医療を受けることを選んだ場合とか、本当に意味のある予防的内容で医療を受けることを選んだ場合のような時は、健康保険なり公的負担で補助すれば良い [続きを読む]
  • 人はどうやってできたか、進化論、神
  • 人がどうやってできたかということに関して日本では進化論が教えられている。しかし、進化論を認めない人がいてある時代のある場所では進化論を学校では教えないという場合もあったであろう。 進化論なのか神が人間をつくったのかあるいはその他なのか。日本では神がつくったなんてことはなく、進化が当たり前だと思う人もいるかもしれないが、進化論を信じている人も神がつくったと思っている人も、違うのかもしれないがそれを今 [続きを読む]
  • 良いことを言う人にだまされないように
  • 良いことを言われてだまされないように注意したいものだ。 優等生的なこと、立派なこと、常識から考えて良いことを言われた時、その人は裏で悪いことをしていたり、実は悪い内容なのに良いように言っていたり、出世のために良い人に見せるために良いことを言っていたり、そういう場合かもしれないということである。 店屋があなたのためを思ってといっても、本当にあなたのためなのか、売り上げを増やすためなのか、本当にあなた [続きを読む]
  • 大学などの学校にだまされるな
  • 学校のパンフレットやホームページは自分で作るなりそれをする会社に協力してもらえば見栄えがよいものがおそらくできるであろう。しかし、それを見て入学したらあなたの人生は幸せになるだろうか。学校屋といっても、他の店屋と同じく店屋だ。行政または行政みたいなものからある学校に金がでていたとしても、他の店屋だって行政または行政みたいなものから金がでている場合がある。 学校に行くと、金を払い、収入を得る時間を失 [続きを読む]
  • 学校はすごい所という幻想
  • 学校ってそんなにすごい所であろうか。個性を伸ばす所か強制する所か、そういう議論もありうるであろう。しかし、その観点からの議論をおいておいても、教えている内容がその指導でできるようになっているのかという問題があるであろう。 学校は卒業資格や単位を与える。そして、それが社会で何かする時に必要になる場合があるであろう。資格取得の際にあるコースの学校を卒業していることが必要になったり、学校の卒業資格か単位 [続きを読む]
  • 裁判所の判決が全てではない
  • 裁判所の判決が全てではない。確かに刑事裁判で判決が確定すれば、その判決に従って物事が行われるであろう。しかし、例えば、裁判所が無実だということにたどりつけず有罪にしている可能性もある。また、刑事裁判や民事訴訟でどのような判決になろうが、ある人がその裁判で取り扱っていた内容について何が真実であると心の中で思うかは、判決の通り心の中で思うとは限らないであろう。裁判で損害賠償請求に対してある会社側が勝っ [続きを読む]
  • 学校は人を統制する機関である
  • 学校は人を統制する機関である。あなたの考え方、何が優れているか否かの判断、常識、こういったものは学校で植えつけられている可能性がある。 学校で何かを教えるということは何かを教えないということである。 ある考え方で指導すれば、その価値観を植えるつけようとすることになるであろう。 そうやって、歴史とか科学とかの常識という、実際そうではないかもしれないし別の解釈もあるかもしれないある特定のものが植えつけ [続きを読む]
  • 現代の書物統制
  • 歴史で権力者が書物を統制したという話がでてくるであろう。現代にそれはないか。似たようなことならあるであろう。 まず、昔の歴史資料で残っているものを誰でも見ることができるかという問題がある。その時点で何でも自由に見ることができて判断できるということから外れる。 次に、インターネットがあるので完全に世の中からなくすことができなくても、例えば学校で何とか時代に何々という優れた文学作品があるという授業、と [続きを読む]
  • 仕事の能力とは何か
  • 能力がある人とかいうけれど、運とか人間関係がとかで、能力があるということになっている場合があるのではなかろうか。実際問題そのポストに就いたらうまくいくかどうかなんてやってみないと分からないし、仕事内容だってやっていることが違えばどっちが上かなんてどうやって判断するのかという問題があるし、売り上げといっても配置されたところがたまたまよく売れる条件にその時なったのかもしれない。 あの人は能力があるので [続きを読む]
  • 教養を身につけるには、世の中を知るには
  • 教養を身につける、社会を知るには、ブログランキングサイト(にほんブログ村とか人気ブログランキングなど)の項目ごとのブログをなるべくたくさん、自分の好きなものだけでなく様々なものを、様々なテーマや意見、角度からのものを見るというのは一つの方法であろう。 もちろん、インターネットに書かれている内容が正しいかどうかという判断は、インターネットに関して一般論で必要であろう。しかし、様々な人が自分の表現でき [続きを読む]
  • 生命の危険ーテロ、自然災害、通り魔、車、ミサイル
  • 生命が危険になる可能性があるもの、テロ、自然災害、通り魔、車、ミサイルのようなものがある。 テロは起きるとニュースで大きくとりあげられるかもしれない。北朝鮮のミサイルも大きくとりあげられるかもしれない。しかし、危険はそれだけではない。通り魔に自分が出会うかもしれない。自然災害だってある。そして、道を歩いていたら、車にひかれるかもしれない。どれに当たる可能性がどれだけあるかという問題がある。 テロ、 [続きを読む]
  • 国民生活
  • 今の日本、必要なものはたくさんある。食べ物、捨てているだろう。家、住む人がいなくて余っているところがあるであろう。服、シーズンの終わりに売りつくしセールをしている。 お金で見るのではなく、物自体やサービス自体があるかどうかで考えてみよう。そうすると、必要以上のものやサービスが存在する。さらに、広告ってこんなにたくさん必要かという問題もあるであろう。ジャガイモを作ったらそれを食べる人がいても、広告っ [続きを読む]
  • インターネットの怖さ
  • インターネットは恐ろしいものだ、犯罪を犯した人にとって。年齢に関係なく誰かが犯罪を犯した人をインターネット上に公表すると、インターネットにのせる方の行動がよいか悪いかの議論はおいておいて、また、仮にでたらめを発表した場合でも、インターネット上に残り、誰かが後々見ることができる可能性がある。検索で見やすい位置にでてきたりすると、将来にわたって簡単に見ることができることになる。 注目を浴びるほど、ある [続きを読む]
  • どんな家が魅力的か
  • 誰々の家にはあれがあっていいなあ、欲しいなあと思う人もいるかもしれない。 では、物がない家、あっても机と椅子とか必要最低限で、ほとんど物がない家、こんなのはどうであろうか。物置にも不要なものがない。使う必要なものだけがある家。それはそれで魅力的ではないだろうか。 実際問題全く余分にものがないとか、食べ物でも万一の時のために少しは買い物無しでもやっていける状態でないと不安かもしれない。普段使わないけ [続きを読む]
  • 愛国と売国ー右派と左派の違いを超えてー
  • 右派か左派ということと愛国か売国ということは関係ない。右派でも愛国も売国もありうるし、左派でも同様である。 保守、伝統を大切にというのを右派とし、革新を左派とする。 これでいくと、今の日本ではアメリカと中国などの東アジアとの関係でいくと、現在アメリカとの関係が強く、保守がアメリカとの関係重視、左派が中国などの東アジアとの関係重視となるだろう。 しかし、江戸時代の末期でいくと、日本は鎖国していたとい [続きを読む]
  • オリンピックなんかいらない
  • オリンピックなんかいらない。強化対策とかをして、一部の人が人生の一部の時期だけものすごくそのスポーツをよくできるようにしているだけであり、本当に必要なことは、誰でも安くて安全に楽しめるようなスポーツ施設を作ることである。 オリンピック選手がどうなろうが自分にはメリットはないであろう。オリンピックは無視してしまえばよいであろう。どうしても仕事上知っておく必要があることとか、自分のやっているスポーツの [続きを読む]
  • 自然災害時のボランティアーもし行政の下請けになっていたらそれはおかしい
  • 自然災害が発生した時のボランティアがもし行政の下請けになっている場合があれば、それはおかしい。公務員は国民への奉仕者である。従って、国民が要望し、公務員は奉仕する立場にある。普段から、国民が要望し、公務員は奉仕する立場にあるのである。 自然災害時、国民がもし行政の下請けになってボランティアをするなら、それは奴隷化することであろう。なぜ奉仕者の指揮のもとに無料で働かないといけないのか。 では、どうす [続きを読む]
  • イギリスEU離脱はイギリス人の判断を尊重すべき
  • イギリスEU離脱の国民投票の結果は、イギリス人の判断として尊重すべきであろう。イギリスが今後実際離脱しようがしまいが、イギリスの決定を尊重すべきであろう。 例えば、それなりの数の人が脅され投票結果に影響を及ぼしたとかそういうことであれば、問題であろう。しかし、そういう話がでてきたということは知らない。また、政治家のなかにも残留を求めていた人がいたであろうし、そういうなかでの国民投票である。 離脱に否 [続きを読む]
  • 賭博、性風俗店
  • 賭博とか、性風俗店に反対の人がいるかもしれない。 まず賭博、違法賭博をして問題となっている場合があるであろう。しかし、宝くじとか競馬とか、金融商品の得するかもしれないし損するかもしれないしという商品とか、そういうように、世の中に合法で行われているものもある。違法賭博はダメでも、別の何か、合法でできる抜け道が社会には必要なのかもしれない。 応募したら、抽選で景品が当たる場合もあるであろう。 次に性風 [続きを読む]
  • 原発を止める生活は可能か
  • 原発を止めて生活することは可能であろう。 原発がいくらか止まった生活をすることができた。電気の無駄遣いはやめれば良い。 自動販売機、こんなの使わなければ良い。どうしても必要な場所はともかくとして、使わないことだ。使うから自動販売機がある。みんなで使うのをやめて廃止すれば良いことである。どうせ店があるのだから、店で買えば良い。これで電気は節約できるはずだ。 このように、電気の無駄遣いをやめて、省エネ [続きを読む]
  • 災害の義援金はどうすべきか
  • 災害が起きた時義援金をだす人もいるであろう。 しかし、これって集めるのに手間がかかり、どうやって分配するのかという問題がある。当然分配する人にはそれだけのお金をみんなから集めたものであるとはいえ、扱っているという力があることになる。 災害の支援なんて奉仕者の公務員がいる行政がすべきものである。必要な支援は行政がすれば良い。しかし、そうなっていないのなら、というか国民がそうさせるべきだが、そうなって [続きを読む]