かながわ いーとこ さん プロフィール

  •  
かながわ いーとこさん: かながわ いーとこ
ハンドル名かながわ いーとこ さん
ブログタイトルかながわ いーとこ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/2010trip_matsu
サイト紹介文神奈川県にはいろいろな景色があり、魅力に溢れています。ぶらぶら散策して見た風景・いいところを少しずつ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供377回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2015/04/30 22:18

かながわ いーとこ さんのブログ記事

  • 春を告げる花「ミツマタ」・東丹沢のミツマタ群生地
  • 春先のソメイヨシノの開花情報の陰で、ひっそりと咲き誇っている「ミツマタ」そんなミツマタを見に、丹沢に行ってきました。丹沢全体のミツマタ群生地は、丹沢湖西のミツバ岳が有名ですが、東丹沢の札掛付近にも群生地があります。県道70号線(秦野清川線)沿いに群生地が点在しています。県道70号線は、秦野市から東丹沢の山に向かって北上し、ヤビツ峠を通って宮ケ瀬湖に抜ける道です。ヤビツ峠からさらに北上した諸戸山林事 [続きを読む]
  • 東京国立博物館(その6・平成館の考古展示室)(台東区上野)
  • <2月中旬に訪問しました>台東区上野公園にある「東京国立博物館」を訪問しました。(東京国立博物館の展示館等の全体の様子はこちらでご覧いただけます。)(本館1階「刀剣」コーナーはこちらでご覧いただけます。)(東京国立博物館の本館1階の「刀剣」以外のコーナーの展示物の様子はこちらでご覧いただけます。)(東京国立博物館の本館2階「日本美術の流れ」はこちらでご覧いただけます。)(東京国立博物館の本館2階特 [続きを読む]
  • 毎日の更新ができなくなってしまいました
  • 2015年8月18日から579日の間、毎日更新してきましたが、諸事情によりしばらくの間、毎日の更新が難しくなりました。といっても休止とかいう訳ではなく、記事を作成する時間を確保するのが難しく、毎日の更新ができない。ということなので、随時更新するつもりです。目標としては、週に1回くらいは更新したいと考えています。写真を中心としたブログなので、1枚写真を付けます。(記事の内容とはまったく関係ありません [続きを読む]
  • 崎陽軒のお弁当いろいろ
  • 崎陽軒のお弁当と言えば、シウマイ弁当が有名です。そんな崎陽軒で、シウマイ弁当以外のお弁当をいくつか買ってみましたので紹介します。まずは、「横濱チャーハン」630円小エビが3尾のったチャーハン、鶏のチリソース、たけのこ、きゅうりの漬けもの、昔ながらのシウマイが入っています。続いて、「横濱ピラフ」 630円小エビが3尾のったピラフ、鶏の唐揚げ、ナポリタンスパゲッティ、ポテトサラダ、パプリカのピクルス、 [続きを読む]
  • 東京国立博物館(その3・本館1階の展示)(台東区上野)
  • <2月中旬に訪問しました>台東区上野公園にある「東京国立博物館」を訪問しました。(東京国立博物館の展示館等の全体の様子はこちらでご覧いただけます。)(本館1階「刀剣」コーナーはこちらでご覧いただけます。)今回は、本館1階の「刀剣」以外のコーナーの展示物を紹介します。本館の1階は分野ごとの分野別展示と企画展示です。まずは、「彫刻」重要文化財の十二神将立像(鎌倉時代)十二体あって壮観です。続いて重要文 [続きを読む]
  • 東京国立博物館(その1・展示館等について)(台東区上野)
  • <2月中旬に訪問しました>台東区上野公園にある「東京国立博物館」を訪問しました。公式ホームページで、「トーハク」という呼称を目にしますが、何となく軽くて違和感があります。ちゃんと、東京国立博物館と呼んだ方が重みがあります。東京国立博物館は何棟もの展示棟があって、ゆっくりすべて観るのは1日がかりとなるものと思われます。訪問の記録は何回かに分けたいと思います。今回の内容は、構内にある各展示棟や屋外展示 [続きを読む]
  • 三国第一山 新倉富士浅間神社(富士吉田市)
  • 富士吉田市にある新倉富士浅間神社を訪問しました。「富士の眺め日本一」と言れる富士山の絶景ポイントの新倉山浅間公園の入り口に鎮座する神社です。新倉山浅間公園から望む富士山の様子はこちらでご覧いただけます。トップの写真は、鳥居越しに見る富士山です。創建は慶雲3年(西暦705年)で、大同2年(西暦807年)の富士山の大噴火の際に平城天皇の命により国土安泰富士山鎮火祭が執り行なわれたそうです。その際に平城 [続きを読む]
  • 新倉山浅間公園(富士吉田市)
  • 富士吉田市にある新倉山浅間公園を訪問しました。新倉富士浅間神社から398段の咲くや姫階段を登った、忠霊塔があるあたりが新倉山浅間公園となっているようです。398段の咲くや姫階段階段脇を緩やかに登って行く道もあります。階段の途中で振り返っても富士山が望めます。忠霊塔と富士山縦富士山をアップで右側に富士富士吉田市内富士山を正面に望めます山頂部アップ富士急ハイランドどこから見ても絵になります。園内の案内 [続きを読む]
  • 横浜関帝廟(横浜市中区)
  • 横浜の中華街の中にある横浜関帝廟を訪問しました。横浜中華街の関帝廟通りの門関帝廟の牌楼屋根に龍がいます階段右の龍が彫られた雲龍石階段左の龍が彫られた雲龍石牌楼本殿本殿の屋根にも龍がたくさんいます。石獅(右石獅(左本殿屋根の北京瑠璃瓦と龍のガラス細工線香を買わないと本殿の拝観ができないので、線香を購入(5本500円)拝観記念のカードがもらえます。香炉に線香を供えます線香がなぜ5本かというと、香炉が5 [続きを読む]
  • 厳島神社(横浜市中区羽衣町)
  • 横浜市中区にある厳島神社を参拝しました。横浜村の鎮守で、元々は洲干弁天社という名だったそうです。洲干弁天社は開港前から景勝地として知られ、幕末の写真等も多く残っていますが、創建は治承年間で、源頼朝が伊豆国土肥から勧進したと伝えられています。1869年に現在地に移転する前は、1万2千坪の境内があったそうです。現在の鳥居扁額には「横浜辨天」とあります。関内の国道16号線に面しています。(手前の大通りが [続きを読む]
  • 再訪・刀剣博物館・展示の短刀や装飾品(渋谷区)
  • 渋谷区代々木にある「刀剣博物館」を訪問しました。墨田区に移転することになっていて、代々木で開催する最後の展覧会が行われています。1か月たって再訪してみました。先月紹介した博物館の様子等はこちらでご覧いただけます。今回は、展示されている短刀や装飾品を紹介します。国宝の3口はこちらでご覧いただけます。国宝以外の名刀はこちらでご覧いただけます。兼氏(短刀・南北朝時代・重要文化財)兼氏の地鉄と刃文兼氏の茎 [続きを読む]
  • 再訪・刀剣博物館・展示の名刀の比較(渋谷区)
  • 渋谷区代々木にある「刀剣博物館」を訪問しました。墨田区に移転することになっていて、代々木で開催する最後の展覧会が行われています。1か月たって再訪してみました。先日紹介した博物館の様子等はこちらでご覧いただけます。今回は、展示されている国宝以外の太刀および刀を紹介します。国宝の3口はこちらでご覧いただけます。村正(刀・室町後期)村正の切先村正の地鉄と刃文村正の茎兼永(太刀・平安後期・重要文化財)兼永 [続きを読む]
  • 再訪・刀剣博物館・代々木での最後の展覧会(渋谷区)
  • 渋谷区代々木にある「刀剣博物館」を訪問しました。文字どおり、刀剣の博物館です。先月に引き続き再訪しました。刀剣博物館は墨田区に移転することになっていて、現在の建物がある代々木で開催する最後の展覧会「代々木感謝祭 刀剣博物館開館50年にわたる寄贈名品展」が行われています。3月末までです。先月訪問した際の博物館の様子等はこちらでご覧いただけます。最後の月の3月の土、日、祝日の来館者全員に、新刀剣博物館 [続きを読む]
  • 都庁の展望室からの夜景(東京都新宿区)
  • 新宿方面を訪問した際に、都庁の展望室に立ち寄ってみました。都庁の展望室は、45階(地上202メートル)にあり、入場無料です。(スマホのカメラで撮影したため、画像が荒いです)都庁を見上げて展望室からの夜景ビル群の先にスカイツリーも見えます。スカイツリーと東京タワー展望室の様子おみやげの売店があります。レストランもあります。メニュー席のチャージ料1席500円にもかかわらず、たくさん待っている人がいまし [続きを読む]
  • パシフィコ横浜周辺の夜景(横浜市)
  • 横浜のみなとみらいにあるパシフィコ横浜で行われた「CP+ 2017」の帰りに、周辺の夜景を撮影してみました。CP+ 2017の様子はこちらでご覧いただけます。会社帰りのため、カバンに入るコンパクトカメラ「G7X Mark2」での撮影です。パシフィコ横浜前のテラスからみなとみらいの中心の「けやき通り」インターコンチネンタルホテルビルのてっぺんから見えるランドマークタワー臨港パークから見る山下公園方面 [続きを読む]
  • 三島神社(小田原市千代)
  • JR下曽我駅近くにある三島神社を訪問しました。静岡県三島市にある三嶋大社を勧請したもので、千代地区の鎮守です。鳥居鳥居わきの社号標鳥居の扁額拝殿拝殿前の狛犬(右拝殿前の狛犬(左拝殿の彫刻拝殿と本殿本殿御祭神は、事代主命、天照皇大神、品陀和気命です。拝殿裏手の、小田原市指定天然記念物の「三島神社のケヤキ」下から見上げて幹周り5.7m、樹高33.1mです。拝殿わきの御神木のクスノキも大きな木です境内の天 [続きを読む]
  • 津島神社(小田原市田島)
  • 「曽我別所梅まつり」が行われる曽我別所梅林の近くにある八幡社です。疫病平癒のため、尾張の津島神社を勧請して午頭天王といったそうですが、明治2年に、「午頭天王」はインドの神ということから、日本の神様「素盞嗚命」と改称した。とのことです。 鳥居イチョウの古木鳥居わきの手水境内の様子狛犬(右狛犬(左拝殿拝殿の扁額拝殿と本殿本殿御祭神は、素盞嗚尊です。境内の池社叢林は小田原市の保護樹林に指定されています。 [続きを読む]
  • ダイヤモンド富士(@朝霧高原 2017.2.26)
  • 2017年2月26日に、朝霧高原まで行ってダイヤモンド富士を撮影してきました。カシミールを使って撮影ポイントを選定。道の駅「朝霧高原」から徒歩10分くらいの地点です。朝6時過ぎに、道の駅「朝霧高原」に到着日の出時刻に近いですが、まだ薄暗いです。歩いて撮影ポイントへ途中、牛舎から牛が出てきました。富士山と反対側の毛無山に日が当たり始めています。モルゲンロート撮影ポイントに到着(到着時にすでに2名いま [続きを読む]
  • 小田原梅まつり 曽我別所梅まつり(2017年)(小田原市)
  • 初春恒例の「曽我別所梅まつり」に行ってきました。2017年2月19日の訪問です。今年は電車で松田駅まで行きました。松田駅の始発に乗って下曽我駅まで行き、徒歩で梅園へ。日の出前の枝垂れ桜と富士山日が昇る曽我丘陵方面を振り返ってだんだん空が朱に染まっていきます。日の出後、まだお日様が当たり切らない梅園内を散策しました前ボケで雪のような絵になりました紅白のしだれ梅に日が当たって輝いていました。剣沢川沿い [続きを読む]