そしがや さん プロフィール

  •  
そしがやさん: そしがやのリタイア日記
ハンドル名そしがや さん
ブログタイトルそしがやのリタイア日記
ブログURLhttp://sosigayax.hatenablog.com/
サイト紹介文リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2015/05/01 11:45

そしがや さんのブログ記事

  • 定年後の生活 「夫婦共通の趣味」なんて、なくていい
  • 定年後は、夫婦の時間を大切にしないとか、共通の趣味をもちなさいとかは、退職者向けのセミナーでよく言われました。確かに定年後は、職場の人間関係もなくなるので、家庭で過ごす時間が多くなるから、妻との人間関係が大事になるのは、わかります。ですが、そしがやの場合は、共通の趣味もないし、定年後もほとんど別々に過ごしています。リタイア前とほとんど変わりません。退職者向けのセミナーの講師が勧めていたことは、ま [続きを読む]
  • 月収9000円 日本を捨てた日本人
  • 先日、以前職場が一緒だった友人たちとの飲み会がありました。今年の3月に定年退職した人の祝う会です。職場があった最寄りの駅のレストランで開かれましたが、ほとんど昔の思い出話で楽しい夕べでした。10人ほどが集まったのですが、その場には、出席していない人の話題がいくつか出ました。その中には、職場では入れ替わりだったので、直接は知らない男性の噂もありました。顔は知っているのですが、話したことはありません [続きを読む]
  • 航空トラブルで120万円を稼いだ方法
  • ちょっと前にアメリカのユナイテッド航空が搭乗済みの乗客4人に対して降機を命じる際に一人の男性医師が拒否をしたという事件がありました。その際に同航空会社の呼んだ保安担当者によって、その医師は、乱暴に飛行機から引きずり出され、その様子が撮影され、大きなニュースになったのは、まだ記憶に新しいところです。その時には、ユナイテッド航空は、翌日の便に乗る乗客を募るために謝礼の額を最終的には、1000ドルにまで [続きを読む]
  • やっぱりガラケーに買い替えた
  • ずっと使ってきたauのガラケーが大分傷んできました。6年ほど経って、機種の表面にも傷がついてきたし、そろそろ新しいケイタイにしようと思い、スマホへの買い替えも含め、検討しました。新しく買い替えたのは、やっぱりガラケーでした。友人たちには、スマホを使用している人も多いので、スマホにも関心があったのですが、結局は、今使ってきたガラケーの後継機種にしました。何と言っても魅力は、やはり通信料の安さです。 [続きを読む]
  • 定年退職後の5年間で2000万円が消える!
  • 今年の3月で定年でリタイアしてから2年が過ぎました。毎年、年の初めに1年間の収入と支出をまとめた損益計算書を作成しています。それによると3月まで勤めていた平成27年は、約340万円ほどのマイナスになっていました。このマイナス額が多いかどうかは、わかりませんが、退職したばかりということで、4月以降に共済組合の任意継続料金、妻の国民年金保険料、それに大学の入学金と授業料があったせいです。平成28年は [続きを読む]
  • 大学院のクラスの半分は、中国人留学生だった
  • 2年間通った大学が終わったので、4月からは、市の市民大学とある大学の大学院に通うことになりました。市民大学の方は、週に1回2コマの授業を受けています。5月になると、もう1コマ増える予定です。先日最初の授業がありましたが、一つは、江戸時代に関する講義のクラスで、もう一つは、江戸時代に関するワークショップのクラスでした。ワークショップというのは、大学のゼミのように自分で研究して発表するというクラスです [続きを読む]
  • 人付き合いの楽しさがわからない
  • 仕事をしているころの人付き合いは、今から思うと表面的なものに留まっていたような気がします。相手の立場や地位によって、付き合う距離感を探っていました。まだ20歳代のころはともかく、ある年齢になって、立場がそれぞれ変わってくると自然な人間関係は、持てなくなったと感じました。だから、人付き合いが楽しいと思ったことはありませんでした。無論、学生時代もみんなと同じ付き合いをしていたわけではありませんが、気 [続きを読む]
  • リタイアしても毎日が退屈な日々にならないためには
  • リタイアする前には、リタイア後の生活を楽しみにしていました。40年近く働いてきて、やっと自由な時間が手に入るからです。今までできなかったことができると考えると、本当にリタイア後の生活が来ることが待ち遠しいものでした。ですが、反面、そんな自由な時間も、最初は新鮮でもだんだんその鮮度は落ちてくるという気もしていました。毎日が退屈になるということです。これは、よくリタイアした先輩から言われていたことで [続きを読む]
  • 定期的に人間関係を「断捨離」する
  • この4月でリタイアしてからの2年間が終わり、3年目に入りました。仕事をしていたころがもうかなり昔のことという感じです。毎日定時に出勤していたことが嘘のようです。人間関係も随分変わり、以前の職場の人間関係は、もうありません。何だか、すっきりしたような気持ちで余計なストレスがかかりません。仕事をしていたころの人間関係で悩んでいたことが信じられないくらいです。多くの人にとってもこの4月は、就職したり [続きを読む]
  • キャッシュレスだとなぜお金が貯まる?
  • 買い物はほとんど現金でしています。クレジットカードは、使いすぎてしまいそうに思えるからです。ただカードをまったく使用していないわけではなく、アマゾンの買い物のように現金では決済できないものは、カードを使っています。他にも使う場合がありますが、例外的なものです。やはり買い物の基本は、現金決済です。先日ネットで記事を読んでいたら、意外なものが目に入りました。www.msn.com■現金派とキャッシュレス派で [続きを読む]
  • お金に不自由しないための勉強法
  • リタイアしてからは、ファイナンシャル・プランナーの勉強をしています。資格試験も受けるつもりでいたのですが、勉強しているのは、資格を取るためではなく、お金全般に強くなりたいためだと気づき、今のところ実際に試験は受けていません。ですが、お金全般に関する知識は、学習の結果、以前よりは増えたと考えています。こんな記事を読みました。www.msn.com時間があればファイナンシャル・プランナーの勉強を私の本業は教 [続きを読む]
  • 「金持ちが優遇され、庶民ほど苦しむ」は本当か
  • 十代のころは、金持ちになりたいと考えていました。経済的に恵まれた生活をして、安穏と暮らしたいと思っていたのです。ですが、公務員になったので、将来の収入とかも見えてきます。就職前に思い描いていた金持ちになれないことは、わかってしまいました。金持ちになるには、自分で事業を起こして、会社を立ち上げるしかないのです。サラリーマンである限りは、金持ちになれないことは、当然でしょう。ですが、その後、いろい [続きを読む]
  • 指原莉乃は、第二の上沼恵美子か
  • テレビ朝日の「ミュージック・ステーション」は、いつも見ている番組です。歌番組が少なくなった中では、貴重なものです。先週の金曜日は、3時間の特番でしたが、AKBを卒業する小嶋陽菜が最後の出演でした。彼女のプロデュースによるものです。神セブンと言われた最後のメンバーということでAKBへの貢献も大きいので、こういう企画になったものでしょう。ただ、そしがやがAKBで一番気になっているメンバーは、彼女ではありませ [続きを読む]
  • 独身貴族から一変、ゴミ屋敷で孤独死へ
  • 先日、春めいてきた夕方に駅からの帰り道をいつもとは、違う道を歩いて、家に帰ってきました。寒い時は、一目散に家に帰るのですが、ちょっと暖かったので、近所をぶらついてみようと考えたのです。普段とは、違った家並みなので、ゆっくり歩いてきましたが、一軒の家が目に留まりました。狭い庭があるのですが、そこには、ゴミが入ったと思われる大量の段ボールが野積みされているのです。大分放置されて日数が経つせいか、段ボ [続きを読む]
  • 東急レクの株主総会で質問デビューをした
  • 昨日は、東急レクリエーションの株主総会があったので、渋谷のヒカリエの9階の会場まで行ってきました。昨年も同じ会場で行われたのですが、その時のことは、記事にしました。質問をしたかったのですが、先にそしがやがしたかった質問をされてしまったという内容でした。今年は、その失敗を踏まえ、ぜひ質問をしてやろうという心構えで出かけました。会場では、前から3列目の議長から見える席に座りました。議長が質問者を指定 [続きを読む]
  • リタイアして小説家になる
  • 2年前に定年でリタイアした後に、仕事に就かなかった理由の一つとしては、小説家になるという目標がありました。ずっと小説家を目指してきたので、仕事を辞めれば、自由な時間が多くなると考えた訳です。ですが、この2年間、努力はしてきたつもりですが、新人賞を受賞して、小説家になるという結果は出していません。先日、通っている小説教室で長年一緒にいる友人の一人が、50歳代半ばで早期退職をしたのを機に小説を出版し [続きを読む]
  • とことん節約生活の副作用は「心のゆとり」喪失?
  • リタイア生活をしていると収入が限られるので、節約が大切だと考えています。ですが、時々あまり節約節約と頑張りすぎると何か大事なものを失ってしまうと感じる時があります。例えば、夕方の帰り道にコンビニでちょっと甘いお菓子を買って、部屋に戻って食べることがあります。一日当たりはわずかな金額かもしれませんが、これが重なると大きな金額になると思うのです。節約して夕食まで我慢すればよかったと反省するときがあり [続きを読む]
  • 「末路」になぜか魅かれる
  • このところリタイア系のブログを読んでいると、次の記事をネタにしたものが目に付きます。business.nikkeibp.co.jp内容をちょっと紹介すると、まず最初に述べられているのは、資産1億円でリタイアするとしたら、どんなポートフォリオを組むかというものです。まずは1億円のうち3000万円はVXXのショートに使います。残りの7000万円のうち6000万円はPFFもしくはPGXなどハイイールド債のETFに入れます。VXXとは「iPath S&P500 [続きを読む]
  • 大学を卒業してわかった、入学して一番よかったこと
  • 先日、通っている大学の卒業式がありました。ミッション系なので、学内のチャペルで開かれました。学長の挨拶があり、みんなで賛美歌や校歌を歌ったりして、30分ほどで式は、終わりました。そのあと、別の教室で担当教授から卒業証書を受け取りました。最後は、学内の食堂で卒業パーティです。2時間ほど食べたり飲んだり、また教授や学友と話して、2年間の学生生活を懐かしみました。また卒業後に何をするかについても情報交 [続きを読む]
  • 桐谷さん、5千万円が2億数千万円になっていた
  • 昨日書いた桐谷さんの記事の続きです。「月曜から夜ふかし」の特番の桐谷さんですが、株の方では儲かっているようです。2013年には、5千万円まで落ち込んでいたものが、トランプ相場もあってか、2億数千万円までになっているとのことです。4倍以上の上昇率です。株主優待ですっかり有名になった桐谷さんですが、キャピタルゲインでもかなりの成績を上げています。一番いい時は、3億円あったようですから、このままの株 [続きを読む]
  • 1年ぶりに桐谷さんをテレビで見た
  • 昨夜の「月曜から夜ふかし」という番組の2時間スペシャルで1年ぶりに株主優待で有名な桐谷さんを見ました。1年前にテレビで見たときは、引っ越しが決まったというところまででしたが、今回は、新しく移ったアパートでの生活が描かれていました。予想通りというか、新しいアパートの部屋もゴミ屋敷になっていました。唯一、和室だけは、比較的きれいでほとんどそこで生活しているようです。後はほとんど倉庫状態です。日々の生 [続きを読む]
  • 資本論からみて、株式が最強だと言い切れる6つの理由
  • 資産の10%ほどを株式へ投資しています。リスク商品の中では、一番市場性もあり、情報量も多いので、他のリスク商品と比べると安心して投資できると考えているからです。長年、株式へ投資をしていますが、短期的にはマイナスになっても、長い目で見るとそれなりの利益を得ています。株式に関しては、多くの書物に書かれてきたので、いまさらという気もしますが、こんな記事を見つけました。株式投資のメリットを述べたものです [続きを読む]
  • 節約は貧乏への最短コース?
  • 節約というとプラスのイメージがあります。ぜいたくをしないので、節約をしている限りは、貧乏にはならないというイメージです。お金持ちとされる人たちは、無駄なことにはお金を使わないようです。日々、節約に心がけているからこそお金が貯まるように思えます。ですが、節約ばかりでは根本的な解決にならないという意見もあります。こんな記事を見つけました。www.msn.com節約は発想の貧困化を招くそして、節約志向のもっとも [続きを読む]
  • 54歳公務員。早期リタイアして寿命まで逃げ切れる?
  • マネープランクリニックは、いつも楽しみに読んでいます。特にそしがやと似たようなケースの時はなおさらです。今回見ていたら、54歳の公務員の相談が載っていました。早期リタイアを検討しているようです。その年齢は、そしがやもリタイアを考え始めたころでした。allabout.co.jp■相談内容あと2年ぐらい働いてからリタイアしたいと考えています。退職金は2000万円で、公的年金は65歳から239万円、個人年金は60〜75歳まで84 [続きを読む]