そしがや さん プロフィール

  •  
そしがやさん: そしがやのリタイア日記
ハンドル名そしがや さん
ブログタイトルそしがやのリタイア日記
ブログURLhttp://sosigayax.hatenablog.com/
サイト紹介文リタイアした公務員の日々の生活を書いていきます。学生生活、投資、などなどです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供231回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2015/05/01 11:45

そしがや さんのブログ記事

  • 40代早期リタイヤし収入ゼロ。貯金1億2000万で不安
  • ちょっと前に、それなりの資産が貯まったにも関わらず、リタイアに対しての不安を感じている人の記事をマネープランクリニックで読み、ブログに書きました。sosigayax.hatenablog.comFPからのアドバイスは、リタイアしても全く問題ないというものでした。この記事は、リタイア前の不安を述べたものでしたが、実際にリタイアした後に不安を感じてしまったという記事がマネープランクリニックに載りました。万全だと考えて、リ [続きを読む]
  • 住民税が非課税になった
  • リタイアして3年目ですが、先日、国民健康保険の保険料の通知が来たにも関わらず、住民税の通知が来ていませんでした。昨年は、保険料の通知の前に住民税の通知が来ていました。今年は、郵便事故かなと考え、市役所へ電話をしてみたら、非課税になったので、通知を発送しなかったとのことでした。国の税金である所得税は、確定申告をして、一昨年から非課税になっていましたが、ようやく住民税も非課税になったわけです。事前に [続きを読む]
  • 51歳貯金1億3000万円。早期リタイヤ生活は怖いです
  • リタイアした者にとって一番の不安は、預金が毎月減っていくという恐怖です。計算の上では、大丈夫だとわかっていても、不安な気持ちは残るものです。これは一度記事にしましたが、同じように感じている人は多いようです。いつも読んでいるマネープランクリニックにも、同じような不安を感じている男性の相談が載っていました。www.msn.com■相談内容今まで貯蓄に努めてきましたが、子どもがいないため、50代前半で夫婦そろって [続きを読む]
  • 結婚相手は絶対20代 中年男の深刻さ
  • 先日、田舎で法事があり、帰っていました。法事では、普段会わない親戚とも会い、いろいろ話すことができました。そんな中に40歳代になった親類の男性がいました。あまり社交的ではないようで、これまではほとんど話すことがありませんでしたが、今回は、珍しく話をしてきました。田舎で会社に勤めていますが、まだ独身です。法事の後の食事に行った店で会った共通の知人のこととか、ローカルな話題で意外と話が盛り上がりました [続きを読む]
  • 株主総会 お土産廃止の流れ
  • 株主総会へは、日程の都合がつく限りは、行くようにしていますが、今年は、今のところ1社しか行けていません。東急レクリエーションです。2年前までは、お土産として、お菓子を配っていましたが、昨年からは、廃止になりました。と言って全く何もないわけではなく、今年は、109シネマズの株主優待券2枚とペットボトルのミネラルウォーター1本をもらいました。総会へは、行くと社長をはじめとして、会社側の考え方を知るこ [続きを読む]
  • なにもしない休日に罪悪感を抱く人々
  • 勤めている頃は、休日になると体は疲れているのに、せっかくの休みの日だから何かをしなくちゃという気持ちになっていました。だから、何の予定もなく、昼寝などをしていていつの間にか、夕方になると何か一日を無駄にしたような気がしたものです。罪悪感にも近い気持ちだったようです。ですが、反面無理をして外出するとある程度の充実感はあるものの、疲れて、やっぱり一日部屋でゆっくりしていた方がよかった、と感じたときが [続きを読む]
  • 「利回り4%以上」を厳守 桐谷流・優待投資のルール
  • そしがやの投資スタイルは、資産の10%以下で利回り3%以上の株式に投資するというものです。当然のように株価の上下は、ありますが、10%以内なので、そんなに株価の変動にストレスを感じることはありません。とは言え、資産に占める割合が少ないということもあり、配当額は小遣い程度のささやかなものになっています。時々、割合を増やそうという誘惑に襲われることもあります。ですが、過去の株価が下がったときに一日中 [続きを読む]
  • 長生きするほど通帳が0円に近づく恐怖
  • リタイアしてから主な収入は、年金しかないので、毎月、足らない分は、預金通帳から引き出して使っています。ですから毎月預金通帳の残金は、確実に減っています。リタイア当初は、90歳くらいまでは大丈夫という計算をしていました。両親の亡くなった年齢からすると85歳くらいまでしか生きないと考えたからです。ですが、最近もっと長生きするかもしれないと想像することがあります。それは、日本では、100歳以上の老人の [続きを読む]
  • 低ストレス、高収入、将来安泰。全てを満たした14の職業
  • 公務員になるときには、ストレスがなくて、将来に不安がなく、収入も安定している仕事ということで選びました。他には、高収入の仕事はありましたが、ストレスが多そうに思えたし、定年まで勤められるか、未知数だったので、公務員を選択しました。それに公務員は、採用方法が公平で試験さえ受かれば、採用されるということもありました。民間企業は、採用の基準が不明確で、どのような対策をすればいいのか、わからなかったのです [続きを読む]
  • 東大卒で年収300万円。油断が招いた転落人生
  • そしがやが卒業した高校では、年間3〜5人程度、東大に入学していました。45年ほど前のことです。同じクラスだった友人にも東大に入った人がいました。優秀な生徒だったので、東大に入ったら、学者にでもなるのかと思っていました。ですが、後で聞いたら普通に民間会社に入ったようです。その後、時が経ち、10年ほど前に、その友人が会社を辞めたという話を耳にしました。まだ50歳代前半で退職する年齢ではなかったのです [続きを読む]
  • 懸賞金付き定期にしようか迷う
  • 年金受取口座を城南信用金庫にしているので、よく近くの支店に行きます。城南信用金庫にした理由は、以前、記事にしましたが、「シルバードリーム」という特典があったからです。sosigayax.hatenablog.com先日、その支店に行ったときに「スーパードリーム」という懸賞金付き定期のポスターが目に入りました。これは、10万円以上の1年定期にすると抽選で懸賞金等が当たるというものです。スーパードリーム | 城南信用金庫 [続きを読む]
  • 耳掃除は、危険か
  • 耳垢が溜まりやすい体質のようで、これまでは毎日のように綿棒で耳掃除をしてきました。耳がかゆくなることも多いので、この耳掃除は、欠かせません。気持ちがよくて、至福の時です。ですが、一方では、耳掃除は、危険だという記事もよく雑誌等に載ります。先日も読んだ雑誌に、アメリカの学会によると耳掃除は、かえって危険だと紹介されていました。ネットで調べてみると、こんな記事がありました。biz-journal.jp綿棒での掃除 [続きを読む]
  • 気が付けば大きな出費に 退職後の趣味にはご用心
  • リタイアしてからは、趣味は、金のかからないものになりました。以前は、海外旅行に結構行っていたのですが、今は、国内の温泉旅行がほとんどになっています。また収納スペースがないので、物を買うような趣味も持たないようにしています。かつては、本をかなり購入していたのですが、引っ越した際に大分処分してからは、本は、ほとんど買わず、図書館で借りて読むようにしています。ですが、人によっては、退職金が出たりして、 [続きを読む]
  • 90年代の人気アイドルが謎の孤独死
  • テレビを見ていると、かつて活躍していた芸能人の今を取り上げる番組があります。20、30年前は、よくテレビに出ていたのに、すっかり見かけなくなった芸能人の現在を紹介したものです。芸能界からは、消えたものの今もいろいろな分野で活躍している人がほとんどです。そういう番組に登場する元芸能人は、それなりに成功した人たちでしょう。ですが、亡くなって何年もしてからこんな形でニュースになる人もいるようです。www. [続きを読む]
  • 「学力」の経済学 中室牧子
  • 以前、見た林修のテレビ番組で、教育を経済学で分析する筆者を見て、興味を持ったので、この本を読みました。教育というと自分自身や親としての体験に基づく教育論がテレビなどでは、主流で、教育とはおよそ関係がないと思われる経済学からの視点が面白かったのです。 この本の特徴は、科学的根拠に基づく分析です。これはエビデンスと言いますが、この視点は、ずっとこの本に共通しています。最近、自分が親として、有名大学に子 [続きを読む]
  • 一流大卒「官僚の元妻」が貧困に苦しむワケ
  • ネット上には、いろいろな転落話や不幸な話があふれています。元々恵まれた人が落ちぶれていく話に、引き付けられる読者が多いせいかもしれません。そんな記事を読むとなぜそうなってしまったのか、と考えたり、これからは、どうしたらそんな生活から脱出できるかと思案を巡らしてみたりします。こんな記事がありました。www.msn.com今回紹介するのは、一流大学卒でキャリア官僚元夫人という経歴をもつ55歳の女性。彼女は離婚を [続きを読む]
  • アマゾンの快挙:バナナ170万本を無料配布
  • いつも利用している駅では、よくティッシュペーパーを配っています。必ずもらうようにしています。また飲み物の試供品を配っているときもありました。先日は、モンスターというエナジードリンクを貰いました。その時は、受け取るための行列ができているほどの人気でした。また配っていたもので一番珍しいのは、折り畳み傘でした。それは、大分前でしたが、ある歌手のプロモーションのためだったようです。そんな風に駅前では、よ [続きを読む]
  • 人生で最も幸せなのは何歳?
  • リタイアして、いつがもっとも幸せだったか考えることがあります。今まで生きてきた人生を振り返ると、今が一番幸せだと思います。幸せという言葉は、安易に使うものではないかもしれませんが、これまでの人生の中でいつが生きていくのがラクだったかという意味では、今が一番ラクです。学生だったころも、仕事をしていたころもいろいろなことで悩んできた人生でした。悩みの大きなものは、常に人間関係だった気がします。人との付 [続きを読む]
  • 人付き合いをやめたらどうなる?
  • リタイアしてからは、圧倒的に人間関係が減りました。仕事上だけの付き合いだった人との付き合いがなくなりました。残った人間関係は、親族関係と通っている学校のものだけです。以前の職場の人と会うこともありますが、これも年に1度程度です。仕事をしている頃は、人付き合いがストレスだった面があったので、リタイアして人間関係がなくなって、大分ストレスが解消されました。とは言っても、残された人間関係がまったくスト [続きを読む]
  • 「人生やり直しボタン」があったら押しますか?
  • 時々、人生をやり直せたらと考えることがあります。進学の時、就職の時、結婚の時といった人生の転機に違う選択を取っていたら、どうなっていたか、を想像することがあるのです。今までの人生は、いろいろなしくじりがありました。そんな失敗をしないで、人生を歩めたら、もっと充実した人生になっていたのでは、と思います。ですが、一方では、違う選択をしていてもやはり生身の人間だから、同じような失敗をまたしてしまう気も [続きを読む]
  • キレる客は中高年のほうが多い
  • この前、ある店で買いたいものを選び、レジ前の列を待っていたら、一人の年配の男性がレジの店員に何かを言って、全然、列が進まないことがありました。レジは、一つしかないので、他のレジに移ることもできません。列の後ろの方にいたので、何を言っているのかは、わかりませんでしたが、クレームをつけているようでした。「早くしろ」と思いながら待っていたのですが、なかなかその男性のクレームは、終わりません。店員も説明は [続きを読む]
  • 忘れることが楽しい
  • よく最近妻から言われることは、「そのことは前にも聞いたでしょ」です。同じことを何度も尋ねているようです。これが妻の最近の口癖のようになっています。何だか認知症の始まりのようですが、いろいろなことをすっかり忘れていることが多いです。加齢とともに物忘れが多くなるのは、仕方がないとは、思っています。ですから、大事なことは、メモするようにしています。これは、仕事をしている頃からの習慣でした。忘れることが [続きを読む]
  • 30代女性が「仕事が嫌。結婚して逃げたい」ってアリ?
  • 前回の記事で、仕事を辞めたいと言っていた男性の先輩のことを書きました。その先輩を思い出していたら、同じようなことをよく言っていた女性のことも思い浮かびました。そしがやが勤め始めて何年か経った頃です。人事異動があって、2度目の職場でした。同じ係にストレスが溜まると結婚して仕事を辞めたい、とよく愚痴のように言っていた女性がいました。上司が細かい人で、そしがやにとってもストレスの多い職場でした。上司 [続きを読む]
  • 「辞めてやる!」を15年間言い続けた男の末路
  • 40年ほど前に役所に入ったとき、最初に配属された係にかなり職場に批判的な人がいました。そしがやより10歳くらい年長の男性で、いつも「こんな仕事のやり方じゃだめだ」とか、「おれだったら別のもっといい事務のやり方がある」って、言っている人でした。初めのころは、そんな先輩は、はっきりものが言えて、問題意識が強い人だな、と好意的に感じました。ですが、しばらく経っても、具体的な提案をして、仕事を改善する意欲 [続きを読む]
  • 50歳貯金ゼロ。お金を教育費に使い果たし、老後が不安
  • そしがやには、子供がいないので、教育費はかかりませんでした。もしいて、大学まで行っていたら、どのくらいかかったか、想像することがあります。子供が2人いたら、かなりの教育費がかかって、老後に影響したと思います。その場合は、定年でリタイアはできず、まだ仕事をしていたかもしれません。教育費の負担というのは、大きいものですが、こんな記事を読みました。いつも楽しみにしているマネープランクリニックからです。 [続きを読む]