ニシダイ さん プロフィール

  •  
ニシダイさん: ニシダイBLOG 〜思考と想像は 人を救う〜
ハンドル名ニシダイ さん
ブログタイトルニシダイBLOG 〜思考と想像は 人を救う〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/manofnewsoul/
サイト紹介文悩める社会人にもオススメ。管理人・ニシダイのツイートや筆字のストックブログです。
自由文JRでは武蔵野線が好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供320回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2015/05/01 14:34

ニシダイ さんのブログ記事

  • 【Re:'15.12.7より】苦労や挫折の実体験と 人物としての深み
  • 某(それがし) の心中には、20歳になって間もない頃からずっと、永らく思っていたことがあります。エリートにはなりたくねーなすなわち、このように。エリートや天才っていうのは、何か苦労知らずでトントン拍子に事を進められる、問題が起きても当意即妙の判断力で瞬く間にさらりと片付けられてしまう、どうもそういう人をイメージしてしまうんです。自頭がいいだけでなく、元からそういう能力に秀でていて、特に大きな苦労をせず [続きを読む]
  • 変化があるからこその仕事 あとはこちらがどう向き合えるか
  • シフト制で休日も出勤する必要がある、といった勤務形態でない限り、あとは明日さえ乗り切れば、その次の土曜からはまた休み!・・・という方は、今もなお大多数でしょう。ゴールが間近にある、というのは、人のやる気を引き立てる事がある反面、「終わり際」だからこそ気が抜けてしまい、油断から、思わぬ失態に繋がってしまう・・・そんなケースも、少なくないもの。かく言う某(それがし)にも、それまで良い緊張感とペースで進 [続きを読む]
  • 憧れるその人のようになる為にも 大事なこと
  • 画面の前の貴方は、自然と心惹かれてしまうような、或いは、「この人についていきたい!」 、そう思えるような魅力のある人と、出会えてますか?もし出会えているのならば、その人はもしかして、心に芯が通ったような意志や想いのしっかりした人ではありませんでしたか?そういう人に巡り合えたのなら、貴方はきっと、良い機会に恵まれたことになります。その人から得られるもの、自分にも取り入れられるものは、是非とも一つでも [続きを読む]
  • 行ってみたいと思ってた"SYD"に行って ご当地グルメのあの一品に舌鼓!
  • この度は、かなり更新の間隔が空いてしまい、平素からご愛読頂いている皆様方には、ご心配をおかけ致しました。最初のご挨拶に代えてお詫び申し上げます去る昨日8月11日(金)は、国内の祝日としては最も新しく制定された、『山の日』でした。丁度、8月お盆休みの幕開けにあたる、この『山の日』の名の宛がわれた11日。画面の前の貴方もきっと、ご自宅に籠る窮屈さから抜け出して、何処かにお出かけになられたのではないでしょうか [続きを読む]
  • バテがちでやる気が出にくいこの時期こそ やる気を引き出すためにこれをしよう
  • やりたいと思っている事も、やるべき事も、どちらも幾つもあるけれども、何だかやる気が起きなくて、しなきゃとは思っても、手が付けられない。自分ではちゃんと休息をとってるつもりなのに、前日からの疲れをそのまま引き摺るかのように、変に体がダルく感じられる・・・連日晒される暑さと湿気で体が次第に参ってしまい、グデりがちになる、この季節。上記のいずれも、よくありがちでしょう。こういう体の状態時は特に、何かに取 [続きを読む]
  • 人づてに教えを得られる時と場こそ まさに 大きな飛躍のチャンス
  • 特に、某(それがし)が筆字・書道を続けていて、強く思った事です。不格好で拙い筆ペン字しか書けなかった某が、我ながらではあれ、自分でもその上達の度合いに時折感心してしまうほど、腕を上げ、滑らかな字句を書けるようになった、その最も大きな要因は、すなわち、師と呼べる人から直に教えてもらい、師匠や他の上手い人が多くいるその場で、直に見て考えて真似て学ぶ機会に恵まれた事にあるんじゃないか。そのように、今日ま [続きを読む]
  • 不信感から愚痴の言い合いをするよりも
  • 8月初日、東京は曇り後雨。夕方からにわか雨に見舞われ、そのせいで足止めを食った方も、結構いるでしょう。しかしそれ以上に、神奈川の鎌倉や藤沢など、今回の大雨で洪水等の被害が出てしまった地域が、やはり、心配ですね。台風も迫ってきてるというし、今後は殊更、突然の大雨に備えて、警戒と事前の備えをしとかないと・・・明日も、今日程ではないにしろ、首都圏は雨に見舞われるといので、画面の前の貴方も、どうか気をつけ [続きを読む]
  • 秘めた強さを呼び覚まし 再び立ち上がれる人となる為にこそ
  • 自分なりに一生懸命に奮闘して、無い知恵絞りながらもその頭で考えて、周りの役に立てるように動き回ったとしても、結局はどこかで自分の弱さが顔を覗かせ、余計なボロを出してしまい、失敗や詰めの甘い始末を引き起こしては、周りからは白い目で見られてしまう・・・こんな筈じゃなかったのに・・・そう思うようなあんまりな結果に辟易し、また同じような足踏みを繰り返している自分に、怒りにも似た嫌悪感を感じでしまう。そして [続きを読む]
  • 夏の大敵のアイツ! どうやったらうまくやり過ごせる?
  • 7月も中旬に差し掛かり、梅雨もほぼ明けてきたように見受けられるこの頃は、まさに、本格的な夏の訪れ、と言えそうです。しかしながら、やはり心配なのは熱中症。今月に入ってから早くも38℃近くの猛暑を記録してるところも出てますし、そんな具合の凄まじい暑さが、至る所で連日続いているのですから、堪ったもんじゃありませんよ!若くて行動の自由が利く人ならまだしも、これが高齢者だったり、思うように身体の自由が利かない [続きを読む]
  • 悩める中でも力強く リスタートする為に必要なのは
  • 某(それがし)にも、燻ってしまう時はあります。戸惑いに悩み煩うこともあります。「果たしてこれでいいのかな」だったり、「果たして共感してもらえるんだろうか」だったり、「これでボロクソに否定されたらどうしよう」、「鼻で笑われてその先見向きもされなかったら」、「立ち直れない程の痛手なんて負いたくないなぁ」 etc.そういう事を考えてしまう事も、正直言ってザラです。メンタルの強い人物でありたいと願ってますが、や [続きを読む]
  • そう容易くは教えてくれない だからこそ 持ち続けよう この心
  • 特に、新たな職場で新人として現場に就いたら、向こうが教えてくれるのを待ってるようじゃダメ!己のスキルを継続して高めていきたいのならば、最初の筆字にも記しましたとおり、見て考えて真似て学ぶ即ち、こういう心が大事というものでしょう。仕事に限らず、何かの分野で熟達している人は、幾つもの日々を越えてそこに至るまでに、過去に体験した多くの事について、五感を大いに活用しながら体感して、先達といえる人物から盗め [続きを読む]
  • こういう時だからこそ 内に秘める「共助の精神」が輝く
  • 連日ニュースで伝えられている、福岡・大分に跨る此度の九州北部豪雨。今尚、行方不明者は数知れぬ程多く残されており、救援物資も人手も足りないままの状態が続いている状態にあるといいます。心配です。ニュースでリポーターにマイクを向けられ、痛切な思いで自分達の苦しい状況を訴える現地の人達を見て、某(それがし)はもはや、画面に目を向けたまま黙りこくるしかできなくなっていました。果たして、被災地には十分に人手と物 [続きを読む]
  • 【Re:'15.12.1より】特に、新しき職場で仕事を始めて間もない貴方へ。
  • 今自分が行っていることや、直面してること。その先に何があるかをいつも予測し、様々な仕事の流れを整理して、それから自分が今何をするかを決定する。 これが有るか無いかで、恐らく仕事全体の出来にかなりの差が出るでしょう。現に某(それがし)がそうでした。だから、一二枚上手を行く意識。現場で日々奮闘する仕事人として、これはいつも持っておいた方がいいかもしれませんね。 一二枚上手を行くために必要なことは何か。 [続きを読む]
  • 引き続き「週末パス」を使って はじめての熱海へ
  • ・・・やっとノートパソコン(Win10)の更新が終わりました。とんでもなく長かったぞコノヤローーー!(怒)前回の コチラの記事 では、某(それがし)が「週末パス」を使って小淵沢経由で小海線に乗って小諸に行き、そこからしなの鉄道に乗り換えて長野まで行った、という事をお伝えしました。電車の乗り継ぎの時間の関係もあって、小淵沢でも小諸でも途中下車することができず、結果、美味しいご当地の味にありつけることはできま [続きを読む]
  • 使い勝手の良い「週末パス」を使って はじめての小海線
  • 昨日7月1日の事ではありますが、某(それがし)はいつもの最寄駅の券売機で、活用の仕方次第で非常に便利な味方になる、こちらのフリーパス↓を買って、使いました。週末パス。土日祝日のうち連続する2日間で、画像のとおりのフリーエリアの範囲内で、地方私鉄・特急列車も含めて乗降り自由!(特急利用の場合は特急券を別途購入する必要あり)この週末パスを初めて購入したのは、先月6月の16日金曜日。これを使って、翌日6月17日 [続きを読む]
  • 「走る感覚」って 仕事にも活かせると思うんです
  • 走るといっても、ジョギングのような、リラックスできる低負荷な有酸素運動ではなく、ランニングのような、ややキツめでしっかりと負荷のかかるくらいの走りです。特に、フルマラソンのように、長距離を走り、且つタイムにこだわる部類の陸上競技は、走っている時にかかる身体負荷が大きな分、真っ直ぐ走るというその行動に対して意識・神経を集中させる度合いが、ウォーキングやジョギングよりも格段に強いもの。ペース配分やフォ [続きを読む]
  • しっかりとした記憶のために必要なこと / 忘れた後からが勝負どころ!
  • 試験勉強をしている時などでは特に、せっかく覚えたのに頭から引き出せない・・・というのは、素を噛むような思いがするもの。しかし、そういう時でも確実にインプットはされ、脳内のメモリーに貯蔵はされている筈なのです。問題は、必要なときにそれが纏まった形にならないこと。アウトプットしたくてもできなくなってしまうこと。その原因として考えられるのは、恐らく、以下のような事なんじゃないかと、改めて思い、某(それが [続きを読む]
  • 麻央さんのためにも 残された人達のためにも 僕らにもできること
  • それはきっと、こういう事かもしれません。こちらは、某(それがし)が、小林麻央さんが亡くなったことを知ったその直後に言葉・字句を整理して、相棒の筆ペンを走らせて書き上げたものです。画面の前の皆さんには、こちらの動画も観て頂きく思います。こちらは、金スマでの「トーキングブルース」の語り。この最後で古舘さんが語っている、故・永六輔さんが生前、親族に言い聞かせていた言葉。今回の真央さんと、残された方々。翻 [続きを読む]