emdocr8 さん プロフィール

  •  
emdocr8さん: That'sWhereWeAreアメリカ救急医の独り言と二人言
ハンドル名emdocr8 さん
ブログタイトルThat'sWhereWeAreアメリカ救急医の独り言と二人言
ブログURLhttp://ameblo.jp/emdocr8/
サイト紹介文アメリカで暮らす救急医。天職と思えるこの仕事に今日も行ってまいります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2015/05/02 13:35

emdocr8 さんのブログ記事

  • ランドリールームのライト
  • キッチンのアイランドの真ん中に釣り下がっているライトが気に入らなくてバブル・グラスのライトを探しているのですがコレ!といったのが見つからない... 通りかかった照明屋さん(?)でも色々見せてもらったけれどう〜ん、ちょっとココが違うんだよなぁ...終いには、まだ市場に出回っていない商品のカタログまで見せてくれたけれど 夫「僕の苦労を分かち合ってくれる人達がいてくれて、良かった」 優柔不断 [続きを読む]
  • 学生セミナーの日
  • ACOEP主催の医学生セミナー午前は講義室で講義を聴き午後は実技のお時間 超音波実習マネキンを使ったシミュレーションスプリントの付け方教室 私はOlfactory Labを担当私はとっても気に入っているし名前だけはオリジナルだと思っているThe Sniffing Pub Crawl正午から午後5時まで1グループ15名x5グループ次々と入れ替わり各試験官にはある毒物に似たにおいの物が入っていてその前には、その毒物に侵された患者の症 [続きを読む]
  • パブ・クロール
  • 明日の医学生セミナー 容器の中に入っている物の匂いを嗅いで患者の症状と照らし合わせ何の薬物による中毒か当てるSniffing Barを担当 でも、何か一捻り欲しいなぁ...と思っていて 学生が試験管から試験管へ次々に渡り歩いているのはどうだろう?名付けてSniffing Pub CrawlPub crawlは飲み屋から飲み屋へ渡り歩く「ハシゴ酒」最後には酔っ払って足元がおぼつかず「パブからパブへ這いつくばって行く(クロール [続きを読む]
  • ネズミの臭い(2)
  • ネズミの臭いが話題になった経緯はコチラ⇒ 去年は蚊が媒介するジカ・ウィルス感染が話題になりましたがネズミが媒介する病気もありまして 最近、家のネズミ駆除をやってもらったと言う患者が発熱その他の症状でやって来ました研修医「ハンタウィルスじゃないでしょうか?」(ネズミに住み着くウイルスでネズミは病気にはならないがその排泄物を介して、人間に感染症をおこす) 知識、情報が多いのは素晴らしいこと [続きを読む]
  • 母は眠たし
  • 手をザックリと切った幼い子動き回られると、傷の縫合が出来ないのでお薬でちょっとの間、ウトウトしてもらった 子どもに付き添ってきたお母さん一緒にウトウトしてきちゃって縫合が終えたあとお子さんの目が覚めるまで一緒にベッドに横になっていてもいいですよ そして一時間後 子どもはパッチリお目めを開けてTVのアニメ放送を見ているが お母さん、熟睡 日本で言えば、子沢山の分類に入るであろうお家 [続きを読む]
  • あるけど、ない物
  • 「胸が痛いのだけれどね〜痛くはないんだよ」 ...とんちか、コレは? I have chest pain,but it doesn't hurt. 高血圧、糖尿病、高脂血症心筋梗塞の既往ありACSのスクファクターは満載の御仁(ACS=acute coronary syndrome急性冠症候群=心筋梗塞、狭心症など心臓の筋肉を養っている血管が急に狭くなって起きる疾患の総称) 酔っ払って、ニコニコ弁舌さわやか 夜中の3時酔っ払いの戯言か本気で [続きを読む]
  • ネズミの臭い
  • 今月末に医学生向けのセミナーでSniffing Barを任されたのですが 毒物の中には独特の匂いがする物があってその匂いが毒物の種類を判定するきっかけになったりもするわけです それを利用というか応用というか匂いを嗅いで、何の毒物か当ててみよう!というのがSniffing Bar1980年にアメリカ中毒学界の大御所ゴールドフランクが発案した教育方法の一種 シアン化物がビター・アーモンドの匂い(普段、私達が食べている [続きを読む]
  • Tough Decision
  • ヘロイン過剰摂取で運ばれてきた患者 アレ?これって。。。 隠すのが難しい場所に彫ってあるタトゥーこれ、日本語だよね? 漢字とひらがなのタトゥー言いたいことは分かるのだけれど英語でキザに言っている分にはまあ、良いけれど英語→日本語のモロ直訳で日本語としては意味が良く分からない意味をなしていないGoogle Translateかなんかで訳したのか? 文字自体も、間違ってはいないけれど絶対に日本語を書い [続きを読む]
  • CPC
  • 「あの症例、CPCに選ばれました!」 おお、そうか、良かった、良かった ちょっと珍しい症例や普段結構見る診断名でも変わった症状でERに現れたりした症例 その診断名を当てるのがCPC(Clinical Pathologic Case)学会の一部で、このCPCを研修プログラム対抗で競い合うことがあって研修医の一人が症例を提出 全国レベルの学会では選ばれなかったので4月にある地方学会に応募選ばれました そして、一 [続きを読む]
  • 高血糖の理由
  • 処方される薬は、ある状態を「治す」か「現状維持」にするために処方されているのでその薬を処方された通りに服用しないと状態が悪くなることは、予想されるわけで 主訴「高血糖」 きちんと薬を服用していても(糖尿病では、インスリンを「注射」することもありますが)色々な理由で血糖値が上がってしまうことはあるが「きちんと」服用しないで血糖値が上がったとERに来る人はけっこういる 血糖値、四捨五入して6 [続きを読む]
  • First name
  • ”He was quite upset."と夫 金曜日、NYから帰って来てお犬様2匹に、遅くまで出かけていてごめんね〜と謝りながら頭をなでなでしていた 夜勤の後で私が眠っていた時私の恩師から電話があったという 恩師が働いている病院の辺り出身の研修医がいて仕事を探してると言うので紹介したかなりの好条件で採用となり「私が紹介したんだから、恥かかせるんじゃないわよ」とクギを刺しておいたが 仕事が始まる前から、 [続きを読む]
  • NYとスケートとネズミ
  • 娘が合格した大学が"Meet & Greet"を企画交通渋滞を避けようのない金曜日のニューヨークへ 時間に余裕を持って出かけたつもりでも高速道路はどんどん混んでくるばかり市内まで車で乗り込むつもりだったが予定変更で、ニュージャージー州トレントンから電車に乗ってNYのペンシルバニア駅まで 大学では、アドミッション・オフィスの人達と現役学生さんからの挨拶その後に、マンハッタンのブライアント公園へ移動冬季は野外 [続きを読む]
  • お見舞いは何が良い?
  • 知り合いが二人、手術をした手術自体は日帰りだけれど(日本ならきっと、数日は入院になるだろうな)一人はこれから何か月、もう一人は、もしかしたら何年もこの病気と向き合うことになる 女性にはお花をティーンの男の子にはお菓子を詰め合わせた明るい色のギフト・バスケットを送った お見舞いの品って何が喜ばれるのかな? 実用的な物が良いのかこういう時だからこそ非実用的な物が良いのか お見舞いの品で [続きを読む]
  • 洗濯機とジョニーと悪魔
  • 今日、一番笑ったビデオ こちら、オリジナルチャーリー・ダニエルズ・バンドのDevil Went Down to Georgia (1979年)ジョージアの青年ジョニーと悪魔の魂と黄金のフィドルを賭けたフィドル演奏合戦 この歌、大ヒットしたので1993年には続編Devil Comes Back to Georgiaまで出来て前回負けた悪魔がジョージアに戻り大人になったジョニーに再挑戦 子供が小さい頃キーキー鳴らしていたバイオリンの音はとっ [続きを読む]
  • マネキンだけれど
  • 今週のシミュレーション コレ、何だかわかります? 今回のテーマはshoulder dystocia(肩甲難産)お産の際、赤ちゃんは頭から出てきますがその後に赤ちゃんの肩がお母さんの骨盤の骨にひっかかってそこから出て来れない状態のことです ひっかかった肩をいかに抜き出すかいくつか方法があり、それの練習上の写真は、マネキンの骨盤内から産道を見た状態 マネキンは、おヘソの辺りから太ももの1/3位だけの部分マ [続きを読む]
  • 目が覚めると
  • 入院病棟が満床でERから入院が決定したのにERに留まっている患者「boarder」でいっぱいの朝こんな日の申し送りは長くなる 投薬、検査等の指示は、内科、外科等患者をアクセプトした科が出すが「万が一」「緊急」の際はERに入る医者が指示出しをしないといけないのである程度、患者のことを知っておく必要はある "So what's Room 4?" 「ああ、この患者、内科と産婦人科で揉めましてね...」「妊婦さん?」「ええ、 [続きを読む]
  • ゲイバーフッドにて
  • 医学生スモールグループのセッションのためフィラデルフィアのセンター・シティへ(フィラデルフィアでは市の中心街はダウンタウンではなく、センター・シティーと呼びます) 今月末には、学生が何をしたいか決め各グループが別々のことをする予定私は毎年、自分のグループの学生にお昼ご飯を奢ることにしているので何がしたい?何処のお店にしようか?みたいな話をしている時に出てきたお店 「3人くらいで食べるアップ [続きを読む]
  • クロワッサン
  • 学校から帰って来て急にバイト先(スタバ)に呼び出された娘数時間、帰って来ないかと思ったら1時間で帰って来た 最近、きちんとスケジュール通りに来ない同僚がいて1週間に一回、その日の午後に来てくれと頼まれる娘ホイホイ出て行くから、頼まれるのではあるが 「1時間働くために呼び出すなんて失礼じゃない? 」「絵を描いてって、頼まれただけだから」 チョークで黒板に立体的なクロワッサンが描けるんだと [続きを読む]
  • 花はいるのか?
  • 「コサージュは買った方がいいのかしら?」 そんなこと訊かれてもそっちの方がアメリカ在住歴、長いやん 学校主催のセミ・フォーマル・ダンス息子がガールフレンドを誘って行くことに息子の友人のお母さん(インドネシア籍)からテキストメッセージが来てセミ・フォーマルは、女の子のためにお花を買って行かなくちゃならないのかしら? フォーマルなプロムだと男の子がデート相手の女の子のためにお花を用意するの [続きを読む]
  • Nocturnist
  • 久々に良く寝た... 午後から深夜にかけてのシフトとか深夜から朝にかけてのシフトが好きで以前は、夜勤が嫌いな同僚と昼のシフト12時間vs夜のシフト8時間の割合で取り換えっこをしていた 忙しく始まって、綺麗に片づけて終わるのが好き "I have nothing to sign out."サラッと言って、じゃあお休み、と帰る時の気持ちの良さ 夫がサウス・カロライナで仕事をし出してから夜、子供だけを家に置いて行く [続きを読む]
  • 着圧ソックス
  • 身体所見の一つとして脚のむくみをチェックすることがあります スネ(脛骨の上)を指で押して、指の痕が付くか付いた痕の深さ、痕が消えるのにかかる時間でグレード+1〜+4でむくみの度合いを表しますちょっと痕が付いて、直ぐに痕が消えるのが+1ボコッとへこんで、なかなか消えないのが+4 むくみ防止のためにはcompression stocking/socksを勧めますナイロンとかスパンデックスでできているギュッと締め付ける着 [続きを読む]
  • 大学と屁理屈
  • アメリカの医学部は4年制大学を卒業した後に入学し4年勉強して「ドクター」の学位を取る大学院である 医学部に入る前に大学で勉強するのは勿論、生物学、物理学、工学とサイエンス系が多く世間一般では苦手な人が多い数学専攻もちらほら稀にビジネス専攻の人もいる 変わった所では、以前一緒に仕事をしていた人は大学では音楽・ビオラを専攻大学院で音楽理論だか何だかを勉強したかったがそのコースに入れなかったから [続きを読む]
  • 満月の夜は
  • 13日の金曜日 そして満月 ER医が集まるソーシャル・ネットワークのサイトでは今夜仕事に行く人は誰?何が起こるかしら?皆、なんだかワクワクしている この論文ではなんたらカンタラとか統計学上ではこうなっていてとか科学的なことを議論する人たちの集まりなのにどこか非科学的な面を捨てきれない 実際、満月の夜には忙しくなるはずがない日に忙しくなったり妙な患者が来たりする うちのERは本日二人 [続きを読む]