トリム玉ちゃん さん プロフィール

  •  
トリム玉ちゃんさん: トリム営業マン☆玉ちゃんのecoひいき
ハンドル名トリム玉ちゃん さん
ブログタイトルトリム営業マン☆玉ちゃんのecoひいき
ブログURLhttp://www.trims.co.jp/cat/blog
サイト紹介文ガラスのリサイクル技術で世界を目指せ!株式会社トリム営業マンの奮闘記
自由文世界的にも珍しいガラスリサイクル技術を沖縄から全国へそして世界へ向けて発信している会社のスタッフブログです。仕事に関係ない様々なジャンルの記事も発信したいと思いますので宜しくお願い致します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供348回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/05/02 16:50

トリム玉ちゃん さんのブログ記事

  • ポケットマーニー
  • たまには食レポ前にも紹介した事もあると思いますが首里高校のすぐ裏の通りにカレー専門店『ポケットマーニー』というのがあります首里高校のそばにあって学生さん向けのお店だということで物凄く安い!カツカレーでも500円台でこのボリウムサラダもドリンクもついているのです。お味も良いので学生さんだけではなく大人のお客さんも本当に多いたまに行きたくなるんですよね〜直ぐ近くにも気になる店も発見したので、また冒険し [続きを読む]
  • 玉ちゃんウォーキングレポート
  • さてさて4月末からスタートしたウォーキング前回ブログでは合計距離が53Kmになっている事を紹介しましたあれからどうなっているのか?実は1週間の出張を含めて沖縄の梅雨入りしかも今年の梅雨は本当に毎日よく降ったということであまり進んでおりませんでも今週月曜日からは雨もやみ木曜日には梅雨明け宣言という事で本格的な夏がやってきましたこれをきっかけに再びウォーキングを再開したいと思います現在ウォーキングの合 [続きを読む]
  • 県産品奨励月間
  • 毎年7月は沖縄県の県産品奨励月間です今年もその季節が間近にやってきました今年のテーマが『すぐりむん 暮らしにキラリ県産品』となっております『すぐりむん』というのは沖縄の方言で訳すと優れている物ということなので、優れた県産品を使う事で私たちの生活も輝きますよ〜!という意味が込められているのだと私は解釈していますなぜ 県産品を使う事で暮らしがキラリと輝くのでしょうか一人一人が県産品を使用する意識を持て [続きを読む]
  • 中工精機株式会社
  • 日頃から大変お世話になっている岐阜県瑞浪市の中工精機株式会社の皆様が社員旅行の一環でトリムの工場に見学に来て頂きました中工精機さんの技術はトリムの廃ガラス再資源化プラントシステムの重要な部分を担って頂いているのですが、プラント設置の現場ではなく・・・この沖縄の工場に来て頂いたのは担当営業以外の方は初めてだったのではないでしょうか?お蔭様をもって全国15拠点 海外1拠点へとプラントシステムは拡大して [続きを読む]
  • 軽量盛土 地下埋設管①スーパーソル
  • 地下構造物や地下埋設管などスーパーソルは軽いため土と置き換えて構造物や埋設管などにかかる過重負担を軽減できる材料として活用されていますこれは県道36号線で道路をつくる工事の中でザッと敷き詰められたスーパーソルの地中奥深くに企業局の導水管があり、通常通り通常盛土で施工した場合には管にかかる土圧で持たない事から軽量盛土工法が採用された現場ですしかもこうした歪んだ現場や勾配があるような現場だと通常土と同 [続きを読む]
  • 軽量盛土 地下構造物上② スーパーソル
  • スーパーソルは軽量盛土工法に使用する軽量盛土資材の一つの資材として活用されています軽量盛土資材といってもEPS(発泡スチロール)やFCB(気泡混合土)など色んな資材があり、それぞれ特徴があって良い材料だと思いますその現場にあった軽量盛土材を使用する必要があるので、スーパーソルの良さを最大限に発揮できる現場というのを把握したうえで営業をかける必要性があると思いますではその様な現場とはどんな現場なので [続きを読む]
  • 父の日
  • 以前のブログにも書き込んだ事がありますが『母の日』に比べて印象の少ない『父の日』そんな印象の少ない『父の日』ですので私自身『父』である事すら忘れていましたところがこの日曜日の父の日に高校生の長男から『ビール』のプレゼントがありましたふだんお互いにほとんど会話をする事がない関係ですが、思春期というのはとにかく親父がウザイ存在という事で刺激するようなことはしない一定の距離感を保っていただけに・・・凄く [続きを読む]
  • 軽量盛土 地下構造物上① スーパーソル
  • スーパーソルは今現在 全国で一番使用量が多いのが軽量盛土材としての使い方ですではどんなところで使用できるのか?という事を紹介しているのですが・・・ここからは地下構造物とか地下埋設物などの上に使用する事例をご紹介していきたいと思います写真に写っているのはBOXカルバートという構造物なのですが・・・。この上に歩道を設置する工事の中で使用されましたそもそも新しくBOXを設置した場合は問題ないのですが、も [続きを読む]
  • 軽量盛土 軟弱地盤② スーパーソル
  • 昨日に引き続き軟弱地盤にはスーパーソルという事で軟弱地盤での軽量盛土の事例をご紹介したいと思いますここは北大東島の現場なのですが、島の農道を整備する工事の中で軟弱地盤上に道路を取り付けなければならないという事でスーパーソルが使用されました軟弱地盤は泥や水分を多く含んだ地盤なので軟らかく通常の土で施行すると沈下が起こりますそれを解消する為に地盤を改良する工法などもありますが総合的に評価して、その現場 [続きを読む]
  • 軽量盛土 軟弱地盤 スーパーソル
  • 昨日まではスーパーソルの軽量盛土資材としての使用例で『急傾斜地』での使用例をお伝えしてきましたなので何となく ふ〜んこんな現場で使用する事が出来るんだぁ〜とイメージが出来たと思います同じ軽量盛土としての使用事例でも今回は『軟弱地盤』という事で簡単にいうと泥や水分を含んだ軟らかい地盤の事ですが・・・こうした地盤の上に道路などの構造物を建設する時にも通常の土では構造物に影響がある事から軽量盛土等が採用 [続きを読む]
  • 軽量盛土 急傾斜地④ スーパーソル
  • まだまだあります急傾斜地での軽量盛土資材の事例という事で4例目の紹介となりますこれは名護市の工事なのですが、区画整理なかで隣家との間に擁壁を立てて地すべり等の土砂災害を未然に防ぐ為に行われた軽量盛土工事ですここもやはり矢印方向にかかる土圧軽減の為にスーパ−ソルが採用されました。見ての通り左下には民家が見えると思いますが、こうした処理をしなかった場合に例えば大雨が降った場合ドサッと土砂が崩れて左下の [続きを読む]
  • 茶殻から系商品原料
  • 化学品製造のカーリットホールディングス(HD)は、緑茶を充填するボトリング事業で出る茶殻から化粧品原料を開発した。2018年度中に量産工場を稼働する。これまで大量に出る茶殻は産業廃棄物として処理費用を払っていた。化学メーカーの蓄積を生かして有効活用に乗り出す。;子会社のジェーシーボトリング(東京・中央)は飲料大手からの受託で緑茶やコーヒーなどの清涼飲料水をペットボトルや缶に充填している。ライ [続きを読む]
  • 軽量盛土 急傾斜地③ スーパーソル
  • 軽量盛土工法の中の一つの資材『スーパーソル』ですが、急傾斜地や軟弱地盤、地すべり地帯等で活用されていますこれは今年オープンした沖縄空手会館の現場です。この写真は完成形ですでにスーパーソルを使用した後なのですが、ごらんの様に写真の左側は傾斜地となっていて擁壁をたてて車道を建設しています矢印方向にかかる土圧軽減の為にスーパーソルが採用になっています土の重さと比べるとスーパーソルは約6分の1〜8分の1の [続きを読む]
  • 軽量盛土 急傾斜地②
  • 昨日のブログでも紹介しましたがスーパーソルは土木分野において軽量盛土という工法の中の一つの材料という事で使われています急傾斜地・軟弱地盤・地すべり地帯等 従来の土を使った盛土施工が困難な場所に使用されます。昨日に引き続き 急傾斜地での事例をご紹介致しますこの現場は世界遺産 中城城跡の園路整備工事でスーパーソルが使用されたのですが、擁壁の向こう側は急傾斜地でその手前に軽い材料を入れる事で・・・。矢印 [続きを読む]
  • びんリユース推進全国協議会
  • びんリユース推進全国協議会は5月29日、第7回総会を開催した。2017年度の活動計画では、これまで蓄積してきた取り組みを集約し、新たな発展に向けて課題を具体化して、関連事業者と共有することを掲げた。テーマ別要件整備の具体化として、日本酒造組合中央会と共同でラベルの改善・開発に取り組むことや、全国びん商連合会と共同でリユースびんの規格化検討を行うこと、日本P箱レンタル協議会と共同で効率的P箱配置と改善策の [続きを読む]
  • 軽量盛土(けいりょうもりど)
  • 『軽量盛土とは軟弱地盤・地すべり地帯、急傾斜地等従来の土を使った盛土施工が困難な場合に軽量な素材を使って地山や周辺に景況を与えないようにする盛土の施工方法である』とWikipediaに掲載されていますその軽量な素材のなかの一つがスーパーソルという事になります先ほどの説明の中にもあった急傾斜地での施工事例が下の写真になりますこの急傾斜地に遊歩道を設置することになり擁壁を設置して盛土をする際に通常の土では重た [続きを読む]
  • 緑化技術で「冷える街路」
  • 染色加工の小松精練(能美市)は、屋上緑化事業を手掛ける東邦レオ(大阪市)と業務提携を結び、街路の表面温度が下がりやすい特殊な舗装技術を共同開発した。2020年の東京五輪・パラリンピックを控えて首都圏の開発が進む中、緑化基盤材「グリーンビズ」のノウハウを応用し、環境に配慮した「グリーンインフラ」分野に本格参入する。グリーンビズは、工場廃水を浄化する際に生じる余剰汚泥を再利用しており、保水性や断 [続きを読む]
  • インフラテック
  • 鹿児島に本社があるインフラテック株式会社コンクリート製品を取り扱うメーカーですその全国で活躍しているメーカーさんのHPにスーパーソルを掲載して頂いているのですが・・・。そのインフラテックさん取扱いの数あるアイテムが掲載されているINFRA PARTS(インフラパーツ)という総合雑誌にスーパーソルを掲載して頂きましたインターネット掲載の場合は何かあれば直ぐに取り消せますが・・・。こうした印刷物に掲載 [続きを読む]
  • ボランティア
  • ボランティアとは自らの意志で社会活動などに無償で参加する人とあります先日、土曜日恒例の工場敷地内及び周辺の美化活動を行いました雑草が生えていた工場の進入路 中央分離帯に綺麗な花を植え込みましたこの花もじつは就労支援センターこくばさんから売りものにならない花をありがたく頂戴していて、工場敷地内に使おうと思っていましたが、せっかく頂いたものなので奉仕の心で周辺住民のみなさんの目の保養になればと思い植え [続きを読む]
  • ハチドリの一滴(ひとしずく)
  • 昨日のブログでは6月5日は環境の日ということをご紹介させて頂きましたその環境問題を語る時 あまりにも有名な『ハチドリの一滴』という物語を御存じでしょうか?大きな森が火事で炎に包まれていました多くの動物たちが逃げる中で 一羽のハチドリ(クリキンディー)は口ばしで水を含んでは火の上に落とし・・・水を汲んでは落とし行ったり来たりを繰り返していましたそれを見た森の動物たちは『そんな事をしていったい何になる [続きを読む]
  • 嘉手納小学校 雨水貯留層 ろ過槽
  • やっと・・・やっとこさ嘉手納小学校の雨水貯留の納品が実現しました思えば昨年の9月頃 国建というコンサルタント会社へ営業した際に実は公共の建物は雨水を利用していて、それを溜める層がある。そこにこれまでは砕石が使われてきたが数年後のメンテナンスを含めて考えるとスーパーソルの様な軽い材料が良いと思うので、今工事中の嘉手納小学校の現場に行ってみてと部長から話がありました現場担当者との打ち合わせの中で施工を [続きを読む]
  • バイオガスで聖火点灯めざす
  • 「みんなで聖火の炎をつくろう!」実行委員会は5月13日、東京都内でキックオフ集会を開き、90人が参加した。全国の子どもたちと生ごみからバイオガスを生成し、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックの聖火を点灯しようとするもの。東北大学大学院農学研究科の多田千佳准教授が中心となって活動を展開しており、NPO法人木野環境(京都市、丸谷一耕代表)が実行委員会事務局を務める。多田准教授はこれまでも、 [続きを読む]
  • 環境の日
  • 5月30日(5ご3み0ぜろ)に始まり6月5日は環境の日1972年ストックホルムで開催された『国連人間環境会議』を記念として定められ日本の提案を受けて6月5日を『世界環境デー』日本では『環境基本法』で『環境の日』を定めているという事ですそしてこの1ヵ月間は環境月間という事です私達トリムはガラスびんのリサイクルを行っている会社ですので環境という事には他の会社よりは意識がある方だと思いますそれでもこうし [続きを読む]
  • 津田学園中学校
  • 5月9日の工場見学の内容で大変遅くなりましたが三重県から津田学園中学校の皆様がトリムの工場見学にお越しいただきました津田学園さんはわざわざ三重県から毎年のようにトリムの見学に来て頂いている工場見学常連校という事で本当にありがとうございますそれにも関わらず・・・去年のブログ投稿を見ても紹介が遅くなって申し訳ないという内容になっていて何でかと考えてみると去年もほぼ同様の時期に来て頂いて先日終了した地球 [続きを読む]
  • 沖縄リサイクル運動市民の会
  • もう毎年恒例になりましたかねぇ〜沖縄リサイクル運動市民の会がJICAの委託を受けて大洋州を含む国の皆様を引率してトリムの工場見学に来て頂きましたいつも思う事ではありますが、外国の方はとにかくうちのこの事業について関心が物凄く高く・・・切れ目がない程の質問を頂きます今回もトンガやフィジーなど それぞれの国の廃棄物に関わる関係者が来て頂いたという事で、多くの質問を頂きましたこれまでも多くの外国人がトリ [続きを読む]