よかと司法書士事務所 さん プロフィール

  •  
よかと司法書士事務所さん: よかと君の独立開業日記
ハンドル名よかと司法書士事務所 さん
ブログタイトルよかと君の独立開業日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/minnanoshihousyoshi/
サイト紹介文即独司法書士の独立開業日記です。
自由文ブログもホームページも初めてです。最初の挨拶は「まずはよろしくお願い申し上げます。」です。
よかと司法書士事務所ホームページ
http://yokatoshihou.p-kit.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2015/05/03 08:09

よかと司法書士事務所 さんのブログ記事

  • 「天声人語」的思考を排す
  •  私が高校生の頃は朝日新聞の朝刊に掲載されている「天声人語」を毎日読めば読解力がアップする、国語の成績が上がると言われていました。しかし現在の私からすればとんでもない話です。仮に国語の成績が上がるのが本当なら、日本の大学や高校はまともな国語問題を出題していないことになります。  「天声人語」の論理は簡潔に例えるならこんなものです。  桜も散りお花見シーズンも終わった。→過熱した好景気もここへきて下り [続きを読む]
  • 柴門ふみと吉住渉と水沢めぐみ
  •  仕事の疲れを癒すために、アマゾン新古書店で柴門ふみの「同級生」「あすなろ白書」などバブル時代のトレンディードラマの原作になった漫画を買い込んで読んでみましたが、ますます疲れました。  柴門ふみはとにかく理知的に恋愛をしたがります。 例えば「同級生」の主人公女のせりふ「あたしはやっとわかった。こわかったのだ。鴨居くんを忘れ切ってしまうと、青春すべてを捨ててしまう気がして・・・鴨居くんの思い出をとって [続きを読む]
  • アメブロ記事が滞ってきた理由
  •  6月はアメブロをほとんど更新していません。その理由は、福商ビジネス倶楽部がSEO対策を強化するということでフェイスブックを活用することになったからです。 フェイスブックに投稿するとその分ブログの更新は減ります。ただフェイスブックに毎日投稿しているかといえばそういうわけではなく週2〜3回くらいです。もっとも、イベント機能やメッセージ機能がついているので、毎日チェックしなければなりません。これには結 [続きを読む]
  • 司法書士は頑張れば必ず報われる職業
  •  インターネット上では司法書士は喰えない資格とか年収200万円とか辛辣なことを書かれていますが、司法書士は頑張れば必ず報われる職業です。  何故ならば、司法書士は、他士業や一般的な自営業者の方々と比べて、頑張る人を評価しない傾向にあるからです。これは、傲慢とか殿様気質とかそういう悪い意味ではなく、公益業務の要素はあるものの本質は営利を目的とする自営業者であるという当たり前の事実に気づいていないから [続きを読む]
  • 6月もぼちぼち行きますか
  •  今日で5月も終わりです。月初はそうとう厳しい情勢が予想されましたが、そこそこに登記案件が入ってきたので、結果的にまあまあの売上となりました。  事務所経費+家計費+お小遣い+個人預金をクリアするには、月40万円くらい稼がなければなりません。請負産業で月商40万円はなかなか大変です。もっとも、最近は月商について、良く言えば一喜一憂しなくなった、悪く言えば居直っています。  6月は債務整理の仕事をこな [続きを読む]
  • ホップ・ステップ・クールダウン
  •  先週は主に登記週間でしたが今週は主に債務整理週間です。  昔はまずは一歩前に進んでみようと無我夢中で仕事をやっていたところがあったのですが、最近は、良くも悪くも仕事がわかってきて、どうしても動きが鈍くなってきています。  一番苦労するのは管財人が選任されるか否かボーダーラインにある案件です。もちろん依頼主様には事前に「管財人が選任される可能性があります。その際には、切手代を含めて概ね金22万円く [続きを読む]
  • 柴門ふみの「P.S.元気です、俊平」
  •  今日は早めに自宅に帰ったので女流漫画家の最重鎮である柴門ふみ先生の初連載作品である「P.S.元気です、俊平」を読みました。  私は学生時代、柴門先生の爆発的に売れていたトレンディードラマは嫌いだったのですが、インテリ女子のぶっ飛んだ思考と行動が描かれた初期作品は大好きでした。それを短編ではなく長編連載化するのに成功したのがこの作品であり、私にとって代表的な青春漫画だったのですが、約20年振りに読む [続きを読む]
  • 共謀罪と司法書士
  •  今国会に安倍内閣から「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案」(共謀罪規定の新設)が提出され、野党・法曹界等の激しい反発が起きているようです。  私が刑法を勉強した当時は、実行行為が無い限り犯罪として処罰されないと習っています。したがって、反発が起きるのは当然なのかなと思います。  もっとも、法律は解釈学であり、かつ実情に合わせて法改正及びその根本となる法思想・ [続きを読む]
  • 水沢めぐみと吉住渉
  •  水沢めぐみ先生と吉住渉先生の漫画をほぼ全部読んでしまいました。振り返れば今年は1月から3月中旬までは「東京タラレバ娘」の吉高由里子を応援し3月中旬から5月中旬までは水沢めぐみ先生と吉住渉先生の少女漫画に夢中になりとなかなか変な休み時間の過ごし方をしています。  さて、これから何して過ごすか?主に平日自宅に帰ってからの時間帯ですので、外出趣味はできません。そもそも少女漫画デ―も偶然「早稲田学報」4 [続きを読む]
  • 久々のアメブロ記事更新
  •  久しぶりのアメブロ記事更新です。最近の私は休みの日に集中的に記事を書いて1日1本アップしていくというスタイルをとっていたので、5月半ばまで続いた1日1本の記事は、ほぼ全て4月末に書かれたものです。  ブログの更新が滞っている時期は、①忙しいか②不調なのか、どちらかです。5月中は忙しかったです。それと文書作成事務が少なかったので、同じく文章を作成するというブログにあまり目がいかなかったかもしれませ [続きを読む]
  • よかと司法書士事務所開業2周年
  •  よかと司法書士事務所は平成29年5月11日に開業2周年を迎え、本日、太宰府天満を昇殿参拝し業務繁栄業務安全の御札を新調致しました。  3年目といえば、「3年目の飛躍」、「ホップ・ステップ・ジャンプ」という言葉に代表されるように、攻めの姿勢の事業展開に入るのが一般的なようですが、よかと司法書士事務所は、あえて堅実な業務運営を心掛けていきます。  つまり、今年は、特に積極的な営業活動・投資・事業変革 [続きを読む]
  • 私が水沢めぐみ先生と吉住渉先生の漫画が大好きな理由
  •  昨日は支部総会&懇親会であまり飲まなかったので夜は自宅で吉住渉先生の漫画「ミントな僕ら」をいっき読みしました。  今週はアメブロ記事を全てストックで乗り切る程に忙しく気を遣う仕事も多かったのですが、昨晩は、ほろ酔い気分で吉住先生の漫画を読んで久しぶりに大笑いしてリフレッシュできました。   私がかつて発行部数250万部を誇った雑誌「りぼん」に連載されていた少女漫画を読むのは、実はそれなりに深い問題 [続きを読む]
  • D・カーネギーの「人を動かす」を読む
  •  ビジネススキルを身に着けようと思い、今なお世界中で売れ続けている自己啓発本の古典であるD・カーネギーの「人を動かす」を読んでみました。  読んだ感想は、現在の私が他人様にしてもらいたいことが見事に書かれているということです。ここがベストセラーの秘訣かなと思いました。  私は経営学や労務管理学を本格的に学んだ経験はありませんが、その理論的根拠を数字で証明することがあまりないことから、 [続きを読む]
  • 現在の福岡市内の不動産取引事情について
  •  知人の不動産鑑定士の先生の話によれば、現在の福岡市内の不動産の実勢価格は高値状態で不動産会社さんは値が下がるのを待っている状態、不動産取引が膠着している状態だそうです。  私は、福岡県全域についてはさすがにわかりませんが、福岡法務局管轄の不動産取引については、自分の不動産登記案件の数や登記完了までの日数で、概ね取引が活発か否かはわかります。一時期、自分は毎日相続登記や抵当権抹消登記で福岡法務 [続きを読む]
  • 自己破産及び個人再生は全て法テラスを活用
  •  私はそこそこに債務整理案件をこなしていますが、自己破産及び個人再生の裁判書類作成業務は、全て法テラスの民事扶助制度を活用しています。見た目の月収では法テラス援助基準を超える方もいましたが、その場合は、源泉徴収・保険料控除がきちんとなされていれば基準内の月収になるとの上申書を作成して民事扶助制度を受けることができました。  法テラスを活用する理由は、自己破産及び個人再生に限れば、それが債務者に [続きを読む]
  • 自分ではなく他人のことを考える
  •  私は配属研修(司法書士試験合格者の司法書士事務所での研修)、人権派債務整理事務所と決済事務所だったのですが、そこでの教えは今でも生きています。  決済事務所での研修での際、指導担当司法書士の先生に、「私はすごく緊張するタイプなのですが決済をきちんとこなすことができるでしょうか?」と聞くと、「自分でも決済の時は緊張する。過度に緊張し過ぎるのは自分のことばっかり考えているからじゃないかな?その場 [続きを読む]
  • 司法書士の自己破産・個人再生業務について
  •  他都道府県の同職の話を聞いたり債務整理関連のホームページを見ての感想ですが、司法書士の自己破産・個人再生に関する書類作成業務の取り扱いは各地の裁判所によって異なるようです。  あくまでも私の個人的な感想ですが、福岡地方裁判所は、司法書士を信頼しその言い分をよく聞いてくれる方だと思います。 これは、司法書士と裁判所の関係、司法書士と弁護士との関係が良好であることと、社会的弱者や流れ者 [続きを読む]
  • 青年会活動は事務所経営に貢献するか
  •  司法書士研修生時代は、青年会の勧誘をよく受けますしオブザーバー参加もできます。少なくとも福岡県の青年会はそうでした。  司法書士の青年会組織は、あくまでも参加自由の任意団体であり、全国青年司法書士協議会は、各都道府県の青年会の統括機関ではなく連合調整機関で、その活動実態や司法書士会に与える影響力は各都道府県の青年会ごとに異なります。  福岡県の青年会は、執行部OBをも含めれば、何人もの司 [続きを読む]
  • 沖ノ島は世界文化遺産登録勧告を辞退すべき
  •  福岡県・宗像市・福津市が中心になって行った宗像大社(辺津宮、中津宮、沖津宮の宗像三貴神)及び古代豪族宗像氏の古墳群の世界文化遺産登録運動は、結局、考古学的価値だけを重視して沖ノ島だけに世界文化遺産登録勧告が出され、他は除外となりました。  私はもともと宗像大社の世界文化遺産登録自体に反対でしたので、この結果は朗報です。宗像大社は古代より皇室祭祀を執り行ってきたのであり、沖津宮(沖ノ島) [続きを読む]
  • 今年のGWと5月のお仕事
  •  今年のゴールデンウイークは、暦上お休みの日は、若干の事務作業・打ち合わせを除いてがっつり休ませてもらいました。  昨年の同時期の自分のアメブロ記事を読み返すと、裁判書類等の作成をしていたようですが、今年はどうしてもその日にしなければならない仕事しかしていません。  今年からよかと司法書士事務所は慢性疲労によるスランプを防ぐために、休めるときは休むという方針転換をしています。なお、この方針 [続きを読む]
  • ボートレース福岡とLinQのコンサートに行く
  •   5月5日は、ボートレース福岡(福岡競艇場)でのボートレース、その後は、福岡市民会館で開催された福岡のアイドルグループLinQのメンバー総出演の大規模コンサートを観てきました。  LinQコンサートは興行主様が福商ビジネス倶楽部の先輩だから行ったということもあり、9割はレジャーですが1割は広義の意味での営業活動の一環です。  ボートレース福岡は、私たち夫婦が遠距離恋愛をしていた頃、デートスポットとし [続きを読む]
  • 自分とギャップの無い仕事をしよう
  •  私も開業以来、様々な士業の方とお会いしました。その経験を踏まえての話ですが、その人の見た目(オーラ含む)なり性格と一致した仕事をしている先生が仕事をたくさん取ってきているように思えます。  例えば、経営コンサルティングを自称しながらも、どう見てもコンサルティングが似合わなそうな人はあまり仕事が取れていないです。  私は自己認識については、人生の途中に専業受験生というモラトリアム期間 [続きを読む]
  • ミクシーの過疎っぷりについて
  •  ゴールデンウイークということもあり久しぶりにミクシーにログインしてみました。しかし、以前のログイン時(年末年始の時期)と何も変わっていませんでした。つぶやき機能は頻繁に更新されていますが、ほぼ全てがツイッターと連動しているだけです。  おそらくほとんどのマイミクさんがミクシーにログインしていないのだと思います。私がこのような状態で未だミクシーにアカウントを持っているのは、ミクシーしか連絡手段 [続きを読む]
  • 海の中道海浜公園を散策
  •  5月4日は久しぶりの全休日かつレジャー日であり、夫婦で海の中道海浜公園を散策してきました。結婚の顔合わせ会以来です。  海の中道海浜公園は、福岡県民にとっては、それほど人気スポットというわけではありませんが、私たちにとっては、遠距離恋愛時代をも含めて、もっともデート回数が多い場所です。次は太宰府天満宮&大宰府政庁跡だと思います。  私は海景色が好きで彼女は花を観るのが好きなの [続きを読む]