よかと司法書士事務所 さん プロフィール

  •  
よかと司法書士事務所さん: よかと君の独立開業日記
ハンドル名よかと司法書士事務所 さん
ブログタイトルよかと君の独立開業日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/minnanoshihousyoshi/
サイト紹介文即独司法書士の独立開業日記です。
自由文ブログもホームページも初めてです。最初の挨拶は「まずはよろしくお願い申し上げます。」です。
よかと司法書士事務所ホームページ
http://yokatoshihou.p-kit.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供317回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2015/05/03 08:09

よかと司法書士事務所 さんのブログ記事

  • 早稲田実業が選抜高校野球初戦突破!
  •  今日は選抜高校野球で早稲田実業の試合があったようでそんで勝ったそうです。延長戦を制するとはなかなか劇的ですね。ただこの情報はネットニュースで今知りました(リアルタイム日記)。  早稲田実業はあくまでも系列校であり私の直接の母校ではないこともありますが、基本的に甲子園常連校でありつい最近も優勝、ベスト4まで残っており、私個人は1回戦から応援するようなことはしません。応援するのはベスト8からです [続きを読む]
  • 吉高由里子の「東京タラレバ娘」
  •  昨日はドラマ「東京タラレバ娘」の最終回でした。区役所で戸籍があがるのを待ちながらタブレットで視聴率速報をチェック。前回の8.5%から11.1%にアップ。平均視聴率は二桁で1月期ドラマの視聴率で第2位というそこそこに良い結果となりました。  来週から吉高さんに会えなくなることについてまだ実感が沸きません。しばらくたってから吉高ロスになるのでしょうか。できることなら忙しい仕事でさっぱり忘れて9月 [続きを読む]
  • 民事信託は司法書士の通常業務になりうるか
  •  私は民事信託業務は全くやったことはありません。私の今までの業務スタイルを振り返れば、現在の司法書士の一般的な業務といわれるものを、仕事を通じて一つ一つ経験していくという感じです。即独事務所なのでそうならざるを得ないというところがあります。  今後、私が民事信託業務をやるか否かはひとえにそういう仕事が舞い込んでくるか否かにかかっています。実際にやっている同職に対しては、素直に、凄いな〜うらやま [続きを読む]
  • 特例有限会社の登記
  •  ここ最近、特例有限会社の登記の仕事を受任し続けています。 昔は、最低資本金額の制度があったので、有限会社が更に大きくなれば株式会社というのが一般的だったはずですが、現在は資本金1円以上1人株主(発起人)で株式会社を設立することができるようになったので、有限会社という名称は、老舗であること(長く事業をやっている)を証する称号としてかえって株式会社よりも人気があるようです。 つまり、あえて商 [続きを読む]
  • 司法書士の本来業務とプロボノ活動について
  •  司法書士という職業についている人は、一般市民の方々が思っている以上に、仕事を通じて人権擁護や社会奉仕に貢献したいと考えている人が多いです。  司法書士の新人研修では、登記や裁判書類作成といった実務よりも、どちらかといえば人権擁護や社会奉仕といった理念重視の講座が多いです。司法書士登録してもそのような研修が多いですし活動も多いです。  しかし最近どうもちぐはぐになっているような感じがします [続きを読む]
  • 法定相続情報証明制度と司法書士と日司連
  •  来年度より不動産登記規則が改正され、法定相続情報証明制度が実施されます。簡単に説明すれば、法務局に被相続人の生まれてから死亡するまでの戸籍等を提出すれば、証明書を発行してくれ、相続登記や相続による銀行口座や株券の名義書換は証明書を提出すれば足り、いちいち各手続ごとに戸籍を集める必要は無いという制度です。  私は、法定相続情報証明制度は、法務局提出書類なので、てっきりこの事務代理は司法書士だけ [続きを読む]
  • 保守派が森友学園のようないかがわしい連中を排除できない理由
  •  私は、大学生時代から、理論的保守派から右翼活動家、更に日本会議のような保守派政治団体など、いろいろ見てきましたが、保守派は常に政治活動や市民活動の世界の中ではマイノリティーといった感じでした。 現在は世間全体が保守化していますが、いざそれを政治活動なり市民活動という形で実践しようといった人達は、まだまだ少なく、その世界では未だマイノリティーであります。  そして、保守派にはこれといった理 [続きを読む]
  • 森友学園事件と保守派市民運動について
  •  森友学園事件というのが話題になっているようです。安倍政権の支持率は低下するでしょう。この事件の拡大には革新派の保守派攻撃の側面があるのは否定できませんが、一般市民は、「こんないかがわしい人と仮に金銭のやり取りがなかったとしても親交があったのは事実であり、政治家として大丈夫なのか?」とは思うでしょう。この点は安倍総理のミスです。  森友学園の理事長は、自身の経営する幼稚園で「教育勅語」を唱和さ [続きを読む]
  • 今日は全休の日
  •  今日は日曜日です。全休の日です。疲れがどっとでてずっと布団の中でごろごろしています。  かつての私は休みの日も事務仕事をしていましたが、最近は、打ち合わせや予定や司法書士会の行事などが入っていない場合は、休みます。そうしないと平日の事務作業能率が落ちるのとちょっと暇ができるとそのままだらだら過ごして時間を無駄にしかねないからです。  今日の疲れは休みの日に標準を合わせて出てきたものでしょ [続きを読む]
  • 吉高由里子を応援し続けた10週間
  •  来週の水曜日でドラマ「東京タラレバ娘」は終わりです。しばらく吉高由里子さんとは会えなくなり吉高ロスになりますが、期限が定められているからこそ熱狂できるというのもあります。  この10週間は、商業登記と不動産登記ラッシュが続き懸案事件もなんとか裁判事件化しと休日の無い日が続いたかと思いきや、暇になって、今度は、成年後見・裁判業務がスタートし、また登記案件がくるようになり忙しくなってきてと、ちょ [続きを読む]
  • 司法書士報酬の決め方について
  •  よかと司法書士事務所は、どの業務についても、総じて司法書士報酬が安いです。 その理由として、よく同職や他士業の先生方に「報酬を安くして価格でお客さんをつかまえようとしているのだろう。」とか「開業してまだそんなに年月が経っていないから独立自営なら報酬が安くなるのは仕方ないな。」とか言われるのですが、当たっている部分もありますがそうでない部分もあります。 かつて司法書士には報酬基準があ [続きを読む]
  • 吉高由里子渾身の演技も届かず
  •  昨日はドラマ「東京タラレバ娘」でした。しかし、昨晩は支部の部会と飲み会があり、ビデオで観るはずでした。 しかし、裏番組にWBC日本対イスラエルがあり、吉高さんが物凄く厳しい状況の中で頑張るのを無視するわけにはいかず、部会には出演する・飲み会にはノンアルコールで参加する・午後9時で途中退出するというギリギリのスケジュールでライブで観て応援することにしました。 ノンアルコールと途中退出 [続きを読む]
  • 労働事件への取り組みと労働組合との関係
  •  私は司法書士にしては珍しくかなりの数の労働事件を取り扱っています。労働事件は、簡裁事件であっても、基本的に地裁に移送されるケースが多いです。つまり、司法書士は、原則として裁判書類作成業務としてしか労働事件には関われません。  それでも私が数をこなしているのは、ホームページを見て来所する依頼主様がいるからであり、労働組合など何か大きな紹介口があるわけではありません。  そして、私は労 [続きを読む]
  • 日本会議の政治的影響力について
  •  最近、保守派の政治思想団体である日本会議がいろいろ取沙汰されています。安倍政権に深く食い込んでいるとか、保守派の黒幕であるとか、否たんなる保守派の市民団体に過ぎないなどなど。  日本会議が安倍総理の政策意思決定にかなりの影響力があるのはおそらく事実だと思われます。何故ならば、日本会議は、保守派にしては珍しく体系的な理論や政策理念を有しているからです。  「あの人は保守的だ。」「うち [続きを読む]
  • 考えごとの日
  •  今日は、相続や不動産法律セミナーの連載執筆以外は、一般民事事件や4月の勉強会で何を話すべきかなどなどの考えごとの日です(*3月13日)。  最近は法務局の登記完了までの日数が以前に比べ長くなっており、「そろそろ決済シーズンに入ったかな?でもうちは入っていないよ。」と焦る気持ちが無いと言えば嘘になりますが、各司法書士ごとに重点業務は異なります。気にしない、気にしない。  私は司法書士 [続きを読む]
  • 月刊「不動産法律セミナー」の最終原稿を書き終える
  •  月刊「不動産法律セミナー」の司法書士試験択一問題対策の連載の最終原稿を書き終えました。1年半に渡る連載でした。  連載開始時は、簡裁認定を取ってまだ間もなく、私はもっぱら相続登記や買主指定の決済業務をちょこちょこ受任しながら仕事していましたが、現在は、それに債務整理・一般民事・成年後見が加わり、各段と忙しくなってきました。  仕事の無い時期に司法書士試験対策業務をいっぱい入れることができ [続きを読む]
  • 司法書士になってから本は一冊も読んでいません
  • 司法書士の中には、教養を深めるために法律書以外にも様々なジャンルの本を読むように勧めるベテラン先生が結構いらっしゃいますが、私は、司法書士になってから漫画・コンビニ健康本などを除いては、本を一冊も読んだことがありません。  私は本は基本的にモラトリアムの時期に読むものだと思います。その時期にたっぷり読めば、漫画を読んでも、自分の思考回路と今までの知識の蓄積で、是非は別にしてそれなりの評 [続きを読む]
  • 私の結婚事情について
  •  今日は朝の8時から夕方5時まで溜まっている事務仕事を黙々と片付けました。疲れましたけど今晩はぐっすり眠れそうです。昨晩は夢の中で架空の仕事をどうやってさばくか必死に考えていました。  そして今日もまたアメブロで昨晩に続き私の結婚事情を振り返ってみます。司法書士の結婚事情を書いてもいいのですが、お前の僅かな経験と偏った価値観で勝手に判断するなと叱られそうなので、やめときます。 [続きを読む]
  • 現代の結婚制度に向かない人達
  •  今日は全休にすると決めていましたので、爆睡の後は、漫画「東京タラレバ娘」のまだ単行本化されていない部分について雑誌をブックオフで買い込んで読んでみました。いやあ、なかなか奥の深い物語でした。  「東京タラレバ娘」の根底にあるのは、女は30歳くらいになれば男と結婚して家庭に入って(或いは仕事はパートや派遣レベルに留めておく)子供を産んで子育てをするという道徳観であると思います。  この道徳 [続きを読む]
  • 休みの日を休まないことについて
  •  今日は疲れていたので思い切って一日全休しました。仕事が溜まっている状態で休みの日をしっかり休むのは勇気がいります。  開業したての頃は、「土日なんていりません!」くらいの勢いで仕事をしていたのですが、いろいろな各士業先生と知り合うことによって、実は休みの日はしっかり休んでいる人の方がかえって労働効率がいいのではないのかと思うようになってきました。  もちろん、土日に打ち合わせ・出張・各種 [続きを読む]
  • 仕事は何のためにするのか
  •  ここ最近、よかと司法書士事務所は、不動産登記・商業登記・裁判業務・債務整理・成年後見・司法書士会の会務と、司法書士業務の全てをカバーする総合事務所になってきました。  私は正直者なのではっきり言いますが、ここ最近、疲れています。仕事が忙しいというのもありますが、新規の仕事を受任した時に、以前のようにパワーが沸いてこないのです。  先日の福商ビジネス倶楽部の例会後の雑談でも知り合いに「最近 [続きを読む]
  • 漫画「東京タラレバ娘」がバカ売れ
  •  今日も観ました。ドラマ「東京タラレバ娘」。当初は、原作漫画を読んでいたからということで見始めたドラマですが、今では原作そっちのけで唯々、吉高由里子目当てというか応援するためだけに見ています。  吉高さんは「花子とアン」以来のテレビドラマ復帰をいい感じで実現し、私が新たにフアンになったことからしてそこそこ新規のフアンもつかんだことでしょう。30代になっても女優としてますます発展しそうな気がしま [続きを読む]
  • 今週からまた忙しくなってきました
  •  3月はのんびり行きましょうという感じだったのですが、今週に入ってからいろいろ仕事が入ってまた忙しくなってきました。もっとも、残っている仕事についても、動き始めたからこそやるわけであって、引き続き残したままにしておくわけにもいきません。  決済案件はまだ具体化しないですね。よかと司法書士事務所は決済事務所ではないので仕方が無いのかもしれませんが、福岡法務局管轄内で全体的に決済案件が減っているよ [続きを読む]
  • じっくりやる仕事はエンジンがかかりにくい
  •  3月は、登記ラッシュも一段落し、じっくりやる仕事が多いです。が、なかなかエンジンがかかりません。  定型化されていない仕事の最初の第一歩を踏み出すのは、既に経験のある仕事でも、結構心理的負担が大きいです。例えば、私は裁判業務は司法書士にしてはかなりこなしていますが、今でも最初の第一歩はなかなか踏み出せません。  ただこの手の仕事は完了でなくともワンステップ進むたびに充実感があります。かた [続きを読む]
  • 都政の混迷を見て今の自分は正しかったと実感する
  •  私は、司法書士になるまで結構な期間サラリーマンをやっています。大卒新卒で東京都職員になりその後、複数の民間企業に就職しましたが、その民間企業は一つは倒産消滅し、もう一つは同族社長一族が完全に追放されその追放した人(現在の社長)のスケジュール管理などを行っていました。  既に自分とは関係ない会社の話でも、確かに自分は一時期そこで飯を食っていたわけであり、倒産劇、追放劇の際には、精神的に動揺する [続きを読む]