フィン父 さん プロフィール

  •  
フィン父さん: フィン日記
ハンドル名フィン父 さん
ブログタイトルフィン日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/finnn/
サイト紹介文ペキニーズのフィンの日常 他のペキちゃん、ワンちゃんも。
自由文http://blog.livedoor.jp/finnn/
ペキニーズのフィンの日々。
他のペキちゃん、ワンちゃんも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/05/03 09:29

フィン父 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 3歳のお誕生日
  • フィンちゃん、3歳のお誕生日おめでと〜〜!!!!!!ミス・ユニバースみたいになってますが、違います。キングスライムでもありません。今日、2/27はフィンの3回目の誕生日。何故か、毎年フィンの誕生日には王冠を作ることが恒例になってしまって、周りからも今年も作るの??と聞かれるので、作るんですけど、毎回、去年の自分を超えなければならないという、ライバルは自分みたいな、誰からも課されていないノルマに挑戦して、 [続きを読む]
  • 本当にあった怖い話(2017 冬)
  • 今回は稲川淳二タッチでお届けします。今からする話は、こないだあたしの身に実際に起こった話なんですけどね。その日ね、20時くらいだったかな、フィンはお散歩もゴハンも終わって、リビングで寝ていたんだ。イビキをかきながら。んで〜、あたしの知り合いの女性、彼女をえー、仮にF母としておきましょうか。そのF母がね、外出してたもんで、あたしはシトリで晩ゴハンを作ろうと思って、台所でね、ちょっと高めのお肉を焼いてたん [続きを読む]
  • 名前の本当の意味
  • 「あのー……ここで働かせてください!」『ここはね、人間の来るところじゃないんだ。八百万の神様達が疲れをいやしに来るお湯屋なんだよ。』  「ここで働きたいんです!」『大きな声を出すんじゃない!おぉ〜、よしよし。 もう、わかったから静かにしておくれ!』『契約書だよ。そこに名前を書きな。働かせてやる。』『ふ〜ん、名前はケンというのかい? 贅沢な名だねぇ。』「いや、フィンです。」『シン?』「フィン」『え、 [続きを読む]
  • くっつきたい理由
  • 我が家の夜の就寝スタイルは、私かフィン母のどちらかがフィンと一緒にリビングで布団を敷いて寝ることにしている。それまでは、フィンはリビングで、我々は寝室のベッドで別々に寝ていたのだが、以前フィンが夜に具合が悪くなった時があって、そこからは見守りの意味も含めて毎晩交代制でフィンと寝ることになった。それでも最初のうちは寝室のベッドで3人で寝ていたんだけど、フィンがあまりにも寝相が悪くて、これはいつかベッ [続きを読む]
  • パーソナルスペース
  • 私は普段、通勤の為に週5日で新宿駅を利用している。もうね、とにかく人が多い。子供の頃からそれなりに新宿には行っていたが、大人になった今でもこの人混みに慣れることはない。どれだけ多いかというと、新宿駅は1日あたりの乗降客数は約360万人もいるそうで、これはギネスブックにも世界一乗降客が多い駅として載っているそうだ。そして、何よりも辛いのが、新宿に着くまでの電車内だ。この電車内で仕事をするエネルギ [続きを読む]
  • ゴミ出しの日
  • フィン。来月で満3歳。そんなうちの3歳児の最近のマイブームといったら、目下、ナンパ。大丈夫かな、まっすぐ育ってるのかしら。これまでお散歩中で暇になると、お友達が通りそうな場所で待ち伏せすることが何度もあった。私達もフィンに付き合って、ワンちゃんがよく来る広場で一緒になって待ってみたりもしたけど、いつもお友達に会えるわけではない。ひどい時なんて、ワンちゃんがよく通るお散歩道の草むらに身を潜めて、待ち伏 [続きを読む]
  • 同性から評判の良くない女子
  • 世の中には、男子にはそこそこ人気があるのに、同性からは良く思われてない女子っていうのがいる。私もこれまで会社や学校で何人か目にしたことがある。我々のような鈍感な男子達からしたら、なんであんなに良い子がバッシングを?と思ってしまう。そして、男子が少しでもその子を庇おうものなら、飛び火してこっちまで炎上してしまうことさえある。いったい彼女達は、どうしてそんなに同性からバッシングを受け [続きを読む]
  • シン・ゴジラ
  • 男性の方なら分かってくれると思うのですが、、まだ子供の頃、とても気になっていた。自分のアレは他の人と比べてどうなんだろうか。大きさは? 形は? 自分はセーフなの? みんなはどーなってるの??もう、気になっちゃって。きっと女性が自分の胸の大きさを気にするようなものだと思うのだが、当時は比べる術もなく、とても気になっていた。さすがに今となってはさほど気にならなくなってきたが、それでも公衆トイレに行く [続きを読む]
  • 2歳のお誕生日
  • 2/27で満2歳になりました。おめでとーー!!この1年も色々とありましたが、無事2歳。(フィン母のお友達から教えてもらった「鶏レバーとブロッコリーのパンケーキ」)1年を振り返ってみて、まず思うのは、親バカだけど、これでも、この1年はよく成長したなと思う。1歳児の頃のジャックナイフのようだったフィンと比べたら、ずいぶんと変わった。テーブルの脚など家具を齧りま [続きを読む]
  • バレンタインデーの過ごし方
  • 出来ることなら、食べ過ぎて鼻血を出してみたい。そう思いながら、駆け抜けてきた小学校・中学校時代。前日から挙動がおかしかった。その動揺を周囲に悟られぬよう、力ずくで平常心を心がけて、だけど、平常心を心がければかけるほど、動きが怪しくなって、、バレンタインデー。当日、【アレ】はどこに隠されているか分からない。下駄箱の中かもしれないし、机の中かもしれない [続きを読む]
  • やる気スイッチ
  • 疲れたわけではない。夏のような蒸し暑さのせいでもない。歩かない理由はそれじゃない。誰かに構って欲しい!テンションさえ上がればなぁ、テンションだけなんだよ。誰かが「やる気スイッチ」を押してくれたらテケテケ歩くんだけど。もう既に10分近くもここで待ち構えているが、ワンちゃんはおろか人間すら通らない。 こちらは電柱の匂いも嗅ぎ終わり、ウ○チ [続きを読む]
  • フリスビー
  • いつの日か、もし自分がワンコを飼ったなら、ワンコと一緒に、「こんなことしたい」、「あんなことしたい」、という夢がいくつかあった。その内のひとつが、ドッグスポーツ。いわゆるアジリティとかフライボール、ディスクドッグとか、そういうの。そういうの一緒にやりたいと思ってた。そんな想いも秘かに抱きつつ、色々なワンコを見てきて、最終的に決めたのが、この子。 [続きを読む]
  • DIY
  • ケージから出せって、うるさくて、フィンを迎え入れてから3ヶ月くらいでケージを使わなくなった。だから、ケージの中でフィンが寝起きしてた時期はほんの僅かしかない。ほんとはちゃんとしつけた方が良かったのかもしれないけど、今となっては2Fのリビングの全てを自分の部屋にしてしまい、毎日、のびのびと好きな場所で寝てる。一応、ベッドはあるのだが、眠る場所は、その時の気分 [続きを読む]
  • ハロウィンと昭和時代
  • ハッピーハロウィン。(被らされたのが余程気に食わなかったのか、カメラが終わったらすぐにカミカミしてた。)もうじきハロウィンなのだそうだが、おじさんにはピンと来ない。私が住む街の商店街では、仮装した子供たちで駅前がごった返すほど、毎年このハロウィンを盛大に祝い、いくつもの商店が子供たちにお菓子を渡している。なかったよ、昭和は。そういうシステム。いいとこ、節分。 [続きを読む]
  • 貫禄
  • 【貫禄】がリードに繋がれてる。いつ見てもそう思う。まぁ、リオン先輩(♂12歳)なんですけどもう、今年の大晦日の白組のトリはリオン先輩で良いんじゃないかと思うほどの貫禄。夕方のお散歩で会うと、なんかリオン先輩だけ他のワンちゃんよりも影が大きく見える気がしてならない。久しぶりに先輩に会ってみて思ったのは、以前書いたように武田信玄に見えるのは変わらないけど、いや、武田信玄なんだけど、顔だけをよく [続きを読む]
  • サウダージ
  • 一瞬ごとに変化する夏の西の空は息をのむほどキレイでただただ、見とれてしまう。サウダージ(Saudade)とは、ポルトガル語で、郷愁、憧憬、思慕、切なさ、などに置き換えられるそうだが、解釈はもっと複雑で、例えば「大人に成長した事でもう得られない、懐かしい感情を意味する言葉」など、一言で表現できない、人の機微を指す言葉だそうだ。ずいぶん前に、 [続きを読む]
  • 女心 2
  • 「女は愛されるようにできているので、理解されるようにはできていない。」オスカー・ワイルド/アイルランド 詩人 作家「翻訳は女性のようなものである。 美しければ忠実じゃないし、忠実であれば、きっと美しくない。」ポーランドの諺「だれが女心を読むことができよう? 」シェークスピア/イギリス 劇作家 詩人 作家「世界の偉人達がお手上げなのに、どうしてフィンと私が女心を読むことが [続きを読む]
  • 澤さんと西川先生
  • サッカー女子日本代表の澤穂希さんが結婚された。澤さんといえば、長年、日本の女子サッカー界を牽引し、前回のワールドカップでは準優勝、その前の大会では見事初優勝し、その年のバロンドール(世界最優秀選手賞)まで獲った、本当にすごい人だ。数々の大会で好成績を残し、日本に明るい話題を提供し続け、その中心的な存在であった。また、36歳という、良いお年頃に差し掛かった澤さんの結婚報道に、きっと多くの日本人が少しの安 [続きを読む]
  • ありのままの
  • いーつも、なかなか、場所が決まらない。まぁ、フィンのウ○チなんですが。ある時から、おうちではオシッコもウ○チも全然しなくなってしまったので、お散歩時にしてくれない困るのだけどこの連日の猛暑で、長時間は外にいられないから、出来るだけ早くウ○チを済ましてくれると嬉しいのにいつもあっちをウロウロ、こっちでクンクン。で、するかな?するかな?って、思わせて、結局しなかったりする。飲み会でたまにいる、 [続きを読む]
  • ドラえもん
  • 最近のお気に入りは、これ。どら焼き。 の、おもちゃ。もう、どこに行くにもどら焼きが手放せない。これで追いかけっこしたり、宝探しゲームをするのが、マイブームらしい。どら焼きと言ったら、ドラえもん。そういえば、フィンってドラえもん顔に見えなくもない。と、思って、ネットでドラえもんの画像を検索してみたら、いっぱい出てきた。まぁ、たしかに青くなったフィンのよう [続きを読む]
  • 女心 1
  • フィンとお散歩してると、色んな方からよく声をかけられる。それは、小さいお子さんだったり、カップル、ファミリー、老夫婦、と幅広い。そんな中、最近あることに気づいた。声を掛けてくる若い女の子。二十歳前後だろうか。この年齢層の女子達は、自分が今どういう状況かで、声を掛けてくる頻度が極端に違う気がしてならない。彼氏と一緒にいる時と、それ以外の時。もうね、圧倒的に前者から声を掛けられる頻度が高い。高い気が [続きを読む]
  • 昼下がりリビングに行くと一人でひなたぼっこ中のフィンがいたので近づいてみると♪言葉が通じればな、と思うことは今でもたまにあるけれど通じなくても、伝わらないわけじゃないから、最近はそれでいいのかなと思うでもおやつをもっと食べたくて、机の上に乗ろうとするのは伝わってるけど、通じないよ!最後まで読んで下さってありがとうございますフィンの背中の白いところをポチっとお願いしますにほんブログ村  [続きを読む]
  • 過去の記事 …