れもみ さん プロフィール

  •  
れもみさん: 一歩一歩
ハンドル名れもみ さん
ブログタイトル一歩一歩
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/remonmirumiru55/
サイト紹介文ニートで引きこもっていましたが、今はパートで働いています。ニート応援ブログを自分勝手に始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/05/04 15:17

れもみ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • パラサイト
  • モテ女ブログを読んでる私ですが、モテ女になって結婚するぞ!って張り切っているかというと、そうでもないです。 婚活で結婚した人のブログを読んでて、そこで紹介されたブログに流れ着いて最近読み始めた感じです。 あ、やっぱり結婚しようと張り切ってるみたいか。 んー、結婚はしたいんですよね。 でも、その前に経済的にも精神的にも自立することが先だなーと思っています。 そもそも、婚活始めた理 [続きを読む]
  • 視点を変える
  • お正月休み中ですが、何の予定もありませんモテ女ブログを今日も読んでいましたが、あまりに自分にないもののオンパレードで、若干気持ち悪くなりました・・・拒絶反応? さて、昨日書こうと思ってた話です。 結婚式に出席して沈んだ気分になった私だけど、視点を変えれば良いこともいっぱいあって、むしろ良いことのほうが多かったのでは?と思ったんですよね まず、結婚式に呼んでもらえた。呼びたい [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 新年を迎えましたね。2017年です。 本当は昨日、もう一個記事を書こうと思ったのですが、モテ女の方たちのブログを見てたら時間が無くなっていました。 モテ女、女子力高い系の女性達。もう、別の人種なんじゃないかなって思いますね。 婚活してると、自分の女子力のなさに改めて気づきます。 男性からモテそうな普段着を持っていない。ヒールの靴がない。髪型はとりあえず、くせ毛を伸ばすことくらいでア [続きを読む]
  • 婚活その後&闇な自分
  • またまたお久しぶりです。婚活の記事以来ですね。 婚活はですね、会うって言ってた方と三回会って、またお誘いを頂いたのですが、面倒くささに負けて体調が悪いとか何かと理由をつけて三回断ったらもう誘われなくなりました。もう一人別の人からもお誘いいただいて、会いましたがお互いその後連絡せずに静かに終わりました。そんな感じです。 話はちょっと飛びまして。友人の結婚式に出席してきたんですよ。 [続きを読む]
  • 久しぶりに婚活
  • 一年ぶりくらいに、婚活を再開しました。私の婚活方法は、結婚情報サービスというものです。婚活サイトみたいなものなのですが、入会金とか色々払って独身証明などを提出するので、一応身元はしっかりしています。先日、一人の男性とお会いしてきました。もう、当日行きたくなくてたまらないの。憂鬱と緊張でお腹痛くなるし。婚活って、相手に会うことを面接って言ったりするけど、まさにそう。気分は面接。ニートから抜け出そうっ [続きを読む]
  • 今の私は幸せじゃない。
  • 長生きしたいわけじゃないけれど、月日の流れの早さに焦るのはなぜだろう。生きたいと強く思うわけじゃないのに、死にたいとも思わない。全てが面倒で、嫌なこともいっぱいで、傷つくことも多い。人は、魂を磨くために何度も転生してるっていうけれど、魂が神様みたいにきれいになったら、どうなるんでしょうね。きれいになりました。ハイ終わり。なんでしょうか?それとも、それが究極に幸せなことなんでしょうか?魂は傷ついて磨 [続きを読む]
  • 子宮頸がん検診に行ってきた
  • もう、ニート的な記事は書くことが思いつかないので、日常の出来事を書きたいと思います。健康診断に行ってきた話なんですが。今年から、会社では社員の健康に力を入れるとか何とかで、もれなく子宮頸がん検診がついてきたんですよ。私、35歳ですが一度も婦人科を受診したことがありません。世の中では、婦人科検診受けましょー!って、めっちゃ言ってるじゃないですか。あれって、受けるのに抵抗がある科でなかなか行きにくいとか [続きを読む]
  • なりたい自分
  • ご無沙汰しています。このブログを始めたのは、かつての自分のように引きこもって苦しんでいる人に何か役に立てばと思ったからです。しかし、自分の人生もなかなか思うようにはいかず、ニートではなくなったもののうだうだしているわけで・・・。何も書くことが思いつかずにいました。皆さんは、なりたい自分って想像できますか?私はできません。色んな事を諦めすぎて、人生なんて思い通りにいかないものだと嘆いて生きてきたので [続きを読む]
  • 前へ進む
  • ニート時代、働きたくないけど働かないといけない、あぁどうしようと思っていた毎日。時間だけが、ただただ過ぎて行きました。私は、焦りから一足飛びどころか二足三足飛びで進まなくてはいけない気がしてたんですよね。いきなり正社員で、やりがいのある仕事に就き、長く勤める。もう、年齢的にもちゃんとしなきゃという気持ちでした。そう思ってはいても、前に進めなくて、家にこもって暇を持て余す日々。暇でしょうがないある日 [続きを読む]
  • 笑顔のパワー
  • 笑顔って人を幸せにする効果があると思います。笑顔を向けられた人も、笑顔になっている本人も。実際、作り笑顔でも幸せホルモン的なものが出るんですってね。一日一回でもいいから、笑顔の練習や口角を上げることを意識するのはいかがでしょう?私は、最近口角を上げることを意識したり、毎日ではないけれど鏡をみて口角を上げて笑顔の練習をしています。(本当は毎日やろうと思ったのについつい忘れる・・・)割り箸をくわえて割 [続きを読む]
  • 働かなくてもいい
  • 働かなくてもいい。そう思います。人生いろいろで、働かないで生きていけるならそれでもいいのだと思います。結婚してセレブな専業主婦になって、優雅に暮らす人もいますしね。セレブって、やっぱり幸せなんでしょうか?結婚相手がセレブってどんな気持ちなんでしょうね。自分は努力せずとも、優雅な暮らしができる。甘い蜜を吸うような感じなのか?それとも、他人にはわからない苦労があるのか?苦しくない人生なんてないから、何 [続きを読む]
  • 職歴とニート歴
  • 働いては辞めてを繰り返しているので、自分でもわけがわからなくなりつつある職歴とニート歴をまとめてみたいと思います。まずは、19歳で専門学校を辞めます。     ↓その後、すぐに競馬場の馬券売のバイトをするのですが、お釣りを暗算して渡さねばならず(電卓を使っても良いが早くしないとレースが始まってしまうので暗算でチャッチャとやらねば間に合わない)、暗算が小学生以下レベルの私は、1日で限界を感じ研修1日を [続きを読む]
  • リゾート?
  • リゾートバイト、略してリゾバ。リゾートとは名ばかりで、リゾートを楽しむ余裕など無いくらい忙しい毎日でした。リゾートを楽しめそうな名前ですが、リゾート地でリゾート楽しんでる人達を見ながら働くバイトって事ですよね。仕事は、温泉街にあるホテルのバイキングレストランでのホール係。リゾバ専門?の派遣会社から派遣されて行くのですが、現地の職員さんも暮らしている寮に無料で住み込みできます。食事は従業員食堂があり [続きを読む]
  • 実家を離れる?
  • 自立についてですが、実家で暮らすのが自立出来ていないかというと、必ずしもそうではないですよね。精神的に自立していれば、もし急に独りで生きて行かなきゃならなくなったとしても平気でしょう。私の場合、実家を出て独り暮らししてみたい気持ちはあるのに、してはいけないような、変化を恐れているような、なんというか自分で自分を檻に閉じ込めてしまっている気がします。アダルトチルドレンってやつなのかもしれません。そん [続きを読む]
  • 未来が見えない
  • 最近、仕事が忙しいせいか鬱々としています。忙しいといっても残業があるわけではなくて、お客さんの人数と買う物の量が多いので、スピードを求められるのがしんどいです。今日は、私の現状をお話ししてみようと思います。ニートじゃなくなったと言っても、パートで1日6〜8時間労働、4週6休。時給は最低ラインよりほんの少しいいくらいなので、月の手取りで10万円前後です。実家暮らしなので充分やっていけますが最近、テレビ [続きを読む]
  • 自分を許して
  • 3年半、ニートでしたが働きはじめると案外普通に仕事モードに。販売は一応やったことがあったので、レジとか商品の補充とか、そこは大丈夫でした。スタッフも年が近く、上司が売り場にはいないので働きやすかったです。苦手意識をもったクラスの華やかグループ的な方も、普通に世間話とかしてくれる感じで優しくて一安心でした。自分より年下のリーダーも、しっかりして頑張りやさんといった感じで、年下だからといってやりにくい [続きを読む]
  • 動き出す
  • 履歴書をポストに投函する。その一歩で、停滞していた人生が動き出しました。接客業は苦手。でも、引きこもっている間に色々悩んで考えて思ったのは、『大抵の人は、最初から相手を傷つけてやろうなんて考えていない。優しさで接すれば、攻撃してくる人はそうそういない。』と、いうこと。それに、木村藤子さんがおっしゃった『販売のお仕事とかがいいのでは?あなたは何でも出来る人』と、いう言葉に背中を押されて販売員の仕事だ [続きを読む]
  • 正直者は馬鹿を見るのか?
  • 更新が滞ってしまいました。。。えーと、もう一人の応募者もニートだったって話でしたよね。そうなんです。隣にいらっしゃるお方も、確か一年以上働いていないとのこと。私に比べれば、ニート歴は浅いですが。空白期間について聞かれたら彼女は、「何もしていませんでした。」って、正直に答えたんです。面接官が「何もですか?」と、聞くと。「はい」と。何か、なんとも言えぬ気持ちになりましたよ。私も、同じく何もしてなかったのに。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …