yasuro0915 さん プロフィール

  •  
yasuro0915さん: 土曜日はスタヂアムで
ハンドル名yasuro0915 さん
ブログタイトル土曜日はスタヂアムで
ブログURLhttp://cerezoyasuro.blogspot.jp/
サイト紹介文試合開始2、3時間前からボォーとスタヂアムにいる時が好きです そんな時に思いついたことをぐだぐだと
自由文年甲斐もなく去年からセレッソにハマった中年サポーター(新米)です。bloggerを使ってますが、使い方が良く解らずブログは稚拙ですががご容赦を
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/05/04 15:39

yasuro0915 さんのブログ記事

  • 冷徹な現実 ベガルタ仙台戦
  • 約1カ月ぶりのホーム ベガルタ仙台戦不敗スタジアムのキンチョウスタジアム開催ということで期待が高まった試合だったまた、アウェイでの同カードで勝っていることもあって安易な考えが見る側にあったのかもしれないしかし、待っていたのは最高の週末ではなく、冷徹な現実だった1−4で敗北。4失点というのはサッカーの試合では完敗と言ってよい結果だろうなんとなく前半、押し気味ですすめるものの42分失点後半、前がかりに [続きを読む]
  • 2017Season Episode21 痛み ガンバ大阪戦
  • 俺たちが大阪だ相手サポーターが勝利の凱歌を謳っているのを呆然と聞いていた吹田スタジアムからモノレール駅までの緩やかな階段気が抜けた人々の行進こんなにも悔しいものか大阪ダービーでの敗戦これで通算成績12勝6分23敗リーグ戦だけでは9勝4分20敗ライバルというにはあまりに大きな差勿論、たくさんのタイトルを獲得しているガンバとセレッソではクラブの栄光に大きな差があることは百も承知だがだからこそガンバだけに [続きを読む]
  • 2017Season Episode19 灼熱の尹マジック 柏レイソル戦
  • 第18節この試合からJ1は後半に入るここまでセレッソは10勝5分2敗の2位この2敗のうちひとつは5月6日、アウェイでの柏レイソル戦丸橋選手のクリアが不運にも相手選手に当たってそのままゴールに吸い込まれた柏レイソルは3位上位の直接対決ということとリベンジしたいという思いからバス待ちからスタジアム周辺は盛り上がっていた浴衣ディということで艶やかな浴衣姿の女性の姿も夕方になっても蒸し暑さが抜けないなか、 [続きを読む]
  • 2017Season Episode18 リク&M.コータの恩返し FC東京戦
  • 2017年シーズンJリーグ第17節シーズンもこの試合で前半終了、折返し地点誰が折返し地点でこの順位にいると思っただろう正直、出来すぎで怖い とにかくスタジアムで見た試合は負けたことがないのだから 2014年からセレッソを応援している新参者だがその年は悔しい思いしかなかった2015年、2016年はJ2での戦い負ければJ1以上に悔しくて、勝ってもクラブ規模や選手のメンツから当然だろうと思われて、なんだか [続きを読む]
  • 2017Season Episode17 噴水 清水エスパルス戦
  • 試合前、ピッチへの散水の際にちょっとした事件が起きた蛇口とホースと接続がうまく接続されていなかったのか、大量の水が吹き上がったロシアW杯予選による中断期間があった二週間ぶりのリーグ戦よい準備をしてきたと力強いコメントが尹監督からあった一方、選手からは試合の入りに特に気をつけなければならないとのコメントも聞かれたわれわれしがないサラリーマンでも休みが続いた出勤日の朝は何かリズムが狂ってしまい、普段の [続きを読む]
  • 2017Season Episode15 知将ゲーム ヴィッセル神戸戦
  • 3年ぶりのノエビアスタジアム神戸3年前に初めてお邪魔したとき優美なファザードに目を見張った音響も素晴らしく、専用スタジアムの特徴である客席からピッチが近くて見やすい構造今季初のアウェイ戦本当に楽しみしていた当日は快晴の天気にも恵まれて正午には現地についてしまったキックオフまで5時間でも、スタジアム周辺で待っている時間も至福の時スタジアムの周りを探索したり、木陰を見つけてiPadでU23の大阪ダービ [続きを読む]
  • 2017Season Episode14 走れサラリーマン ヴィッセル神戸戦
  • ルヴァンカップ Bグループグループ首位のヴィッセル神戸との一戦この試合はミッドウィーク水曜日の19時からのキックオフサラリーマンの身には業務終了と同時に御堂筋線に乗り込む選手紹介のコールアンドレスポンスには何とか、間に合ったサブシテュティーュ瀬古歩夢....お、お、お、(どよめき)喜田陽...お、お、お、(どよめき)巨大画面に映し出された彼らのあまりに幼いプロフィール写真にこの日、一番スタジアムが [続きを読む]
  • 2017Season Episode13 再覚醒 サンフレッチェ広島戦
  • 暑い日曜日の午後3時キックオフのサンフレッチェ広島戦前節の柏レイソル戦では不運なかたちでの敗戦連敗は「J1でも自分たちはやれる」と開幕から少しずつ積み重ねてきた自信を後退させることになりかねない連敗は絶対に避けなければならないこの暑さと相手が強豪のサンフレッチェ広島ということで先取点が非常に重要になると思っていたその先取点は前半13分に左から崩されて真ん中を簡単に割られた。一瞬、キンチョウが凍るそ [続きを読む]
  • 2017Season Episode12 鬼の居ぬ間に勝利を 川崎フロンターレ戦
  • 中村憲剛選手以前、BSスカパーで放送された川崎フロンターレが行っている東北復興支援を取り上げた番組での一コマ中村憲剛選手が再会した地元のサッカー少年に「大きくなったなぁ」と顔をくしゃくしゃにして喜んで、昔の写真と同じポーズで並んでいる___いい人なんだそしてそういういい人ほど 勝負の世界に身を置くと 苛烈なまでに勝利にこだわるものである 4月30日 J1リーグ第9節 今年初めてのナイトゲーム 昼間から [続きを読む]
  • 2017Season Episode10 祭囃が聞こえる ガンバ大阪戦
  • 柿谷選手は大阪ダービーを祭りのようのなものだと喩えたダービーの出来る喜びを噛みしめているとも杉本選手は調子の良し悪しなど関係ない。大阪ダービーは男と男の戦いだと表現した今季、J1の舞台で同じ地名を持つクラブ同士が対戦するダービーは大阪ダービーしかないセレッソがJ2にいた2年間、当然、大阪ダービーは開催されなかったその期間にウェブ上にアップされた書き込みに「お前らのことは嫌いだが、大阪ダービーをした [続きを読む]
  • 2017Season Episode9 王者の血をひく者 鹿島アントラーズ戦 
  • よくできた話である4月8日Jリーグ第6節雨の鹿島アントラーズとのアウェイ戦15時キックオフの試合はDAZNで観戦するつもりで午前中に用事を済ませ、ジムに行って体を動かし、お風呂に入って体を清めるロッカーは24番が空いていたのでそこを使用することにしたバックナンバー24は山村和也選手昨季、王者鹿島アントラーズから1年でのJ1復帰に失敗したセレッソに移籍その時点では山口選手のドイツハノーファー移籍に伴 [続きを読む]
  • 2017Season Episode8 静かなる能弁家 横浜Fマリノス戦 
  • 静かなる能弁家初めて尹晶煥(ユン ジョンファン)監督の肉声を聞いたのは2月2日のサポーターズコンベンションのことであるそれまで早朝からの三部練などキャンプの様子が伝わりどれだけ強面の人なのだろうと興味があった思ったより小柄なユン監督は落ち着いた口調でゆっくりとそれでも能弁に「グランドでは選手は必死で走ること」を約束した心の奥底には煮えたぎるようなサッカーに対する情熱がありながら決して表面には出さな [続きを読む]
  • 2017Season Episode7 Osaka Sports Island "舞洲”
  • 久々に舞洲に行ってみた14時開始の高知ユナイテッドSCとのトレーニングマッチグランドから一番近い西駐車場から見える府民共済SUPERアリーナではバスケットボールB.LEAGUEの大阪エベッサが試合を行うらしく幟が立ち並びたくさんの車が駐車場に吸い込まれていったその横にある野球場ではオリックスバッファローズがオープン戦をしているのかウグイス嬢のアナウンスの声が聞こえてきたセレッソを含めた大阪に拠点を置くこの3球 [続きを読む]
  • 2017Season Episode6 されど、一条の光   サガン鳥栖戦
  • J1リーグ第4節 サガン鳥栖戦ここまでリーグ戦2分け1敗と勝利のないセレッソなんとかリーグ戦初勝利をと臨んだ試合であったそして清武選手がホーム凱旋初試合となった一方、サガン鳥栖も来日早々の元コロンビア代表のイバルボ選手が早くもFWとして先発また、サガン鳥栖はユンジョンファン監督が監督としてのキャリアをスタートさせたクラブでもあり、いろいろな意味で見ごたえのある試合となった試合は開始早々に不動のCB [続きを読む]
  • 2017Season Episode3 ジュビロのシュンスケと対峙す ジュビロ磐田戦
  • 2月25日J1リーグ開幕快晴___。陽だまりだと気持ちいいが日陰に入るとまだ、少し肌寒い「久っしぶりやこんなごちゃごちゃしてるの。さすがJ1や」試合前のスタジアム周りは人でごった返していたあのフォルランフィーバーに沸いた開幕戦から3年この日を待ちわびたファン、サポーターが3万3千人余り集まった相手はセレッソより1年早くJ1に昇格したジュビロ磐田シーズンオフはセレッソの清武選手移籍と共に中村俊輔選手 [続きを読む]
  • 2017's episode2 年パス届く
  • 昨日、年間パスポート通称、年パスが自宅に届いたなかなかのタイミングやなぁと思う開幕までちょうど、1週間前年パスを頼んだのは昨シーズンの11月中旬頃だったと思う未だ、J1に上がれるのか、また、来年もJ2なのかもわからないなかそれでも早めに購入しようと同じカテゴリーの年パスをネットで予約おそらく毎年今時分の時期に届いていると思うしかし、毎年もしかしたら、何かの手違いで自分の予約だけが置き去られているの [続きを読む]