あや さん プロフィール

  •  
あやさん: 人妻あやの部屋
ハンドル名あや さん
ブログタイトル人妻あやの部屋
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/rikoroom/
サイト紹介文エッチな話を書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/05/04 20:16

あや さんのブログ記事

  • 集団セクハラ(13)
  • ☆応援お願いします☆今になって振り返ると、事務所の中でブラを剥ぎ取って胸を吸うなんて凄い大胆だと思うけど、この時の竹内くんと高橋くんは、完全にスイッチが入っちゃってたんだと思います。さっきおちんちんを揉んだ時の私も、人妻という立場とか、ここが職場という事なんかどうでもよくなってたし、とにかく欲望を満たす事しか頭になかったですから。だから、竹内くんと高橋くんは私のカラダを徹底的に貪ってきたし、それに [続きを読む]
  • 集団セクハラ(12)
  • ☆応援お願いします☆宮田さんから、生尻を揉ませたことを聞いた今となっては状況を理解できるけど、その時は何が起こったのか、全く分からなかったですから。なので、意識が戻ると私は、「あれ?確か高橋くんと柴田くんのおちんちん揉んでたはずなのに、周りに誰もいない。ってか、なんで私こんなポーズとってるんだろ?」と思いました。ただ、状況を理解しようと頭を働かせてると、「お前ら、早よ仕事に戻れ!」という宮田さんの [続きを読む]
  • 集団セクハラ(11)
  • ☆応援お願いします☆だからスイッチが入ったあとは、もう表情を作るのを止めたので、セックスの最中みたいなすっごいエッチな顔になっちゃってただろうし、それに、「ここにいる全員とセックスしたい。入れ替わり立ち代わりで私を犯して欲しい」といういやらしい妄想が頭から離れなくなってしまったんです。なので、とにかくちんぽが欲しくてたまらなくなったから、高橋くんと柴田くんのおちんちんを、思わず強く握りしめてしまい [続きを読む]
  • 集団セクハラ(10)
  • ☆応援お願いします☆もう完全に終わったと思ってたから、予想外の事を聞かれて少しドキッとしたけど、こんな質問に答える気はもちろんなかったし、「はあ?最後ってなに?そもそも3Pなんかした事ないし」とそっけない感じで応じました。すると宮田さんは、「嘘つくな。お前絶対3Pやった事あるやろ」と食い下がってきたので、「ホントにないから」と言い放ったんですが、「正直に言え。言わな乳揉むぞ」と迫ってきたんです。でも [続きを読む]
  • 集団セクハラ(9)
  • ☆応援お願いします☆なので、「これ以上拒否ったらブラの上から揉まれちゃう」と思ったんですが、でも、私が警戒してたお仕置きは、ブラも外されて胸生乳を露出させられる事だったので、これだけ過激な事をされたあとでは、ブラの上から胸を揉まれるくらいの事は、別になんともなかったんです。宮田さんには生乳を揉み吸いされた事だってあるし、それに、3人に身動きできないように押さえつけられて、胸を揉まれるなんて凄い興奮 [続きを読む]
  • 集団セクハラ(8)
  • ☆応援お願いします☆だから、身に付けてるものはブラジャーとTバックだけになってしまったので、私を押さえつけてる3人も含めて、「すげえ!こんなエロい下着姿、グラビアでも見た事ないで!」「ブラも透け透けやし、黒のパンツもメッチャエロい!」「ってかクビレすげえ!スケベな体してんなあ」と口々に歓声を上げたし、男の子達は今までで一番盛り上がりました。しかも、私のカラダを何度も見てるはずの宮田さんも、「それに [続きを読む]
  • 集団セクハラ(7)
  • ☆応援お願いします☆そして、3人がかりで押さえつけられて私が全く身動き出来なくなると、宮田さんは、「これで抵抗できへんな」と言いながらボタンを外し始めたので、私はとにかく大きな声で、「いや!ホントにヤダったら!」と訴えかけました。でも、宮田さんはやめてくれなかったし、結局全部ボタンを外されてブラウスをはだけさせられたので、またお昼休みの時みたいに、ブラジャーと胸の谷間を露出させられてしまいました。 [続きを読む]
  • 集団セクハラ(6)
  • ☆応援お願いします☆そこからは宮田さんが言ってたとおり、1人30回ずつで6人連続で胸を揉まれたんですが、でも、6人の中にはまともに会話した事がない子もいたし、そういう子は控えめに揉んでくると私は予想してたんです。ところが、胸を揉んでる時の表情や手つきからは、「乳揉んでるとこ散々見せつけられたからな。俺も大倉のデカパイたっぷり味わったる」という決意みたいなものが伝わってきたし、揉み方はみんな凄く大胆 [続きを読む]
  • 集団セクハラ(5)
  • ☆応援お願いします☆私はもう抵抗する気なんか全くなかったけど、宮田さんのこの大胆な提案には流石に驚いたし、「ちょっと!これ以上はホントにダメ!」と条件反射的に割って入りました。でも、宮田さんはもちろん私の事なんか無視したし、「お前ら、これが大倉のデカパイ揉める最後のチャンスや。今揉んどかんかったら、こんなエロい乳一生揉まれへんかもしれんぞ」ともう一度男の子達を煽ったんです。なので、私はとにかく、「 [続きを読む]
  • 集団セクハラ(4)
  • ☆応援お願いします☆でも、実はこのシチュエーショに凄く興奮してる事は絶対にバレないようにしないといけないので、宮田さんと竹内くんの会話に私は何度も割って入ったし、「勝手な事言わないで!胸がデカいのは揉まれまくったからって、その中学生みたいな発想なんなの?揉まれたくらいでおっきくなるわけないでしょ?ねえ竹内くん、これだけ揉んだら満足でしょ?もうやめて」と言ったけど、2人は私の言葉には全く耳を貸さなか [続きを読む]
  • 集団セクハラ(3)
  • ☆応援お願いします☆そして、竹内くんが胸を揉み始めると、静まり返ってた他の男の子達も一斉に騒がしくなったし、しかも、私の胸を何回か揉んだあと竹内くんは、「大倉さんのおっぱい、すげえデカいし柔らかい!でもデカいだけじゃなくて弾力あるし、めっちゃムッチリしてる!」と大きな声で感想を述べたんです。なので、胸を揉んでる所を近くで見るために、座ってた他の男の子達も何人かそばにやって来て、「エロ!」「大倉さん [続きを読む]
  • 集団セクハラ(2)
  • ☆応援お願いします☆ただ、「大倉のデカパイ揉ませたる」という言葉に一番動揺したのはもちろん私だったし、この言葉の意味を理解するのに時間がかかっので、一瞬カラダが固まっちゃったんです。なので、しばらくしてからやっと頭が正常に働いたんですが、バイトの男の子に胸を揉ませるのはいくらなんでもヤバすぎると思ったし、「何バカな言ってるの?この子達に変な事言わないで。アンタみたいなセクハラ男とは違うんだから。も [続きを読む]
  • 集団セクハラ(1)
  • ☆応援お願いします☆でも、こんな風にモヤモヤしながらも、お仕事はなんとか無難にこなしてたんですが、休憩時間になってまたバイトの男の子達が事務所に入ってくると、宮田さんはすぐ立ち上がって私の傍にやって来たし、「デカパイ、立て」と言いながら、私の腕を強引に掴んで立ち上がらせようとしてきたんです。なので、私は心の中で、「早速始めるつもりなの?」と思ったけど、一応抵抗はしないといけないので、「ちょっと!離 [続きを読む]
  • 上司からセクハラ(23)
  • ☆応援お願いします☆こんな風にいきなり突っ込まれて動揺したし、私があのシチュエーションで感じてた事は、宮田さんには完全にバレてたけど、ただ、だからといって認めるわけにはいかないので、強く否定しました。「はあ?何バカな事言ってんの?そんなわけないでしょ。ずっと抵抗してたよ」「嘘つけ。明らかに抵抗する力が弱まってたやんけ。お前、あいつらに乳とケツ見られて興奮してたんやろ?」「全然興奮してないから。あん [続きを読む]
  • 上司からセクハラ(22)
  • ☆応援お願いします☆「なあ、大倉って、係長とやってると思う?」「絶対やってるやろ。係長手早いからな。だってお前が狙ってた小島さんも、忘年会の帰りに係長にヤラれたんやろ?あとこの前入ってすぐ辞めた派遣の子も、係長にヤラれたのが原因やったっけ?」「おう。それと麻衣ちゃんが係長とトイレでやったって噂あったやん?あれもマジらしいわ」「麻衣ちゃんの噂マジやったんかよ。じゃあ大倉とも絶対やってるわ。大倉の乳、 [続きを読む]
  • 上司からセクハラ(21)
  • だから胸を見られる前は、「こんなエッチなブラをしてる事がバレたら、ヤリマンって思われちゃう」とか考えてたのに、鑑賞されてる内にそんな事はどうでもよくなりました。それに宮田さんも、「こいつすげえエロい乳してるやろ?でもな、お前ら谷間ばっか見てるけど、腰のクビレもよく見ろ。こいつのボディラインすげえエロいぞ。こんなデカパイしてるのに腰はメッチャ細いからな。これがヤリまくってる証拠や」という風に挑発的な [続きを読む]
  • 上司からセクハラ(20)
  • 「今さら何言ってんねん。ここまで来てやめれるわけないやろ」「ホントにダメ。今日のブラはちょっとやばいやつなの」「なんやソレ?やばいってどういう意味や?」「どういう意味って言われても・・・とにかくダメ」「言っとくけどな、そもそもお前に止める権利ないねん。お仕置きって事忘れんな」「お仕置きとか意味分かんない。っていうか、こんなに胸揉んだんだからもう十分でしょ?」「あかんな。乳揉むだけやったら俺だけオイ [続きを読む]
  • 上司からセクハラ(19)
  • 「マジっすか?ホンマにいいんすか?」「当たり前やろ。こいつ男喜ばせるためにTバック履くようなヤリマンやぞ。ブラジャー見られるぐらい余裕や。ってか、むしろ見られたいって思ってるわ。だから遠慮せんでいいぞ」「そうっすね。はい。分かりました。遠慮なく当てにいきます」Tバックが黒だったし、それに、ブラウスが白だから、竹内くんの距離だと黒のブラが透けて見えてたはずなので、明らかに自信満々だったんです。なので、 [続きを読む]
  • 上司からセクハラ(18)
  • だから、胸を揉まれてる状態で男の子達と目が合うのは恥ずかしかったので、出来るだけ前を見ないようにはしてたけど、でも、まだ抵抗を諦めたわけじゃなかったし、「いや!いや!」と言いながら、ずっと宮田さんの乳揉みをやめさせようとはしてたんです。なので、乳揉みを防ぐ事に集中してたから分からなかったんですが、ふと前を見ると、初めの内はワーワー騒いでた男の子達がすっかり静かになって、息を呑んで明らかに興奮した様 [続きを読む]
  • 上司からセクハラ(17)
  • 「どうや竹内、Tバックホンマやったやろ?これを毎日俺に見せてくるんや。仕事で忙しいって言っても無理矢理連れ込まれるからな。完全に逆セクハラやろ?」「確かに逆セクハラっすね。でも、こんなエロいケツ見れるんやったらいいじゃないすか」「まあな。ただ、俺このデカパイに、虚言癖とか病院行けとか言われたからなあ。嘘ついてるのは自分のくせによ」「そうっすね。Tバック履いてるのバラされたからって、罵倒するのはよくな [続きを読む]
  • 上司からセクハラ(17)
  • 「どうや竹内、Tバックホンマやったやろ?これを毎日俺に見せてくるんや。仕事で忙しいって言っても無理矢理連れ込まれるからな。完全に逆セクハラやろ?」「確かに逆セクハラっすね。でも、こんなエロいケツ見れるんやったらいいじゃないすか」「まあな。ただ、俺このデカパイに、虚言癖とか病院行けとか言われたからなあ。嘘ついてるのは自分のくせによ」「そうっすね。Tバック履いてるのバラされたからって、罵倒するのはよくな [続きを読む]
  • 上司からセクハラ(16)
  • だから、「ちょっと!あんたバカじゃないの!ホントにやめて!」と言って、私はスカートの裾を手で押さえて何とか捲り上げられないようにしました。でも、宮田さんの力には全然かなわなかったので、結局、腰の辺りまで一気にスカートを捲り上げられたし、しかも、私はいつも太もも丈のストッキングを履いてるから、生尻が丸出し状態になってしまったんです。なので、私のお尻が露になった瞬間、「すげえ!大倉さんホンマにTバック [続きを読む]
  • 上司からセクハラ(15)
  • 「じゃあそろそろ答え合わせするか。大倉、経験人数言え。お前のそのデカパイ吸った男何人おんねん」「ホントしつこい。だから、なんでアンタに経験人数を教えなきゃいけないの?」「こんだけ勿体ぶられたら、そりゃ気になるやろ。言っとくけどな、ここにおる全員、お前の事ヤリマンって思ってるんやぞ。いまさら何恥ずかしがってんねん。素直になれよ」「勿体ぶってないし。アンタが勝手に盛り上がってるだけでしょ?絶対言わない [続きを読む]
  • 上司からセクハラ(14)
  • 「どうした?いい線いってるから焦ったか?」「何言ってんの?そんなに多くないから。いい加減なこと言わないでくれる?」「じゃあ、勝手な事言われたくなかったら経験人数教えろ。ぶっちゃけ3桁は余裕やろ?」「だから、なんでアンタに経験人数教えなきゃいけないの?そんなの言うわけないでしょ?」「清楚なフリすんな。お前がヤリまくってるのは分かってんねん。男とヤリまくらんと、そんなエロい体になれへんからな」「アンタ [続きを読む]
  • 上司からセクハラ(13)
  • というわけで、翌日からは本館の方の女子更衣室で着替えたんですが、ただ、本館でお仕事をしたいという希望は、課長には考えとくとは言ってもらったけど、突然だったから流石に聞いてもらえませんでした。だから、仕方なく工場の方で事務を続ける事になったんですが、でもだからと言って、私の怒りが収まったわけではなかったし、当然宮田さんとは、お仕事以外では一言も口をきかなかったんです。なので、2人っきりの時は全然会話 [続きを読む]