のわのわ。 さん プロフィール

  •  
のわのわ。さん: なんだか、いつも。
ハンドル名のわのわ。 さん
ブログタイトルなんだか、いつも。
ブログURLhttp://dshn.blog.fc2.com/
サイト紹介文ジャーマン・シェパードドッグとの普通の毎日、日々のあれこれを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/05/05 08:45

のわのわ。 さんのブログ記事

  • 梅雨らしく。
  • 初夏、そしてまた 梅雨とは思えないほどの、気温の高い日が続いておりました。散歩の道程も 後半に差し掛かった辺りで、うんうん、あ〜暑いよね〜。だってねぇ、毛皮 着とるんじゃからね〜。暑さに 少々よたよたしておった 我が家の この方。その様子を見ていらっしゃった ご婦人、ね〜、セーター着てるのと同じだもんね〜。ウール ウール。ウール? ウール…ですか…ははっ…。(わたし)うんっ! 間違いなく、ウール100パーセントっ! [続きを読む]
  • 今年は。
  • 何を、ですか。今日の生りもの。枇杷。そうです。これです。今年は 枇杷が良く生っているようです。犬のために、せっせと皮を剥く、工業部門長。そして (食らうためには)いつまでも待つ、我が家の この方。賢い というのとは、どこか違う。え?はむっ。美味しいものを食べるときは、耳が ぴゃっ と横に開き気味になる、この方。卓袱台の脚に、このようなことに なろうとも、全く お構い無しで。年中、この状態になっております。( [続きを読む]
  • ついに。
  • あれやこれやと ばたばたしているうちに、ついに6月が来てしまいました。スナップエンドウを 山ほど収穫したり、蕪を ぼちぼち間引いたり、九州で美味しいものを見つけ、ジャムにしたり、(「さがほのか」という 佐賀産の苺でした。)えげつないものを干してみたり、えげつない獣を観察してみたり、え。いま、なんといいましたか。えげつない…えげつなくないですっ。でかい犬用の合羽を 洗濯して干しますと、なんだか 見られては まず [続きを読む]
  • そして。
  • 「続きます。」といって、ぜんぜん つづいていません。い、今から続きますから…続きます続きます。本当に失礼致しました。そうですっ。かきものは、き・しょう・てん・けつ です。はなしに むすびが ないのは、おかしい…ええ、ええ、分かりましたよぅっ。なんだよ…犬のくせに。え? いま なんといいまし…では、始めます。(開き直り)えぇー…と、前回 どこまで いったのでしたかね…あ、そうそう。犬にとって 朝一番の散歩というのは、 [続きを読む]
  • かわいい。
  • お腹いっぱい、夢いっぱい。朝寝中の、我が家の この方。朝散歩をする理由は、と申しますと。一日の運動量の確保、犬といえども 朝一番の気分転換(臭い集めなど)、その他諸々、そして…厠事情。あ、えー…トイレですな。すっきり出して、元気に歩き、もりもり食べる。ヒトにとって大事なことは、犬にも同じことのように わたしは思います。さぁ この日の朝も、爽やかに出発。前日が雨降りでしたので、晴れて 余計に気分も上々。お [続きを読む]
  • そんな季節。
  • おい。ふと傍らに目を遣ると、音も無く どたっこさんになる 我が家の この方。これ、朝ですよ。もうね、すーはー 寝息をたてておりますけれどもね。朝ですのにね。ですから、もふもふしている この肩の辺りに ぐいっ と… わたしの指を食い込ませて、ちょっとっ、起きなさいよっ。あなた、今 そんなに寝ておったらっ、夜 寝んでしょうがっ。と、ぐゎしぐゎし 揺すってやったのですけれども。起きず。目すら 開けず。ま、夜は夜で、 [続きを読む]
  • 今年も。
  • やって来ました。守宮。暖かくなってきた、ということなのでしょうかね。その時季になると見かける生き物で 季節を感じる、って なんだか良いものです。そうすると もう、今日は時間もある。天気も良い。うきうきして出掛けてみる。と なりまして、我が家の この方…ではございません。車を走らせ走らせ、行き着いた先で会ったラブラドール レトリーバー。思いっきり遊んでもらいました。わたしが。とてもヒトが好きな、お茶目っ子 [続きを読む]
  • 少しずつ。
  • 朝一番 玄関を出ますと、「あー…沈丁花、におわなくなったな…」今朝あたりから、香りが 自然に漂っている、という感じではなくなったように思います。秋の金木犀のように、春先の沈丁花も 広く強く香る花だと思います。わたしは 沈丁花のような、甘すぎない…なんといいますか、和の清みきった香り……表現力に乏しく、上手く言葉に変換出来ないのですが、ま、このような系統の香りが 好きなのです。そういうことです。そういう て [続きを読む]
  • すふすふ。
  • 「アテモヤ」 という果物です。もう 見るからに南国、の風情。先日 その南国に行っておりました、我が家の食糧庁長官。南国といえば、そう 沖縄ですけれども、そうですか?そうです。もう そういうことで話を進めます。えぇ…と、ああ 沖縄 沖縄。長官の土産物のうちの ひとつが、このアテモヤなる果物でありまして。わたしは、(強い希望は無かったのですが、土産は何が良いかと問われたので) 沖縄ならば マンゴーだろう と、控えめに [続きを読む]
  • こんなもの。
  • 良く晴れて 暖かく 時々 風も吹き 春を感じる、とっても うきうきする気候。今朝も 穏やかな晴天です。ただ、花粉症を発症したことのない わたしでさえ、鼻の奥がひりひりして 水のような鼻水が出てくることがあります。始終 くしゃみ 鼻水に悩まされている方々の 全く うきうきしない 低い気持ち。少しだけ、分かるような気がします。そのような朝、あ、いびき。せっせと 洗濯物を畳む その横で、薄い いびきをかく、我が家の こ [続きを読む]
  • ぼちぼち。
  • 伊予柑を たくさん収穫しました。柑橘類は、日持ちのするほうだと思います。ですけれども、皮も美味しく いただくことができるものは、しわしわになる前に…切って、皮と中身を分けて、果汁は搾り…ま、手順は どうでもいいとして、どうぐが げんしてきです。気にしない気にしない。だいたい量れていれば問題なし。伊予柑の皮の甘煮です。そのままで ぱくぱく、また いろいろな料理にも使えます。皮が主体の甘煮は、一般的な 穏や [続きを読む]
  • 少しだけ。
  • 良く 渦巻いております。ツー渦巻き。つー、って なんですか。トゥーよ。2よ。ふたつ つむじが有る、ってことです。ああ。ああ、って。ちっ。じゃあ 訊くなよ…たいして興味も無いなら。大寒波も去り、冷たさが 少し緩んできました。そのうえ、今日一日 時間もある。と なると…これはもう、出掛けるしかないのであります。そうであります。いや…時間がある っていっても、あれもこれも…やることは山積みなのよ。遊んじゃおれん [続きを読む]
  • そこまで。
  • このところ、強風 吹きすさぶ日が 多いです。朝散歩、行きは 追い風になる方向ですと、帰りは 向かい風。犬って、何故に ああも 風に向かって ずんずん歩くのでしょうね。まぁ、顔を突き出して 耳を後ろに倒して、歩く歩く。車の窓から 顔を出して、ぶんぶん風を受ける…とか、犬 というと そのようなイメージもあります。風が冷たい 寒さ極まる、今日この頃です。待つ。ものすごく、待つ。おつゆの泉が。そして、口回りが白い。よ [続きを読む]
  • 嘗め技。
  • ごっちりしています。肉球は可愛い、そういうものです。概ね。それなのに どうしたことか、ものすごく ごっちりしています。全然 可愛くない。(全否定)かわいいだけでは、あるけません。(正論)余計な脳の発達が見られる、この方。では、嗅いでみることにします。へんたいてきです。変態的? いえいえ、皆さん、やってらっしゃいますから、肉球嗅ぎ。大丈夫。だいじょうぶ って、なにが だいじょうぶですかっ。味噌の においが しま [続きを読む]
  • 淡い夢。
  • 今日のペーストもの。バジルの…ではなく、春菊ペースト。見た目は、ほぼ バジルペーストですけれど。味は…バジルのほうが勝っています。(個人的見解)何せ、冬野菜が めきめき育っているようでして。やや若いうちに収穫して、どんどんいただきます。たくさん採れ過ぎるので、ペーストに。ただ、バジルのようには 香りを長く保てないことが分かりました。春菊も、香り野菜としては かなりの風味を持っているほうだと思いますが…ペ [続きを読む]
  • 末端冷え性。
  • ひやり。ひやり。お、ぬくい。むぅー。もう いいですか。外から帰ってから しばらくは、犬も 身体の先々が冷えています。体温の戻りも、部位により違います。耳も脚先も 全部 ぬくぬくになると、ねむくなってきました。わたしは 手先 足先 鼻 耳と、体の末端という末端が、まぁ 冷たくなります。冷え込みの厳しい朝方などは、顔の表面…というよりも 鼻のあたりの冷えに目が覚めて、布団を被る始末。冷えると すぐには温かくなりに [続きを読む]
  • 朝。
  • "自分のもの"を 何か やっている。と、察知する 我が家の この方。朝散歩から帰宅後、寛ぎ中でも…わたしが、この方の ごはんの入っている器を持つと、むっ。あれは!見た見た。次に、この方用の ごはん茶碗…のように可愛いサイズではない…に手を掛けると、ぬん。(首を伸ばして凝視)まちがいありませんっ。すごい見とる。あっ、来た来た。つかつかつかつかっ と足早に台所に入り、すちゃり。座った。ものすごく間近で 監視。ひと [続きを読む]
  • 伸びる。
  • おやつを貰う時は 後ろ脚を びよーん と伸ばして座る、この方。だまって待てば、おやつが来ます。そう。催促するものではありません。で、でも…がまんが…でき、できないときも ありま…口を閉じたまま、小さく んんー…ん、ふぅー…ん、ぐぅ…と、もごもご言うときもありますが(吠えるのは厳禁)、終いには、食糧庁長官(おやつ係)の腕を その野獣の掌で、それでも始めは ちょい、ちょいちょい。ソフトに触る。無言で。ちょっと 待 [続きを読む]
  • 詰めが甘い。
  • 大写しで 大変失礼致します。しつれいですか。うーん…鼻水、出てますからね。あ、でていましたか。ええ。出ています。思いっきり。寒いときは ヒトも 鼻水漏れに気付かない場合がありますので(本人だけが)、注意を要します。いよいよ 寒気も本番になってきましたが、息をする度に 鼻先に付いた毛が、ぴょろりー と微動。我が家の この方、ばりばり換毛しております。故に、どこもかしこも 毛だらけ。なにしろ この方、歩いただけ [続きを読む]
  • 同化。
  • 朝日を浴びて、すうすう寝る。まぁ しかし、敷物と同化。寝返りを打つ度に、敷物、縒れる。絶妙な 皺使い。いったん 敷物が くしゃっ となると、体重がありますので、引っ張ったくらいでは 元に戻らず。この方が どこかへ移動した時に、せっせと平らに直します。自分の敷物は、自分で きちんと出来るんじゃないのか。要らぬことは すぐ覚える、その頭脳。と、思うのであります。へ?ヒトの感覚ですと、布団や敷物は くしゃ〜 っと [続きを読む]
  • 妄想。
  • べっちょり。我が家の この方、音も無く ぬるりん…と 横倒しになりますので、こちらが気付いた時には、枕状態。嗚呼、洗濯物が臭くなる…そして、半眼が とっても気持ち悪い。洗濯物は、そっと引き抜きました。たたむ前や たたんで積み重ねてある洗濯物を、踏んだり 蹴散らしたりすることはなく、おまけに 跨いで通ることもせず、上手く避けたり その手前で止まる、この方。それなのに、何故 その臭い頭を 洗濯物に べっちょり く [続きを読む]
  • 線引き。
  • 本気で眠いわけではなく、だがしかし 下手に出て甘えるのも嫌なので、食糧庁長官の真ん前で、どたん と倒れる、我が家の この方。ね、寝ているだけです。なでてくれなどと まったく これっぽっちも おもってないです。さわっても、いやではありませんけど、いやでは。触ってほしいのだね。おい。あっ。しばらく そのままで放っておいてやると、"恥ずかしい自分"に気付き 我に返る この方。なんのことですか。開き直る、この方。結 [続きを読む]
  • いつも通り。
  • 四日の朝散歩あたりから、出勤して行く車が徐々に増えはじめました。六日ともなると、もう すっかり いつも通りになり。朝も まだ暗いうちから、出勤車が じゃんじゃん ばりばりと、幹線道路に向かって流れていきます。リーダーは いつも、「みんな すごいね。」っていいます。国道沿いを歩いていると、早朝にも拘らず たくさんの車が ばんばん通りすぎて行きます。お〜、企業戦士! すごいっ。と、何度見ても 思うのであります。え? [続きを読む]
  • 極意。
  • 一見、散らかってはいないようですけれどもね、敷物、毛だらけ でございます。己の毛にまみれる、我が家の この方。そして、我が家で 最も毛まみれになるのは、食糧庁長官。獣を 揉みくちゃにし、襲われ 狩られそうになり、がしかし、ふたりで まったりしていたり。お気楽な このヒトたち。その真横で わたしはといいますと、朝の日課である掃除機がけの真っ最中で…よー その掃除機で吸えるもんじゃね。と、食糧庁長官。一応、ご [続きを読む]
  • やっと。
  • 今年初の、安寧あふれる朝。朝散歩、朝ごはん、朝寝。幸せいっぱい、腹いっぱい。幸せ…? かどうかは 分かりませんが、いつもの朝が 戻ってきました。散歩中も 出勤する車は ごくわずかで、町は とても静かでした。え? なんですか。朝散歩中に 時々 お会いする男性に、「あ〜、明けましておめでとうね〜。今年も元気でね〜、よろしくね〜。」と、防寒仕様の ごつい手袋をされた手で わしゃわしゃわしゃ〜 と撫で繰られた、この方。決 [続きを読む]