あだぢいとらまる さん プロフィール

  •  
あだぢいとらまるさん: 水流「季・とき」折々…
ハンドル名あだぢいとらまる さん
ブログタイトル水流「季・とき」折々…
ブログURLhttp://www.gofukuyasan.jp/hpgen/HPB/entries/7.html
サイト紹介文初老の回想/古日記其の?「季・とき」折々・・・ 2008年 10月1日(水)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2015/05/05 17:26

あだぢいとらまる さんのブログ記事

  • 型絵染九寸名古屋帯/薄機・芙蓉
  • ある一定の水準以上の「質感」の帯地を目にしていると、帯地であること、それ以前に「染色」としての美しさを純粋に想うことがあります。 夏の染物は一際美しいのですが、こうした薄機の生地に型絵染を施された帯は殊の外美しい染物だと思います。 一般的な染め帯と言うくくりの中に在ってもそれは全く印象を異にします。 蜻蛉の羽根を描くのに相応しい透け感の薄機… 言わば蜻蛉の羽根に直截描き染めてしまったかのような美し [続きを読む]
  • 板締め絞り/べんがら染め浴衣地/夏着物地(雪華墨藍)
  • こちらにご紹介の浴衣地は、板締め/べんがら染めで雪の花(結晶)を絞り染め上げています。 眺めていると墨色の中に微かに匂う藍色が涼感を引き出しています。 見る時間や光によって墨が深く見えたり、藍が浮き立つようにも見えます。 こうした絞りは一つとして同じものが出来ないところが面白いですね。 使われた染料はべんがら、酸化鉄を使った鉱物染となります。 基本的には赤系の色に染まるますが、他に黄や黒、灰色、青 [続きを読む]
  • 琉球本紅型九寸名古屋帯/知念初子
  • ご覧頂けますように民芸的な印象がそれほど色濃いものではありません。 はっきりと特徴的な個性を感じさせますが、視点を変えてみれば、紅型友禅らしくないのかもしれません。 でも、知念初子さんが手掛けたこの紅型友禅は私の眼にはやはり琉球沖縄の染織以外の何物にも見えないのです。 民芸的な要素を強く想わせる如何にもな紅型友禅ではありません。 でも見れば見るほどに何から何まで琉球沖縄、もっと言えば本流の紅型友禅 [続きを読む]
  • 板締め絞り/べんがら染め浴衣地/夏着物地(万華鏡)
  • こちらにご紹介の浴衣地では、板締め/べんがら染めで茜空を絞り染め上げています。 眺めていると初夏の朝焼けのようにも見え、見る時間や光によって晩夏の夕焼けのようにも見えます。 こうした絞りは一つとして同じものが出来ないところが面白いですね。 使われた染料はべんがら、酸化鉄を使った鉱物染となります。 基本的には赤系の色に染まるますが、他に黄や黒、灰色、青灰色などにも染められます。 化学染料ではないので [続きを読む]
  • 琉球本紅型九寸名古屋帯/玉那覇有公、喜如嘉の芭蕉布
  • 玉那覇有公さん制作の「梯梧」沖縄を代表する花である「梯梧」が縦二列に描き染められています。 梯梧、見慣れない字ですね。 「でいご」と読みます。 一目で見るものを魅了してしまう、そんな強い印象ではないけれど、眺めていると目が離せなくなってしまう、梯梧が描き染められている、唯それだけなのにこれほどまでに見るものを魅了するのです。 対象物を捉える目、デッサン力、型絵の彫り、彩色、そのどれもが欠けてもこれ [続きを読む]
  • 型染小紋木綿着尺「トレド華文」
  • スペインの首都マドリードからそれほど遠くない地に在るゴシック様式の大聖堂であるトレドの大聖堂のステンドグラスにヒントを得て制作されたようです。 歴史的なことは詳しくないのでよく知らないのですが、スペインゴシック様式の3大カテドラル(寺院)の一つに数えられるほか、スペインのカトリックの総本山といわれる寺院です。 今季初めてのご紹介となりますこちらは大聖堂のステンドグラスを形どったもので眺めていると西 [続きを読む]
  • 型染め描き疋田九寸名古屋帯/八つ手
  • こちらにご紹介の名古屋帯, 一葉の八つ手が描かれたものです。 艶やか、とか綺麗、とか言った印象ではありません。 着物の美しさを想うとき、一般的には「雅やかな、華やかな色彩」であったり、「色階層豊かな彩色」であったりすることが多いように思うのですが、それはその雅やかな色彩や色階層豊かな色彩を直感的に綺麗と感じるからなのだと思います。 もちろんそれはそれで間違いないことだと思いますし、私などもそう感じ [続きを読む]
  • 別誂え小千谷縮/微塵縞
  • 弊店の小千谷縮は経糸・緯糸ともに極細番手の麻糸を使い織られた着物地となります。 また、お色目は織物商から機屋に指定して織られたものとなります。 反物の巾は広巾(※1尺3分〜5分・39cm程度)としてありますので、裄の長い方にもお召し戴く事が出来ます。  半巾帯で浴衣以上/着物未満として気軽にお愉しみ戴くだけでなく、夏のお襦袢を着て麻の名古屋帯などでお召し戴きますと確実に素敵な夏の着物の装いとなる筈です [続きを読む]
  • 更紗九寸名古屋帯/紗紬に手描き グロリオサ
  • さらりとした涼感の生紬地に手描き友禅でユリ科の花/グロリオサ(※別名百合車)が描き染められています。  やわらかな色彩で表現された模様にはまるで風に揺られ、ゆらゆら揺れうごくかの様な「動き」が感じられます。 使われた色彩は艶やかであり、ちょっと幻想的なまでの美しさを感じさせてくれます。 見事に「素敵な彩色」ではないでしょうか。 一瞬で見る者を魅了する「美しさ」を携えているのです。 地色はあえて彩色 [続きを読む]
  • 薄物紬織九寸名古屋帯/刺繍・大輪の花火
  • 如何にも季節を想わせるお品です。  大輪の花火や線香花火などをモチーフとした夏帯を見掛けることは決して珍しいことではありません。 夏の着物や帯のモチーフとしてそうした題材は「旬」を表現する際、もっとも相応しい題材となるのですから。 夏の薄物/単衣以外ではまず見掛けることのない、いわゆる“夏ならでは”のお遊びの感覚です。(それゆえ価格も相応に抑えなければなりません。) 近江縮みや小千谷縮みなどの麻の着 [続きを読む]
  • 江戸小紋型/型染小紋木綿着尺「青海波」
  • 伊勢型紙で作られる本場江戸小紋の型紙を用いて染められた江戸小紋型綿着尺/木綿です。 小紋と名の付けられた染め物は幾多あれど、江戸小紋の型紙で手染めされた木綿着尺(着物地)は他に見たことがありません。 石塚幸夫さんならではのお品だと思います。 型紙/意匠の美しさ、染めの美しさ、選ばれた生地の質感、どれを取り上げても文句のないものです。 単衣着物仕立てで夏のお着物としてお愉しみ頂くことはもちろんですが、 [続きを読む]
  • 江戸小紋型/型染小紋木綿着尺「蝶に牡丹」
  • 伊勢型紙で作られる本場江戸小紋の型紙を用いて染められた江戸小紋型綿着尺/木綿です。 小紋と名の付けられた染め物は幾多あれど、江戸小紋の型紙で手染めされた木綿着尺(着物地)は他に見たことがありません。 石塚幸夫さんならではのお品だと思います。 型紙/意匠の美しさ、染めの美しさ、選ばれた生地の質感、どれを取り上げても文句のないものです。 単衣着物仕立てで夏のお着物としてお愉しみ頂くことはもちろんですが、 [続きを読む]
  • 草木染手織り紬織物・下井紬/下井伸彦 薄物 夏/単衣
  • こちら、すすき、タンニンで染められた糸の色が殊の外美しい織物です。 経には生糸が用いられ、緯糸には紬糸が織り込まれます。 草木から抽出された染料で染められた糸はその一本々々が百通り、千通りもの濃淡を保ちます。 そのため、織り上げられたそれは単色で織り上げられた織物には見えません。 一本々々、それぞれの濃淡が、色の奥行、深みをつくり、草木染特有の表情と相俟って愁いを帯びた表情をつくっています。価格:2 [続きを読む]
  • 手描き友禅九寸名古屋帯/八つ手
  • こちら、いわゆる腕利きとされる職人の制作です。 伝統的な仕事を追い求めるうちに生じる納得のゆかない仕事の質の排除、意匠/designへの究め、つまり、完璧な作品を望んだ結果、こうしたお品が制作されるのです。 それは友禅職人の想う美しさの追及、もっと言えば「美」に対する執念から生み出されたと言っても過言ではありません。 それだからでしょうか…、この友禅職人の「手」によって制作されるものは対象物の美しさに満 [続きを読む]
  • 近江縮み 綿麻 小格子※再入荷致しました。
  • こちらの近江縮みは昔気質の職人が手もみで「しぼ」をお楽しみ頂けるお品です。 薬品などの化学的加工は施さず、撚糸による物理的な加工、綿糸による自然な接触冷感が特長です。 弊店の近江縮みは織物商から機屋に意匠を指定して織られたものとなります。 反物の巾は広巾(※1尺3分〜5分・39cm程度)としてありますので、裄の長い方にもお召し戴く事が出来ます。  半巾帯で浴衣以上/着物未満として気軽にお愉しみ戴くだけ [続きを読む]
  • 手描き友禅九寸名古屋帯/月下美人 薄物(単衣/夏)
  • 極めて丁寧にさされた彩色もとても美しく、見る者の目を、心を惹き付けます。 染色を手掛けた職人の意識の高さなのでしょう。 一分の手を抜かない意識が仕事ぶりに表れています。 染色を手掛けた職人の腕の良さは言うまでもありませんが、染色に対峙する意識の高さも十分に推し量ることが出来ます。 神経の細やかな職人なのでしょう。 すべての彩色、地色の引き染めのクオリティーの高さ、すべての工程において極めて丁寧な仕 [続きを読む]
  • 長板中形/綿縮緬両染
  • 長板本染中形/長板正藍染めは、江戸時代より現在まで受け継がれてきた染色技法です。 長い板を使い布地の表裏両面に型置きし染糊を置いて本藍で染めるものです。 無形文化財技術保持者/初山寛氏によって染め上げられたこの着物、深い天然藍の美しさと伊勢型の文様の美しさを同時に堪能戴けるかと思います。 また、この着物ですが、ユカタとしてお召し戴けるのはもちろんなのですが、単衣着物仕立をされ、生成りの麻帯や、染め帯 [続きを読む]
  • 江戸小紋型/型染小紋木綿着尺「梅に破紗綾型」
  • 伊勢型紙で作られる本場江戸小紋の型紙を用いて染められた江戸小紋型綿着尺/木綿です。 小紋と名の付けられた染め物は幾多あれど、江戸小紋の型紙で手染めされた木綿着尺(着物地)は他に見たことがありません。 石塚幸夫さんならではのお品だと思います。 型紙/意匠の美しさ、染めの美しさ、選ばれた生地の質感、どれを取り上げても文句のないものです。 単衣着物仕立てで夏のお着物としてお愉しみ頂くことはもちろんですが、 [続きを読む]
  • 江戸小紋型/型染小紋木綿着尺
  • 伊勢型紙で作られる本場江戸小紋の型紙を用いて染められた江戸小紋型綿着尺/木綿です。 小紋と名の付けられた染め物は幾多あれど、江戸小紋の型紙で手染めされた木綿着尺(着物地)は他に見たことがありません。 石塚幸夫さんならではのお品だと思います。 型紙/意匠の美しさ、染めの美しさ、選ばれた生地の質感、どれを取り上げても文句のないものです。 単衣着物仕立てで夏のお着物としてお愉しみ頂くことはもちろんですが、 [続きを読む]
  • 工藝竹籠バッグ/公長斎小菅波網代バッグ
  • こちら、熟練を重ねた工芸竹細工の職人の手によって編み上げられた籠バッグです。とりわけ、大変手間の掛けられた編み方に評価が集まりがちなのですが、制作工程において最も神経が注がれるのは、ひごつくり、。一本の竹から巾/厚みをミリ単位で揃えた竹ひごの制作です。 更に表面/角を滑らかにする面取りが施されるます。 最終の仕上げには漆が遣われますが、刷り込んで拭く、と言う作業を繰り返し、定着させると言う手間の掛か [続きを読む]
  • 工藝竹籠バッグ/公長斎小菅
  • こちら、熟練を重ねた工芸竹細工の職人の手によって編み上げられた籠バッグです。とりわけ、大変手間の掛けられた編み方に評価が集まりがちなのですが、制作工程において最も神経が注がれるのは、ひごつくり、。一本の竹から巾/厚みをミリ単位で揃えた竹ひごの制作です。 更に表面/角を滑らかにする面取りが施されるます。 最終の仕上げには漆が遣われますが、刷り込んで拭く、と言う作業を繰り返し、定着させると言う手間の掛か [続きを読む]
  • 別誂え小千谷縮/微塵縞
  • 弊店の小千谷縮は経糸・緯糸ともに極細番手の麻糸を使い織られた着物地となります。 また、お色目は織物商から機屋に指定して織られたものとなります。 反物の巾は広巾(※1尺3分〜5分・39cm程度)としてありますので、裄の長い方にもお召し戴く事が出来ます。  半巾帯で浴衣以上/着物未満として気軽にお愉しみ戴くだけでなく、夏のお襦袢を着て麻の名古屋帯などでお召し戴きますと確実に素敵な夏の着物の装いとなる筈です [続きを読む]
  • 手描き友禅九寸名古屋帯/雪持ち芭蕉薄機
  • 美しいです… 唯々美しいのです… もうその言葉だけで十分と思えるほど魅力的な絵が描き染められた絹布です。 加えてそう思わせる訴求力も感じます。 ここで言う訴求力とはただ単に強く目に映ると言ったことではありません。 つまり、それらしく見えるように表面を飾ったものではないのです。 使われている色はこうした友禅では考えつかない色遣いではありません。 商品として消費者に媚びることはなく、工藝品としての型絵 [続きを読む]
  • 別誂え小千谷縮/無地・広巾
  • 弊店の小千谷縮は経糸・緯糸ともに極細番手の麻糸を使い織られた着物地となります。 また、お色目は織物商から機屋に指定して織られたものとなります。 反物の巾は広巾(※1尺3分〜5分・39cm程度)としてありますので、裄の長い方にもお召し戴く事が出来ます。  半巾帯で浴衣以上/着物未満として気軽にお愉しみ戴くだけでなく、夏のお襦袢を着て麻の名古屋帯などでお召し戴きますと確実に素敵な夏の着物の装いとなる筈です [続きを読む]