蓮音 さん プロフィール

  •  
蓮音さん: コーヒーブレイカー
ハンドル名蓮音 さん
ブログタイトルコーヒーブレイカー
ブログURLhttp://ameblo.jp/omochi70/
サイト紹介文日々浮かんだことを詩や短歌にしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/05/05 20:27

蓮音 さんのブログ記事

  • 長い嵐の夜
  • 長い嵐の夜はどうしてるとってつけたように僕は敬愛の手紙を書くどんな涙にもきっとリボンはかけられないからいつだっていじらしい君の勇敢さを讃えたい長い嵐の夜は待ちぼうけさよならの数を数えて自分だけの神様に祈るもし僕らがベランダ越しならせめてこの五感から世界を引きずり出して手の伸ばせるだけ差し出そう長い嵐の夜は Homecomings - HURTS [続きを読む]
  • 幻触
  • 今この足にふれたのはあなたの指先なのだと私の脳が言うそのすぐ後にそれは幻覚なのだと私の脳が言い終えるチクタクチクタク意識は夜へと運ばれてそれでもまだ重力にはあなたの質量が残っているうつぶせで見る月と瓶詰めのピクルスと All We Are - Stone [続きを読む]
  • トリコと
  • ラブリーなトリコ大好きな匂いに顔つっこむきみは猫の遺伝子を持ってるツノの折れたトリコ差し出された謎は上等きみに掴まると俄然やる気になる結末はいくつか予測したけどハッピーでもサッドでもかまわない愛しい気持ちがきっと勝るお茶もいれたことだし今夜もそろそろ飛び込もう光差し込む遺跡へ トリコと (人喰いの大鷲トリコ)ミニサウンドトラック(全4曲) [続きを読む]
  • 雄弁に
  • 「ありがとう」で満ちる頃とその逆と出し入れできない僕らの構造毎日誰もが上書きしている頭の辞書に言葉はドリップされていくそれでも胸の奥まで届くのはいつも本当のあなたの心ですおぼつかない伝達率をこえて明日少しでも雄弁になれたら Johnny Cymbal - Mr.Bass Man [続きを読む]
  • VIEW
  • なびいてなびいて白紙のような空一撃で砕けそうな鎧と捉えてしまったなにかをまとって休日の窓AMラジオの音動物の心母親の歌が暮らしの端から呼んでいる離れていこう忘れないように大丈夫 この先も迷うことがあることをわかっていれば思った以上の強さがよみがえることをわかっていれば THE BLUE HEARTS - 夕暮れ [続きを読む]
  • pure99%
  • あのこはピンクのサングラス 魔力をたくわえ初夏に向かってる まばたきしても消えないままの夢になる あのこの声を僕は知らない まっすぐなはずの眼差しを知らない きっと気まぐれな紅の色乾かない今日の色あのこ どこに残す The Drums - Don`t Be a Jerk,Jonny [続きを読む]
  • リリース・アンド・キャッチ
  • 歳月に剥がれていくまぼろしが包んでいるのはまぼろしと確信したいだけの歌と 向こう見ずの汗水を流して調子よくあつらえてた間近なオアシスを横目に 落っこちていく闇の星々を過ぎる風を切って夢をみる つまりは生きていくその継ぎ目をたぐり寄せるような夜 D.A.N. - Native Dancer [続きを読む]
  • イーラ・ポートレイト
  • 弥生の晴れ空からグッドモーニング教科書の第八十五刷 僕の見ることのできない離れていく風景を秘めたまま閉じられた祖父の瞼 時が造っていく道の最前線から生まれるふりだし惜しみながらの散開から確信的な再会を いつかの晴れ空からグッドモーニング手紙のような笑みをその日までみがく 砂原良徳 - Love Beat [続きを読む]
  • 目覚め
  • 快眠の深い土から飛び出して 春の景色に起き抜けの恋 ◇今日の写真はシスターアレイ・Mさんから頂きました。ありがとうございました。◇ 二条 蓮音 [続きを読む]
  • 第三者
  • 例えば神様に一番近い人がふたりの間にいて公正なジャッジをしてくれるならすごく楽だろうけど どこから眺めても形の違うアンバランスな夢がかろうじて支えている当たり前のやりとりを 「これ以上苦しくてもこれ以上笑えるなら」保証のない仮定を繰り返してふたりを捨てないでいる ふたりはふたりでいい僕とあなたでいい Teenage Fanclub - The Concept [続きを読む]
  • ありふれた平行世界で
  • 「リコ様、あの光ってる花は?」 「あれは灯夜草」 錬金術の講義を終えたリコとルイは帰り道の途中で精霊の丘に立ち寄っていた。 夕闇の中に茂るかすみ草に似た花はどれもその花弁から白くぼんやりとした光を放っている。 「きれいだね」 「ミサンガがつくれるの」 リコはその中の一輪を摘んでルイの左手首に編み込んだ。 「すごい!まだ光ってる!」 「二、三日で消えちゃうから [続きを読む]
  • 出づる
  • 正しい道なりは寂しさの向こう側この街で暮らす限り抱きしめたいばかりではないけど 果てしない闇は光に暴かれたひび割れの四畳半コーヒーを淹れながら青春の二文字に括りつけた これが僕の望んだ夜明けさよなら圏外の世界 坂本慎太郎 - 君はそう決めた [続きを読む]
  • Magic Hour
  • ケーキの味だったか風の暖かさだったか なんだか幸せ一辺倒の映画が見たくなって ありえないくらいまっすぐな台詞が本日の生きがい それはまぎれもなく確かな持ち物なのだけれど 夢と流れ出すエンドロールの川から飛び立つ水あめの蝶 手のひらをすり抜けて窓の外へ逃げていく Special Favorite Music - Magic Hour [続きを読む]
  • 家路
  • 黄昏を遠目にたどる家路には 百のただいま百のおかえり [続きを読む]