蓮音 さん プロフィール

  •  
蓮音さん: コーヒーブレイカー
ハンドル名蓮音 さん
ブログタイトルコーヒーブレイカー
ブログURLhttp://ameblo.jp/omochi70/
サイト紹介文日々浮かんだことを詩や短歌にしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/05/05 20:27

蓮音 さんのブログ記事

  • ムード
  • 羽を持つものにそそのかされて意味深な風向きの青空のもとムードにやられてムードに生かされきらきらのカクテルグラスに満たされた猛毒クールなジャズが流れてるムードに惹かれてムードにほだされ朝になったら引き上げよう無自覚なんかをアリバイにして誰かの頭にまでなってハイになったり憎んだりしたくない My Bloody Valentine - Soon [続きを読む]
  • 花の意志
  • 風の中に忍び時代の影に映えるあなたこそは花の意志あらゆる深さの幸せをそんなにも明快にそんなにもみじかく遺伝子が歌う先々にあなたは初めからいて運命みたいに追いかけていく太陽の匂いにまみれながら心地よい汗をかきながら例えばイングリッシュガーデンの出口でどうか振り向いてください記憶よりも遠い場所に強い雷が落ちてこの詩が生まれる 羅針盤 - 永遠のうた [続きを読む]
  • ココロゴト
  • 世界はまわり続ける僕がここにいることちょっとの間認めてほしいどっちつかずでも認めてほしいすべては僕のココロゴト単純な事ココロゴト青空を見上げて深呼吸したり美術館の絵の前でこみ上げたり昔挟んでた栞に救われたりコーヒーが好きになったり壁の落書きにムキになったりでかい犬小屋の前で怯んだり思い過ごしだったり湯船の中もぐってみたりしてはいけない恋をしたり言葉の裏側を探したり積もり積もって愛想で返したり通知ひ [続きを読む]
  • さよなら竜宮城
  • 「なあ、あれって渡り鳥かな」 「なんで?」 「だって夕陽の向こうまで行きそうじゃん」 「そうかもね」 「写真撮る?」 「やめとく」 …………。 「なんにも来ないね」 「そうだな、帰ろうか」 「うん」 さよなら竜宮城、僕らは軽に乗って帰る。 Stereolab - Ping Pong [続きを読む]
  • 保熱
  • 始まりは体の内側ではじけ飛びそうなくらい踊る虹色のタンパク質境はなく意味もなく(それ以外で構築されているため)今日も都市が曇天かすれた残像を追って温度はなく日々もなくかの想像できない何十億年その土の上に65Kgの個体を置く歌でも歌おう止められない涙が心の燃えがらならせめてそれが生きている証 The Big Moon - Cupid [続きを読む]
  • 長い嵐の夜
  • 長い嵐の夜はどうしてるとってつけたように僕は敬愛の手紙を書くどんな涙にもきっとリボンはかけられないからいつだっていじらしい君の勇敢さを讃えたい長い嵐の夜は待ちぼうけさよならの数を数えて自分だけの神様に祈るもし僕らがベランダ越しならせめてこの五感から世界を引きずり出して手の伸ばせるだけ差し出そう長い嵐の夜は Homecomings - HURTS [続きを読む]
  • 幻触
  • 今この足にふれたのはあなたの指先なのだと私の脳が言うそのすぐ後にそれは幻覚なのだと私の脳が言い終えるチクタクチクタク意識は夜へと運ばれてそれでもまだ重力にはあなたの質量が残っているうつぶせで見る月と瓶詰めのピクルスと All We Are - Stone [続きを読む]
  • トリコと
  • ラブリーなトリコ大好きな匂いに顔つっこむきみは猫の遺伝子を持ってるツノの折れたトリコ差し出された謎は上等きみに掴まると俄然やる気になる結末はいくつか予測したけどハッピーでもサッドでもかまわない愛しい気持ちがきっと勝るお茶もいれたことだし今夜もそろそろ飛び込もう光差し込む遺跡へ トリコと (人喰いの大鷲トリコ)ミニサウンドトラック(全4曲) [続きを読む]
  • 雄弁に
  • 「ありがとう」で満ちる頃とその逆と出し入れできない僕らの構造毎日誰もが上書きしている頭の辞書に言葉はドリップされていくそれでも胸の奥まで届くのはいつも本当のあなたの心ですおぼつかない伝達率をこえて明日少しでも雄弁になれたら Johnny Cymbal - Mr.Bass Man [続きを読む]
  • VIEW
  • なびいてなびいて白紙のような空一撃で砕けそうな鎧と捉えてしまったなにかをまとって休日の窓AMラジオの音動物の心母親の歌が暮らしの端から呼んでいる離れていこう忘れないように大丈夫 この先も迷うことがあることをわかっていれば思った以上の強さがよみがえることをわかっていれば THE BLUE HEARTS - 夕暮れ [続きを読む]
  • pure99%
  • あのこはピンクのサングラス 魔力をたくわえ初夏に向かってる まばたきしても消えないままの夢になる あのこの声を僕は知らない まっすぐなはずの眼差しを知らない きっと気まぐれな紅の色乾かない今日の色あのこ どこに残す The Drums - Don`t Be a Jerk,Jonny [続きを読む]
  • リリース・アンド・キャッチ
  • 歳月に剥がれていくまぼろしが包んでいるのはまぼろしと確信したいだけの歌と 向こう見ずの汗水を流して調子よくあつらえてた間近なオアシスを横目に 落っこちていく闇の星々を過ぎる風を切って夢をみる つまりは生きていくその継ぎ目をたぐり寄せるような夜 D.A.N. - Native Dancer [続きを読む]