リシリ さん プロフィール

  •  
リシリさん: リシリ漫画制作記録
ハンドル名リシリ さん
ブログタイトルリシリ漫画制作記録
ブログURLhttp://lisili.blog.jp
サイト紹介文オリジナル漫画制作課程を中心に書いています。
自由文制作時間を記録するような意味もあって綴ってますので、内容に主観性が乏しいかもしれません。折を見ていろいろ書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/05/06 18:01

リシリ さんのブログ記事

  • 花編_第135ページ下描き
  • 第135ページ下描き。次の第136-137ページは見開きで花編の要になるビジュアルのため下描きとはいえ時間がかかりそう。第五幕はテーマが重なって予想以上にページ数が増えた。昨夜は暑くて寝付かなかった。眠いので今日はこの辺で。 [続きを読む]
  • 花編_第78ページ仕上
  • 第78ページ仕上。制作進行を綴るために始めたこのブログ、今後制作ノートもしくはメモ的な感じにしていこうと思います。もちろん、今までの1ページずつのDATE 記録も続けますが。今までも思いついたことはその辺のメモ用紙とかにゴチョゴチョ書いていたけど、紛失したり、管理が一元化していなかったので、今後はこのブログを活用しようと。ただ、そうなった場合設定とか話のオチとかにも触れるので、まだ完成していないうちにこの [続きを読む]
  • 花編_第134ページ下描き
  • 第134ページ下描き。追加シーン(16ページ)ここまで。この部分は花編の最終幕あたりで再び出ます(制作がそこまで到達すればの話)。ツインテールのキャラの行動原理の意味づけのシーンで伏線を張って後でこのシーンを出すか、先に意味づけのシーンを出すか、ちょっとまだ迷ってます。描くだけ描いてコマをピックアップするだけという手もある。 [続きを読む]
  • 2202愛の宣伝会議さいたま版
  • 2202第2章舞台挨拶つき。アンドロメダはカッコイイけど、私的にはドレッドノート級の方が好みです。やられメカだろうけど。第三章は[純愛編]。友人曰く「宇宙遊泳でもなんでもして帰ります」があるかどうか、だそうです。それにしても観客層が同年代のおじさんばかりでなく、20代くらいの女性も随分とみかけた。オリジナル世代だけでなく2199から観始めた世代がいることは喜ばしい。声優目当てかもしれないけど。 [続きを読む]
  • 花編_第132ページ下描き
  • 第132ページ下描き。昨日の作業分は次の日の朝にもう一度見て、チェックする。描いている時は気付かなかったことが 、一晩たって冷静になって気がつくことがしばしばある。最近は描いてから1時間くらいすると描き直すことが多くなって、下描きの進行が悪い。悪いけど、通るべきところを避けても仕方がない。ブログにアップしても遡って前のページに手を加えたり、描き直すことはしばしばある。「これでいい」って心境になかなか到 [続きを読む]
  • 花編_第131ページ下描き
  • 第131ページ下描き。後ろ髪が跳ね上がって、刀持っているからWORKINGの八千代さんみたい。目閉じれば。最近、どうも下描きに苦労する。描いちゃ消し描いちゃ消ししている。このページもそう。で、3分の2くらい描いて「このページの内容、蛇足じゃない?」って気づいたけど流石にくたびれたし折角描いたんだから・・・という気持ちもあり、このまま押し通すことにした。私の場合、マンガを描く、というより絵を描くっていう方向に [続きを読む]
  • 花編_第76ページ仕上
  • 第76ページ仕上。Imacは27インチのエントリーモデル、メモリ16GB、テンキー付きMagic Keyboard、Magic Trackpad 2っていう感じかなぁ。予算もあるし他に買いたいものもあるし。仕事のやりすぎで何年も前から腕が痛くマウスの操作はキツイ。なのでTrackpadを購入してみよう。 [続きを読む]
  • 花編_第129ページ下描き
  • 第129ページ下描き。天気のいい昨日、久しぶりにフリーとなったのでドライブ、友人と色々話す。やっぱり既成品を論じるより、創作している同志が論じる方が楽しい。描き手は上達したいという気持ちを絶えず持っているだろうから何を話したいとかどういった情報交換をしようとか、最近そういう機会がめっきりなくなってしまった。cintiq24HDに接続しているMacpro2009をYosemiteにしてとうとうAdobeCSシリーズにオサラバ。imacの2017 [続きを読む]
  • 花編_第127ページ下描き
  • 第127ページ下描き。実測20秒も満たないシーンを10ページくらいかけて描いている。多分、読む人は「長いなー」と思われるかもしれない。野球マンガとかの対決シーンでピッチャーが投げた球がバッターに届くまで「そんなに会話できないでしょ」みたいな。まぁね、動きのある画って難しいし、とにかく場数をこなす意味でもより多く描いて練習したいという描き手の都合です。 [続きを読む]
  • 花編_第75ページ仕上
  • 第75ページ仕上。週末にデザインワーク用のMacをEl capitanに。いろいろソフトあるとおいそれと最新OSにできないのは仕方ない。この業界、未だにロゼッタでないとダメとかIllustrator10で入稿、という条件を突きつけられることが少なくない。印刷会社からすれば高価なリップ処理をホイホイと更新できない、ということなのか。まだ先のことになるだろうけど、描きためたものを冊子の形態にしたい。以前仕事でオンデマンド印刷の仕上 [続きを読む]
  • 花編_第74ページ仕上
  • 第74ページ仕上。五分の四程度描き直し、加筆。他人の仕事だからあまり悪く言うのは控えたいのだが、と前置きして。昨日とある保険のおばちゃんがやってきて、まぁ色々と危機感を煽って商品を勧めるのだ。営業だから当然といえば当然だから、とにかくお話は聞いておこう、これがこの人の仕事なのだと自らに言い聞かせ、じっと聞く。しばらく話を聞いているうちに疑問に思うことがあって、ひとつ質問してみた。「医療費ってどのくら [続きを読む]
  • 花編_第125ページ下描き
  • 第125ページ下描き。なんということない構図だが、全体のコマ割に苦戦したページとなった。一応FIXして一定時間後再検討するかも。時間おくとサラサラ進むこともあるし。 [続きを読む]
  • 花編_第124ページ下描き
  • 第124ページ下描き。いろいろとバタバタしている今週。6月中旬までは仕事は閑散期に入るので、その間にいろいろとやっておかねばならぬことがある。新PC購入に向けての部屋の配置換えとかOSのアップデートとか。で、まーOSなんて絶対最新でなくても良いっつーか、むしろ最新にすると不具合が生じたりする場合があるので慎重になるわけです。Sierraにすると会計ソフトがアウトっぽいし、ワードとか微妙。 [続きを読む]
  • 花編_第122ページ下描き
  • 第122ページ下描き。以前BSでやっていた「マンガ夜話」で、ちばてつや氏があしたのジョーの連載が終わったあとに描く人物がどうしても「筋肉質」になってしまう、というようなことを話していたのを思い出す。描き続けていくと人それぞれのクセっていうか描きが出来上がってしまう。描くって行為は脳と手が記憶した作業データみたいなものの累積だから、いくらこうしたい、って思ってみてもなかなかできない部分が残ってしまう。昔 [続きを読む]
  • 花編_第73ページ仕上
  • 第73ページ仕上。全体をリテイク。上手い人の絵を見ると1枚の絵なのに直前と直後の動きを感じる。私が描いていると知らず知らずにポーズが水平、垂直にまとまってしまう。腰とか首とか曲がったり捩じれたり重心や重力を意識する必要がある。 [続きを読む]
  • 花編_第121ページ下描き
  • 第121ページ下描き。いつもはトリミングするけど、今回は全体にしてみる。全体を見せるのでいつもより影部分とか手を加えて一応、「見せる」対応はしておこう。また、制作記録っぽく今現在どんな点に留意して描いているか書き留めておこう。是非とも残したいという程のことではないけど…。たまにはいいか。1.描きはじめ、白いページに向かったときはまず「このページではここをおさえておきたい」 という要素から始める。たとえ [続きを読む]