to_stylish さん プロフィール

  •  
to_stylishさん: Stylish Life 〜 カッコイイ生き方って?
ハンドル名to_stylish さん
ブログタイトルStylish Life 〜 カッコイイ生き方って?
ブログURLhttp://stylish-life.tokyo
サイト紹介文Darling Smile (大切な微笑) 、おおくの出会いが微笑みのアイテムになりますように...
自由文タイトル「Stylish Life」ですが、何もスマートでカッコイイ人生を模索しようとか、おしゃれな生活を自慢しようとか、そんなカッコつけたものではありません。人生の先に何かがあるなんて、誰もわからないじゃないか!そんな思いから日々、思うこと、感じたことを記録できればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/05/06 21:45

to_stylish さんのブログ記事

  • Good Musicを聴きながら♪ 〜 帰ってきた秀樹と秀俊 〜
  • 梅雨明けもあと少し、七夕飾りもチラホラと見かける今日この頃。いや、まさに今日は七夕ですよね。七夕は「たなばた」または「しちせき」とも呼ばれ、古い歴史ある日本のお祭り行事でも重要な節句をあらわす五節句の一つです。琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星と鷲座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は今宵、天の川を挟んでその出会いを待っています。さて、今夜は、ロマンテックな夜をお洒落に、そして楽しく [続きを読む]
  • 緊急告知!本日、小説が出版されていました。
  • 今日、仕事の帰りに本屋に立ち寄ったら自分の本が出版されていましたよ。何か、不思議な感じです。本屋さん(ブックファースト)の店員さんに少し恥ずかしかったけれど理由を言って、撮影の許可をいただきTwitterでアップしたところ、購入したいとおっしゃる「神様のような方」が多数いらっしゃいましたので、全国の配本流通リストをアップしますね。また、ネットでも購入できるそうですね。電子書籍のオプションも付けましたが、 [続きを読む]
  • ブログ小説「RADIO GO TOWN!」- The last episode.
  • 〜 前回までのあらすじ和秀がパーソナリティをつとめるコミュニティ放送局『エフエム・ジョージタウン』に阿由葉 菜子(あゆは なこ)から自殺を示唆するメールが届く。現在、高校三年生になる彼女は一歳年上の恋人をバイク事故で亡くし、自暴自棄になっていた。偶然、和秀のラジオが流れる商工会館の前を通りかかり、悪意に満ちたメールを送信してしまったが、そんな彼女のメールを真剣に取り上げ、彼女を井の頭公園まで追いか [続きを読む]
  • ブログ小説「RADIO GO TOWN!」- Episode 2.
  • 〜 前回までのあらすじ5年前に男性二人組のデュオ「Heart of Tomorrow」として華々しいデビューをした久保田 和秀(くぼた かずひで)は、デビュー曲こそスマッシュヒットをしたものの、その後、ヒット曲に恵まれずに大手レコードレーベルから解雇された。しかし、彼の情熱は冷めることなく、自ら目指す音楽を追求しながら、現在はコミュニティFM放送局『エフエム・ジョージタウン』のラジオのパーソナリティをつとめている。ある [続きを読む]
  • ブログ小説「RADIO GO TOWN!」- The first episode.
  • 吉祥寺駅の北口改札を通り抜けて外に出ると平和通りに降りそそぐ陽射しは天頂から乱反射を繰り返す。シエスタの時間を迎えようとするハーモニカ横丁から無国籍料理の美味しそうな香りが鼻腔をくすぐるように漂い、その西側にある武蔵通りには、お昼を前に多くの人々で賑わっていた。この街の香りと賑わいが和秀の体内でワルツのように心地よい旋回を繰り返す。今週も吉祥寺を中心に武蔵野・三鷹両市の地域に根ざしたコミュニティ放 [続きを読む]
  • とびきりのエールは誰のため?『AOYAMA音楽倶楽部 vol.9 〜昭和歌謡の逆襲〜』
  • 自分の一日が何もせずに終わってしまうと感じたり今日は誰からも優しくされないと思うならあなたの好きなアーティストにとびきりの拍手や声援を送ってください。ライブに来これなくても、TwitterなどのSNSで応援することでもOKです。そんなささやかなことが、自分の何かを変えるキッカケになり、あなたの応援するアーティストへの心強い応援歌にもなります。自分はそんな風に考えて、今日のライブでは、とびきりの拍手や声援を送り [続きを読む]
  • Good Musicを聴きながら♪ 〜 落合みつを FLAG SHIP ? 旗艦 ?
  • あのボブ・ディランがノーベル文学賞を受けた。驚きだった!今までノーベル文学賞は文学者が対象だと思っていたので...でも、ボブ・ディランは、歌手/詩人として長く若者世代のヒーローとして君臨していたので当然かもしれい。しかし、今後、このノーベル文学賞を日本人が受賞するなら、村上春樹でなく、今回、紹介させてもらう「落合みつを」というアーティストだと思いますよ。本日は、新時代の爽やかな無頼派!アーティスト [続きを読む]
  • Good Musicを聴きながら♪ 〜 黒沢秀樹バースデーソロライブ
  • 昨日に引き続き、本日も黒沢秀樹さんのライブに行ってきましたよ!「黒沢秀樹バースデースペシャル2days」の二日目、『黒沢秀樹バースデーソロライブ』です。場所も昨日同様、下北沢にある「風知空知」です。昨日の心地良い余韻が続くまま会場に到着。開場の時間まで感慨深く待ちわびていましたよ。さて、本日は黒沢秀樹さんのソロライブですが、とうとうこの日がやって来たと云う感じですね。川久保さんのライブにゲスト出演され [続きを読む]