Super源さん さん プロフィール

  •  
Super源さんさん: 雑学とトリビアの杜
ハンドル名Super源さん さん
ブログタイトル雑学とトリビアの杜
ブログURLhttp://www.zatsugaku-trivia.com/
サイト紹介文面白くてためになる雑学から、知っていても何の役にも立たないトリビアまで幅広く発信していくサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供212回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2015/05/07 09:29

Super源さん さんのブログ記事

  • 織田信長は、豊臣秀吉を「ハゲネズミ」と呼んでいた?
  • 織田信長像 テレビの時代劇や歴史小説などで、織田信長が豊臣秀吉を「サル」と呼ぶシーンがあります。 しかしながら、当時の延永の文書を調べてみても、信長が秀吉をサルと呼んだ記録は見当たらないようです。この「サル」の元ネタとなっているのは、江戸時代に書かれた軍記物(ぐんきもの、=戦争・合戦を題材に、事実と空想をまじえて書いたもの)や娯楽本で、これらの信憑性(しんぴょうせい)は低いです。信長が、秀吉の妻であるね [続きを読む]
  • 「柚子胡椒」には、胡椒はまったく入っていない?
  • 柚子胡椒 九州名産の「柚子胡椒(ゆずこしょう)」。 爽やかな香りと、「ピリッ!」ときいた辛味が特徴の薬味です。この柚子胡椒は、もともと大分県の農家が自家用に作っていたものです。 これが徐々に評判になり、この地域の特産品となり、やがて全国に広まっていきました。柚子胡椒というのは、柚子の表皮を細かく刻み、唐辛子と塩を加え、1年以上熟成(じゅくせい)させて作ったものです。 なので、「胡椒」はまったく入っていませ [続きを読む]
  • 輸入牛を日本で育てれば国産牛になるって本当?
  • スーパなどに並ぶ牛肉のラベルを見ると、「国産牛」「和牛」「輸入牛」などと書かれています。まず、国産牛は、日本で生産(育成・屠殺(とさつ))された牛を指します。 そのため、どんな種類の牛でも、日本で生産されれば国産牛に分類されます。次に、和牛は、黒毛和種(くろげわしゅ)、褐毛和種(あかげわしゅ)、日本短角種(にほんたんかくしゅ)、無角和種(むかくわしゅ)の4種類と、和牛同士の交雑種(こうざっしゅ)のことを指します。 [続きを読む]
  • 「マジンガーZ」の最終回はどうなる?
  • 永井豪(ながい ごう)の漫画・「マジンガーZ」(マジンガーゼット)のテレビアニメで、最終回はどうなるのでしょうか? 写真は、こちらからお借りしました。地獄島で、機械獣(きかいじゅう)軍団を率いるDr.ヘルとの最終決戦に勝ち、兜甲児(かぶと こうじ)をはじめとする光子力研究所(こうしりょくけんきゅうじょ)の人々は、つかの間の平和を満喫(まんきつ)していました。しかし、決戦から逃げ延びたゴーゴン大公(たいこう)は、ボス [続きを読む]
  • え? 「名刺」は昔、本当に刺していた?
  • 今や、ビジネスツールとして欠かせない存在である名刺。 その起源は、古代中国(20〜280年頃)まで遡(さかのぼ)ります。この時代の身分の高い人たちは、誰かの家を訪問するとき、当時はまだ紙が発明されていなかったため、自分の名前と用件を記入した竹片や木片を持参していました。 そして、相手が不在の場合には、これを門前の箱に刺していったとされます。これが「刺(さし)」と呼ばれ、のちに名前を刺すところから「名刺」となり [続きを読む]
  • 勝手口の「勝手」は、弓道用語だった?
  • 昨今では、マンションの普及により、「勝手口」自体が少なくなってしまいました。 が、かつては台所が家の裏側や隅(すみ)にあり、勝手口が家の裏にあることも少なくありませんでした。そのため、年配の人は、今でも台所のことを「勝手」、その台所に通じる入り口のことを「勝手口」と呼んだりします。さて、そもそも、台所のことを、「勝手」と呼ぶのは何故なのでしょうか?これには諸説ありますが、有名なのは、弓道に由来すると [続きを読む]
  • 愛するペットに遺産相続はできる?
  • 高齢になり、自分の愛するペットの行く末が心配。そんなとき、「このペットに自分の遺産を相続させたい」という方がいらっしゃるかも知れません。結論からいえば、これは不可能です。 現在の法律では、たとえ家族同様にどんなに可愛がっていたペットであっても、民法上は「物(ぶつ)」として扱われるため、遺産相続をさせることはできません。 人間以外は、すべて物なのです。しかしながら、間接的に遺産を渡すことは可能です。ひと [続きを読む]
  • 年末になると、ベートーベンの第九が演奏されるのは何故?
  • 日本では、毎年年末になると、通称「第九」で知られるベートーベンの「交響曲第九番」が盛んに演奏されます。これは、何故なのでしょうか?その理由は、ベルリンでは、戦前からニューイヤーコンサートとして、大晦日(おおみそか)の夜に「第九」を演奏することが多かったため、その風習が日本に持ち込まれたといわれています。また、日頃は入場者の少ない演奏会でも、「第九」を演奏すると観客をたくさん集められるため、交響楽団や [続きを読む]
  • 童謡「赤い靴」の女の子は、異人さんについていかなかった?
  • パティオ「きみちゃん像」 野口雨情(のぐち うじょう)作詞、本居 長世(もとおり ながよ)作曲の、有名な童謡・「赤い靴」。この「赤い靴」には、モデルが実在していました。 北海道に開拓民として入植(にゅうしょく)した鈴木夫婦の子供で、「きみ」という女の子です。鈴木夫婦は、きみが3歳のときに、アメリカ人宣教師チャ−ルス・ヒュエット夫妻のもとへ養子に出しました。 そしてその後、宣教師が帰国したという噂を耳にします。 [続きを読む]
  • 「ブレザー」の語源は?
  • フォーマルな印象でありながら、なおかつ軽快な雰囲気をもあわせ持つジャケット「ブレザー」。 この語源には、諸説あります。最も知られているのは、ボート競技で生まれたという説です。 イギリスのケンブリッジ大学のボートチームは、ライバルであるオックスフォード大学との対抗試合の際、真紅(しんく)のジャケットを着用して臨(のぞ)みました。 そして、その色鮮やかないで立ちに、観客が、「オー、ブレザー!(なんと燃えるよう [続きを読む]
  • たった290円で、新幹線に乗れてしまう路線がある?
  • 新幹線に乗る場合、乗車券のほかに、新幹線特急券が必要です。 そのため、それなりの料金がかかります。実際、最も短い駅間である東京−上野間(3.6キロ)でも、乗車券160円、新幹線特急券の自由席840円と、合計1000円となります。ところが、九州には290円で新幹線に乗れる区間があります。 それは、博多(はかた)駅から博多南駅までの区間で、路線名は「博多南線」です。この路線は、地域住民の不便を解消するために誕生したもので、 [続きを読む]
  • 医者は風邪薬を飲まない?
  • 日本人の多くは、風邪を引くと病院に行ったり、風邪薬を飲んだりします。 が、そもそも「風邪」という病名はなく、一般的に風邪と呼ばれているものは「普通感冒(かんぼう)」あるいは「かぜ症候群(しょうこうぐん)」と呼ばれるものです。普通感冒の症状は、咽喉(のど)の痛みや鼻水、鼻づまり、頭痛、悪寒(おかん)などで、時に発熱や嘔吐(おうと)、下痢(げり)などを伴うことがあります。 そして、その原因となるのは、9割以上が何ら [続きを読む]
  • 「ベジタリアン」とは、「菜食主義者」ではない?
  • 肉や野菜などの動物性食品を避け、穀物、野菜、豆腐などの植物性食品を中心に食べる人たちのことを、「ベジタリアン」といいます。 日本においても、健康ブームに後押しされ、ベジタリアンは年々増加しています。さて、「ベジタリアン(vegetarian)」という言葉は、「菜食主義者(さいしょくしゅぎしゃ)」と訳されていることから、野菜を意味する「ベジタブル(vegetable)」に由来する言葉だと思われがちです。が、実はラテン語の「活 [続きを読む]
  • 何故犬は「ポチ」で、猫は「タマ」なのか?
  • 犬の名前の定番といえば「ポチ」ですが、この語源には諸説あります。英語で「斑点のある、まだらの」を意味する「spotty(スポッティー)」からきたとするもの、フランス語で「小さい、可愛い」を意味する「petit(プチ)」からきたとするもの、また、英語の俗語で「犬」を意味する「pooch(プーチ)」からきたとするものが有名です。一方、猫の名前の定番「タマ」の語源の方も、実にさまざまです。玉にじゃれるからとするもの、宝玉(ほ [続きを読む]
  • クラゲ型の偵察ロボットがある?
  • エチゼンクラゲ 写真は、こちらからお借りしました。近年、秋から春にかけて、日本海沿岸地方では巨大クラゲの発生に悩まされているといいます。 大きな固体は、傘(かさ)の直径が2メートル、体重が150キログラムにもなるエチゼンクラゲです。このクラゲが群れをなして現われると、付近の海域に魚が寄りつかなくなるばかりか、魚網(ぎょもう)を破ったり、刺胞(しほう)で魚を傷つけるなどして、甚大(じんだい)な漁業被害をもたらす [続きを読む]
  • お弁当の定番「タコさんウインナー」の考案者は誰?
  • 写真は、こちらからお借りしました。お弁当のおかずの定番といえば、ウインナーにタコのような切り込みを入れた「タコさんウインナー」でしょう。 見れば見るほどユニークなカタチをしたおかずですが、これは一体誰が考えたものなのでしょうか?このウインナーの考案者は、NHKのテレビ番組「きょうの料理」の講師として知られた、料理研究家の尚道子(しょう みちこ、料理研究家の故・岸朝子の妹)です。日本でウインナーが食べられ [続きを読む]
  • 干した布団を叩いてはいけないのは何故?
  • 一昔前までは、布団を干したら、布団たたきで「パンパン!」と叩いてから取り込むのが常識でした。 が今では、布団を叩くだけでは意味がないことが分かっています。日本で、家にいるダニといえば、コナヒョウダニやヤケヒョウダニなどですが、その糞(ふん)や死骸(しがい)、脱皮したあとの抜け殻が、喘息(ぜんそく)やアトピー性皮膚炎などを引き起こすアレルゲンとなります。そして、これらのダニは、55度を超える温度で20分間熱し [続きを読む]
  • 「ふしぎなメルモ」の最終回はどうなる?
  • 手塚治虫(てづか おさむ)の少女漫画・「ふしぎなメルモ」のテレビアニメで、最終回はどうなるのでしょうか? 写真は、こちらからお借りしました。これまでメルモを助けてきた、不思議な力のある赤と青のミラクルキャンディー。 食べると10歳若返る赤いキャンディーと、食べると10歳年をとる青いキャンディー。 天国のママからもらったこのキャンディーのお蔭(かげ)で、メルモは幼(おさな)い弟たちとともに、何とか暮らしてこれたの [続きを読む]
  • 7つの県しかないのに、「九州」と呼ぶのは何故?
  • 四国は、香川・徳島・愛媛(えひめ)・高知と4つの県があるので「四国」といいます。それでは、九州はどうでしょうか?九州は、福岡、佐賀、長崎、大分(おおいた)、熊本、宮崎、鹿児島。あれっ? 7つしかありませんね。 県が7つしかないにもかかわらず、「九州」と呼ぶのは何故なのでしょうか?これは、九州が、明治時代まで、筑前(ちくぜん)・筑後(ちくご)・豊前(ぶぜん)・豊後(ぶんご)・肥前(ひぜん)・肥後(ひご)・日向(ひゅうが) [続きを読む]
  • 「ピンハネ」していいのは金銭の1割だけ?
  • 「ピンハネ」という言葉があります。 「他人に渡すべき金銭などから一部を取って自分のものにすること」「上前(うわまえ)をはねること」という意味ですが、この語源にはポルトガル語が関係しています。ピンハネの「ピン」は、ポルトガル語の「ピンタ(Pinta)」を略した言葉です。 「ピンタ」というのは、16世紀に日本に持ち込まれたトランプの一種で、「かるた」の語源にもなった「カルタ」の1の札のことを指します。ここから、「1 [続きを読む]
  • エベレストの標高は、測量するたびに変わっている?
  • 世界で一番高い山といえば、いわずと知れたエベレスト。 ネパールと中国にまたがる、チベットではチョモランマと呼ばれる、世界最高峰の山です。このエベレストですが、百科事典などを見ると、多くはその標高を8848メートルとしています。 これは、1954年に、インド測量局(Survey of India)が経緯儀(けいいぎ)を使った三角測量で出した数値です。 そして、これが公式標高として定着しています。しかしながら、1999年に全米地理学協 [続きを読む]
  • 「藪医者」とは、もともと名医のことだった?
  • 「藪医者(やぶいしゃ)」という、「ヘタな医者、腕の悪い医者」を意味する言葉があります。 が、この言葉はもともと、「腕の良い医者」を表わす言葉でした。江戸時代中期に松尾芭蕉の弟子だった森川許六(もりかわ きょろく)の編纂(へんさん)した「風俗文選(ふうぞくもんぜん)」によれば、かつては但馬国(たじまのくに、=現在の兵庫県北部)の養父(やぶ)にいた名医を指す言葉だったといいます。しかしながら、あまりに評判が高くな [続きを読む]