Around 50 人生はアドベンチャー! さん プロフィール

  •  
Around 50 人生はアドベンチャー!さん: Around 50 人生はアドベンチャー!
ハンドル名Around 50 人生はアドベンチャー! さん
ブログタイトルAround 50 人生はアドベンチャー!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nyannyan1058
サイト紹介文40代半ばにして再婚 妊活のおかげでベビーを授かりました。 ベビー誕生まで・日常・野球・読書など
自由文40代半ばにして再婚
妊活のおかげでベビーを授かりました。
ベビー誕生まで・日常・野球・読書など気まぐれで綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供375回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2015/05/07 18:50

Around 50 人生はアドベンチャー! さんのブログ記事

  • 予告犯
  • (内容)インターネット上に、新聞紙製の頭巾にTシャツの男(生田斗真)が登場する動画が投稿され始める。彼は動画の中で、集団食中毒を起こしながらも誠意を見せない食品加工会社への放火を予告する。警視庁サイバー犯罪対策課の捜査官・吉野絵里香(戸田恵梨香)が捜査に着手するが、彼の予告通りに食品加工会社の工場に火が放たれる。それを契機に、予告犯=シンブンシによる予告動画の投稿とその内容の実行が繰り返される。やが [続きを読む]
  • プロ野球・二軍の謎
  • (内容)一軍を支え、一軍を目指すプロ野球の二軍。各チームに所属する約70名の「支配下登録選手」のうち、一軍登録された28名を除く最大42名の彼ら二軍選手は、どんな日々を送っているのか?一軍の状況次第で急遽昇格することもあれば、二軍戦への出場機会ですら一軍選手に奪われることも。調整中のベテランと新人選手が入り交じり、「プロの厳しさ」を肉体的・精神的に学ぶ「二軍のリアル」を元メジャーリーガーの現役監督が [続きを読む]
  • まだまだ続く我が家の苦悩
  • 先週から続いてる我が家の体調不良。奥さんは良くなったかのようにみえたが、一昨日の晩からめまいがするらしい。俺の方は相変わらず咳がひどい。一番元気なのは娘。でも、日中は鼻水、晩は咳と完調ではない。どうしてもうたんやろ?早く元気で明るい我が家に戻って欲しいな。 [続きを読む]
  • 最悪な週末
  • 奥さんと娘がほぼ体調不良やった先週。週末は土日ともいい天気やった。ところが!今度は俺が体調不良。前からくすぶってた喉の痛みが炸裂。全身がだるく、あんまり動きたくない感じ。今は治ったけど…結局、土日は安静に過ごし、どこにも出かけることが出来ず…早く治して、来週は絶対に出掛けるぞ! [続きを読む]
  • 翼がなくても
  • (内容)「何故、選りにも選って自分が。何故、選りにも選って足を」陸上200m走でオリンピックを狙うアスリート・市ノ瀬沙良を悲劇が襲った。交通事故に巻きこまれ、左足を切断したのだ。加害者である相楽泰輔は幼馴染みであり、沙良は憎悪とやりきれなさでもがき苦しむ。ところが、泰輔は何者かに殺害され、5000万円もの保険金が支払われた。動機を持つ沙良には犯行が不可能であり、捜査にあたる警視庁の犬養刑事は頭を抱え [続きを読む]
  • さまよえる古道具屋の物語
  • (内容)やがて買い主は、店主が選んだ品物に、人生を支配されていく――。その店は、人生の岐路に立った時に現れる。さかさまの絵本、底のないポケットがついたエプロン、持てないバケツ……。古道具屋は、役に立たない物ばかりを、時間も空間も超えて客に売りつけ、翻弄する。不可思議な店主の望みとは何なのか。未来は拓かれるのか? 買い主達がその店に集結する時、裁きは下され、約束が産まれる。柴田よしき作品は2作目。前に読 [続きを読む]
  • その後の我が家
  • 今週はホンマに踏んだり蹴ったりの一週間やった。せっかく奥さんと娘が仙台から帰阪したのに、いきなり奥さんがダウン…奥さんは結構長引いてようやく元気になったのは昨日くらいから。娘は月曜日病院に行ったものの、火曜、水曜は咳き込んで吐いたりしてた。昨日からはやや回復傾向にあるけど、まだ完調ではない。俺は火曜の朝起きた時から喉が痛く、まだ治ってない。熱は出てないけど、鼻水や咳が出たりしてる。家族3人がダウン [続きを読む]
  • 風に立つライオン
  • (内容)アフリカ医療に尽力した医師シュバイツァーの自伝に感動し、医学の道を進んだ島田航一郎(大沢たかお)。ある日、彼は勤めている大学病院からケニアの研究施設へ派遣されることに。離島医療に励む婚約者・秋島貴子(真木よう子)と離れてケニアに渡った彼は、すぐさま現地の戦傷病院からの派遣要請を受ける。そこで目にした凄惨(せいさん)な環境に医師としての使命を感じ、同病院への転籍を決める。忙しい日々を送る状況で [続きを読む]
  • ヤバい…
  • 奥さんと娘が仙台から帰阪してからダウンしてるのは昨日のブログに書いた。奥さんは持病の喘息の発作が出て、晩あんまり寝られないから、なかなか治らない。娘もどんどん悪くなって来てて、昨日は咳き込んで吐いたらしい…そして!俺も…昨日から喉が痛いのと、頭痛が続いてる。まだ熱は出てないけど、かなりしんどい…二人を支えてあげなあかん俺がシッカリしなければ!早く治すぞ! [続きを読む]
  • 大変!大変!
  • 先週の土曜日に仙台から帰って来た奥さんと娘。日曜日は最後の花見で京都まで足をのばそうと個人的に考えてた。ところが!体調を崩してた奥さんの具合は悪く、移動でさらに悪化した感じで、とても花見なんて言ってる状況じゃない。娘の方は大阪に帰って来た途端、鼻水を流して、グズグズ言ってる…多分、鼻づまりが辛いんやろう。結局、日曜日は安静にしてることに。ところが、日曜日の晩に奥さんの病状はさらに悪化。かなり咳き込 [続きを読む]
  • いまさら翼といわれても
  • (内容)神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘ー折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。そして、彼女の真意とは?(表題作)。奉太郎、える、里志、摩耶花ー“古典部”4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇!米澤穂信の代表作古典部シリーズ [続きを読む]
  • コールドゲーム
  • (内容)高3の夏、復讐は突然はじまった。中2時代のクラスメートが、一人また一人と襲われていく…。犯行予告からトロ吉が浮び上がる。4年前クラス中のイジメの標的だったトロ吉こと廣吉。だが、転校したトロ吉の行方は誰も知らなかった。光也たち有志は、「北中防衛隊」をつくり、トロ吉を捜しはじめるのだがー。やるせない真実、驚愕の結末。高3の終らない夏休みを描く青春ミステリ。去年ハマった作家の一人荻原浩の作品。今年 [続きを読む]
  • 奥さんと娘が帰阪
  • 今日、奥さんと娘が仙台から帰って来る。奥さんはここ数日体調を壊していて、大変辛そう…こんな時に側に居て支えてあげられないことが、俺にとって辛い。帰って来る日を延ばすことも話したけど、帰って来た方がゆっくり出来るらしい。そう言ってもらえて少し嬉しい。娘は鼻水と目ヤニで通院したりしたけど、熱も上がることがなく、ずっと元気に過ごしてるらしい。早く奥さんと娘に会いたい。そして、疲れてる奥さんの支えてあげた [続きを読む]
  • グラスホッパー
  • (内容)恋人を殺害した犯人へのリベンジを誓った鈴木(生田斗真)は、教職を辞め裏社会の組織に潜入しその機会をうかがっていた。絶好の機会が訪れた矢先、押し屋と呼ばれる殺し屋の仕業で犯人が目前であっけなく死んでしまう。正体を探るため鈴木が押し屋の後を追う一方、特殊な力で標的を自殺に追い込む殺し屋・鯨(浅野忠信)は、ある任務を終えたとき、殺人現場を目撃し……。原作は大好きな作家、伊坂幸太郎。もちろん、小説も [続きを読む]
  • 球体の蛇
  • (内容)幼なじみ・サヨの死の秘密を抱えた17歳の私は、ある女性に夢中だった。白い服に身を包み自転車に乗った彼女は、どこかサヨに似ていた。想いを抑えきれなくなった私は、彼女が過ごす家の床下に夜な夜な潜り込むという悪癖を繰り返すようになったが、ある夜、運命を決定的に変える事件が起こってしまうー。幼い嘘と過ちの連鎖が、それぞれの人生を思いもよらない方向へ駆り立ててゆく。最後の一行が深い余韻を残す、傑作長編 [続きを読む]
  • 本屋大賞
  • 昨日、本屋大賞が発表された。当初から有力とされていた「蜜蜂と遠雷」(恩田陸)が大賞に選ばれた。この作品は直木賞とともにダブル受賞となった。また、恩田陸の作品は2005年の「夜のピクニック」に次いで2度目の受賞となった。今まで2度受賞した作家はおらず、初の快挙となった。残念ながら、受賞作はまだ読んでない…図書館の予約待ちも遥か先やから断念した。となったら、購入するしかない。でも、去年の「羊と鋼の森」は俺には [続きを読む]
  • 清々しい週末
  • 先週末は土日とも雨予報やったけど、日曜日は昼から晴れていい天気になった。そんな、先週末、めちゃくちゃ気分が爽快やった。一つ目はセレッソ大阪が強豪鹿島アントラーズに勝ったこと。しかも、元アントラーズの山村のゴールで!二つ目は好調オリックスが5連勝で2位に浮上したこと。しかも、西の完封勝利で!三つ目はもちろん!阪神タイガースが宿敵読売に競り勝ったこと。正直、逆転された時はテレビを消した。でも、気になって [続きを読む]
  • 昨日の日曜日は朝から雨模様やった。でも、予報では昼前から晴れると出てた。まさかと思ってたけど、ちゃんと晴れてきた。なので、桜を見に岸和田城へ!桜には癒されるなー。でも、奥さんと娘と3人で行きたかったなあー。まだ来週まで桜残ってるかな? [続きを読む]
  • 我らが隣人の犯罪
  • (内容)僕は三田村誠。中学1年。父と母そして妹の智子の4人家族だ。僕たちは念願のタウンハウスに引越したのだが、隣家の女性が室内で飼っているスピッツ・ミリーの鳴き声に終日悩まされることになった。僕と智子は、家によく遊びに来る毅彦おじさんと組み、ミリーを“誘拐”したのだが…。表題作以下5篇収録。以前、ブックオフのセールで購入したのをずっと積読してたけど、ようやく読んでみた。宮部みゆきのデビュー作は「パー [続きを読む]
  • ラーメン横綱
  • 昨日の振替休日は結局、遠出はせず、近所を散歩した程度でゆっくり過ごした。雨も大したことなくてよかった。昼ごはんは久しぶりのラーメン横綱へ!奥さんがラーメンがあんまり好きじゃないから、ラーメンを食べに行く機会がほとんどない。奥さんが帰省中の楽しみの一つがラーメン。相変わらずのネギまみれの状態で食べた。久しぶりに食べたけど、以前と変わらず美味しかった。また、行きたいな。 [続きを読む]
  • よるのばけもの
  • (内容)夜になると、僕は化け物になる。寝ていても座っていても立っていても、それは深夜に突然やってくる。 ある日、化け物になった僕は、忘れ物をとりに夜の学校へと忍びこんだ。 誰もいない、と思っていた夜の教室。だけどそこには、なぜかクラスメイトの矢野さつきがいて――。住野よる作品は3作目、デビュー作の「君の膵臓をたべたい」が衝撃的すぎて、個人的には2作目の「また、同じ夢を見ていた」がとても残念に思えた。3作 [続きを読む]
  • 明日は振替休日
  • この前の日曜日、仕事が忙しくて出勤した。その振替として、明日は休みになる。奥さんと娘が居てないので、特に予定がない。野球でも観に行こうか?と思ったけど、天気がイマイチらしい…大人しく家で読書でもするか?DVDでも借りて来て観るか?まだどうするか決めてない。一人での平日の休み。どう過ごそうかな? [続きを読む]
  • セイレーンの懺悔
  • (内容)葛飾区で発生した女子高生誘拐事件。不祥事により番組存続の危機にさらされた帝都テレビ「アフタヌーンJAPAN」の里谷太一と朝倉多香美は、起死回生のスクープを狙って奔走する。多香美が廃工場で目撃したのは、暴行を受け、無惨にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。綾香が“いじめられていた”という証言から浮かび上がる、少年少女のグループ。主犯格と思われる少女は、6年前の小学生連続レイプ事件の犠牲 [続きを読む]
  • 龍旗信
  • こないだ、奥さんと娘を見送りに行った帰り。昼ごはん食べる時間がなくてお腹が空いてたから、関空でラーメンを食べた。久しぶりに食べた龍旗信。一時期はめちゃくちゃハマってたけど、久しぶりに食べた感想は…なんでこんな味にハマってたんやろ?って感じ、不味くはないけど、めちゃくちゃ美味しいわけでもない。確かに万人受けする味かも?もう当分龍旗信のラーメンは食べないかな? [続きを読む]
  • ガーディアン
  • (内容)「ともに楽しい学校生活を築いていきましょう」スマホやSNSが普及し、教師は生徒の悩みを把握しきれない。いじめ、不登校、夜間徘徊ー荒れていた中学校は、匿名生徒による自警団「ガーディアン」によって落ち着いた。赴任したばかりの秋葉は単身、学校の謎に迫ろうとする。吉川英治文学新人賞作家の新たな境地!!幾重にも交差する大人と子供の思惑が、忘れられない衝撃を生み出す。去年ハマりまくった薬丸岳の新刊。今年 [続きを読む]