ふり〜まん すく〜る さん プロフィール

  •  
ふり〜まん すく〜るさん: 悩める先生、保護者へ〜freeman school〜
ハンドル名ふり〜まん すく〜る さん
ブログタイトル悩める先生、保護者へ〜freeman school〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/natural_balance/
サイト紹介文学級崩壊に悩む先生、発達障害など子どもの成長で悩む保護者の方へ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/05/08 04:45

ふり〜まん すく〜る さんのブログ記事

  • おねしょ
  •  子どもがおねしょをするときと、しないとき、何が違うのか? 寝る前に水分をとり過ぎているのか? 孫のおねしょについて質問されました。 精神的なものからきているので、水分をとったか、とってないかとは関係ありません。 満足得られていないことがあるのではない... [続きを読む]
  • テストになると、なぜできない?
  •  教師になって、2年目、ある疑問がありました。 学習指導要領がかわり、個性を重視する教育になった子たちを教えていて、 感じたことです。 先輩の先生の話では、急に生徒が変わって、やりにくくなったそうです。 私の疑問は、授業ではできるのに、テストになるとできな... [続きを読む]
  • 子どもの声は天使の声?
  •  子どもの声は天使の声でしょうか? 少し前までは、そうだったかもしれません。 しかし、子どもの泣き声、笑っている声ですら、凶器になりそうです。 どうしてでしょうか? 大人のストレスを、感じているからです。 声がイライラとした甲高い声なのです。 教師も、イ... [続きを読む]
  • 無限の可能性
  •  子どもには、無限の可能性があります。 親や教師が、限界を作っているのかもしれません。 限界を作らないと、子どもはどんどん成長します。 どんどん伸びていきます。  私たち大人も、これで完成ではないのです。 自分たちもまだまだ成長できるのです。 子どもたち... [続きを読む]
  • うまくやろうと思わなくてもいい
  •  親として、教員として、完璧にこなすということは、できないのではないかと思います。 完璧にできると思っているのは、傲慢かもしれません。 最初から何もかも完璧にこなすことはできないと思います。 いろんな失敗を繰り返して、学んでいくのだと思います。 私も、今... [続きを読む]
  • 良い子は放置?
  •  手のかかる子と比べ、よい子は放っておいても大丈夫だと思っていませんか? そして、過度のプレッシャーを与えていませんか? これからは、よい子が壊れてきます。 子どものうちに、症状がでればいいのかもしれませんが、大人になって何か挫折したとき、できない自分が... [続きを読む]
  • 子どもを通して見えるもの
  •  子どもを見て、何を感じますか? 自分の子ども、生徒に対して感じることは何ですか? それが自分に対して思っていることなんです。 子どものいいところが見える人は、自己否定心の少ない人です。 子どもの嫌だ、悪いと思うところは、自分の嫌いなところなのです。 子... [続きを読む]
  • 思い通りになっている!?
  •  子どもは、大人の思った通りに育っています。 親や教師が、子どもは難しいと思っていたら、難しい子になります。 難しいと思って教えると、子どもも難しいと思ってしまいます。 簡単だと思って教えると、子どもも簡単だと言います。 私は、知的障害児の数学を担当した... [続きを読む]
  • まじめな人が危ない!
  •  まじめな人の方が危ないのです。 手を抜くことができない、すべてを完璧にこなそうと思っている人は、何か1つでもできないことがあると、自分を責めます。 1つできないと、また1つとできないことが増えてきます。  教師でも、親でも、まじめな人が危ないのです。 ... [続きを読む]
  • その指導大丈夫ですか?
  •  昨日のニュースに、部活で男性教諭(56)が、女生徒に試合に負けたら全裸になる覚悟を・・・と指導して、懲戒免職になったという記事がありました。 あと少しで定年を迎える先生なのに、また、この世代の懲戒免職が多いです。 懲戒免職になると、退職金ががどれだけ損す... [続きを読む]
  • 白旗を振る
  •  苦しくてどうしようもないとき、助けてください、降参しますと、白旗を振ってください。 そうすれば、今まで行き詰まっていたことが、動き始めます。 自力でがんばろうとすればするほど、うまくいかなくなります。 周りに助けを求めてみてください。 あなたが変わろう... [続きを読む]
  • 教師の子どもは問題児?
  •  ある中学校に勤めていたときに、こんな同僚のことばを耳にしました。 「〇〇先生の子どもは優秀やね。問題とか起こしたことなく、有名私立高校に合格した」と言っていました。 今から思うと、小さいうちに問題を起こしている方が、いい育ち方をしていると思います。 と... [続きを読む]
  • 心配性
  •  親や教師が、心配性な子どもはどうなるのでしょうか? 心配性の人は、こうならないようにと、悪いことを想定して、そうならないように指導します。 自分の頭の中にあることは、悪いことなんです。  いじめ事件があり、保護者の方と面談していたとき、加害者の母親が、... [続きを読む]
  • もうムリ!!
  •  子どもが「もうムリ!!』と言ったら、喜びましょう。 それは、伸びるチャンスです。 先日、クラスの子が応援してくれてるのに、「もうムリ!!」と言った子がいるという話を聞きました。 普通は、「そんなこと言わずにがんばろう!」と言うかもしれません。 でも、「もう... [続きを読む]
  • 子どもをよくしたいなら
  •  自分の子どもであっても、生徒であっても、子どもをよくしたい、幸せにしたいと思うなら、まずは自分自身が幸せになることです。 幸せ、幸福感は、どうすれば得られるのでしょうか? それは、自分を満足させることです。 大きな満足もあれば、小さな満足もあります。 ... [続きを読む]
  • 待つ
  •  待つというのは、苦痛かもしれません。 しかし、待つのと待たないのでは、同じことをしていても効果は違います。 カウンセリングでもそうかもしれませんが、こちらのペースで質問していくと思います。 それに対して、生徒や保護者も答えてくれると思います。 同じ悩み... [続きを読む]
  • 親の存在
  •  どんな親でも、子どもにとって親の存在は大きいです。 虐待されても、ネグレクトでも、親の存在は大きいのです。 親に認められたいという思いは強いです。 どんな親でも、親のことを悪く言う人は、子どもにとって敵なのです。 親に放置されている子どももたくさん見て... [続きを読む]
  • よい子が危ない!
  •  15年ぐらい前から、訴えてきたことです。 子どもだけでなく、大人も、いい子、いい人が危ないのです。  いい子というのは、常に人のことを考えています。 人にとって都合のいい子、つまり、親や教師にとって都合のいい子が、いい子と言われているのです。 自分の気持... [続きを読む]
  • 児童生徒支援
  •  人間には、承認欲求があります。 誰しも人に認められたいと思っています。 不登校支援員をしていた頃、養護教諭と関わることが多かったです。 特に、小学校は、不登校児童は養護教諭から家庭連絡したり、迎えにいくという学校も多かったです。 いろいろなタイプの養護... [続きを読む]
  • 子どもに何を教えているか?
  •  子どもに何を教えているでしょうか? 教師や親の姿を見て育っています。 あなたはどんな背中を見せているでしょうか? 私は、進学校よりも教育困難校を選んでました。 最初に生徒が発することばは、「先生、こんな学校に来て大変やな。俺らみたいの相手するの嫌やろ」... [続きを読む]
  • 好きを伸ばす
  •  これからは、働き方が変わってきます。 好きなことが、仕事になっていきます。 今までは、暗記教育でしたが、暗記が得意でも、実際に働いてみると、役立たないこともわかっています。 暗記しなくても、インターネットで検索すれば、すぐに知りたいことはわかります。 ... [続きを読む]
  • 目標設定
  •  何をするにも、何となく行動しているのと、目標設定して動くのでは結果は全く違います。 何か問題が起きて、とりあえず家庭訪問している先生は多いです。 目的をもっていかないと、怒らせてしまうだけです。 子どもと話をするときも、何を伝えたいのかがなく、ただ成り... [続きを読む]