orange12 さん プロフィール

  •  
orange12さん: 清水エスパルスを分析してサポートするブログ
ハンドル名orange12 さん
ブログタイトル清水エスパルスを分析してサポートするブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/s-pulse-support/
サイト紹介文清水エスパルスを良くするために、前向きに、客観的に分析していくブログです
自由文ブログの文章は一人で書いていますが、意見や経験は1人ではなく複数人の仲間のものです。サッカー経験のある人から、ない人までいますが、ほとんどが、応援歴20年以上の仲間となります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/05/08 11:19

orange12 さんのブログ記事

  • 新加入
  • いい話題が無かった中、今日の朝刊に来年度の新加入で最後の発表と思われる、神村学園の?橋大悟選手の記事た載っていた。 彼のプレーを観ると、判断が速くて、視野が広い。 FWというより、広い展開とスルーパスでゲームを作っている場面が多い点が今のエスパルスにはいないタイプの選手だと思う。 多分、エスパルスファン、静岡のサッカーファンが好きなタイプの選手だ。 今年のインターハイ全国大会のビデオだから、決して相 [続きを読む]
  • 最高の得点、最低の結果
  • また先制点を取られて追いかける展開になってしまった。それも、またセットプレーからの失点。しかし、テセ選手の得点で追いついてからは押せ押せだった。得点が入った瞬間アイスタが揺れた。首をひねっった逆側にボールが飛んだのでGKが一歩も動けなかった。エースの得点にチームも勢いづいた。それをぶち壊したのは、パスミスだった。広島がカウンターを狙っているのが見え見えなのに、スペースにも時間にも余裕がある中でのパ [続きを読む]
  • 何とかアイスタへ
  • 土曜の3時にアイスタに行くために必死に仕事をしていたので天皇杯について書くヒマがなかった。が、ヒマでも書く気力があったか分からない 苦笑天皇杯のスタメン、交代出場と今日のスタメンを比較すると、天皇杯はある程度割り切っていたと判断できる。実際にCB2枚の守備の個の部分のミスが大きかったように見えた。今日は、是非、先取点を取って欲しい。交代予想は枝村選手→テセ選手(金子選手をボランチ)デューク選手→村 [続きを読む]
  • これからが勝負
  • 全員とは言わないが、これだけ個々の選手に力の差があれば、やむを得ない。天皇杯も含めて、次節、広島戦のための準備と考えるしかない。実力で負けたけれど、残留できる力を選手もチームも持っていると信じている。右サイドバックに村松選手、左サイドバックに鎌田選手で入った試合は、不慣れなせいかポジションに難があり、川崎にいいように両サイドを使われてしまった。もちろん、川崎のプレーが単純にサイドを使うというので [続きを読む]
  • 事前の準備どおり
  • 今日の勝ち点3は、勝ち点6に値する。 これで、残留争いから一歩引くことができた。 デューク選手の集中力が接触の痛みを上回った。 あそこで、意図的に欺く選手ではないことを知っているので、あの後のヒールはボクも予測できなかった。 しかし、北川選手だけは準備ができていた。どうもデューク選手にボールを出すように呼んで、デューク選手がヒールで声の方にボールを出したらしい。http://www.sanspo.com/smp/soccer/news/2 [続きを読む]
  • VS甲府スタメン予想
  • 木曜日の夜時点での次節甲府戦、スタメンとベンチの予想。 怪我人が頻発することから、今週一週間の中で、連携の練習が出来たはずのメンバーからセレクトした。 竹内選手が太もも痛で合流できていないので(ここは無理はさせない)、ボランチに枝村選手。 右MFは、このポジションで良く走ってくれているデューク選手。 左MFに、そのポジションが本職の清水選手。 そして、2トップ長谷川選手の相棒には、エスパルスNo.10の白崎 [続きを読む]
  • もし、ボクが小林監督と入れ替わったら
  • 今回は、ふと思いついて、しょうもないストーリーを作ってみた。 昔から、主人公が入れ替わる映画や小説は数多い。 古い所では映画「転校生」 小説・ドラマ「パパとムスメの7日間」 新しい所では映画「君の名は」 そこで、ボクが小林監督と入れ替わってミーティングをする場面を想像してみた。 仮のシチュエーションとしては、慎重になりすぎて消極的なプレーをした上で、ミスに動揺して負けた試合の後のミーティング。 まず入れ [続きを読む]
  • ケガ
  • 今日、増田選手のケガ情報が出ていた。 8月25日のトレーニング中のケガだそうだ。 今日(8月30日)検査で、全治4週間ということは、9月の試合のボランチは、竹内選手・六平選手、あとは河井選手が9月下旬に合流できるかどうかというところだろう。 更に、試合後にカヌ選手のケガも発表された。 カヌ選手もやはり8月25日のケガ発覚だそうだ。 ただ、こちらは短期間で復帰できそうなのでよかった。 とすると、前回の試 [続きを読む]
  • 台所事情が苦しいとはいえ
  • 結局、今日もスタメンが緊急変更になってしまった。 増田選手の左腿に張りができたことで、急遽、右サイドバックを務めるはずだった六平選手をボランチに戻して、右サイドバックには鎌田選手を投入。 その関係で、試してきたはずの4−2−3−1ができなくなり、MFに枝村選手とデューク選手を持って行くという何時ものポジションにしたようだ。 そうすると、2トップにせざるを得ず、金子選手を長谷川選手の相棒に採用したとい [続きを読む]
  • 記事情報より
  • この記事↓によると、http://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/spulse/topics/394948.html 4−2−3−1のフォーメーション? 長谷川 清水     枝村    デューク 竹内    増田 松原    角田    カヌ   六平           六反 このフォーメーションの場合、枝村選手の動きの質がキーポイントになりそうだ。 交代については、白崎選手を、清水選手とも枝村選手とも交代できる [続きを読む]
  • 2日間のオフ
  • 前節を振り返ると、小林監督もコメントしていたとおり、コンビネーションを磨く緊急性は高い。 特に、新たなポジションとなった右サイドバックの六平選手、新戦力の増田選手・清水選手、復帰見込みの白崎選手は、馴染むために試合形式の練習をできるだけ多く行う必要があるだろう。 では、どうしてオフを2日間も取るのか? 気づいている方には、釈迦に説法だが、次節の対戦相手である浦和が水曜日に川崎とACLを戦うからだと思う [続きを読む]
  • 基準とすべき相手チーム
  • 鹿島とは、選手の個人技、ポジショニング、判断の全てで差があった。 攻撃でも守備でもマンツーマンで負けていたのでは、もともと勝負にはならない。 1失点した後も引いていたのは、1点差でいけば、どこかセットプレーやカウンターで同点に追いつくチャンスがあるという戦略だ。 つまり、チーム力に相当の差があることを小林監督も重々分かっていての対戦だったのだろう。 実際にも、前回の柏とは1−4ほどの差はなかったと言 [続きを読む]
  • 鹿島戦スタメン予想(木曜深夜過ぎ)
  • ひとまず、補強も終えたようだ。ということで、木曜日の午前零時を越えた時点でのスタメン予想をしてみた。ボクの主観的な期待はできる限り除外して分析したはずなのに「こんなに変えて良いのか?」とも「割とフツー」とも取れる結果となってしまった。ファンの楽しみの一つに過ぎないので、敬称略で以下書いてみる。コメント欄に皆さんの予想も書き込んでいただけるとより楽しいと思う。【スタメン】→予想が3人外れた。右サイ [続きを読む]
  • 静岡新聞を・・
  • 今朝、嫌々開いたら、広島から清水選手のレンタルでの獲得の速報が!全く予想していなかったが、前半戦で運良く勝てた試合では、相当サイドからの攻撃があったような・・・ブログを振り返ったら、「鎌田選手が右サイドにフタをした」と書いてあったので、鎌田選手に抑えられていたのかも?昨日のプレーとのギャップが大きいので、鎌田選手は、やはり膝かどこか足の故障が完治していないとしか思えない。話は清水選手に戻るが、今 [続きを読む]
  • 今は我慢のとき
  • カウンターの1対1で負けることで失点を重ねてしまった。 クリスチアーノ選手さえ抑えることが出来れば、他の選手も大分楽だったろうが、抑えられる選手が現段階ではいなかった。柏は、4バックは比較的残したままで、残りの6人で攻撃を仕掛けるような形が多かった。そのため、後半になると疲れと焦りで、ボールを奪った後、相手の攻め残りの選手にコースを消されて自由にパスを繋げなかった。苦し紛れにロングボールを長谷川選 [続きを読む]
  • 初めての必然の逆転劇
  • 今シーズン初めての逆転劇だった。 全員が素晴らしかった。 前半、セットプレーから2失点したが、1失点目は、相手選手が松原選手のユニフォームを引っ張って転ばせての折り返しだった。 これは、明らかにファウルだったと思う。 ただ、松原選手のユニフォームの右肩部分を絶妙なタイミングで引っ張っているので、松原選手の体が遮蔽になって主審には見えなかった。また、線審からは相手選手の背中が邪魔になって引っ張った箇所 [続きを読む]
  • 負けるべくした負け
  • DFの意識を強くするということは、引くことではない。 試合開始から、エスパルスの選手達は相手の攻撃に対して引きすぎていた。 横浜FMに比べれば、相手のプレッシャーは少なかった。 落ち着いてバランス良くボールと相手選手をケアしていれば、1失点目のゴール前の膨大なスペース2失点目のまるで前回と同じような右サイドから簡単に入り込まれての失点は無かったはずだ。 相手がスーパーなプレーをしていた訳では無い。 J [続きを読む]
  • 雨の日ブクロ
  • J1に居続けた頃は、アウェイの試合に行くのは数年に1回程度だった。 J2降格をきっかけにアウェイでの試合を不定期だが、年に3〜4回行くようになった。 J2時代に観光で行ってみたい場所だった松本を始め、何度かアウェイに行くと、非常に良いことが3つあった。 一つは、静岡という地を離れて、全く縁もゆかりもない土地でありながら、エスパルスのユニフォームを着ている人たちを見たり、話をしたりすることで、すごくそ [続きを読む]
  • 見応えも一つの価値
  • 横浜スタジアムって全席屋根付きだと誤解していた・・・ 頑張ってSS席を取ったのが間違いだった。 カッパもポンチョも持っていなかったので、トリコロールのポンチョを買うか究極の選択に・・・ スタジアム内でウロウロしていたら白いカッパを売っている出店を発見。 裏切り者にならなくてよかった 笑 とはいえ、前半は土砂降りで、ずぶ濡れになりながら応援した。 今日のヒーローは六反選手で確定だろう。 PKを止めてくれた時 [続きを読む]
  • ステルスボランチ?
  • 良いサッカーをするいわきFCに対して、やるべきことをやってきっちりと勝ったことには逞しさを感じた。 いわきFCの監督が札幌とエスパルスの差は何だったか?と聞かれて 「決定力」 と答えていた。 他のチームの監督に言ってもらえるということは本当にそうだったのだろう。 エスパルスがJ1に上がった時に、J2との差として選手達が言っていたのが、まさに一瞬の攻撃のクオリティの高さだった。 J1だとゲームの流れが悪 [続きを読む]
  • エンターテイメント
  • アイスタに着くとシートに何か貼ってあった。 エスパルス誕生25周年ということで、スタンドで絵文字を作るための紙製ボードだった。 何時もは試合開始前はボーっとしているボクも、絵文字の作成に協力した。西サイドスタンドの25thという文字が目に鮮やかに焼き付いた。全ての席の紙ボードの製作費、風で飛ばないようにテープで貼り付ける作業。相当の費用と人件費(ボランティアの協力)が必要だっただろう。この試合にフロ [続きを読む]
  • 生観戦できなかったので
  • DAZNの見逃し配信で観戦する予定だったが・・・結果をたまたま聞いてしまった。敗戦をわざわざ見逃し配信で観る気持ちにもなれないので、今回の分析はお預けということで。監督や選手のコメントを見る限り、1失点は札幌ドームの「止まる芝」に慣れる前に、そこを突かれたらしい。GKとDFが距離感を誤ったということだろう。よくよく考えれば昨シーズンもそんな負け方だった。かといって、エスパルスが慣れたアイスタのピッチを有 [続きを読む]
  • 久しぶりの二度見
  • 余りに久しぶりのホーム勝利だったので、観戦後に帰宅してから、スタジアムでは飲まなかったビールを飲みながらDAZNを見た。 生観戦した人の中にもボクのように二度見した人も多かったのではないだろうか? 特にチームが変わったことをしたわけではなく、前回のC大阪戦のような最後の不確定要素がなかっただけだった。 先に失点するリスクを十分に考えた慎重な入りから集中力を保って、先取点をとってからは徹底して0封を全 [続きを読む]
  • 意外な不確定要素
  • 今日の試合は珍しく計算通りに進んでいた。チアゴ選手からテセ選手へと良いボールが入って、DF2人引きつけながらもテセ選手のゴール!早い時間帯に得点できたことで、その後はリスク管理が中心のゲーム運びとなった。 疲れた枝村選手に代えて金子選手を投入。 C大阪の攻撃を防ぐために、運動量が落ちたチアゴ選手に代えて裏を狙える北川選手を投入。 ラストのクロスの放り込みやセットプレーでの競り合いに備えて、デューク選手 [続きを読む]