orange12 さん プロフィール

  •  
orange12さん: 清水エスパルスを分析してサポートするブログ
ハンドル名orange12 さん
ブログタイトル清水エスパルスを分析してサポートするブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/s-pulse-support/
サイト紹介文清水エスパルスを良くするために、前向きに、客観的に分析していくブログです
自由文ブログの文章は一人で書いていますが、意見や経験は1人ではなく複数人の仲間のものです。サッカー経験のある人から、ない人までいますが、ほとんどが、応援歴20年以上の仲間となります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/05/08 11:19

orange12 さんのブログ記事

  • 悔しさと自信と
  • 非常に悔しい。 決してノーチャンスではなかったが、力負けしたことも感じられた。 が、昨期に松本に負けた時のような暗い悔しさはない。 「どうすれば引き分けに持ち込めたか?、勝てたか?」 と分析する余地はあった。 戦略次第では、昨シーズンのチャンピオンからも勝ち点を奪える可能性があることがわかった。 また、エスパルスの選手たちにクローズアップして見れば、攻撃の連携やレベルは、 [続きを読む]
  • 戻るところ
  • 土曜日の15時30分に試合開始とか、スケジュールが良すぎる。 自宅でオンデマンドで観ていたりしたら、試合終了後にどうしても祝杯をあげたくなってしまう。 ただ、ボクの決定的なミスは、焼酎だからアルコール25度程度だろうと祝杯をあげたら、ロックで2杯飲んだあとに度数43度ということに気がついたことだ。 ということで、酔いつぶれた結果ブログの更新が今日になってしまった。 昨日の野津田選 [続きを読む]
  • アウェイVS新潟戦
  • 報道に合わせてしまった感もあるが、ボランチが交代するかどうかがポイントだろう。 フレイレ選手のフィットを待つのか、野津田選手に交代するのか? 守備の連携については、フレイレ選手は実戦2試合あるが、野津田選手は合流してからの期間が長い。 どちらの連携も同じくらいだとした場合、小林監督が今後のシーズンを見通して選ぶことになるだろう。 ここで野津田選手を入れた場合、フレイレ選手はCBの [続きを読む]
  • 確率論
  • アウェイでの強敵広島戦ということで、引き分けで十分だと思っていたが、PKはラッキーだった。 テセ選手がしっかりと決めてもらって、貴重な勝点3をひきよせた。 開幕戦と同じ意識で戦いながら、攻守への連動が良くなっていた。 やはり枝村選手が入ると攻撃にモビリティが生まれる。 前半は白崎選手と左右のポジションチェンジを繰り返して、非常に頭をつかった動きをしていた。 また、右サイドバッ [続きを読む]
  • アウェイ広島戦 希望スタメン
  • 予想スタメンは、色々な媒体で発表されているので、ここではボクの勝手な希望スタメンを書いてみたい。 おそらく意見の違う方も多いと思うけれど、その違いこそがプロサッカー観戦の楽しみということで。 右サイドの連携をできるだけ崩さずに、かつフレイレ選手のカバーも出来る選手というと、右ボランチは六平選手しかいないと思う。 枝村選手は、前回の希望と同じく、右サイドハーフのスタメンとして希望。  [続きを読む]
  • 開幕戦を今後の準備のために
  • 敗戦は残念だったが、想定の範囲内の内容と結果だった。 エスパルスも、神戸も開幕戦ということで、硬さがあり、本来の力を発揮できていなかったようだ。 試合全体を見た場合、前線からの守備とその連携は昨シーズンの良かった時のやり方を続けていて非常に良かった。 そのため、相手から流れの中での攻撃で崩される場面はほぼなかった。 もっとも、セットプレーでの守備については、神戸の選手の方が六反選 [続きを読む]
  • 競争と団結
  • 今度の土曜日にいよいよ開幕となった。 DAZNも、TVで観ると画像についてはまだまだ荒さが残ったり、コマ飛びのような動きの不自然さが残るが、フリーズすることはなくなってきた。 設備の強化を進めているということだろう。 開幕戦の夜の番組でフリーズしないことを祈る。 今年は、気持ちを新鮮にするために例年とちょっと場所を変えて開幕戦のチケットをとってみた。 自分が観る開幕戦の風景も [続きを読む]
  • フロントの方向性は間違っていない?
  • シーズンが始まったらこんなこと書いてる場合ではなくなりそうなので、ちょっと考えてみた。J2降格の原因に次の二つをあげている記事を読んだ。 ① サッカーを知らない親会社が監督選任の主導権を握って、有名OBを監督にして、成績が悪くても親会社の意向で解任が大幅に遅れたこと ② 親会社からの「往復」出向の役員らがチーム経営の舵取りをしたことから資金の使い方、補強のポイントを間違えたこと 実は [続きを読む]
  • DAZN?
  • ホンダFCとの練習試合は3本やって、合計3−1での勝利とのこと。 「1−0」、「0−0」、「2−1」と、三本とも負けていないのは良かった。 得点はテセ選手1点、村田選手2点。 静岡新聞の記事からだと、昨年からの積み重ねが生きている流れのあるプレーだったようだ。 1失点がどのような形だったのか気になるが、3本ともDFラインをいじっていれば、失点もあるだろう。 これからの鹿児島キ [続きを読む]
  • 新体制発表について
  • 今日の静岡新聞に大前選手の大宮での新体制発表のあいさつが掲載されていた。 「(IAIスタジアム)日本平で戦って、自分が点を取って勝てたら気持ちいい」 とのこと。 大前選手が大宮へ行ってもエスパルスを意識しているところや、この記事に対するエスパルスのファンの反応を推測すると、結局、大前選手もファンもお互いに片思いだったということだろう。 さて、他チームよりもエスパルスの新体制発表だ [続きを読む]
  • フロントの交渉能力
  • 残念だが、今の情報の流れだと、明日あたりの静岡新聞に大前選手の移籍が出そうな雰囲気だ。大宮のオファー年俸が8000万円だとしたら、エスパルスでは同額出せないだろう。J2ダントツ得点王のテセ選手の年俸が6000万円であることを考えると、チームバランス上、5500万円が限界というのも理解できる。ここで大前選手に8000万円を提示する根拠が無いのだから、それ自体はやむを得ない。ただ、個人的には2年契約で、今年5500万円 [続きを読む]
  • 今年の目標
  • 三浦選手の移籍は、非常に残念だ。 これから伸びる選手だと思うし、プレースタイルも個人的に好きだったから。 とはいえ決まってしまったものは、しょうがない。 ビョン選手、立田選手が成長して、この移籍を忘れさせるくらいになって欲しい。 あとは大前選手の去就だが、ボクの予想が外れてしまったので、何とも分からなくなってしまった。 「大宮のFW獲得を遅らせる」という高度な駆け引きの可能性 [続きを読む]
  • 新年おめでとうございます
  • 新年おめでとうございます。 昨年は、ハラハラドキドキでブログのテンションも色々でしたが、ご愛読いただいた皆さんに、お礼申し上げます。ブログで文章にした後で、選手や監督のコメントを読むと、自分の理解不足だった所が明確になる気がします。今年も、感情的な自分をどこまで抑制しつつ、恥を恐れない分析と推論ができるか?自分と勝負して行きたいと思います。読んでいただける方々には感謝感謝です。 さて、本 [続きを読む]
  • チームカラーはオレンジじゃない?
  • 「私の体には、オレンジの血が流れている」 昔、エメルソン・レオン監督や鉄人サントスたちが言ってくれていた。 今や裁判で敵となっている監督も似たようなことを言っていたような気もするが・・・ それは置いて、もしこの比喩が青だったらどうだろう? 「私の体には、ブルーの血が流れている。」 宇宙人か!? とツッコミを入れたくなりそうだ。 Jリーグ創設時に、チーム名の決定とともに [続きを読む]
  • 別れと出会い
  • ここに来て、移籍の情報が一気に出てきた。 まず、本田選手、澤田選手、石毛選手、川口選手には、苦しいJ2シーズンに一致団結して、昇格の力になってくれたことにお礼を言いたい。 それぞれ出場時間や起用のされ方については大変な面もあったと思うが、最後の9連勝は、選手たちが口をそろえて言うように、出場の有無に拘わらず全員がチームを支えてくれなければ無かった。 「感動するサッカー」とは何かを教え [続きを読む]
  • 若手の選択
  • 前回までベテランを書いたので、今度は若手選手について考えてみたい。 若手の定義にどこまで入るのか? 白崎選手、犬飼選手が中堅と若手の間くらいの感じだが、来シーズンはチームを引っ張っていってもらわなければならないので、ひとまず中堅に入れておこう。 となると、石毛選手三浦選手金子選手北川選手松原選手あたりが期待の若手と言えるだろう。 いずれの選手も潜在能力は非常に高いものがあると思う [続きを読む]
  • ベテランの涙のわけ〜その2
  • J2のプレーオフの結果はC大阪の昇格だった。 ほんの少しの運で、エスパルスがプレーオフを戦ったかと思うと、分析する気持ちにはなれなかった。 とりあえず、厄介なライバルがJ1に入ってきてしまったという感想だ。 また、エスパルスの補強に関する情報がほとんど出されていない(ポイントを絞って動いていると推測しているが)。 しかし、もしオファーを公表して交渉が破談になった場合に、対象選手が [続きを読む]
  • 忘れてたわけじゃありません
  • 昨日のベテラン選手の名前に枝村選手を書かなかった。 枝村選手を応援しているファンの方からは「にわかファンか?!」と怒られそうだ。 ボクが書かなかった理由。 それは、枝村選手については記憶していることが多すぎて、昨晩の短い時間ではまとめきれなかったからだ。 ボクの記憶は枝村選手のジュニアユース時代に遡る。 昔から応援している方は知っているだろうが、その当時、エスパルスのジュニア [続きを読む]
  • ベテランの涙のわけ〜その1
  • フロントは、契約更改や補強の準備をしている最中だ。 とりあえず、今シーズンは情報管理が徹底しているようで、中途半端な情報が漏れてくることなく安心している。 非情な決断が下される前に、昇格が決まった今シーズンを良い意味で振り返ってみたい。 昇格シーンの映像の中で、涙を流しているのが、若手・中堅選手より、ベテラン選手の方がはるかに多いことに気づいている人は多いと思う。 大前選手・河井 [続きを読む]
  • J1チャンピオンシップ
  • 「J1のリーグ戦で、何時もこんなサッカーやってるわけじゃないよね?」 ゲームの前半を見ていて心配になって、思わず独り言を言ってしまった。 それくらい両チームともレベルが高かった。 特に浦和のチームとしての攻守の堅実さとモビリティを兼ね備えたチーム作りには驚いた。 こんなゲームをされてしまっては、今シーズンのエスパルスでは、つけいるスキが無い(来シーズンはチームが成長していることを [続きを読む]
  • ライバルはどのチーム?
  • 水曜日にJ1のチャンピオンシップをTV観戦した。 J1の試合をほぼ90分観るのは久しぶりだった。 どうしてもエスパルスの視点になってしまうので、先取点を取って守りに入った鹿島のDFに注目してしまった。 徳島戦でエスパルスが守りきれなかった先取点をどう守るのか? エスパルスの失点は、リプレイが何度もされるので要因はハッキリしていた。 ディフェンスラインが下がりすぎてしまったことだ [続きを読む]
  • 今シーズンのフロント
  • 試合の話ばかり書いてきたので、色々考えていた今シーズンのフロントについて感想を書いてみたい。 結論としては、選手のサポートをしながら、現実的なチーム経営を良く頑張ってくれたと感謝している。 直近で言うと、J1昇格が決まったその日に小林監督に続投要請。翌日には、続投内定と報道されていた。 以前、Jリーグ監督の本を読んだ時、次のシーズンのチーム構成を考えるには、いくら遅くても11月でないと [続きを読む]
  • 悔しさを歓びにかえて
  • 鳴門で渦潮を観た。 雄大な眺めだった。 早めのお昼を徳島市内で徳島ラーメンを食べてみた。「ありがとうございました!」と気持ちよく送り出してもらった。 帰りの夕食も早めに徳島(鳴門市)でカレーを食べた。 「また、お越し下さしませ!」 ラーメンとカレーの順番が逆じゃなくて良かった(笑)。 TV画面からも伝わっていたとは思うが、ゴール裏のサポーターの数も声も徳島の倍くらい [続きを読む]
  • J1昇格
  • やはり、簡単なゲームにはならなかった。会場ではアディショナルタイムの表示がなかったので、余計キツかった。ベンチに西部選手たち出られない選手のユニフォームがあった。9連勝での自動昇格。最後は、会場の全てのエスパルスサポーターと、日本中からのエネルギーが、届いたのだろう。今日がエスパルスの一つの記念日となった。多分、エスパルスサポーターが、今晩、世界で一番幸せなサッカーファンだと思う。詳しい感想は、 [続きを読む]
  • 最大のチャンス
  • この1週間を非常に長く感じたのはボクだけではないだろう。 やっと、ここまで来た。 悪夢は2014年シーズン後半から2016年シーズン前半まで続いた。 長くて苦しい道のりだった。 今シーズン、松本戦で1回失ったチケットを、選手、監督、エスパルスをサポートする全員で、もう1回取り戻した。 「J1自力昇格のチャンス」というチケットだ。 チャンスを得ただけで、何も権利を得た訳では無い。&nb [続きを読む]