ギタースター さん プロフィール

  •  
ギタースターさん: GUITARSTER
ハンドル名ギタースター さん
ブログタイトルGUITARSTER
ブログURLhttp://guitarster.net/
サイト紹介文ギタリストによるギタリストのためのサイト ギタースター
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/05/08 17:10

ギタースター さんのブログ記事

  • ギター製作 初号機 モッキンバード その3 スルーネック部の形成
  • スルーネック部をラフに形成していきます予め室内で70mm×70mm×1000mmの3ピース・スルーネック材に現物採寸した線を引いておきました。ヘッドに14度の角度を付けて、ネック部は20mmくらいの厚さ、ボディ部は50mmくらいにします。アルミのアングル材を直線のガイドにし、ノコギリでヘッドの部分をカット。なかなかうまくできました。次はネック部なんですが、ヘッドとヒールの角度が邪魔で直線にノコギリを引けません。何度も短い [続きを読む]
  • ギター製作 初号機 モッキンバード その1 設計と仕様
  • ギター製作 2作目に着手!成功に終わった初めてのギター製作 アイスマンですっかり自信が付きました。もしかしてオレって天才なのかも・・・と調子に乗って2作目に突入したいと思います。今回作るのは、モッキンバード。変形ギターの範疇で語られるモッキンバードですが、本家BC RICHのラインナップの中では比較的オーソドックスなタイプだと思います。で、何故モッキンバードかというと、単純に「持っていないから」です。この先 [続きを読む]
  • スルーネックでギター製作 零号機アイスマン その13 塗装工程
  • 塗装工程に突入!予報では雨だった土曜日ですが、朝起きたら晴れ間が覗いているので大急ぎで塗装を開始!まずは、バックから。。と思ったら、バインディング部分のマスキングを忘れておりました!急いでマスキングをします。バインディング部分は細いうえに微妙なカーブもあって普通のマスキングテープでは大変です。が、そんな時は右下の白いマスキングテープ。(タミヤのヤツ)微妙なカーブも伸縮するビニール素材のおかげでマス [続きを読む]
  • ギター製作 零号機アイスマン その3 ボディ成型
  • アイスマンのボディを作っていきます指板とネックのアバウトな成形に続きましてボディも進めていきます。実寸に印刷した図面にスルーネック部分を乗せてみました。1弦側のウィングというかツノがかなり突出したデザインですね。なので、バスウッドのボディ材はギター用より少し大きめサイズのベース用(2,700円!)を入手しております。イメージが沸いたところで、テンプレートを作ります。先ほどの図面をベニヤ板に貼りまして、糸 [続きを読む]
  • ギター製作 零号機アイスマン その2 ネック成型
  • メチャ堅いメイプルに苦戦! ネック成型日が変わってスルーネック材を切っていきます。ワークベンチを玄関先に出して。どこから行きましょうか?まずは14度の傾きを付けたヘッド部分から。まあまあですかね。ノコギリは切っているうちに力加減が変わると刃がしなって垂直や直進が保てなくなります。で、先ほどとは逆側からボディ厚を出していきます。ヘッドを切り取った部分をクサビにして、スルーネックのボディ部分をボディの厚 [続きを読む]
  • ギター製作 零号機アイスマン その1 木材調達〜指板製作
  • ギター製作第一弾はアイスマン!これまで何本も下手なりにギターを改造してきたわけですが、塗装を?いだ状態のギターを見ていると、「これだったらオレにも作れんじゃね」とカン違いするようになってきました。しかし、専用工具も無いし一体どうしたら良いのか、木材はどこで入手するのか等々、手順が全くわかりません。そこで、色んなビルダー様達のブログやサイトを拝見して研究しました。凄い電動工具を揃えている方も居れば、 [続きを読む]
  • FERNANDES ランディV カスタマイズその7 クリア塗装〜完成へ
  • ウレタン2液タイプでクリア塗装クリア塗装に移行します。クリアはウレタン2液タイプを使用します。例によって勝手口横の壁際でスプレー塗布をします。今回はこってりと厚く塗ろうと思い、2缶弱使いました。途中で養生の新聞紙が風に煽られてウイング先端にひっつきました。黒のインクが塗装面に付いてしまいましたが、塗布直後はベトベトしているので補修できません。乾燥後のサンディングでなんとかなるでしょうか。仕上げサンデ [続きを読む]