タマ さん プロフィール

  •  
タマさん: タマの投資運用生活
ハンドル名タマ さん
ブログタイトルタマの投資運用生活
ブログURLhttp://tama104.blog.fc2.com/
サイト紹介文超長期の資産運用。わからないものには投資しないをテーマにわかりやすく投資の仕組みを解説していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/05/08 19:01

タマ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ○ストリーミング音楽は日本で流行るのか
  • 最近、APPLEやLINEがストリーミング音楽のサービスを開始し始めました。私は通勤時などに音楽を聴く派なので当該サービスを活用してみようかなと考え、現在お試し期間中なので活用をはじめました。結果としては非常に便利。聴きたい音楽がすべては揃ってはいませんが、ストリーミングで選択肢は多いし、スマホの容量も消費しない。最高のサービスだと思ってていました。ここまでで終わればいいのですが、実際サービスを使い始めて [続きを読む]
  • ○ゆうちょの預け入れ上限引き上げで何が起こるのか
  • ゆうちょ銀行の預入限度額が1000万円から3000万に引き上げがされそうです。(正式には与党自民党の委員会が提言をまとめた段階ですが)そもそもゆうちょ銀行はメガバンクの2倍の預金残高を抱えており、預金上限額の引き上げによりさらに他の民間金融機関から預金が流出するため民業圧迫だという批判も出ています。大手の金融機関から預金がゆうちょ銀行などに流れ込めば将来的には銀行収益を圧迫することになり株価下落の要因にもな [続きを読む]
  • ○日本郵船の心意気と疑問
  • 先日の日本経済新聞で日本郵船の宮原相談役がコラムを書かれていました。その内容は、グローバル化する企業における税金に関してです。日本郵船のような船舶運送企業の場合、基本的に税金は企業の本社がある国に収めるという「本社所在地主義」が取られています。日本郵船についても本社機能について免税をうたうシンガポールなどから移転のお誘いがあったことを明かしたうえで、島国である日本の国益を守るためには日本郵船は日本 [続きを読む]
  • ○準備されてきたギリシャ危機
  • 昨日ギリシャデフォルトに関する記事を書きましたが、週明けから金融市場は日経平均の下落や対ユーロ円高など荒れていますね。そもそもギリシャ危機については、その発生可能性は単一通貨であるユーロ導入時からずっと叫ばれており、さらに今回のギリシャのデフォルト危機はまさに2010年と全く同じ構図です。ギリシャのやり口を見ていると国民投票などはデジャブに思えてきます。さて今回のギリシャ危機のそもそもの根源をもう少し [続きを読む]
  • ◯迫るギリシャ危機
  • ギリシャ国債のデフォフト懸念が強まってきました。そもそもユーロ圏の通貨統合は設立当初から各国政府が金融政策を放棄しないといけないという制度的な欠陥を抱えていました。今回は設立当初から言われていたその欠陥が現実に表面化したわけですね。さてそれではギリシャがデフォルトすればどのようなことが起こるのでしょうか。個人的にはサブプライム危機のときと異なり不良債権となるのはギリシャ国債だけと特定されていますの [続きを読む]
  • ○NISAの根本的な欠陥
  • 最近投資を始められた皆さんの多くはNISAを利用されているかと思います。NISAは個人の貯蓄から投資の流れの一環として設けられた制度であり、毎年100万円づつ(来年からは120万円)5年間にわたって投資による利益に税金がかからなくなる制度です。欠点としてよく言われているのは「5年間という期限の縛り」です。5年後に購入した投資信託などが値下がりをしていた場合、5年後以降にその時の金額より上回った際に本来は払わなくてよか [続きを読む]
  • ○機関投資家と投資信託の運用報酬
  • 先日何気なく日経新聞を読んでいたら衝撃の内容を目にしました。なんとGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の日本株式の運用報酬が年率0.04%だそうです。日本株式の投資信託を個人で買う場合は安いインデックス投信でも0.5%程度であり、いくら大手であったとしても機関投資家と個人投資家で信託報酬が10倍以上の差があるのは何かおかしいのではないかと思います。もちろん運用は規模に比例して運用経費が下がることは理解できる [続きを読む]
  • ○マイナンバーと医療費控除
  • マイナンバーの導入に伴い毎年医療費が10万円を超える場合に行っていた確定申告の際に領収書の添付が要らなくなるようです。私は昨年医療費控除の確定申告をしたのですが、まず一年間領収書をとっておくのも大変であり、確定申告時にそれをエクセルに打ち込む作業も非常に面倒なので、今回のマイナンバー導入に伴うこれらの措置は非常にありがたいです。報道などでもこれにより申告者は大幅に増えるだろうと予想されています。一方 [続きを読む]
  • ○アセットアロケーションを考えるために大切なこと
  • 昨今の投資ブームにのって投資を始めた皆さんの中には、証券会社の進める投資信託の購入から一歩進んで自分でアセットアロケーションを考えて長期投資をしようと考えられている方も多いかと思います。ここでは巷でよく言われている「株式と債券を組み合わせてアセットアロケーションを組む」という基本的な事項について少し考えてみたいと思います。最近は証券会社のHPなどで先進国株式や途上国債券などの投資商品を組み合わせて標 [続きを読む]
  • ○債券ファンドには厳しい時代?
  • 為替ヘッジ型外債ファンドの基準額がずいぶん下がってきています。私は自分のアセットアロケーションの債券クラスには先進国の国債インデックス(シティ世界債券インデックス)連動の為替ヘッジ型のファンドを積み立てています。基本今まで大きく基準額を下げなかった当該ファンドですが、最近の米国の金利上昇機運の高まりから引きずられるように値を下げてきています。通常の先進国債権は円安になった部分でドル建ての資産価値上 [続きを読む]
  • ○自動運転が待つ未来
  • 最近Googleをはじめとして車の自動運転技術の進化が実用段階に向けて加速しています。自動運転技術が活用される場面はどういう状況なのかを少し考えてみると、まず第一には少子高齢化と人口減少に悩む地方過疎地でしょう。これらの地域では地域人口減による需要減から路線バスをはじめとする社会基盤としての地方公共交通が既に壊滅的な状況となっており、政府も過疎地域を対象とした自家用有償旅客運送などの規制緩和を進めてきて [続きを読む]
  • 過去の記事 …