12roses さん プロフィール

  •  
12rosesさん: Simple  Pleasures
ハンドル名12roses さん
ブログタイトルSimple Pleasures
ブログURLhttp://ameblo.jp/12roses/
サイト紹介文家族みんな母国がバラバラ。スイス人夫、超カルフォルニアンの息子と私のスイス生活の私見他を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/05/09 06:59

12roses さんのブログ記事

  • ハッピーミディアムはどこに?
  • やっとテストも終わりほっとしているジュリ君。毎週末お友達とのお泊まりはどうせやってますが、今週末はお友達F君家(イギリス人)のフランスの別荘に金曜日からお泊まりです。 本当は金曜の午後は学年末パーティがあったので行くはずだったんですけどね。で、この別荘に金曜日から行くと決まっていない段階の時F君は、パーティはリムジン借りて出かけようとみんなに言っていたそうです。 F君はまだ12歳。他の友人もみんな12 [続きを読む]
  • またまた再発見
  • ある意味昨日の続きです。シーナ イーストンさんを再発見しようかと、シーナ イーストンさんの他の懐かしい曲も聴いてみる事にしたんですが「Modern Girl」と言う歌を聴いていてちょっとびっくりでした。 この歌が出た80年台前半って、私も子供(ティーン)で、英語も「This is a pen.」のレベル。何を歌ってらっしゃるかなんて検討も付いてないし、まして当時の世の中の時代背景など気にしてませんでした。 でも、今聴いたら「ま [続きを読む]
  • 憧れの人はそのままで
  • 先日、80年代の歌がかかっていたので、何気に聞いていました。すると、私が昔好きだったシーナ イーストンさんの歌が流れてきました。まだ日本に居た頃、シーナ イーストン聴きながら、彼女のアップの顔のレコードのジャケットを見ては「なんて綺麗な人だろう、透き通るような歌声だし〜」って、もう憧れでした。 それまで一度もショートにした事なかった髪も、初めてショートにして彼女と同じ髪型にさえしたティーンの私でした [続きを読む]
  • スイス、昆虫食解禁で昆虫バーガー登場
  • 知らなかったんですが、先月からスイスでは昆虫食が許可され、とりあえずミルワーム(ミミズ)、コオロギ、トノサマバッタの三種類が食用になったとの事。。 国連の2013年の報告書で昆虫が将来的に重要な食の供給源になると評価されたことがスイス政府の決定に影響を与え、今回の合法化へと繋がったとされている。 とこちらのニュースに書いてあります。また、別の英語の記事ではCoopというスーパーに、早速昆虫バーガーと昆 [続きを読む]
  • スイスでの普通の日の自宅晩御飯
  • 今週は毎日30度超えになるそうです。また隣の猫がうだらないといいけれど。。 さて、あんまり食材がないスイスでよく食べるもの〜。もしかしてもう紹介したかもしれませんけど、スイスの食べ物で重宝するのに、このRostiがあります。私は好んで食べるほどではないけど、子供受けします。芋はお米の代わり〜。ジャガイモを細く薄く切ってあるものをフライパンに入れて焼くだけ。レストランで食べると、これに卵焼きが乗ってた [続きを読む]
  • やっと自由になれますね
  • 今月は学年末テストの月でした。IBコースの子達は早々にテストも終わったんですが、ジュリ達は語学が更にありますからね、IBコースのお友達はもう夏休みモードだけど、ジュリ君はそれに惑わされないように、こうして計画を立ててそれをこなすようにしています。とは言え、IBコースのお友達とも結構遊んでますけどね〜(笑)。 計画を立てていたら、余すことなくそれをやればいいだけなので楽のようです。で、どうやら今日19日が [続きを読む]
  • 猫もうだる暑さ
  • 先週1週間は暑かったです。猫もうだる暑さと言いますが、猫って暑いと本当にうだるんですね?猫を飼った事がないので知りませんでしたが、隣の猫がうだっていました。 あの状態で何時間も動かないので、病気かと心配しました。様子を見に行っても、私を見るけどまたすぐに目をつぶって寝てしまいました。もしかしてこのまま死ぬんじゃないかと思ったほどです。。毎日遊びに来てくれるのに、次の日は一度も見なかったので、また心 [続きを読む]
  • ロンドン火災に思う
  • ロンドンでの火災がやっと鎮火しました。犠牲になられた方は社会的弱者が多かった分、本当にお気の毒と思います。この火災について「高層住宅になぜスプリンクラーが設置されていないのか?」、「見栄え重視の可燃性外壁材使用で火の回りを早め、15分で全体炎上」、「昨年完了した改修工事に防火壁取り付けはなかった」、「自室に炎や煙が来ない限り動かないよう指示されていたので、多数逃げ遅れ」などなどの新聞記事を読んで [続きを読む]
  • UN職員の特権
  • 数日前、ジュリの学校を変える話をしました。で、変えようと持ってる学校に見学に行った時、他にも見学に来ているお父さんが一緒でした。 まぁ、ジュネーブが近いので場所柄多いんですが、彼はUN職員さんで、NYのUNから転勤のアイルランド人。良くある話ですが、家族に先駆けて来ていて、夏休み中に家と子供達の学校を決めないといけないと言っていました。 スイスは物件が少な過ぎで、家を見つけるのが本当に困難だか [続きを読む]
  • 夏期講習の捉え方の違い
  • 昨日話した通り、再来年度からジュリの学校を変える予定です。で、行こうと思ってる学校のマチュリテコース(大学進学を目指すコースでスイスでは少数派)に子供を行かせてる親達を見つけ話を聞いたところ、マチュリテ試験対策の夏期講習が、夏休みに2〜3週間あると分かりました。 マチュリテは、高校最後の2年(12と13年生の時)に半分づつくらいテストがあります(各1ケ月間位)。 例えば12年生の時に7教科で、 [続きを読む]
  • ポートフォリオデー
  • ジュリの学校でポートフォリオデーなるものがあると言うことで、行って来ました。 まずは、1ケ月も前から行く時間をオンラインで予約しなければいけないと言う面倒くさいものでしたが、それなりの理由があるんだろうと思ってました。 学校に着いて受付に尋ねると、カフェテリアへ行けと言われ行きました。そこでは、中学部の子達が、ただ好きな友達と座ってお喋りしているだけ。 中学部の学長が居たので「ポートフォ [続きを読む]
  • 異国語の間違い電話
  • 暑い中テニスをして疲れ、家に帰って気持ちよくお昼寝していたら、私の携帯が鳴りました。それも数分おきに何度も。。ここでは私の携帯にかけてくるような人はそんなに居ません。友人達はほとんどテキストメッセージです。 かけてくるのは何か緊急の場合にジュリの学校からか、パパからです。お昼寝しててボ〜っとしてるのに、携帯は玄関に置いたままのバックに入っているので、起きてわざわざ携帯取りに行く気は全然なし。 [続きを読む]
  • 湖畔ピクニック
  • こっちに来てヨーロッパでの友人も増え、日本、アメリカ、ヨーロッパとどこか関係なくメール、テキスト、フェイスタイムとバンバンやって来てなんかどこの国の人かとか国境も時差も感じる暇もない時代を大いに感じる週末〜。 そしてここスイスでも最近夏日が続いており、今年も同じメンバー(日本人妻&スイス旦那)家族で湖畔ピクニック。おにぎりや春巻き、豆腐ハンバーグとか皆さん和風の美味しいものを持って来てました [続きを読む]
  • ISの拠点化する東南アジア
  • 私がいつもお寿司を買う店のおっちゃんを1ケ月ほど見なかったので「またバカンスでフィリピンにでも帰省しているんだろうなぁ」と思っていました。それは当たりだったようで、先日久しぶりにおっちゃんに会ったら、フィリピンに帰ってたと言いました。 ただ今回、とにかくあちこちに警察やマシンガンを持った軍人だらけで雰囲気が物々しく、ミンダナオ島へのアクセスは治安強化の為、激混みで大変だったと言っていました。& [続きを読む]
  • 国際離婚って。。
  • 国際結婚なら耳慣れてますが、先日友人から国際離婚なんて言葉を聞いたので、ほぉ〜と思いました。国際離婚専門の弁護士と言う方もいるそうで、その方とお話したとか(別に友人が離婚を考えている訳ではなく、仕事を通して国際離婚弁護士さんに出会ったので話を聞いたらしい)。。 確かに、国際結婚が増えれば増えるほど、それが破局に終わるケースも増えるでしょうから、そんな職業も成り立つんでしょうね。 国際離婚 [続きを読む]
  • またまたDuchessa
  • 先週の話になりますが、ジュリが靴が小さいと言うので、靴屋に行って新しい靴を買いに行きました。ジュリ君の足はどんどん大きくなり、ついにパパのサイズを超えました。どこまで大きくなるのかぁ〜?! その後、またまたDuchessaで晩御飯してきました。うちはここから10分もかからないので、帰って食べてもいいんですけどね。パパ出張中は外食しがちな私たち。。タイトルにまたまたが付いているのは、前にも何度かこの店 [続きを読む]
  • 不運な結末
  • 義父母から聞いたドラマのような話。。何年か前だそうですが、義父母の知り合いで看護婦さんが居ました。彼女は南仏のサンジョンカフェラと言う、世界の大富豪の別荘地で、とある銀行の持ち主の自宅療養看護チーム7名の婦長さんでした。 この銀行の持ち主さんは、お金目当てで結婚していた2番目の奥さんとも離婚して、子供も寄り付かず一人でした。ある日、このお家でボディガードをしていたアメリカ人の男性が、ボヤを起 [続きを読む]
  • チューリッヒでの連休
  • 先週も4連休でしたが、今週も学校が月、火と休みの4連休です。本当に休みが多い。。どちらの連休もキリスト教関連の祝日〜。だからか、キリスト教の儀式とかがある週末のようで、甥っ子にもコミュニオンと言う儀式があったのでチューリッヒに行って来ました。 写真横向いてますが、教会に向かうところ〜。ジュリの小さなイトコちゃんは、大好きなジュリ君にお手手繋いでもらったのでルンルン〜 可愛い〜なんか儀式は1 [続きを読む]
  • 自分にあった暮らしやすい国
  • 久々にママ友Mさんとお茶してゆっくり話しました。Mさんはジュリ君の一番仲良し君のお母さんです。スペインのマラガ出身。。私たちはほぼ同じ時期に引っ越して来て、子供は子供同士、パパはパパ同士で仲良しです。 Mさん一家は億万長者で経済的にはどこにでも住める人たち。よく「世界で一番住みやすい国」としてスイスの都市がトップに入っているので、来てみたって。。かなり期待して来たみたいなんですが、Mさんは来た時 [続きを読む]
  • 花のある暮らし
  • パパは花が好きなのでよく買ってきます。今回はユリ。カサブランカでしょうか?大きな花です。開いた状態の直径は30cmほど。。こんなのが今、12輪も咲いていて匂いがすごいです。 ちょっと前は芍薬でした。この色の芍薬を母にもプレゼントしたかったんですが、日本では薄いピンクのが多いですね。 そしてこの時期、あちこちで野生で咲いているのを見かけるのがこの花。。ポピー?草原などでこの花がいっぱい咲いて [続きを読む]
  • スイスに残る男尊女卑感
  • 私はインターナショナルなスイス在住人(ほとんど外国人)社会に身を置いているので、ほとんどおらが村の村民との関わりはありません。でも、お隣の奥さんは引っ越して来た当初から親切にしてくれて、今でも時々お茶しながらお喋りしたり、普通に関われるスイス人のお友達って感じ。。 その奥さんはスタイル抜群で多才で頭もいいのに、何故か自己肯定感が低く、それゆえ仕事もいろいろ変えては、なかなか上手くいかなかった [続きを読む]
  • 素晴らしきほどほど人生
  • 先日日本から遊びに来てくれていたのは、高校時代の友人でした。彼女は大学卒業してずっと東京なので、帰省しても九州から出ない私はほとんど会うことがなかったのですが、本当に久しぶりにゆっくり一杯お喋りできました。 私たちの母校の同窓会は地元福岡と主要都市(例えば東京支部など)でありますが、友人の出席率は高く、どちらもほぼ皆勤らしい(笑)。友人曰く、初めて行くまでは興味なかったけど、友人に誘われ一度 [続きを読む]
  • う〜ん、これは。。
  • 友人親子は無事にスイスを発ちました〜。通常の生活に戻った私は買い物へ〜フランスの冷凍食品の店のPicardで買ってみた物〜スイス製の食べ物ではありませんが、何だと思いますか?冷凍たこ焼き? 冷凍たこ焼きなら、まだ嬉しかったでしょう。こうして自分でソースをかけて食べるらしいんですが、それでも美味しくなさそう。。 箱の写真はこんな感じで、美味しいかなぁと思って買ってみたアイスクリームなんですけどね [続きを読む]
  • Yvoire 2017
  • 友人滞在3日目〜は、私もとりあえず声が出るようになったので、森真一のような声のままフランスの中世の村Yvoireに出かけました。Yvoireは来客がある度に行っているので、今回は前回載せなかったような所を主に掲載。街並み等気になる方は昨年の記事をどうぞ。 今回も船で湖を渡ったので、まずはスイス側のNYONという街に車で行きました。すると湖畔沿いと旧市街地で蚤の市がやっていて、ヘルメット他のミリタリーグッズも [続きを読む]