goch さん プロフィール

  •  
gochさん: 東大(伊藤塾)東大ローアガルート予備試験司法試験
ハンドル名goch さん
ブログタイトル東大(伊藤塾)東大ローアガルート予備試験司法試験
ブログURLhttp://ameblo.jp/orzorz0830/
サイト紹介文東大 伊藤塾 東大法科大学院 アガルート 予備試験 司法試験
自由文東大から東大ローに進学し、予備試験経由での司法試験合格を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/05/10 00:10

goch さんのブログ記事

  • 司法試験合格を目指す新入生の方へ
  • どうも。gochです。 大学に合格されて、司法試験を目指そうと決意されている方は多いと思います。 僭越ながら、新入生の方へアドバイスできればと思います。 まずは、法曹がどのような仕事をしているのかを知ることが重要です。 弁護士のみならず、検察官や裁判官の講演会は多くあります。 そのような講演会に積極的に参加して、イメージを持つことから始めましょう。 実際に活躍されている方のお [続きを読む]
  • 司法試験に向けて
  • お久しぶりです。gochです。 そろそろ模試が返却される時期でしょうか。 模試の結果に一喜一憂するのはナンセンスですが,真摯に受け止める必要はあると思います。 特に,受験生の平均を割っている科目については,その原因を分析しましょう。 基本的知識が足りなかったのか,問題文の読み間違いをしてしまったのか,書き方がまずかったのか,それぞれの原因ごとに対策は異なります。 司法試験は迫って [続きを読む]
  • 予備試験を受験される方へ
  • どうも。gochです。 司法試験のみならず、予備試験の短答式試験も近づいてきました。 予備試験受験生であった時代に、私がこの時期に何をしていたのかについて記事にしてみたいと思います。 ご参考になれば幸いです。 この時期は、ほぼ全ての時間を論文式試験の勉強に費やしていました。 具体的には、旧司法試験の過去問と予備試験の過去問を繰り返し解くとともに、伊藤塾の答練(講座名を忘れてしまい [続きを読む]
  • 司法試験に向けての優先順位
  • どうも。gochです。 先日、勉強の方向性を見直すことについて記事にさせていただきました。 今日は私の考える優先度を示してみたいと思います。 また、私が昨年の同時期に何をしていたのかについても書いてみます。 ご参考になれば幸いです。 まず、優先度についてですが、圧倒的に過去問が重要です。 ただ、過去問は、形を変えて問われることはあるものの、全く同じ問題が出題されることは当然な [続きを読む]
  • やることを絞る
  • お久しぶりです。司法試験、予備試験が近づいて来ました。直前期に入ったと言ってもよいでしょう。ここで、もう一度本当に必要な勉強とは何かを考えてみるとよいでしょう。判例解説を読み込むことが本当に合格に必要なのか、難しい議論を理解することが本当に必要なのか、考える必要があるということです。合理的に考えれば、そのような勉強よりも、過去問を何度も復習する方がはるかに効率がよいです。過去問を何度も解いて、分 [続きを読む]
  • お久しぶりです。
  • お久しぶりです。gochです。 司法修習が始まり、ばたばたしたせいで、更新が滞ってしまいました。 司法修習は毎日が充実しています。 今までは試験との関係でしか法律の勉強をしていなかったのですが、実務との関係ではまだまだ勉強不足であることを日々実感しているところです。 さて、司法試験との関係の記事については、試験の現場と離れてしまっているため、ネタに困っているという状況です。 もし [続きを読む]
  • 採点実感
  • どうも。gochです。 採点実感が公表されたようですね。 まだ読んでいないのですが,どのようなことが書かれているのでしょうか。 司法試験を突破するうえで,出題趣旨と採点実感をしっかりと読みこむことは必須です。 機会がありましたら,採点実感についても記事にしてみたいと思います。 というわけで今日はこの辺で。それでは。 [続きを読む]
  • 司法試験 倒産法 使用教材
  • どうも。gochです。 だいぶ遅れてしまいましたが,倒産法の使用教材についてまとめてみます。 今回は諸事情により,写真はありません。ご了承ください。 再現答案はこちら,点数は70点台です。 予備試験合格後に本格的に勉強を始めました。 勉強期間は半年です。 1,授業 私の倒産法の基礎はすべて授業にあります。 初めての科目を学ぶ際には,やはり自力でやるよりも,授業とか,予備 [続きを読む]
  • 東大ローを受験される方へ
  • どうも。gochです。 今週末は東大ローの受験があるようですね。 主に既習を受験される方に向けて,アドバイスができればと思います。 といっても,私が受験したのは2年も前ですし,最新の試験情報等はご自分でご確認されることをおすすめいたします。 まず注意しなければならないので,試験時間との関係です。 各試験科目を70分で解答しなければなりません。 しかも,公法系,刑事系は,実質的 [続きを読む]
  • 予備試験合格者の方へ
  • どうも。gochです。 今更感がありますが、予備試験合格者の方、おめでとうございます。 予備試験合格者の方に、司法試験までのすごし方について、少しアドバイスができればと思います。 まずは、選択科目です。 何かの記事では述べましたが、ロースクール卒業生と比べて、選択科目の勉強は遅れていると認識しましょう。 選択科目は、配点も高く、初日の一科目目に行われるため、司法試験全体の出来を左 [続きを読む]
  • 答練について
  • どうも。gochです。最近,答練についての質問を受けることが多いため,少し昔の記事ですが,再掲させていただきます。よければご参考ください。以下,再掲部分今日は、私が受けていた答練の感想について。受講したのは、伊藤塾のペースメーカー論文答練とアガルートの司法試験型答練です。1、総論的なもの私は、可能な限り、答練を受講すべきであると考えています。司法試験合格のためには問題演習をひたすらこなさなければなり [続きを読む]
  • 選択科目を半年で合格レベルに持っていく
  • どうも。gochです。ロー卒の資格のない予備試験合格者にとって,選択科目をどれにするのか,そして半年でどのようにして合格レベルまで押し上げるのか,これは非常に大変な問題です。私が倒産法を本格的に勉強し始めたのは,予備試験の最終合格がわかった11月からでしたが,とても苦労しました。というわけで,思いつく限り,半年で選択科目(倒産法に限られますが)を攻略する私なりの方法論について記事にさせていただきたいと [続きを読む]
  • 使用教材についての雑感
  • どうも。gochです。司法試験の使用教材をいくつかご紹介しました。いつも思うのですが,司法試験との関係において,「これだけやれば受かります!」というものはないです。そうではなく,「どれを用いても受かります!」というのが正しいと考えています。というのも,「どの教材を用いたのか」ではなく,「どのように用いたのか」のほうが圧倒的に重要であるからです。そもそも,「教材を用いる」といっても,ただ漫然と一度読ん [続きを読む]
  • 司法試験 選択科目について
  • どうも。gochです。予備試験の口述式試験を受けられた方,少し遅れてしまいましたが,お疲れ様でした。ようやく予備試験がすべて終わったということで,合格発表まではゆっくり休んでしまっても大丈夫でしょう。5月の短答から始まり,長い戦いがようやくひと段落ついた,という感じでしょうか。私も,口述式試験が終わった後しばらくは解放感に満ち溢れており,ほとんど勉強しなかったことを覚えています。予備試験合格者として悩 [続きを読む]
  • 司法試験 使用教材 刑事訴訟法
  • どうも。gochです。遅れてしまいましたが、司法試験の使用教材の紹介、今日は刑事訴訟法です。再現答案はこちら、評価はAです。① 刑事訴訟法百選刑事訴訟法における判例の重要性は、憲法や行政法のそれと同程度であると考えていただいていいと思います。よって、判例の論理を理解し、どのような事実に着目して判断しているのかを学ぶことが必要不可欠です。というわけで、百選は結構読み込んでいました。学者による学説の羅列 [続きを読む]
  • 司法試験 出題趣旨の分析と勝因 倒産法
  • どうも。gochです。司法試験,出題趣旨の分析と勝因,今日は倒産法です。再現答案はこちら,評価は70点台です。第1問1,設問1?動産売買先取特権が,破産手続きの開始決定によってどのような影響を受けるのか,そして動産売買先取特権者がどのような方法によって破産手続きにおいて自己の債権を回収するのか,についての設問です。出題趣旨でも,「B社の売買契約に基づく代金支払請求権(民法第55条)は,破産手続では 破産 [続きを読む]
  • 司法試験 出題趣旨の分析とA評価答案
  • どうも。gochです。今までの記事で出題趣旨の分析を行ってきました。分析して感じるのは,いかに私の答案が出題趣旨に合致していないか,ということでした。それでも,A評価を採ることができています。これにはいくつか要因があげられるかと思います。まずは,設問全てを書き切っており,途中答案がないこと。途中答案でもAが来ているという報告もありますが,最低限,すべての設問を書き切ることは必要なのではないかと考えて [続きを読む]
  • 司法試験 出題趣旨の分析と勝因 刑事訴訟法
  • どうも。gochです。司法試験,出題趣旨の分析と勝因ということで,今日は刑事訴訟法です。再現答案はこちら,評価はAです。ちなみに,配点割合が講評されていませんが,出題趣旨を読む限り,4:3:1.5:1.5くらいでしょうか。1,設問1出題趣旨では,「いわゆる強制処分と任意処分の区別,任意処分の限界について,その法的判断枠組みの理解と,具体的事実への適用能力を試すことを狙いとする。」とされています。職務 [続きを読む]
  • 司法試験 出題趣旨の分析と勝因 刑法
  • どうも。gochです。司法試験,出題趣旨の分析と勝因ということで,今日は刑法です。再現答案はこちら,評価はAです。1,はじめに今年の問題は検討する必要のある人数が多く,例年のように,処理能力が試される問題であったと思います。特に,丁の罪責は,とってつけたように記載されており,最後の人物であるということもあって,書ききれない人が多くなることが予想されます。そこで,丁の罪責をミスなく論ずることができれば [続きを読む]
  • 司法試験 出題趣旨の分析と勝因 民事訴訟法
  • どうも。gochです。司法試験,出題趣旨の分析と勝因ということで,今日は民事訴訟法です。再現答案はこちら,評価はAです。1,設問1権利能力なき社団についての設問です。問題文の誘導では,「まずは,①X自体を当事者とせずXの構成員がYに対して総有権の確認を求めるには,原則としてその全員が原告とならなければならないとされる理由について整理してください。その上で,②構成員の中に訴えの提起に反対する者がいた場 [続きを読む]
  • 司法試験 出題趣旨の分析と勝因 民法
  • どうも。gochです。出題趣旨の分析と勝因ということで,今日は民法です。再現答案はこちら,評価はAです。ご参考になれば幸いです。1,設問1 小問?出題趣旨では,「親権者とその子との間の利益相反行為の成否,親権者による代理権濫用の成否 とその効果という事項に対する理解を問うとともに,それを前提として,子について共同相 続があった場合の法律関係,親権者の行為の相手方と取引をした第三者の保護について検討 させ [続きを読む]
  • 司法試験 出題趣旨の分析と勝因 行政法
  • どうも。gochです。出題趣旨の分析と勝因ということで,今日は行政法です。再現答案はこちら,評価はAです。1,設問1X1とX2の原告適格についての設問です。原告適格は超頻出分野ですので,他の受験生もしっかりと対策する論点です。それゆえに,できる人とできないひとの差が付きやすい論点でもあります。本件でのポイントは,出題趣旨にもあるように,「Xらの主張する「良好な住居の環境下で生活する利益」について,建 [続きを読む]
  • 司法試験 出題趣旨の分析と勝因 憲法
  • どうも。gochです。司法試験の勝因分析ということで,今日は憲法についてです。再現答案はこちら。評価はAです。さて,出題趣旨が公表されましたが,憲法が一番意味不明ですね笑採点のポイントとしては,「違憲論を唱えるならば「再犯は国家として予測可能であり,それを放置したことによって生じた被害に対して国はどのような責任の取り方ができるのか」という被害者側の視点」を,「合憲論を採るならば「現行の犯罪防止システ [続きを読む]
  • 再掲 予備試験口述式試験 再現 刑事
  • どうも。gochです。続けての投稿になりますが,予備試験口述式試験の刑事の再現を再掲します。以下,再掲部分口述試験の再現を作成しました。刑事については、例年と比べてかなり易しくなったという印象でした。ということは、他の受験生もかなりできているはずで、相対的に浮いているのか非常に怪しいところです。民事がぼろぼろだったため、なんとか60点に収まっていれば良いのですが。対策として有効だったのは、旧司法試験 [続きを読む]
  • 再掲 予備試験口述式試験 再現 民事
  • どうも。gochです。予備試験口述式試験の民事の再現を再掲します。口述試験においては,再現をしっかりと読み込むことは必須です。ご参考になれば幸いです。以下,再掲部分口述試験民事を作成し終わりました。口述試験から日が経っていることと、かなりグダグダだったため、再現率は低めです。感想としては、類型別では足りないなと思いました。特に今年は、債権者代位権と詐害行為取消権、そして強制執行、占有移転禁止もガッツ [続きを読む]