otaniemi さん プロフィール

  •  
otaniemiさん: ふたりで食べて、旅して、ほっこり暮らす
ハンドル名otaniemi さん
ブログタイトルふたりで食べて、旅して、ほっこり暮らす
ブログURLhttp://ameblo.jp/otaniemi/
サイト紹介文共働き夫婦が、海外国内旅行を、時に贅沢に時にコスパ重視で楽しみます。グルメ、お酒も
自由文2015年3LDKのマンション購入。つくば勤務の夫と東京勤務の妻の二人暮らし。緑の多いつくばで、車ナシ生活。移動手段はもっぱら徒歩(笑)車社会で車なしで、どれだけ心地よい暮らしが送れるのか挑戦したいと思います。興味があることは、食べ歩き、お酒を飲むこと、北欧雑貨・インテリア。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供502回 / 365日(平均9.6回/週) - 参加 2015/05/10 08:41

otaniemi さんのブログ記事

  • トゥールダルジャンでのランチその1
  • パリでのランチは、Yちゃんの強い希望もありトゥールダルジャンに。昭和天皇も訪問されたという由緒正しいレストランです。外観からして美しいです。 そして、スタッフの数の多いこと!ドア係、受付係、受付からエレベーターまでの案内係、エレベーター係、そしてフロアスタッフと専門職の方がたくさん。 ハウスシャンパンをグラスで頂きながら、メニューを思案。お料理はランチということもあってあっとい [続きを読む]
  • 旅疲れの肌に
  • 二週間の旅行、オフィス生活とは違い、基本外を歩いて観光するわけですから、日差しをたっぷりと浴びて、お肌は当然疲れています。アラフォーですしね。GWでお出かけされる方も多いと思いますが、そう感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか? このままだといかん!ということで、お試ししたのが、オリファ発酵美容液。ブースターとして洗顔後に使ってあとは通常のお手入れで良いというお手軽な美容液です。 [続きを読む]
  • ある晴れた日のノートルダム大聖堂 in Paris
  • パリ最終日。とても良いお天気だったので、ランチ前にノートルダム大聖堂に。サントシャペルに行こうかなと思ったのですが、すでに長蛇の列ができていたので諦めました。 光があってもなくてもステンドグラスは美しいですが、やはり燦々と光が差し込む日は一層美しく感じます。 ステンドグラスそのものだけでなく、乱反射した光がうつる様も楽しいです、よね? 圧巻の薔薇窓。さて、お楽しみのランチへ [続きを読む]
  • パリのワインショップ
  • 無事帰国しました!今回の旅行記にとりかかる前に、まずは2月のフランス旅行記を完結させたいと思います。パリ最後の夜は、翌日の昼に備えて部屋で軽く食べようということになりました。スーパーでお惣菜を買って、戻る途中、気になるワインショップ【La Maison Des Millesimes】を発見。 ボルドーの古いビンテージワインがゴロゴロ(その他エリアもありますが、圧倒的にボルドーが多かったです)Yちゃんとわくわくしながら選 [続きを読む]
  • アリタリアまたまた?
  • アリタリア航空が経営存続危機だとか。1700名の解雇、8%の報酬カットという条件を従業員側が拒否したため、会社が清算されるかも?ってことらしい。ひところと違ってLCCブームで客室乗務員も人手不足だろうから会社がなくなっても職に困らないってこと?それとも誰か救済してくれるだろうという楽観主義?まぁ政府がお金出して、今後数カ月は運航に影響ないらしいです。マイルは。。。使えないかもな。今日のフライトで帰国の徒に [続きを読む]
  • あれから20ン年
  • 初めてのイタリア旅行。友達とマクドナルドでイタリア限定メニューを食べながら、イケメンが通る度にセンサー反応、などとアホなことをしたりもしました。あれから20ン年。倍以上の年齢になりました。うわー。今日はあの時のマクドナルドの場所にやってきました。今はイータリーになっています。昔を振り返るとなんて性格わるかったんだろうと恥ずかしくなります。今以上に子供っぽく、自分勝手で。ただそれを認められるようになっ [続きを読む]
  • ちょっとしたことに心がへこむ
  • フィレンツェで滞在しているホテル。最上階の眺めの良い場所で朝食がいただけるんです。ただ問題が一つ。スタッフが皆、差別的なんですよね。白人客には席に着くと同時に飲み物の注文をとりにいくのですが私にはいつまでもきません。お願いすれば聞いてくれますけどね。他のお客さんも見ていると、確実に白人、非白人で対応が違います。ガッカリ。何よりガッカリなのは、このホテルに泊まるのが実は2回目で、その時も同じ対応だっ [続きを読む]
  • ひとり旅の醍醐味
  • 長文です。ひとり旅だと考えごとする時間がたっぷりで、つい。ずいぶん長いことひとり旅をしていなかった。友達や相方と旅すると寂しさを感じることなく過ごせるので、もうひとり旅は、とちょっと思っていた。今回1人で旅してよかったなと思ったのは結構見知らぬ人と話ができたこと。ドミに泊まっていなくても意外とホテルの人や、他の宿泊客と話すもんだな〜と。ギリシアでボランティアをしてきたというアメリカ人の老夫婦、ワイ [続きを読む]
  • バルカン半島最終日
  • 今日はモンテネグロの首都????ポドゴリツァに。お恥ずかしながら今回の旅行で初めてその名を知りました。人口15万とこじんまりとした街で目ぬき通りだというのに信号がなかったりとのどかであります。とある店のショーウィンドウ。見る人が見ればお宝?な雰囲気がします。明日は、イタリア????。15年連続渡伊記録は昨年途絶えてしまったので、また少しずつ。ピアノピア〜ノ。大好きな街を歩いて、新職場用に服も買っちゃい [続きを読む]
  • のどにあいつが
  • やってきた。ちくちく、じんと。プチ寒波でずっと低気温なのがいけなかったかしら。でも私にはこれがある!朝食にハチミツも摂取。おおごとになる前にやつにはお引き取りいただきたい! [続きを読む]
  • 日本人てやっぱりいい
  • 昨日泊まっていたホテルには日本人ツアーも同時に滞在していました。朝食のビュッフェ時も静かだし、お先にどうぞ、と先を譲ってくれて日本人らしいなー、と。エレベーターでもお待たせしました、お先に失礼しますという挨拶。ちょっとしたことがとても気持ち良い。だから旅しても最後は日本やな????って思う。母国愛。写真は適当なものがなかったのでスーパーで買った飲み物など。 [続きを読む]
  • 古い友達
  • 大学時代の友人に旧ユーゴ史を専攻している人がいます。卒業以来すっかりご無沙汰してしまっていたのだけど、今回こちらに来て、このエリアの面白さが分かった気がして懐かしさもあってSNSでメッセージを送ってみた。あちらにしてみれば、唐突なメッセージだっただろうけど丁寧に返事をくれ、興味を持ったならこれ観て観たらと映画のオススメもしてくれた。ふとした時にご縁をまた繋げることができること、ありがたいなと思うので [続きを読む]
  • タイムイズマネー、なのか?
  • 2日前にタクシーで3時間かかった区間をバスで戻る。支払った値段は120ユーロ。なのでストゥルーガのバスターミナルで50ユーロでティラナまでどう?と声をかけられた時に安いと思ったし、それもありかな、と迷った。が国境をバスで越えるという響きに元バックパッカーは負けてしまった。宿の人に絶対時間通りに来ないから、と言われた9:30発予定のバスが来たのは10時過ぎ。8割方席が埋まったバスは国境を越えるのも時間がかかる。お [続きを読む]
  • 命の洗濯
  • 透明度の高い美しい湖と、湖畔にたつビザンチン時代の教会を眺めながらのランチ。外人の皆様はオープンスカイ席、日焼けが天敵アラフォー日本人は日よけつき席で。マケドニアワイン飲みながら、名物のマス料理を待つ。幸せや。 [続きを読む]
  • マケドニアワインな夜
  • 今日の宿は、名前にワインの文字があるのに惹かれて決めました。期待通り、ワインテイスティングコースがあったのですが、参加者が私とクロアチア人だけでオーナーと彼がセルビア語で盛り上がり蚊帳の外。なのはいいんですが、締めの酒お願いします。たっぷり目で!と思っていたらクロアチア人のマルコのおかげで予定にないワインが出て来ました。ありがとう。めちゃ現金。お酒があればご機嫌さん。 [続きを読む]
  • 何ひとつパーフェクトじゃなかった
  • ソウル→ローマはアリタリアを久しぶりに利用。ミールオーダーをとりにきた客室乗務員が、私の前列の韓国人の方の韓国語話せないの?という質問に対し、ここはアリタリア、イタリアのエアラインなの。とちょっとバカにしたように話すのが気になっていました。んで私の番。ワイン含めて、バッチリ伝えた、ハズでした。件の女性もペルフェットを連発していたし。前菜とコカコーラが来たので、スプマンテ頼んだのですがと告げると注文 [続きを読む]
  • アシアナまたか。
  • 13時50分発のフライトは使用機材到着遅れで、ディレイ。機材到着が15時というアナウンスが韓国語だけでされる。これもいけてない。で韓国人の乗客がアナウンス聞くや大声で怒鳴り始める。なんなん?しばらくして、英国、日本語でもアナウンスあり。ミールクーポンもらった。1000円。昨年夏は2000円だったけど、ディレイ時間によるのかな。 [続きを読む]
  • 松山食べまくりぃーにて完結
  • 鍋焼きうどんが松山のソウルフードだなんて知りませんでした。が、そうと聞いたら俄然食べてみたくなりGO!美味しかった。 霧の森大福は売り切れで買えなかったけれども、店内でいただいたお茶プリンが、生クリーム感たっぷりでとっても美味しかった。お茶も出してくれる辺り、サービスもGoodです。 いちごカヌレ。 保存保存とにかく食べて飲んだ三日間。愛媛&松山はいいところだ。& [続きを読む]
  • Mustakivi(ムスタキビ)
  • 北欧好きなら見逃せないカフェが、松山にオープンしました。マリメッコのデザイナーをされていた石本藤雄さんプロデュースなんです。 たまたま訪れた時はカフェスペースに誰もいなくて(私たちのすぐあとに、ずらずらーっと、入って来られましたが)写真を思う存分まず撮らせていただきました。 使われている器も藤本さんの手になるもの。こちらは相方が頼んだお茶(選べます)とお菓子のセット。 私は [続きを読む]