PeakyFx さん プロフィール

  •  
PeakyFxさん: 医学的FX
ハンドル名PeakyFx さん
ブログタイトル医学的FX
ブログURLhttp://peakyfx.blogspot.jp/
サイト紹介文医学生として勉強しつつ、FXやCFDをトレードしています。トレード手法やMT4プログラムを公開中!
自由文MT4インジケーター:
http://peakyfx.blogspot.jp/p/mt4-indicator.html

テクニカル講座:
http://peakyfx.blogspot.jp/p/technical-lecture.html

自己紹介:
http://peakyfx.blogspot.jp/2015/05/blog-post.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/05/12 20:17

PeakyFx さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • MT4インジケーター: GMMAをオシレーター化、GMMA Oscillator
  • 順張りトレーダーに人気のGMMAですが、チャートに表示すると他のテクニカルを表示するスペースがなくなってしまうのが玉にキズ。なんとかオシレーターに落とし込めないだろうか、と考案したインジケーターです。結果としてGMMAとは大分異なったオシレーターになりましたが、これはこれでなかなかの逸品です。水平ラインブレイクを狙え!GMMAオシレーターは、メインのGmmaOsライン(ピンク)とシグナルライン(緑)の2本で構成され [続きを読む]
  • MT4インジケーター: ボリンジャーバンドとMACDのコラボ、BB MACD
  • 今回紹介するのはボリンジャーバンドとMACDを組み合わせた、BB MACDというインジケーターです。実に相性の良さそうな組み合わせですね。BBは「Bolinger Bands」の頭文字ですが、BB弾が並んでいるような見た目なので、それにかけているのでしょうか?スクイーズからのバンドウォークを狙え!BB MACDはMACDに対して±1σのボリンジャーバンドを引いたものです。何のためにボリンジャーバンドを組み合わせたのかというと、ずばりバン [続きを読む]
  • MT4インジケーター: 通貨ポートフォリオ、Currency Portfolio
  • ポートフォリオを組むことは、投資成績を安定させるために有効な方法のひとつです。各通貨ペアのチャートを見て利食いや損切りを決めてもいいのですが、せっかくポートフォリオを組んでいるのですから、全体の損益をチャートとして表示したいところです。Currency Portfolioはそんなニーズに応えてくれます。通貨ポートフォリオのチャートはトレードしやすい!Currency Portfolioは、クロス円の通貨ペアで組んだポートフォリオのチ [続きを読む]
  • MT4インジケーター: トム・デマークの傑作、TD Sequential
  • トム・デマークは多くのテクニカル指標を開発した、著明なテクニカル・アナリストです。MT4にも彼のDeMarkerが入っています。今回紹介するのは、TD Sequentialという一風変わったテクニカル指標です。チャートの天底を取る!TD Sequentialの目的はズバリ、チャートの天井と底を取ること!なんとも意欲的なテクニカル指標です。たくさん数字が出ていますが、見方は簡単です。9が出たら小反発して押しや戻しを作る13が出たらトレ [続きを読む]
  • MT4インジケーター: ATR × ローソク足、ATR Candlestick
  • 4-Color Candlestick、Williams Candlestickに続く4色ローソク足シリーズの第三弾!今回はATRにローソク足を組み合わせた4色ローソク足です。大きく動いた足に注目して、その後の動きを読む!足の長短に注目するのはテクニカル分析の基本ですが、長いか短いかはどのように判断すればいいのでしょうか?いくつか考え方がありますが、ひとつの基準がATRです。ATR(Average True Range)はローソク足の長さの平均値のことで、ATR以上 [続きを読む]
  • MT4インジケーター: 平均足セット、Heikin Ashi / SAR / MACD
  • 平均足は色でトレンドの方向が分かる、ということで非常に人気のあるテクニカル指標です。ご好評いただいているHeikin BGに続く平均足シリーズ第二弾として、平均足とそれを用いた2種類のインジケーターをご紹介します。平均足、Heikin Ashi1つ目はズバリ平均足。一目均衡表と並んで、日本を代表するテクニカル指標です。平均足を用いたトレード手法やインジケーターは、今や世界中でたくさん開発されています。 FX 常勝の平 [続きを読む]
  • Linux VPSでMT4を動かす方法
  • MT4ユーザーの中には、EAを動かすためにVPSを利用している人が多いと思います。Windowsが搭載されたVPSを利用するのが普通だと思いますが、実はWineを使ってLinux VPS上でMT4を動かすことも可能です。はじめに「LinuxでMT4を動かすことにどんなメリットがあるのか」と問われると、正直なところ特にありません。。。設定が面倒で、互換性に問題が生じる可能性があり、おそらく動作速度や安定性も劣る、とデメリットばかりです。強い [続きを読む]
  • MT4インジケーター: テクニカルの道具箱、Technical Toolbox
  • メインで見ているわけではないけど、チェックしておきたいテクニカル指標ってありますよね。そんなテクニカルをチャートの端にちょこっと表示しておけると便利だと思いませんか?「私も思っていた」という方は、とても便利なTechnical Toolboxをぜひ使ってみてください。使えるテクニカル指標は40種類以上!40種類以上のテクニカル指標の中から好きなものを組み合わせて表示することができます。上昇/下落で色分けされるので、方向 [続きを読む]
  • MT4インジケーター: 複数通貨の監視に最適、Technical Ranking
  • チャンスを増やすために、複数の通貨ペアをトレードしている人は多いと思います。しかし通貨ペアは何種類もある上、それぞれに複数の時間足チャートがあります。これら全てを監視して、チャンスが訪れた通貨ペアを見つけ出すことは容易ではありません。こんなとき、Technical Rankingが大活躍します。 各通貨ペア、時間軸のテクニカル情報を一画面に集約Technical Rankingは、登録した通貨ペアのテクニカル情報を時間軸ごとにまと [続きを読む]
  • テクニカル指標リファレンス
  • Technicalシリーズのインジケーターでは、多数のテクニカル指標を使用することができます。それぞれのパラメーターは、GUIを使って簡単に設定できるようになっています。Technical Ranking、Technical Toolbox : 43種類Multi Matrix、4-Color Candlestick : 37種類(方向性がある指標)設定画面の使い方テクニカル指標をプルダウンメニューから選択名前(Name)を入力し、必要に応じてパラメーターを変更保存(Save)を押し、時 [続きを読む]
  • MT4インジケーター: 執拗にトレンドを追いかける、Trend Maniac
  • 今回紹介するのは、どこまでも執拗にトレンドを追いかける、大変マニアックなインジケーターです。その名もTrend Maniac。どれくらいマニアックなのかは言葉ではなかなか伝わらないかと思いますので、トレンドマニアを自負する方はぜひ一度お試しください。連撃でポジションを積み上げ、利がのった瞬間を狩り取るTrend Maniacは、チャート上に表示される5本のライン(エントリー用)と、サブウィンドウ等に表示される9種の矢印(利 [続きを読む]
  • MACDの本当の使い方(番外編): 「シグナルとのクロス」の補足
  • 「MACDの本当の使い方(2): 水平ラインブレイク」の記事に対するご質問を頂きました。内容は、そこで紹介したチャートの黄色で囲んだところにある2か所の「シグナルラインとのクロス」に関するもので、1つ目のクロスは「大きなスイングでの適度な角度がついたクロス」では?2つ目のクロスは「ゼロラインより上のゴールデンクロス」では?というものでした。Q1.1つ目は「大きなスイングでの適度な角度がついたクロス」?A1. 大 [続きを読む]
  • MT4インジケーター: 簡単トレード記録帳、Trade Reviewer
  • 自分のトレードを振り返り、教訓を次に活かすことは、トレードの上達に不可欠です。そのために多くの成功した投資家や書籍が薦めているのが、トレード記録をつけること。とはいっても、いつどの価格でポジションを立てたのかを毎回記録するには、手間がかかります。チャートを印刷してノートに貼る、なんて相当にマメでなければ続けられません。楽にトレード記録をつけたい、Trade Reviewerはそんな人の味方です。マウスとボタンで [続きを読む]
  • MT4インジケーター: 平均足を背景に、Heikin BG
  • 平均足は、トレンドの方向が分かりやすくダマシも少ないため、とても人気のあるテクニカル指標です。利食いを我慢して、利を伸ばすためにも重宝します。大変有用な平均足なのですが、唯一の欠点はローソク足を見れなくなること。酒田五法などのローソク足の解釈テクニックが使えなくなり、プライスアクションを重視するトレーダーにとっては問題です。そこで便利なのが、このHeikin BGです。平均足の色を背景色として表示平均足で [続きを読む]
  • MT4インジケーター: スキャルピングのお供に、Xtick Chart
  • 指標発表後の値動きが盛んな相場は、スキャルパーにとって格好の稼ぎ場です。しかし、値動きが激しすぎると1分足チャートですら追いつかず、長大線ばかりのチャートになってしまいます。これではテクニカルをまともに使えません。そんなとき、10秒足や70ティックチャートなど、より短い足のチャートがあれば便利です。相場の速さに合ったチャートを作れますXtick Chartは2種類のチャートを生成することができます。パラメーター設 [続きを読む]
  • 過去の記事 …