げんごろうじ さん プロフィール

  •  
げんごろうじさん: 水生生物を観察する
ハンドル名げんごろうじ さん
ブログタイトル水生生物を観察する
ブログURLhttp://fanblogs.jp/suiseiseibutu/
サイト紹介文水辺の生きものや小動物を撮影したブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/05/10 21:45

げんごろうじ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 中小型ゲンゴロウの体長計測
  • 今年も水田に水が張られる季節になってきました。ということは、水生生物のシーズン到来ですね。水田のゲンゴロウの代表といえば、私の住んでいる地域はヒメゲンゴロウ、コシマゲンゴロウです。私の子供の時、当然、昭和時代ですがとにかくこの中型ゲンゴロウは、雨上がりの水溜りがあれば2〜3匹は必ずいるくらい、とにかくいっぱいいました。最近では本当に、見られなくなってしまいましたが。さて計測では、バットやシャーレに一匹づついれて巻尺 [続きを読む]
  • 溜池でメダカをつかまえる
  • 昨年、溜池でメダカを捕まえました。この溜池にはコイや金魚などもいて、メダカの生息にはあまり好ましくない条件ですが細々と子孫をつないできているのでしょう。メダカも今やレッドデータの対象種。地域の正しい保全に期待したいところです。アクリル水槽 小 【アズワン】【02P06Aug16】価格:15,033円(2016/12/25 15:05時点)感想(0件) [続きを読む]
  • 子守中のコオイムシ
  • 先日、田んぼの調査があってまさに子守中のコオイムシの写真がとれました。複数とれたので、ちょうど田んぼに水を入れはじめるこの時期は、子育てスタートの季節なのでしょう。水生昆虫と水田の深い関係を知ることができます。 [続きを読む]
  • ブルーギルをかってみて
  • 溜池でブルーギルの幼魚がとれたので、生態を試そうと思ってかっているのですが・・・・。赤虫、エンゼルとも食べない。餌は一体なんでしょう、このサイズだとまだプランクトンなのか。それにしても静止していて動かない。ちょっと獰猛な外来魚のイメージと違ってきました。  [続きを読む]
  • 外来魚ブルーギルをかう
  • かっていたヨシノボリを逃がして池で捕まえた外来魚ブルーギルをかいはじめました。こんな小さいのが池に大量にいて、在来種よりわがもの顔だ。どんな生態なのだろうか・・・・。車で移動しているので、ビクには水のこぼれないバッカンを使っています。ロゴス(LOGOS) アクアFDバケツ 88230160新品価格¥1,720から(2015/11/24 23:50時点) [続きを読む]
  • スナヤヤツメをみつける
  • 近所の川でスナヤツメが捕獲できました。捕獲場所は写真のような川の脇にできた湧水池で、見つける前から「いるだろう・・・・」と思ってはいましたが。全国的に減少傾向の生物ですから、捕獲して計測後にはなしてあげました。正直、グロテスクな姿のうなぎを家に持って帰ったら、まず、カミさんと二人の娘が悲鳴をあげそうです。いつも紹介している「ファットット」で計測してみましたが、これがワンサイズ小さかった。体調は20セ [続きを読む]
  • ヨシノボリを飼ってみた
  • 池でつかまえた、ヨシノボリを飼育してみました。一匹では寂しかろうと、三匹水槽に入れて見たのですがこれが大誤算。やたらに縄張り意識が強くて、多少身体の大きな一匹に他の二匹が攻撃される結果に。もとの池に逃がしてやるかと考え中です。よく見ると、攻撃されているヨシノボリの身体が黒色に変色している。これは身を隠す護身術なんでしょうね。エサは色々試してみましたが、乾燥赤虫が良さそうです。写真左の某金魚用のエサは食べて [続きを読む]
  • ヤマメ・アマゴについて
  • 調査でヤマメが取れました。依頼を受けての調査だったので、投網を使って捕獲しています。また、他の河川でアマゴも取れたので写真をアップします。体に朱点のあるほうがアマゴ(写真下)です。ちょっとわかりにくいですか(^^;)undefinedundefinedundefinedundefined [続きを読む]
  • 水生生物採取用ネット
  • 底生生物採集用のネットは、川の石や水流で破れやすいので自分の場合は高価でも長く使えるいいものを購入しています。川底にあたる部分の網がやぶれやすいので、周囲を金枠で覆ってあるタイプが長持ちします。ただ細かく底生生物を採取しなくてはならないようであえば、枠が無い方がいいかもしれません。ステンレスでカバーをしてある網も出ています。大型店舗では売られていないので、網はネットかこだわりの釣具店で購入していま [続きを読む]
  • 透視度計で川の水の透明度を調べる
  • 水質の計測で一番簡単なのが、透視度計で透明度を調べる方法。水を透明な管に入れて、下の口から水を出していき、管の底の文字盤が見れるところでストップ。横から水の面のメモリを計測します。通常は浄化槽などで計測する30センチのものですが、これだと川の場合はほとんど見えてしまうので、1mはほしいところです。私は水生生物観察会に合わせて、参加者に行ってもらっています。アズワン 透視度計ST−100 9-081-03 ST-100価格: [続きを読む]
  • 過去の記事 …